2018年02月08日

カフェ雑貨bbでランチ♪

過日6日のことですが(山鹿灯籠民芸館に行く前)、友人Aさんと、かねてから気になっていた【カフェ雑貨bb】さんでランチしてきました(*´▽`*)
田園風景の中に建つ、こぢんまりとした可愛いカフェです♪

カフェ雑貨bb(外観) カフェ雑貨bb(ランチ)

地元の食材、とりわけオーガニックをメインに取り扱っていらっしゃいます。
ランチプレート2種類と、パスタランチがありました。どれにしようか迷って、ご飯(黒米)が食べたかったのでランチプレートに。そしてチーズ入り里芋コロッケと悩んだけど、デミグラスソースのチーズハンバーグをチョイス。胃腸があまり丈夫ではないわたくし、外食ではよく胃もたれしてしまうのでデミグラスソースなどのこってり系はあまり食べないのですが…美味しかったし、お腹いっぱい食べたのにぜんっぜん胃もたれなし!

食後のドリンク付きで1,280円でした。ゴボウ茶もクセがなくて美味しかったです。販売もされてますが、この日はあいにく売り切れでした。

また器にも気を遣っているのがうかがえます。店内の内装、小物、すべてに細かな気配りが感じられて女子に人気なのがナットクです。窓からの眺めも牧歌的というか、のんびり寛げる空間を演出してます。

雑貨類コーナーも写真を撮らせてもらえばよかった〜(;つД`)
次回またカフェタイムにパフェを食べに行くつもりなので、その際にはこの記事に追記しますね!

Cafe zakka bb 公式Facebook

ランチタイム 11:00〜14:00(14:00オーダーストップ)
カフェタイム 14:00〜17:00(16:30オーダーストップ)
定休日 木曜日/駐車場 10台

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 21:51 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2018年02月07日

山鹿灯籠民芸館

先日、友達の案内で【山鹿灯籠民芸館】へ行ってきました♪(入館料210円)

山鹿(山鹿灯籠民芸館) 山鹿灯籠民芸館(1)

写真:左=年末に訪れた30日はお休みでした。この建物は大正14年(1925)に安田銀行山鹿支店として建てられたもので、昭和48年(1973)までは肥後銀行山鹿支店として使用されていました。国指定登録有形文化財。

写真:右=オリジナルの御朱印帳や、来民(くたみ)団扇、山鹿灯籠のミニチュアなども販売されていました。

山鹿灯籠民芸館(2) 山鹿灯籠民芸館(3)

写真:左=かつて肥後細川藩の休泊所【山鹿御茶屋】にあった、お殿様専用【御前湯】の天井絵とされる江戸時代に描かれた「双龍の絵」。
現在【さくら湯】の『龍の湯』天井に、復元画が飾られています。

写真:右=静岡浅間神社の楼門を模した灯籠。「灯籠」というとぼんぼりを思い浮かべますが、山鹿灯籠には様々な形の灯籠があります。

山鹿灯籠民芸館(4) 山鹿灯籠民芸館(5)

写真:左=灯籠のパーツ(型紙)。山鹿灯籠は、室町時代から連綿と受け継がれてきた、伝統の和紙工芸=Bそう、これは全て紙でできているのです。

写真:右=道具の数々。別館では、灯籠師による実演の様子を見ることができます。

山鹿灯籠民芸館(6) 山鹿灯籠民芸館(7)

写真:左=ミニチュア山鹿灯籠づくり体験、3,000円! 前日までに予約が必要です。

写真:右=ここまでは作ってあるので、あとはパーツを張り合わせていくだけ。早い人は30分くらい、遅い人で90分くらいだそうです。

山鹿灯籠民芸館(8) 山鹿灯籠民芸館(9)

写真:左=「おひなさま」は手づくりで、なんと500円でした! Aさんに買ってもらっちゃった!「早くお嫁に行けますように」(笑)

写真:右=灯籠娘になって記念撮影☆(無料です)

山鹿灯籠祭り - 山鹿温泉観光協会

山鹿の冬の風物詩【山鹿灯籠浪漫・百華百彩】、今年は2月2日(金)のオープニングセレモニーを皮切りに、毎週金・土(2月3日、9日、10日、16日、17日、23日、24日/19時〜22時)に開催されます。(詳しくは百華百彩特設サイト|山鹿温泉観光協会へ)

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2009年06月15日【山鹿の犬子ひょうたん祭
・2010年02月19日【山鹿灯籠浪漫・百華百彩
・2011年01月13日【一ツ目神社と一ツ目水源
・2011年01月14日【日輪寺と赤穂浪士の遺髪塔
・2013年01月12日【鞠智(きくち)城
・2014年01月15日【あんずの丘 押花館
・2014年01月23日【山鹿市・生目神社
・2014年01月29日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(前編)
・2014年02月02日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(後編)
・2014年04月08日【岳間(たけま)渓谷・湯の水公園
・2015年01月08日【山鹿へおでかけ
・2016年01月19日【山鹿温泉 元湯さくら湯
・2016年02月29日【岳間の冷や水
・2016年03月30日【桜の季節になりました・相良観音
・2016年08月09日【涼を求めて岳間渓谷
・2016年11月07日【国指定史跡・隈部氏館跡
・2017年03月09日【菊池川流域の史跡・古墳めぐり
・2017年04月03日【菊鹿町・切通しの石仏群
・2017年04月08日【熊本県内装飾古墳 春の一斉公開
・2017年04月10日【忘れられた信仰の遺跡・涅槃岩
・2017年05月10日【菊池〜山鹿のキリシタン墓と山鹿城跡
・2018年01月10日【山鹿をそぞろ歩き


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:資料館 山鹿
posted by しう@SOTO at 23:09 | TrackBack(0) | 熊本

2018年02月05日

毎年恒例のお楽しみ♪ 奄美の泥染め体験

今年も泥染め体験の季節がやって参りました!
友達のAさんを誘って体験へ…行く前に、腹ごしらえ(^p^)

永楽(外観) 永楽(菊池の福丼)

写真:左=七城温泉ドームの近くにある【永楽】(リンク先は【ひごなび】です)さん、ここはよくクルマで通るのですが、初来店です。ノボリがなければ一見、ふつうの民家。

写真:右=数あるメニューの中から迷いに迷って、豚丼をオーダーしました。りんどうポークを使用しています。
卵焼きと、真ん中に温泉玉子、ゴマがたっぷり乗ったゴボウ、お味噌汁にはキノコたっぷり。味付けがしっかりしていながら濃すぎず、家庭料理の定番という感じで、美味しかったです(^_^) 780円だったかな。

泥染め体験(2018/02/03-1) 泥染め体験(2018/02/03-2)

写真:左=さてお腹も満たされたところで、【きくち観光物産館】にて泥染め体験です!
写真:右=【Teba Brown(テバブラウン)】の職人さん自ら教えてくださいます!
体験するのは今年で4年目かな。有り難いことに、すっかり顔なじみになりました(笑)

ちなみに菊池市と奄美大島 龍郷町のご縁は、西郷隆盛にあります。
西郷隆盛は奄美大島に潜居していた間、菊池源吾と名乗っていました。菊池氏を祖としていたので、「吾が源は菊池なり」という意で付けたと云われています。
その潜居地こそ龍郷村阿丹崎、現在の龍郷町なのです。
西郷隆盛 - Wikipediaの解説

折しも今年の大河ドラマは【西郷どん】。奄美大島も西郷どんフィーバーに沸いているのか?
「いや、ぜんぜん」(笑)
まぁ、まだまだ先の出来事だからなぁ。大河ドラマファンの皆さ〜〜〜ん、奄美大島にも訪れてください!

泥染め体験(2018/02/03-3) 泥染め体験(2018/02/03-4)

写真:左=泥染め体験は初のAさん、陶芸家だけあってデザインへの要求がハイレベル。どんな模様が描けるか、絞りにかかっております。「こう縛れば、こうなる」と熟知してる職人さんがアドバイスしてくれるので安心♪

写真:右=なんと奄美大島に実家があるという親子さんも体験に参加されてました! なかなか地元では体験できる機会がなかったそうです。
小2男児のお子さんが喋り上手でビックリしました(笑)中年に混じって臆することなくフツーに会話できてるし(笑)

泥染め体験(2018/02/03-5) 泥染め体験(2018/02/03-6)

写真:左=けっこう複雑そうなAさんの泥染め、ドキドキの紐解き…

写真:右=じゃ−−−ん! さすがセンスがいい−−−!!(*´Д`*) 縦のラインがまたいい。
こうやって他の人の作品を見ると、隣の芝生は青く見え…(笑)あー、ああいう柄いいな、あんなのもいいな、と目移りしてしまうのでした…。

泥染め体験(2018/02/03-7) 泥染め体験(2018/02/03-8)

写真:左=一方、わたしは一昨年に染めた風呂敷の染め直しです。生地が厚いため、時間をかけてじっくり染めなくてはなりません。

写真:右=この際とばかりに柄もリニューアルしちゃいます。縛って縛って〜

泥染め体験(2018/02/03-9) 泥染め体験(2018/02/03-10)

写真:左=洗濯バサミで挟んだところは、花柄になります。
写真:右=じゃじゃ−−−ん!! ん〜〜〜、ちょっとまだらになっちゃったけど、それも味≠ニいうことで!(笑)

毎年、2〜3枚くらい染めるんだけど今年は風呂敷だけで…と思いきや、やれば面白くて欲が出て、結局、翌日も七城メロンドームへ(笑)

泥染め体験(2018/02/04-1) 泥染め体験(2018/02/04-2)

写真:左=泥染め体験は2日間しかやらないのです。で、2日目はココ、道の駅 七城メロンドーム。体験をしてると「何やってるの?」って感じで覗き込んでくるお客さんも多くて、そのまま飛び入り参加されたり。

写真:右=泥染めの行程については2015年の記事(2015年02月08日【奄美大島の泥染め体験】)に詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください(笑)

泥染め体験(2018/02/04-3) 泥染め体験(2018/02/04-4)

写真:左=またしても持ち込み、今度は今治タオルのタオルマフラー。素材は綿だけど元の青色がどんな染色剤を使ってるのか分からなかったから、染まるのかちょっと心配したけど…

写真:右=じゃじゃじゃ−−−ん!!! しぶい色に染まりました〜ヾ(*´▽`*)ノ 藍鉄色っぽい感じ?
思ったのとは違ったけど、これはこれで素敵♪(自画自賛)

泥染め体験(2018/02/04-5)

*おまけ*
他の方の作品。ポケットから目玉おやじ&翌ネキャラが! 素晴らしい発想、そして絞りでこんな表現もできるんだ!って目からウロコ。

たぶん来年も2月に泥染め体験があると思いますので、覚えててくださいね(笑)

ちなみに【奄美物産フェアー】は、きくち観光物産館、道の駅 七城メロンドーム、道の駅 泗水、道の駅 旭志、七城温泉ドームにて2/28まで開催中です♪

※今日の写真は自分のスマホとAさんのスマホと半々です☆

人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*関連する過去ブログ記事*
・2015年02月08日【奄美大島の泥染め体験
・2016年02月06日【今年も奄美の泥染め体験をしました★
・2017年02月05日【奄美大島の泥染め体験!


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:体験
posted by しう@SOTO at 22:12 | TrackBack(0) | ものづくり