2017年07月25日

美瑛神社の那智美瑛火祭り

美瑛町の美瑛神社にて7月24日(※曜日に関わらず、毎年同日)に開催された【那智美瑛火祭り】を見に行ってきました。

那智美瑛火祭り(01) 那智美瑛火祭り(02)

松明12本を白装束姿の勢子たちが代わる代わる担ぎながら、小高い丘の上にある丸山公園を出発し町内の美瑛神社まで、美瑛白金(びえいしろがね)太鼓の勇壮な演奏、「オウリャ」というかけ声とともに練り歩きます。

那智美瑛火祭り(03) 那智美瑛火祭り(04)

到着したのが20時近かったので、すでに町内を歩いて来ていました。
丸山公園から下りてくる炎の列を見たかった・・・最初からお伝えできなくてすみませんm(_ _;)m

那智美瑛火祭り(05) 那智美瑛火祭り(06)

燃え盛る大松明の重さは40kg!
公園から神社までの約700m約30分、そのままただ燃えるに任せていたら燃え尽きてしまうので、火力を調整するため水をかけたり大松明を回転させて燃え方を均等にするなどの工夫をしているのだとか。
ただ持って歩くだけでも大変なのに!

那智美瑛火祭り(07) 那智美瑛火祭り(08)

このお祭りは第29回目。発端は、昭和63年(1988)12月におこった十勝岳の大噴火でした。
大きな被害を受けた町の有志が、翌平成元年(1989)、町に活気を取り戻そうと始めたもので、火山の沈静を祈るとともに、自然の恵みに感謝する神事なのです。

那智美瑛火祭り(09) 那智美瑛火祭り(10)

神社に着いたら、また新たに大松明12本が点火されます(つまり全部で24本)。
よく見ると、この松明の外周にある木(カラマツ)には願い事が書かれていました。松明は11月頃から作り始めるそうで、地元の方々があらかじめ奉納していたようです。

那智美瑛火祭り(11) 那智美瑛火祭り(12)

美瑛町のおこりは明治29年(1896)、和歌山県東牟婁郡旧太田村(現:那智勝浦町)から田仲儀太郎が団長となり現在の北町・大町・扇町に入植、基礎を築きました。

入植者の一人である木下四郎が旧官幣大社・熊野坐神社から「家都御子命(けつみこのみこと)」の御分霊を受け、敷地内の大木に「小祠」を建立し、仮の社殿として祭ったのが美瑛神社のはじまりです。
美瑛神社 | たびらい北海道 より)

那智美瑛火祭り(13) 那智美瑛火祭り(14)

祭りをはじめるにあたり、先人たちの故郷・和歌山県の熊野那智大社で千年以上続く「那智大社火祭」より正式に「火」を貰い受けたそうです。
なぜ「那智#瑛火祭り」なのかと思っていたら、そういう訳だったのですね。

那智美瑛火祭り(15) 那智美瑛火祭り(16)

2回目の松明は境内にて、太鼓の山車を中心に何度も廻り続けます。
鳴り響く太鼓の音と、観客も一体となって一定のリズムを刻むかけ声、かかる水しぶき、時おり金網に松明を叩きつけては上がる火の粉、それが30分近くも続きます。

那智美瑛火祭り(17) 那智美瑛火祭り(18)

松明の炎が収まってきたところで、神社へ「火」を奉納。
なんと、この火、宮司さんら関係者が水をかぶって禊を行い、本殿で昔ながらの摩擦熱を利用した方法で熾したのだそうです!

那智美瑛火祭り(19) 那智美瑛火祭り(20)

美瑛神社の御祭神は、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)、そして天照大神(あまてらすおおかみ)、家都御子神(けつみこのかみ)、大國主神(おおくにぬしのかみ)。
縁結びの神様としても信仰を深めており、「北海道三大パワースポット」のひとつともいわれています。

また次回は御朱印をいただきに参拝しようと思います。
(すっごく可愛いらしい!)

那智・美瑛火祭 - ダイドー祭りドットコム

撮影:Nikon COOLPIX P900



*関連する過去ブログ記事*
・2013年10月08日【上富良野・美瑛の景色
・2017年07月17日【美瑛・富良野の花めぐり

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










タグ:神社 お祭り
posted by しう@SOTO at 21:35 | TrackBack(0) | 北海道

2017年07月23日

鹿追神社に参拝後、ふたたび然別風穴地帯へ

7月22日は、然別川河川敷にて【鹿追町民花火大会】が開催されました。
約4,000発だったそうで、「もう終わったのかな?」というインターバルのあとまた上がる、というのを2回繰り返し、1時間以上、上がっていました!
道の駅【しかおい】からでもチラっと見えましたよ(^_^)

鹿追神社(1) 鹿追神社(2)

翌日、鹿追神社へ参拝。
御祭神は伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)です。
↓以下、公式サイトより↓
大正3年 、30cm程の木碑に「天照大神」と標し御祭神とし、祭事を執り行う事を始まりとした。当時は社掌(しゃしょう)もいなく無神格であった。
大正10年、仮社殿造営、改めて「鹿追神社」と称した。
大正12年、当時の収入役・久保田松太郎氏の郷里、福井県大野郡石徹白村(現岐阜県郡上郡白鳥町石徹白)鎮座「県社白山中居神社」より御分霊(イザナミのカミ、イザナミのカミ)を受け鹿追村の総鎮守とした。

鹿追神社(3) 鹿追神社(4)

写真:左=境内に土俵がありました。今では少なくなってきましたね。
土俵の向こう側に見える左側の建物は「殉公の社」、右側に「忠魂碑」。

写真:右=更に右側には「軍人一宮」碑。裏側には、
「大正十三年秋 帝国在郷軍人会・・・」と刻まれていました。

ちなみに灯籠は「北海道拓殖鐵道株式會社」が奉納したものでした。
北海道拓殖鉄道 - Wikipedia

鹿追神社(5) 鹿追神社(6)

狛犬は、昭和十五年九月吉日 谷 源之丞 谷 キヌさん奉納。
社殿社務所が完成した年です。昭和18年には「郷社」となっています。

決して大きな神社ではありませんが境内の雰囲気がすっきりしていて、何だか居心地いいです(´ω`*)

7月1日の【白蛇姫まつり】が見たかったんですけど、スケジュール調整がうまくいかず・・・。
来年は予めスケジュールを出しておかなきゃなぁ(って、そうそう予定通りにいかないのがわたしなんですが・・・)。

8月11日には【しかおい7,000人おどり】が開催されます。
例大祭は9月15日です。

然別湖周辺のトレッキングルート図 ガレ場

さて前回の宿題を解決すべく、ふたたび然別湖へやってきました。
ネイチャーセンターでトレッキングルート図を見てみたら・・・駒止湖を見下ろすルート、やっぱり道道85号線に繋がってる!!
(3年前にもらったイラストマップでは道が途中で切れてた)
・2014年07月29日【然別湖の秘湖・駒止湖

で、その3年前にガレ場で出会った方に「この道は駒止湖までは下りられない」と聞いていたのですが、先日、出会った方は「下りられるはず」と言う。
それはやはり、確かめなくては!

フキのポンチョ ナキウサギ(1)

写真:左=今日は、フキのポンチョをかぶった可愛いコロボックルさんも来てました♪
写真:右=着いて早々、ナキウサギさん登場!ヾ(*´▽`*)ノ
被毛が生え変わってるようなこの感じは、こないだと同じ子かな?

ナキウサギ(2) ナキウサギ(3)

ズ−−−−−ム イン!(≧∇≦)
この「ナキウサギですが、なにか?」とでもいうようなトボケた感じがたまらん!

もっとずっと見ていたいけど、今日はとりあえずこのルートの終点を確認せねば。
たぶん、3年前に途中で引き返した、あのルートに繋がると思うんだよね〜。

然別風穴地帯(1) 然別風穴地帯(2)

写真:左=ポワポワ苔に覆われた緑の絨毯の上をキタキツネが歩いていました(写真には収められず T_T)。
写真:右=根っこが抱き込んだ岩ごと浮き上がってしまっています! エゾマツは枯れていました。

高山植物 クルマユリ

写真:左=ラン科の植物かな?
写真:右=あちらこちらでクルマユリが咲き始めました。わたし的に、夏を象徴する花です。

東ヌプカウシヌプリ 東ヌプカウシヌプリ登山口

やっぱりー! 東ヌプカウシヌプリ登山口に繋がりました。
ここは、もう道道85号線沿い。

結論。駒止湖へは下りられない。
湖は急斜面の下に位置し、脇道もないし、登山道にはロープが張ってあります。
しかも、湖がもっともよく見えるのは道道85号線から(笑)
ただ駐車場はないので、歩いて行きましょう〜。

千畳くずれ チョウチョ

写真:左=東ヌプカウシヌプリ登山口は、千畳くずれ≠フ目の前です。ここにもナキウサギが生息していて、鳴き声はよく聞こえるのですが・・・姿はまったく捉えられず。すっごく近くで鳴いているのに(;つД`)
範囲が広いし、岩が大きいから外に出てくる必要があまりないのか陰に隠れやすいのかも知れません。
ナキウサギを見るなら、やっぱりさっきのガレ場ですね。

東ヌプカウシヌプリは往復2時間くらいらしいから登ってみようかなと思ったけど、どうやら湖は山頂からでも望めそうにないのでやめました。

さー、ひとつミッションクリアー!って満足してたら、もう1つ行ってみたいルートを発見してしまいましたよ(´Д`;)
それは、また今度にしよう・・・。

※然別湖周辺(道道85号線)におねだりキツネ≠ェ出没しています。わたしが見た限りでは2頭。無防備に道路に出てきますのでご注意ください。決してエサをあげたり、触ったりしないでくださいね。

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用



*関連する過去ブログ記事*
・2014年07月29日【然別湖の秘湖・駒止湖
・2014年07月28日【然別湖〜東雲湖〜天望山トレッキング
・2017年07月21日【やっと出会えたナキウサギ・然別風穴地帯


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:34 | TrackBack(0) | 北海道

2017年07月21日

やっと出会えたナキウサギ・然別風穴地帯

忠類から、どこへ行くという目的もなく適当に「暑いから道東に行こうかな〜」と考えていたのですが、地図を見ていたらふと然別湖が目に入った。
川湯のエゾイソツツジが見頃を過ぎていた先月下旬(2017年06月25日【川湯〜硫黄山 つつじヶ原自然探勝路】)、然別湖だったら川湯より寒いしまだ咲いてないんじゃないか?(然別湖の標高は810m)という意見もあって行く気になっていたものの、何故か道北に向かってしまった。
いつも思いつきなんだよなぁ。

然別湖(01) 然別湖(02)

写真:左=然別湖畔公園駐車場(無料)に停めて、てくてくお散歩。
※余談ですが現在、糠平方面へは通行止めとなっています。

写真:右=手前の建物には【然別湖ネイチャーセンター】と、カフェ、お土産屋さんが入っています。
奥の建物、【ホテル福原】は休業中です。

然別湖(03) 然別湖(04)

写真:左=【ホテル風水】。日帰り入浴1,000円。
然別峡野営場に併設の無料温泉施設【鹿の湯】があるから、設備にこだわらなければそちらに行くのも手です。
ちなみにわたしは道の駅【しかおい】近くの【トリムセンター】で入浴しました。440円、備品あり、狭いです。脱衣所にクーラーがないのが残念ですが(今の時期、これが大事!笑)。

写真:右=ホテル風水の向かって右側が湖畔公園として綺麗に整備されています。

然別湖(05) 然別湖(06)

湖畔には足湯もあります。観光遊覧船乗り場もこちら。

当初の予定では東雲湖トレッキングをする気満々だったのですが、朝から調子が出なくて・・・午後になってやっと行動を開始したのです。
あんまり無理をするのは避けて遊覧船に乗ろうかな〜とも思ったんですが、とりあえず湖畔を散策してから決めようと先へ進む。

然別湖(07) 然別湖(08)

カヤックで湖畔散策もいいなぁ〜(´ω`*) 気持ち好さそう。
然別湖は本当に美しいです。

然別湖(09) 然別湖(10)

初めて然別湖を訪れた20年前からある、傾いた白樺。わたしにとって然別湖のシンボルです。
湖畔が綺麗に整備されて、この木もいつ倒れるか分からないからって伐られちゃうんじゃないかと心配しましたが、今も絶妙なバランスを保ちながらぐぐっと耐えてます。

冬の間は湖も凍って雪景色になるんだけど、白樺の上にも雪が積もるんだろうなぁ。持ちこたえてほしいな。
冬の然別湖も見たいけど・・・いつになるやら(´・ω・`)

しかりべつ湖コタン 冬にのみ現れる幻の村 | たびらい北海道

然別湖(11) 然別湖(12)

写真:左=湖畔には自由に休憩できるベンチがいくつか設置してあるので、のんびりできますよ。
写真:右=湖畔から階段で旧道に出ました。今はトンネルでショートカットしてる部分です。昔はこ〜〜〜んなに道が狭かったのね!

然別湖(13) 然別湖(14)

写真:左=ウバユリが咲き競っています(´ω`*)
写真:右=道道85号線に出ました。いい眺め♪

然別湖(15) 然別湖(16)

そのまま鹿追方面に歩いて行くと左に分かれ道があり、およそ200mくらいで東雲湖への登山道入り口に到着。
「あ〜、ここだ!」と、3年前の記憶が蘇った。でも今日はやめておきます。もう13時過ぎてるし。

普通車5〜6台くらい停められるスペースがあり、ここが行き止まりです。
クルマは通行止めだけど道が続いていたのでどこまで行けるのか歩いてみたら・・・。

然別風穴地帯(01) 然別風穴地帯(02)

あっけなく道道85号線に合流しました(笑)ちょうど然別橋の手前です。
ここも思い出した。ナキウサギが生息しているという然別風穴地帯。この日もカメラを提げた方がうろうろと見回っていました。

男性が立っている方の道を進むと・・・また思い出した! 岩塊斜面(ガレ場)に続く山道があるんだった。

然別風穴地帯(03) 然別風穴地帯(04)

写真:左=山道へ入ると、去年の台風のせいなのか倒木がかなり多かったです。
写真:右=森の中も至る所に穴が空いています。地面を苔が覆っていて、幻想的な雰囲気です。

然別風穴地帯(05) 然別風穴地帯(06)

10分くらいで、ガレ場に到着。誰もいないと思いきや男性2人がナキウサギを待っていました。
ここでは大声を出さず、歩くときも抜き足・差し足・忍び足。
まぁ、そうそうナキウサギが見れるとは期待せず、腰を下ろして岩場を眺めながら休憩タイム。

然別風穴地帯(ナキウサギ/1) 然別風穴地帯(ナキウサギ/2)

写真:左=ん? なんか動いた?
写真:右=な、ナキウサギだ−−−!!!Σ(°ロ°;)

到着して20分も経たずに姿を現してくれるなんて!
今まで大雪山系でも声はすれども姿は見えず・・・で、見えてもチョロっと。初めてカメラにバッチリ収めることができて嬉しいより先に呆然としてしまいました(笑)
居合わせた男性も「この暑い日中に出て来るのは珍しい」と言ってました。14時半でした。

然別風穴地帯(ナキウサギ/3) 然別風穴地帯(07)

次に姿を見せたのは15時過ぎ。けっこう素早くてカメラで追うのが大変!
そして、意外と体がニョロ長いことも初めて知りました(笑)

然別風穴地帯(駒止湖) 然別風穴地帯(08)

岩場を背にすると、駒止湖が眼下に見えます。
3年前にここで出会った方に「湖までは下りられない」と聞いたのですが、今日出会った方は「えっ? 下りられるはずですよ? さっきもトレッキングのグループが通って行ったし」って、エーーーーー!?Σ(°ロ°;)

3年前も、ここで引き返したから次は先へも行ってみよう。
この時点でもう15時半。お腹も空いたし(朝昼兼用で10時頃に食べたきり)、帰ろうかなと言ったら「おにぎり余ってるから、どうぞ」っていただいてしまった!
図々しく遠慮なく有り難くいただきました(-人-;)

然別風穴地帯(豹紋蝶) 然別風穴地帯(ナキウサギ/4)

だいたいボケーっと岩場を眺めて待ってるんですが、この待つというのが苦手なわたし。
しかし、もう帰ろうかなとバッグを背負ったりチョウチョなど他のものを撮っていると鳴き声がしはじめるんですよ。
鳴き声がするということは外に出てきているということ。(ナキウサギはガレ場の中の穴に棲んでいます)

あっちで鳴いた、こっちで鳴いた、とソロソロ移動するんですが、なかなか都合よくはいかないものです。
居合わせたのは50代くらいと、60代くらいの男性二人。ナキウサギがすばしっこいのと小さくてガレ場の色と同化しやすいのと、目視できてもカメラに捉えられないのとで60代男性は「なかなか撮らせてくれないんだものなぁ」と意気消沈していました。
その男性のすぐ足下に出没したりしたんだけど、優しい性格なのでしょうね、脅かさないようにカメラを構えずじっとしてるんですよ(´ω`*) いいひとだ。

然別風穴地帯(ナキウサギ/5) 然別風穴地帯(ナキウサギ/6)

いや〜可愛い。背中も可愛い(笑)
だいたい1時間おきくらいに出てきてくれました。

氷河期の生き残りなので涼しくなった頃からが本番なのですが、あんまり粘るわけにもいきません。
森の中は暗くなるし、サングラスだし、ここから然別湖畔公園駐車場まで歩いて帰らなければならないし。
16時半を過ぎ、諦めて「もう帰りますよー」ってガレ場に向かって呟いたら、「キッ」「チッ」「キキッ」「チチーッ」って大合唱! 帰れってか!(笑)
いやいや、きっとあれは「バイバーイ」って言ってくれたに違いない。
また来るね〜(*´▽`*)

然別風穴地帯(09) 然別風穴地帯(ナキウサギのフン)

写真:左=ここは苔好きとしても、たまらんスポットです(´ω`*)
写真:右=ナキウサギのフン。仁丹くらいの大きさの丸いつぶつぶです。鹿とかヤギとかもそうだけど、なんでコロコロになって出てくるんだろう???

然別湖の橋の欄干 木の幹に丸い穴

*おまけ*
写真:左=橋の欄干には、ナキウサギのモチーフが。
写真:右=キツツキ系が開けたであろう穴。よくこんな綺麗に丸く開けるよなぁ。虫さえ捕れれば丸じゃなくてもよさそうなのに。

撮影:Nikon COOLPIX P900

※然別湖周辺(道道85号線)におねだりキツネ≠ェ出没しています。わたしが見た限りでは2頭。無防備に道路に出てきますのでご注意ください。決してエサをあげたり、触ったりしないでくださいね。



*関連する過去ブログ記事*
・2014年07月29日【然別湖の秘湖・駒止湖
・2014年07月28日【然別湖〜東雲湖〜天望山トレッキング


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:19 | TrackBack(0) | 北海道