2018年06月18日

利尻町立博物館と利尻島郷土資料館

礼文島に引き続き、曇天つづきの礼文島。こんな日は屋内観光ですよ。

利尻町立博物館(01) 利尻町立博物館(02)

写真:左=利尻島の南側、仙法志にある【利尻町立博物館】。9〜17時(入館は16:30まで)、休館日は月曜日(祝日の場合は翌日休み)。入館料200円。開館は5月1日〜11月30日までです。

写真:右=自然史コーナーでは、島内で確認されているキノコ類や植物、昆虫、鳥類などなどが展示されています。

利尻町立博物館(03) 利尻町立博物館(04)

写真:左=利尻島のジオラマ。
写真:右=かつての暮らしぶりを再現しています。こういうのって、色んなシーンを詰め込んであるけどホントよくできてる。

利尻町立博物館(05) 利尻町立博物館(06)

写真:左=ここにもトドの剥製がいた(^o^;
写真:右=利尻島には旧石器時代からヒトが住んでいたそうです。縄文〜オホーツク文化期の土器など約100点を展示。

利尻町立博物館(13) 利尻町立博物館(14)

北海道指定文化財、装飾されたトナカイの角。クマやクジラと思われる動物が刻まれている…って言われて見ても、よく解らない(^o^;

利尻町立博物館(07) 利尻町立博物館(08)

明治〜昭和にかけてニシン漁で賑わったのは利尻島も同じ。
鰊番屋とヤン衆の暮らしぶりを再現したコーナーでは会話テープが流れてるんだけど、何を喋っているのかよく解らない。

利尻町立博物館(09) 利尻町立博物館(10)

代表的な漁といえば、やっぱり昆布とウニ。これも、よくできてるなー。解りやすい。

利尻町立博物館(11) 利尻町立博物館(12)

写真家・長野重一氏が残した昭和30年頃の写真。つい見入ってしまいます。

利尻島郷土資料館(01) 利尻島郷土資料館(02)

続いて鬼脇にある【利尻島郷土資料館】。
旧鬼脇村役場庁舎を再活用したもので、大正2年に建てられた洋風建物はそれだけでも価値あり。天気が好ければバックに利尻山が見えたのですが…。

9〜17時(入館は16:30まで)、休館日は5月〜6月/9月〜10月の火曜日(祝日の場合は翌日休み)。入館料200円。開館は5月1日〜10月31日までです。

ここにもトド。しかも親子…なんだか切ない。

利尻島郷土資料館(03) 利尻島郷土資料館(04)

近年ビジターセンターなどでもお馴染みになったレプリカ。どういう製法なのか? すっごくよくできてる!!

利尻島郷土資料館(05) 利尻島郷土資料館(06)

写真:左=利尻山開山の由来。明治23年、紀州の天野磯次郎という行者が地元民とともに湾内地区から登山し、山頂(北峰)に不動明王像を安置したと伝えられています(不動明王像は現在、鷲泊にある大法寺に保管されています)。
ちなみに登山道を切り拓くのに3ヶ月かかったそうです。

写真:右=手前は「一匁(もんめ)はかり」。一匁=3.75g。

利尻島郷土資料館(07) 利尻島郷土資料館(08)

写真:左=見ていて飽きない古地図♪ 文化5年(1808)頃。
写真:右=ほー、利尻島かな…って、北海道!? 沼って大沼!? デカ!!!
約350年前の正保期(1645〜1648頃)に書かれたものらしい。

利尻島郷土資料館(09) 利尻島郷土資料館(10)

写真:左=痛恨のピンぼけ…(T_T) 利尻島(リイシリ)におけるアイヌの人々の生活記録もあります。
写真:右=刀剣も出土してます。

利尻島郷土資料館(11) 利尻島郷土資料館(12)

写真:左=ジオラマと風景画のコラボにより、スケール感が増しますね。
写真:右=漁の様子も海中までよく解ります。

利尻町立博物館も利尻島郷土資料館も、規模としてはそれほど広くないので見学の所要時間は20分程度だと思います。

利尻島郷土資料館(高山植物1) 利尻島郷土資料館(高山植物2)

写真:左=利尻島郷土資料館の裏庭は高山植物園になっています。
写真:右=アマドコロ(ナルコユリ)

利尻島郷土資料館(高山植物3) 利尻島郷土資料館(高山植物4)

写真:左=石楠花
写真:右=スズラン

ミヤマオダマキ、チシマフウロなどなど、いろいろ咲いてました〜(´ω`*)

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月08日【初上陸の礼文島、まずは礼文町郷土資料館でお勉強
・2018年06月09日【礼文島の見どころをかいつまんで
・2018年06月10日【礼文島・久種湖畔キャンプ場と遊歩道
・2018年06月11日【礼文島・澄海岬をトレッキング
・2018年06月12日【礼文島・金田ノ岬のアザラシと海鮮丼
・2018年06月13日【礼文島・スコトン岬と高山植物園
・2018年06月14日【礼文島・桃岩展望台コース〜知床口と桃岩登山口
・2018年06月15日【礼文島の神社3社とメノウ浜&地蔵岩と北のカナリアパーク
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 22:33 | TrackBack(0) | 北海道

2018年06月17日

利尻島内の日帰り入浴情報

利尻富士温泉 利尻富士温泉(甘露泉水)

写真:左=鴛泊フェリーポートから約1km、ちょっと高台にある【利尻富士温泉】は足湯やアメニティパーク、温泉プール【湯泳館】、【利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に】に隣接しています。

入浴料500円、6〜8月は営業時間11〜21時まで(詳しくは公式サイトをご参照ください)。レストラン、コインランドリー併設。リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤーあり。鍵ロッカー無料。

写真:右=駐車場の一角に、ひっそりと存在する【甘露泉水】。本当はもっと上流(登山道の途中)にあるのですが、ここまで引いてあるようです。

歴史の森マップ 歴史の森 散策路

利尻富士温泉の駐車場から、【歴史の森】散策路へと続いています。コマドリなどの野鳥や、シマリスに会えるかも!?

高山植物展示園 高山植物展示園(ミヤコグサ)

写真:左=高山植物展示園も併設。無料です。
写真:右=ミヤコグサ

高山植物展示園(コマクサ) 高山植物展示園(チングルマ)

写真:左=高山植物の女王コマクサ
写真:右=なんとチングルマがもう綿毛になっていました!!! 早すぎる〜〜〜(´Д`;)

北のしーま(1) 北のしーま(2)

鬼脇にある総合交流促進施設【北のしーま】。看板の文字が消えかかってて、すっごく目立たないので2回も通り過ぎてしまった(^o^;
入浴料500円、鍵ロッカー無料。リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤーあり。15〜21時まで、月・第4金曜休。狭いながらサウナと水風呂あり。なんと利尻富士温泉からローリーで配湯してきているらしい!

ホテル利尻(1) ホテル利尻(2)

写真:左=沓形フェリーターミナルから約1km、【ホテル利尻】(利尻ふれあい温泉)でも日帰り入浴できます。550円、13〜21時まで。リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤーあり。露天風呂、サウナ、冷泉、水風呂あり。

写真:右=利尻富士の伏流水【麗峰湧水】を自由に飲む事ができます。【麗峰湧水】は利尻島の南側、仙法志にあります(後日レポートします)。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月08日【初上陸の礼文島、まずは礼文町郷土資料館でお勉強
・2018年06月09日【礼文島の見どころをかいつまんで
・2018年06月10日【礼文島・久種湖畔キャンプ場と遊歩道
・2018年06月11日【礼文島・澄海岬をトレッキング
・2018年06月12日【礼文島・金田ノ岬のアザラシと海鮮丼
・2018年06月13日【礼文島・スコトン岬と高山植物園
・2018年06月14日【礼文島・桃岩展望台コース〜知床口と桃岩登山口
・2018年06月15日【礼文島の神社3社とメノウ浜&地蔵岩と北のカナリアパーク
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 20:07 | TrackBack(0) | 北海道

2018年06月16日

ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。

6/14の夕方、礼文島から利尻島・鴛泊港に上陸しました!

利尻島 鷲泊FT 利尻島 鷲泊FT2階スープカレー

写真:左=フェリーターミナル。左側にはペシ岬。遊歩道があり、てっぺんまで歩いて行けます。まだ天候不良などで未踏破。

写真:右=食べたのは20日なんですが(^o^; 2階のレストランでスープカレーを。予想に反して、スパイスもいい具合に利いてたし美味しかった!
11〜14時までと、たった3時間の営業です。離島までには「うにめし」をゲットするぞ!

利尻島 鷲泊FT前 食堂さとう 食堂さとう海藻ラーメン

写真:左=フェリーターミナル前にある食堂さとう。
写真:右=海藻ラーメンが潮の香り抜群で、麺もツルツルシコシコと歯ごたえがあって美味しかった! 海藻は、わかめ/まつぼ/ふのり/銀杏草の4種類。まつぼはトロトロねばりがあって、ふのりは新鮮コリコリなヒジキみたいな感じ、銀杏草はキクラゲっぽくて個人的には一番好み!

利尻島 鷲泊FT前 利尻島 ヒグマ情報

写真:左=フェリーターミナル前は、こんな感じ。お食事処やお土産屋、レンタカー屋さんなどが軒を連ねています。さびれた印象は否めません。

写真:右=106年ぶりにヒグマが出没したことで、島内放送でも連日、注意喚起や目撃情報などを伝えています。
監視カメラには写っていたけど、この1ヶ月誰にも目撃されていないのでヒグマの方で人間を避けてくれてるようです。そのうち、また海を泳いで出て行ってくれるといいのですが。

利尻島 GS価格 利尻島 GS値引き

写真:左=鴛泊のガソリン価格。レギュラーの方が軽油より安い!?
写真:右=その理由は、補助金を活用しガソリン(ハイオクも)15円引きになっているからなのです。このポスターは平成29年3月31日まで、と書いてありますが今年度も続行しています。ディーゼルの皆さま、稚内で満タンにしてお越しください。

あ、ちなみに税別です! 税込みだとレギュラー170円くらいになります。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月08日【初上陸の礼文島、まずは礼文町郷土資料館でお勉強
・2018年06月09日【礼文島の見どころをかいつまんで
・2018年06月10日【礼文島・久種湖畔キャンプ場と遊歩道
・2018年06月11日【礼文島・澄海岬をトレッキング
・2018年06月12日【礼文島・金田ノ岬のアザラシと海鮮丼
・2018年06月13日【礼文島・スコトン岬と高山植物園
・2018年06月14日【礼文島・桃岩展望台コース〜知床口と桃岩登山口
・2018年06月15日【礼文島の神社3社とメノウ浜&地蔵岩と北のカナリアパーク

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 22:08 | TrackBack(0) | 北海道