2017年12月15日

展示会はじまりました

どうなることかとヒヤヒヤしながら準備に勤しんでおりました展示会、本日ついに初日を迎えました!

展示会2017(祝花) 展示会2017(抹茶セット)

写真:左=思いがけず、祝い花が届いてテンションあがりました!ヾ(*´▽`*)ノ ありがとうございます!

写真:右=会場である【お菓子の香梅 ドゥ・アート・スペース菊池店】はギャラリー喫茶。さっそく見に来てくださったIさんに抹茶セットをごちそうになっちゃいました♪ いつもありがとうございます。

珈琲セット、抹茶セットのほか紅茶などもあります。
残念ながら震災以降、ケーキや生和菓子などは復活していません。待ち遠しい〜。

展示会2017(1) 展示会2017(2)

どうにか午後にはセッティングが完了しました。

展示会2017(3) 展示会2017(4)

今回は一人だからスペースが広い!

展示会2017(5) 展示会2017(6)

写真:左=今回もおとーさん作の額縁木箱が大活躍。
写真:右=先日SNSにも投稿した新作壁掛け。今回はドライフラワーも使って華やかにしてみました。

展示会2017(7) 展示会2017(8)

写真:左=階段壁掛けも、おとーさん作。この棚の下にはフックがついているのでアクセサリーや鍵など好きな物をぶら下げられるようになってます♪

写真:右=来年の課題でもある、ふくろうハウス。ログハウスっぽくして、森の中にあるような感じにしたいな。

展示会中は、在廊しております。日々ちまちま何かしら製作していると思います(笑)
喫茶のラストオーダーが17時ですので、その時点でお客様がいない場合は帰ってしまうかも知れませんが、ご了承くださいm(_ _)m

展示会2017ポスター



撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2010年03月04日【『お菓子の香梅』菊池店 ドゥ・アート・スペース カフェ
・2015年03月07日【展示会はじまりました
・2016年12月13日【ててんごや。& 仁屋 展


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 23:58 | TrackBack(0) | ものづくり

2017年12月10日

菊池の竹あかりイベント・ほの宵まつり

前身の【万華灯(まんげとう)】から引き継いだ竹灯籠のイベント【ほの宵まつり2017】が先日、最終日を迎えました。

菊池神社、菊池市民広場、上町能場(将軍木)周辺、横町ポケットパークの4ヶ所で幻想的な竹あかりが点され、寒い中たくさんの見物人が菊池を訪れました(*´▽`*)

ほの宵まつり2017(菊池神社) ほの宵まつり2017(菊池神社)

菊池神社の参道も、ずらりと竹ぼんぼりが道案内のように並びました。
菊池市内の子どもたちによる作品がほとんどで、灯りが点くのを今か今かと待っている子どもたちがたくさんいました。
願い事などが可愛い絵とともに描かれていて、それを見に家族で訪れている姿も多く目にしました。地域のイベントとしてもってこいですね♪

ほの宵まつり2017(将軍木) ほの宵まつり2017(将軍木)

参道を下りてまっすぐ交差点を過ぎると、菊池高校の隣に樹齢約600年の【将軍木】が佇んでいます。シルエットだけで存在感抜群。

ほの宵まつり2017(松倉邸) ほの宵まつり2017(松倉邸)

菊池高校正門前にある、国登録有形文化財・松倉邸もライトアップ。

ほの宵まつり2017(能場前) ほの宵まつり2017(01)

松倉邸の隣、将軍木の正面にあるのは菊池松囃子能場。寛政8年(1796)に再建されたもので、現在も毎年10月13日に「松囃子能」などが奉納されています。

ほの宵まつり2017(横町) ほの宵まつり2017(横町)

御所通りから横道に左折すると、足湯がある横町ポケットパーク。

ほの宵まつり2017(横町) ほの宵まつり2017(横町)

この三角錐のオブジェ?は、元からあるものです。うまい具合に活用していますね。番傘は、ちょっと山鹿の【百華百彩】を真似てるような気がしないでもないですが(笑)
(2010年02月19日【山鹿灯籠浪漫・百華百彩】)

ほの宵まつり2017(横町) ほの宵まつり2017(02)

ここでUターンして、ふたたび能場方面に戻ります。
金曜の夜はあまりの寒さに5分でギブアップしてしまったので、土曜日はあらかじめ足湯(夢美術館前)で温まってから散策。まだポカポカです♪

ほの宵まつり2017(菊池市民広場) ほの宵まつり2017(菊池市民広場)

能場を過ぎて交差点を右折すると、菊池市民広場に到着。【きくち観光物産館】や、前述の足湯がある【菊池夢美術館】も隣接。
中央には菊池市のシンボル・菊池武光公の騎馬像。銅像マニアの間では「日本一の騎馬像」と称えられる、中村晋也氏の作。

ほの宵まつり2017(03) ほの宵まつり2017(04)

これだけの数を準備するのも、灯りを点けて廻るのも大変だったと思います。お陰で幻想的な灯りの芸術を堪能することができました(´ω`*)
夜に繁華街以外を出歩いている人もふだんは滅多にいないし(笑)賑わいを見るのもまた楽し。カメラ愛好家の方もたくさん撮影に訪れていました。

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*菊池市の祭り・イベントに関する過去ブログ記事*
・2011年12月23日【きくち万華灯(まんげとう)
・2012年10月13日【菊池 秋まつり(松囃子能)
・2012年10月15日【菊池 秋まつり(武者行列)
・2012年11月03日【菊人形 菊まつり
・2013年01月05日【穴川夜神楽
・2013年02月27日【このみやおどり
・2015年03月23日【遊蛇口天満宮 遷宮・遷座祭
・2016年08月06日【きくち夏まつり2016 - 復光 -
・2016年10月15日【写真で綴る菊池秋祭り2016
・2017年03月01日【菊池の初市・御所通をぶらり散歩&お朔日参り

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:イベント
posted by しう@SOTO at 16:34 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2017年12月09日

邪馬台国のロマンがひそむ八女津媛神社

年末恒例となったリースづくりに必要な材料を探しに、菊池〜鯛生金山〜八女(旧矢部村)と、ドライブしてきました。
矢部には毎年何回か行くのですが、久しぶりに八女津媛(やめつひめ)神社へも参拝してきました♪

要所要所に看板が建っているものの5年ぶり2度目の訪問で、こんなに奥まってたっけ?と不安に…(^_^;
山深い集落の奥地に、ひっそりと、しかし悠然と鎮座しています。

八女津媛神社 権現杉 八女津媛神社 権現杉

ご神木『権現杉』は樹齢700年とも言われ、樹高約45m、幹周り約6mを誇ります。天然記念物に指定されており、現在は根元を保護すべく木道でぐるりと囲われています。

八女津媛神社 八女津媛神社 神の窟

八女津媛神社の右側に広がる岩室は神の窟(かみのいわや)と呼ばれ、そこから周辺の地区名も【神窟】となっています。

【日本書紀】によると、景行天皇(日本武尊の父)が八女に巡幸されたとき「東の山々は幾重にも重なってまことに美しい、あの山に誰か住んでいるか」と尋ねられました。
水沼の県主(あがたぬし)猿大海(さるのおおあま)が「山中に女神あり、その名を八女津媛といい、常に山中にいる」と答えたことから「八女」の地名がついたと伝えられています。

この八女津媛を祀っているのが八女津媛神社で、創建は養老3年(719)。日本書紀完成の1年前、つまり日本書紀編纂中です。
もしかしたら「日本書紀を読んで神の窟を見に来る人がいるかも知れないから神社を建てようぜ!」ってなったのかな(笑)

古墳時代までは各地の豪族が治める土地を『クニ』と呼び、八女津媛はこの一帯(クニ)の女首長であり、この窟の下で祭祀や政(まつりごと)をしていたと考えられています。

本殿前に八女津媛の像が建っているのですが、何となく、個人的にコレジャナイ感じがします(^_^;
見たこともない人なんですけどね(笑)


県指定民俗無形文化財でもある【浮立(ふりゅう)】は五穀豊穣・無病息災などを祈願して5年ごとに奉納公開されます。次回は2019年11月第3日曜日に開催予定だそうです。もう平成≠ナはなくなってる年ですね。

矢部の民俗芸能 - 八女津媛神社の浮立(矢部村誌)
八女津媛神社の浮立/八女市ホームページ


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年04月13日【八女津媛(やめつひめ)神社
・2016年04月02日【やべ春まつり in 杣のさと
・2016年08月11日【鯛生金山 地底博物館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:神社
posted by しう@SOTO at 22:01 | TrackBack(0) | 福岡