2017年02月15日

菊池の巨木めぐり

過日、地元・菊池の歴史や史跡に詳しい方に、色々と案内していただく機会に恵まれました!
巨木や遺跡など十数ヶ所も廻って、たいへん中身の濃い1日となり感謝感謝です(*´▽`*)
ブログに掲載するには数が多すぎるので、今日は【巨木編】とします♪
写真メインで詳しい場所などは明記しておりません。興味のある方は、検索してみてくださいね。

妙蓮寺の樟(1) 妙蓮寺の樟(2)

菊池市隈府(わいふ)/妙蓮寺の樟(クス)
こちらは過去にもブログで紹介したことがあります。
樹高 約33m、目通り幹囲 10.5m、推定樹齢 600年。熊本県指定文化財 天然記念物。

落雷を受けてなお、樹勢さかんで豊かな枝振り。
正等山妙蓮寺は寛永8年(1682)、隈府切明に日円上人が開基した日蓮宗の寺院。(現在の寺院は再建したもの)

余談ですが、クスノキはなぜ「樟」と「楠」の2文字が存在するのでしょうか?
誰か教えて。

イチイガシ(1) イチイガシ(2)

菊池市泗水(しすい)/イチイガシ(通称:天神さん)
樹高 約20m、目通り幹囲 約7.2m、推定樹齢 300年以上。泗水町指定文化財 天然記念物。

根が途中で露出しているので、地盤が雨で流されているか下がってきているのだと思います。
その根張りの雄大さに圧倒されました。根の空間で寝たら、どんな気持ちだろう?

福本八幡宮の大楠(1) 福本八幡宮の大楠(2)

菊池市泗水/福本八幡宮(聖母八幡宮)の大楠
樹高 約20m、目通り幹囲 約6.0m、推定樹齢 700年以上。菊池市指定文化財 天然記念物。

福本八幡宮の創立は嘉元2年(1304)。玉名郡千田庄の聖母八幡宮から勧請されました。
秋の例大祭では、獅子舞のあと踊り子たちが「剣舞」「花笠踊り」を踊りながら境内を回り、五穀豊穣・生活安全を祈願します。

岩本巻天神の椋(1) 岩本巻天神の椋(2)

菊池市旭志(きょくし)/岩本巻天神の椋(ムク)
樹高 約20m、目通り幹囲 約6.4m、推定樹齢 600〜800年。菊池市指定文化財 天然記念物。

毎年12月15日に、この御神木に上組・中組・下組の3座で順番に7周半の注連縄を巻いて祭典が行われ、夜は地元神楽保存会による岩本神楽が奉納されています。注連縄が早く腐った年は豊作になるという言い伝えがあります。 

平菅原神社のたぶの木(1) 平菅原神社のたぶの木(2)

菊池市旭志/平菅原神社のたぶの木
幹周 約7m、樹齢不明(数百年)。菊池市指定文化財 天然記念物。

度々の風害で主木が折れ、幹も空洞化。鉄骨製の支柱を設置し、主幹を支えて保護しています。
キノコが生えており、かなり樹勢が衰えていました。しかし受ける印象では、雄々しさを感じました。

仏供石のたぶの木(1) 仏供石のたぶの木(2)

菊池市旭志/仏供石(ぶくいし)のたぶの木
幹周り 約4.6m、樹高 約17m。菊池市指定文化財 天然記念物。

合志33霊場の2番札所、仏供石観音堂の正面にあります。
鞍岳山(くらたけさん)観音(合志33霊場1番札所)を信仰した尼僧が晩年、山上まで登るのが困難になり、この樹の下にある大石に供え物をして遥拝したという古事により、このあたり一帯を仏供石と呼ぶようになりました。大石には、尼僧の杖と下駄の痕が残っているのだとか?
現在、仏供石観音堂は馬頭観音として信仰されています。

現在、風害により枝がいくつか欠けてしまっています。また、枝葉が落ちる危険があるため樹の廻りにロープが張ってあります。
立ち入る際は自己責任でお願い致します。

撮影:Nikon COOLPIX P900/みスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用写真含

SOTO Home Page
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


【キャンピングカー放浪旅生活】と銘打っていながら、2016年度は地元・熊本で活動しておりますm(_ _)m








タグ:神社 巨木
posted by しう@SOTO at 22:33 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2017年02月14日

岩戸山古墳

写真メインで失礼しますm(_ _)m
筑紫君磐井の墳墓と目されている、国指定史跡 八女古墳群【岩戸山古墳】。

岩戸山古墳(1) 岩戸山古墳(2)

写真:左=八女市岩戸山歴史交流館 いわいの郷

岩戸山古墳(3) 岩戸山古墳(4)

写真:右=石像と対面し、何を語り合っているのか・・・?

岩戸山古墳(5) 岩戸山古墳(6)

※石人・石馬たちはレプリカです

岩戸山古墳(8) 岩戸山古墳(7)

岩戸山歴史交流館を見学。数々の常設展示品があり、なんと無料です!

磐井(いわい/生年不詳 - 継体天皇22年(528年?)または筑紫 磐井(つくし の いわい)は、6世紀前半(古墳時代後期)の豪族。カバネは君。
『日本書紀』では「筑紫国造磐井(つくしのくにのみやつこ いわい)」、『古事記』では「竺紫君石井(つくしのきみ いわい)」、『筑後国風土記』逸文では「筑紫君磐井」と表記される。このうち『日本書紀』の記す「筑紫国造」は、後世の潤色と見られる。
ヤマト王権との間で起こった磐井の乱で知られるほか、この時代では珍しく墓の特定が可能な人物として知られる。

磐井 (古代豪族) - Wikipediaより)

岩戸山古墳(9) 岩戸山古墳(10)

福岡県八女市にある前方後円墳。八女古墳群を構成する古墳の1つ。国の史跡に指定されている(史跡「八女古墳群」に包含)。
九州地方北部では最大規模の古墳で、6世紀前半(古墳時代後期)の築造と推定される。

岩戸山古墳 - Wikipediaより)

岩戸山古墳(11) 岩戸山古墳(12)

いくつかの出土品は、現在【九州国立博物館】で開催中の【宗像・沖ノ島と大和朝廷】に貸し出されていました。こちらも是非、見に行きたい!(3/5まで)

岩戸山歴史文化交流館 いわいの郷ホームページ - 八女市
筑紫君磐井に会いたい-八女を巡る|八女観光オフィシャルサイト|茶のくに八女・奥八女

撮影:Nikon COOLPIX P900



SOTO Home Page
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


【キャンピングカー放浪旅生活】と銘打っていながら、2016年度は地元・熊本で活動しておりますm(_ _)m









タグ:史跡 古墳
posted by しう@SOTO at 23:47 | TrackBack(0) | 福岡

2017年02月13日

菊池遺産・文殊菩薩堂

阿蘇方面からの帰り道、いつもと同じではつまらないからと鞍岳方面への牧場〜山越えルートへ。
鞍岳を過ぎて水源近くを通っていたら、菊池遺産(有形文化遺産)文殊菩薩堂を発見!
ここは菊池市伊牟田という地区です。

文殊菩薩堂(1) 文殊菩薩堂(2)

文殊菩薩は「三人よれば文殊の知恵」でおなじみ、智慧を司る仏様です。
日本に「文殊菩薩」の像は、この伊牟田の文殊さん以外には3体しかないらしい!?
(奈良の興福寺東金堂の坐像(定慶作、国宝)/安倍文殊院の五尊像(快慶作、重要文化財)/高知の竹林寺の五尊像(重要文化財)文殊さん祭り - FLCパートナーズストアより)

地元の伝説によると、菊池一族「赤星有隆」の次男「兵部允」が、菊池家没落の折り、四国の阿波国に落ち行き「大賢坊」と名を改め、天文(1532〜1555年)の始め頃「文殊菩薩像」を持ち帰り伊無田(現:伊牟田)に祀られたと伝えられています。
2015菊池遺産ガイドブックより)

文殊菩薩堂(5) 文殊菩薩堂(3)

手水石に刻まれた文字、苔でちょっと見づらいけど「■和八年」かな? ということは年号は「元和」?
石碑に「庚申(かのえさる)」って書かれてるから庚申の年なんだろうとネットで調べてみたけど、元和八年は「壬戌(みずのえいぬ)」。
「まさか昭和?」と思ったら、昭和8年は「癸酉(みずのととり)」だった(´・ω・`)

庚申(かのえさる、こうしん)
庚申は干・支ともに金性であることから、庚申の年・日は金気が天地に充満して、人の心が冷酷になりやすいとされた。庚申に続く辛酉も金性が重なり、かつ辛は陰の気なので冷酷さがより増すとされた。そのため、庚申・辛酉は政治的変革が起こるとされ、それを防ぐために2年続けて改元が行われることも多かった。例えば万延元年(1860年)と文久元年(1861年)などである。(庚申 - Wikipediaより)

庚申塔(こうしんとう)
中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔のこと。庚申講を3年18回続けた記念に建立されることが多い。塚の上に石塔を建てることから庚申塚、塔の建立に際して供養を伴ったことから庚申供養塔とも呼ばれる。(略)
庚申塔には街道沿いに置かれ、塔に道標を彫り付けられたものも多い。さらに、塞神として建立されることもあり、村の境目に建立されることもあった。(庚申塔 - Wikipediaより)

なるほど、文殊菩薩堂とは関係なさそう。

手水石の2行目には当時の地名「伊無田」と刻まれてますね。

文殊菩薩堂(4) 文殊菩薩堂(6)

毎年11月(お社を建築した11月29日に近い日曜日)に「文殊さん祭り」が執り行われます。

「シリーズ菊池遺産」の記事一覧(と言っても45以前は不掲載)
2013菊池遺産ガイドブック
2015菊池遺産ガイドブック

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


【キャンピングカー放浪旅生活】と銘打っていながら、2016年度は地元・熊本で活動しておりますm(_ _)m








posted by しう@SOTO at 11:20 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市