2019年01月24日

阿蘇の湧水と霜神社

昨日の続き(2019年01月23日【阿蘇神社へ初詣】)、菊池への帰りがけにちょっと寄り道。
(※実際に訪れたのは1/18です)

阿蘇やくいん原湧水群(1)

阿蘇周辺には、湧水があちらこちらから湧いています。【阿蘇 役犬原(やくいんはら)湧水群】も、そのひとつ。
しかも、自噴です!

阿蘇やくいん原湧水群(2)

今の時季は止めてあるのかも知れませんが、田畑を潤す春〜夏あたりは、それはもう「どうどうと」湧き出ています。
そのまま飲めるくらい清浄なお水です。

2016年夏、【おんだ祭】を見に行った日はスマホが強制終了するほどの猛暑で、所々にある湧水にずいぶん助けられました。

霜神社(1)

かねてから気になっていた【霜神社】へも参拝しました。ちょっと入り組んだ場所にあり、道幅も狭いので分かりづらいです。しかも駐車場がありません。鳥居の前の道路に、少しだけスペースがある程度です。
上記2ヶ所の湧水も、駐車場は普通車2台分くらいです。

霜神社(案内板)

神代の昔、阿蘇を開拓した健磐龍命(たけいわたつのみこと/阿蘇神社の御祭神)が的石に向かって弓の練習をしていたとき、放った矢を取りに行く役目の鬼八(きはち)法師が疲れ果てて、100本目の矢を足で投げ出してしまいました。怒った健磐龍命は鬼八の首を切り落としてしまいます。
天に昇った鬼八は以後、阿蘇に霜の害をもたらすようになったので、健磐龍命は鬼八の霊を鎮めるために役犬原に霜宮を造ったと伝えられています。

霜神社(2)

その鬼八の首を暖めるために行われる「火焚神事」(国指定重要無形民俗文化財)は、竹原/上役犬原/下役犬原の三つの集落から選ばれた10歳前後の少女「火焚き乙女」が、59日間も「火焚き所」に籠って火を焚き続けるというものです。昔は59日間、敷地から出ることもできなかったそうですが、近代では大人の協力も得て学校を休む必要もなくなっています。

霜神社(3)

今は蛇口がついていますが、手水石には寛政八年(1796)と刻まれています。
火焚殿は、平成21年(2009)の神事中に全焼したそうです。

霜神社(4)

【火焚神事】の日程は、以下の通り。

・8月13日|注連卸し(お払いの式)
・8月19日|乙女入り神事(御神体が火焚き殿の神座に到着、乙女が火焚き殿で火を焚き始める)
・9月15日|おぬくめ式(真綿でご神体を包み温める)
・10月16日|おかへりの式(乙女揚げ/御神体が御輿に乗ってお帰りになり、乙女が火焚き殿を出る)
・10月18日|神楽式(夜渡祭)
 「きり火」の火をたき、夜を徹して無病息災と五穀豊穣を祈り、夜半にはたき火の中を神楽人に手を引かれて少女は、はだしのままに火中を三度も行きもどりして神事を終わります。

火焚き神事|阿蘇ペディアより

それにしても、8月下旬〜10月中旬と言えば熊本はまだまだ残暑きびしい時季です。それなのに「あたためる」とは、いかなることか?
しかし、これが旧暦であるならば11月中旬には霜が降りる可能性もありますね。特に、現代よりも昔は寒かったでしょうし。


ところでネットで調べていたら、御手洗神社とセットで参拝しなきゃいけなかった。そちらに神楽殿もあった。なんという片手落ち…(;つД`)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪





*阿蘇近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年04月07日【阿蘇國造神社(国造神社)
・2012年02月09日【蛇石(へびいし)神社
・2012年04月06日【杖立温泉の鯉のぼり
・2012年04月10日【阿蘇中岳大噴火口
・2012年04月14日【阿蘇の展望所
・2012年05月17日【仙酔峡のミヤマキリシマ
・2014年01月07日【阿蘇のストーンサークル? 押戸ノ石 石群
・2014年01月19日【阿蘇の氷瀑・古閑の滝
・2014年01月20日【霊水・揺ヶ池
・2014年02月28日【あそ望の郷くぎのと藤谷神社
・2014年03月05日【阿蘇・手野の名水〜国造神社〜福の神地蔵尊
・2015年01月10日【岩戸渓谷と岩戸神社
・2015年01月19日【平成の名水百選・南阿蘇村湧水群
・2015年05月10日【日本三大下り宮・草部吉見神社
・2016年01月05日【阿蘇神社へ初詣
・2016年02月10日【俵山湧水そばで昼食→二重峠へ
・2016年05月17日【阿蘇神社と国造神社へ参拝
・2016年05月24日【阿蘇・波野のスズラン自生地
・2016年07月28日【阿蘇神社おんだ祭
・2016年08月21日【阿蘇一の宮・旧洋裁女学校跡
・2016年09月08日【裏見の滝・鍋ヶ滝
・2016年09月09日【小国郷のシンボル・阿弥陀杉
・2016年09月10日【福運三社めぐり・小国両神社
・2016年09月11日【福運三社めぐり・鏡ヶ池
・2016年09月12日【福運三社めぐり・けやき水源
・2016年09月13日【阿蘇のススキは今から見頃です♪
・2016年09月15日【波野 ソバの花公園
・2016年09月23日【南阿蘇鉄道 阿蘇白川駅のカフェ
・2016年09月30日【グリーンロード南阿蘇(ケニー・ロード)
・2016年11月05日【高森殿の杉
・2017年02月01日【竹の熊の大欅と満願寺・金比羅杉
・2017年02月04日【阿蘇一帯をドライブ
・2017年04月17日【前原の一本桜
・2017年04月27日【阿蘇へ山菜採りに
・2018年01月25日【阿蘇・護王さんの杉
・2018年01月27日【阿蘇・西町八幡宮
・2018年01月30日【阿蘇・三閑稲荷神社
・2018年01月31日【城山展望所と石神社


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:神社 湧水
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 熊本

2019年01月23日

阿蘇神社へ初詣

昨年12月、旅から戻ってきて3日後にも無事帰還のご挨拶に阿蘇神社へ参拝したのですが、年も明けたことだし新年のご挨拶に(って、1/18ですが…)。

阿蘇駅(1)

その前にチラっと阿蘇駅へ。道の駅【阿蘇】のお隣です。

阿蘇駅(2)

いつも道の駅には立ち寄るのですが、阿蘇駅はほぼスルー。クルマで来てるし…。

あそぼーい(1)

そんな何の気なしに立ち寄ったところ、ラッキーなことに【あそぼーい】が停車してた!

あそぼーい(2)

「くろちゃん」が至る所に♪
一度は乗ってみたいなぁ。そして乗るならパノラマシートだよね!

お昼ご飯

道の駅に寄って、お昼ご飯に「肉まきむすび」と「馬玉にぎり」を、おとーさんと半分ずつ。味が濃いめで、見た目以上にボリューミー! お腹いっぱいになりました。
お野菜も欲しかったけど、ちょうどいいのがないんだよなぁ。

阿蘇神社(湧水)

さぁ、阿蘇神社へ参拝です。湧水が豊富な阿蘇、こちらが手水になります!
水汲み場はまた別に設けられています(写真、右奥の方)。阿蘇神社へ参拝される際は、ペットボトルなどをご持参ください♪

阿蘇神社(境内)

熊本地震により修復中の境内は、未だ立ち入り禁止のところもあります。「願かけの石」や、縁結びにご利益がある「高砂の松」は参拝できますよ。

阿蘇神社(拝殿)

一の神殿・二の神殿・三の神殿へは立ち入れません。拝殿もまだ再建されていないので、こちらの仮参拝所から参拝します。

阿蘇神社(仮拝殿)

災害復旧工事の進捗については阿蘇神社 公式サイトにて写真付きで詳細に報告されていますので、思いを馳せつつチェックしてみてくださいませ。
コラム【修理工事こぼれ話】なども興味深いですよ! 例えば2018年12月の報告書では、年号が刻まれている石灯籠をまとめて紹介してあるなど、これを読んでから行くとさらに楽しめると思います。
(昨年の分が12月しかUPされていないのが、すごく残念!)





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*阿蘇近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年04月07日【阿蘇國造神社(国造神社)
・2012年02月09日【蛇石(へびいし)神社
・2012年04月06日【杖立温泉の鯉のぼり
・2012年04月10日【阿蘇中岳大噴火口
・2012年04月14日【阿蘇の展望所
・2012年05月17日【仙酔峡のミヤマキリシマ
・2014年01月07日【阿蘇のストーンサークル? 押戸ノ石 石群
・2014年01月19日【阿蘇の氷瀑・古閑の滝
・2014年01月20日【霊水・揺ヶ池
・2014年02月28日【あそ望の郷くぎのと藤谷神社
・2014年03月05日【阿蘇・手野の名水〜国造神社〜福の神地蔵尊
・2015年01月10日【岩戸渓谷と岩戸神社
・2015年01月19日【平成の名水百選・南阿蘇村湧水群
・2015年05月10日【日本三大下り宮・草部吉見神社
・2016年01月05日【阿蘇神社へ初詣
・2016年02月10日【俵山湧水そばで昼食→二重峠へ
・2016年05月17日【阿蘇神社と国造神社へ参拝
・2016年05月24日【阿蘇・波野のスズラン自生地
・2016年07月28日【阿蘇神社おんだ祭
・2016年08月21日【阿蘇一の宮・旧洋裁女学校跡
・2016年09月08日【裏見の滝・鍋ヶ滝
・2016年09月09日【小国郷のシンボル・阿弥陀杉
・2016年09月10日【福運三社めぐり・小国両神社
・2016年09月11日【福運三社めぐり・鏡ヶ池
・2016年09月12日【福運三社めぐり・けやき水源
・2016年09月13日【阿蘇のススキは今から見頃です♪
・2016年09月15日【波野 ソバの花公園
・2016年09月23日【南阿蘇鉄道 阿蘇白川駅のカフェ
・2016年09月30日【グリーンロード南阿蘇(ケニー・ロード)
・2016年11月05日【高森殿の杉
・2017年02月01日【竹の熊の大欅と満願寺・金比羅杉
・2017年02月04日【阿蘇一帯をドライブ
・2017年04月17日【前原の一本桜
・2017年04月27日【阿蘇へ山菜採りに
・2018年01月25日【阿蘇・護王さんの杉
・2018年01月27日【阿蘇・西町八幡宮
・2018年01月30日【阿蘇・三閑稲荷神社
・2018年01月31日【城山展望所と石神社


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:神社 湧水
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 熊本

2019年01月22日

アンビー熊本に行ってみた

熊本県合志市に新しくできた商業施設【アンビー熊本】に行ってみました。
現在【植木まつり】開催中の【農業公園カントリーパーク】から約2〜3kmです。
もっと言うと、西へ約12kmで道の駅【すいかの里 植木】、東に約10〜12kmで先日ランチした【郷乃恵】や【月亭】があります。

・2019年01月16日【第44回 JA植木まつり
・2019年01月14日【菊池の飲食店・自然食れすとらん郷乃恵
・2019年01月20日【菊池郡大津町の飲食店・月亭

アンビー熊本(1)

開業予定が1年も遅れて、2018年11月にようやく物産館などがオープン。他にラーメンや焼肉などの飲食店や、美容室、メガネ店、整骨院、薬局などが続々オープンしています。

しかしスーパーセンターやホームセンターは未だなく、鉄骨を組み立てているような段階です。
現段階では、全体の1/3くらいが完成してるのかな?

アンビー熊本(2)

物産館【志来菜彩(しきさいさい)】では、農作物や畜産物、お土産品などを取り扱っています。
遠方からのお客様のみならず、地元民にも嬉しい「馬刺」「馬レバ刺」も販売してました!

(※店舗の許可を得て撮影してます)

アンビー熊本(3)

さらに天草直送の新鮮魚貝類があるのが嬉しい!ヾ(*´▽`*)ノ
我が家@菊池市はどちらかというと阿蘇に近い山間部ですから、新鮮な海の幸を手に入れられるのは魅力! マテ貝やサザエ、アワビもあった♪
珍しいマグロの心臓と肝があり、晩酌のアテに生姜醤油で煮込んで食べました( ´艸`)

スーパー銭湯も今春オープンの予定なのですが、果たして…!?



【アンビー熊本】
 住所|熊本県合志市竹迫2292
 電話|096-276-6843(代表)
 営業|9時〜19時(志来菜彩/店舗により異なる)
 駐車|約1,300台/駐輪 約140台


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪



*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 熊本