2020年11月08日

下城の大イチョウ・色づきの移り変わり

小国町に鎮座する下城の大イチョウ(下城公孫樹)は幹周り約12m、高さ約25m、樹齢千年を超えるという熊本県下最大の大イチョウで、国の天然記念物にも指定されています。

その大イチョウが黄金に輝く様が見たい! と、3度に渡って訪れました。

下城の大銀杏2020(01)

10/6、さすがにまだ青々としています。

イチョウと言えば、天に向かって真っすぐに伸びているイメージがあると思いますが、下城の大イチョウは樹勢を横に広げどっしりとした重厚な姿をしています。

下城の大銀杏2020(02)

10/31、ちょっと色づいてきたものの、まだ黄緑色といった感じ。
スマホカメラに魚眼レンズを装着してもなお、フレームに収まりきれない。
(デジカメの魚眼レンズを買いなさいよ、っていう… ´∵`)

下城の大銀杏2020(03)

力強い幹とのコントラストが美しい(´ω`*)

下城の大銀杏2020(04)

小松女院(鏡ヶ池の伝説)の乳母の墓じるしとして植えられたという下城公孫樹。
今でも乳の少ない女性はこの樹に祈ると必ず乳が出るといわれ「ちちこぶさん」の名で親しまれています。

鏡ヶ池 - 歴史・文化|小国町

下城の大銀杏2020(05)

「とりおどし」と書いてありますが、脅しが効いているのかどうか?(笑)

4年前の2016年は、11/2の時点でもまだ「もう少し」だったので、(2016年11月02日【下城の滝と下城公孫樹(大イチョウ)】)そろそろかな? と思った11/9…

下城の大銀杏2020(06)

散ってしまっとる−−−!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

葉が落ちる時って、一瞬なんですよね。
バイト先に向かう途中の神社にもイチョウがあって、毎日チェックしていたのですが「そろそろだな!」って目星をつけてカメラを持って行ったその朝に丸裸同然に落葉してしまってて唖然としました…。
昨日だったら、最高潮だったかも知れないと思うと…(ˊ̥̥̥̥̥ 3 ˋ̥̥̥̥̥)

下城の大銀杏2020(07)

「まぁまぁ、わたしはあなたより長生きだから、また来るといいよ」

道向かいの下城不動尊にもお参りして、来年にまた希望を繋ぎます。
(旅に出てたら、この時季はまだ熊本に帰ってきてないんだけど…(˘̭ᴗ˘̭ㆀ)
 生きてるうちに一度は見れるかな?)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*小国町&南小国町に関連する過去ブログ記事*
・2012年04月06日【杖立温泉の鯉のぼり
・2014年01月07日【阿蘇のストーンサークル? 押戸ノ石 石群
・2015年04月17日【鉾納社(宝来吉見神社)
・2016年02月20日【巨木を訪ねて〜南小国町・湯田天神宮の榧
・2016年08月12日【下城公孫樹と遊水峡
・2016年09月09日【裏見の滝・鍋ヶ滝
・2016年09月09日【小国郷のシンボル・阿弥陀杉
・2016年09月10日【福運三社めぐり・小国両神社
・2016年09月11日【福運三社めぐり・鏡ヶ池
・2016年09月12日【福運三社めぐり・けやき水源
・2016年11月02日【下城の滝と下城公孫樹(大イチョウ)
・2017年02月01日【竹の熊の大欅と満願寺・金比羅杉
・2019年02月04日【ぶらっと小国町をドライブ


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 FacebookInstagramTwitterYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:巨木
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 熊本

2020年11月01日

おついたち参りとイチイガシ、LATO BASEイベント

本日のブログは3本立てでお送りしまぁ〜す♪

菊池神社(2020/11/01)

まずは菊池神社へ「おついたち」詣り。
連日、お天気に恵まれてありがたいことです(*´人`*)

菊池神社(2020/11/01菊まつり)

今年は菊まつりの開催は中止となりましたが、育てられた菊たちは菊池神社や物産館など各所に分割して展示されました。

その後、とあるイベントに行くためGoogle Mapで場所を調べていたら、「あの」イチイガシのすぐ近くではないか!
これは久しぶりに会いに行かなくては!

イチイガシ巨木(1)

こちらのイチイガシは「村吉の天神さん」の名で親しまれており、もともとは隣接する村吉日吉神社の境内地だったのではないかと推測されています。
「ふるさと熊本の樹木」登録、菊池市指定文化財。

勇壮なお姿をフルに撮影するため、久しぶりにスマホ用魚眼レンズ装着★

イチイガシ巨木(2)

天神さんの周囲は狭く、離れて撮ることができないためフレームに収まりきれないのです。

イチイガシ巨木(3)

四股を踏んでいるかのような根本が特徴的で、かつては地中にあったものが段々と土が流れてしまったのだろうか?と想像します。
正確な経緯は不明ですが、明治8年〜明治21年に隣にあった村吉小学校の子ども達はすでにこの根本で遊んでいたと伝わっているので、もっと以前からこの姿になったようです。
樹齢も不明ながら数百年は経っていると目され、幹周り7.5mの樹勢は今なお盛ん。

イチイガシ巨木(4)

天神さんを3周ほどして(笑)、それでも名残惜しい。それくらい、心惹かれる巨木なのです。
また来ますね〜ヾ(*´▽`*)ノ

LATO BASE(1)

さぁ、目当てのイベントとは…
LaTo】さんが新たに立ち上げた【LATO BASE】のオープニングイベント。

LaToさんはトマトがメインの農家さんで、加工、販売まで幅広く手がけています。さらにデザイン事業部もあるという才能の集まり。
そんなLaToさんが立ち上げた【LATO BASE】のコンセプトは「子どもに戻れる大人の秘密基地」!
楽しそうなニオイが充満してます! そんなニオイには異色のやからが集まって来るのです(笑)

LATO BASE(2)

出入り口には消毒スプレー、来場者の検温とCOVID-19対策もしっかり。

LATO BASE(3)

旧牛舎をリノベーションしたLATO BASE。とっても広いし天井も高い!

LATO BASE(4)

飲食や雑貨などのお店が並び、キッズスペースも設置されていました。
野外ではミニライブも。

LATO BASE(5)

つい撮ってしまった(笑)

LATO BASE(6)

隣接する畑では収穫体験もできるそうです。
この日は苗を植える体験がありました。

LATO BASE(7)

鞍岳も見えますよー

LATO BASE(8)

先日(これを書いているのは12月下旬)、ボルタリング場も完成しました!
今後も不定期でイベントなど開催される予定なので、公式FaceBookInstagramなどをチェックしてみてくださいね〜。


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2018年03月24日【泗水の桜並木
・2019年01月12日【菊池の飲食店・笑庵
・2019年01月21日【らと農園のトマト♪


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 FacebookInstagramTwitterYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2020年10月31日

10月・菊池市の見どころ写真集

えー、ブログ記事の日付けは10/31ですけど、これを書いているのは12/24でございます。
クリスマスイブかぁ…。さっきまで気づかなかったよ(´ー`)

菊池の秋の風景、ほんの3ヶ所ですがご覧ください。

鞠智城(2)

歴史公園 鞠智城
鞠智城は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷(政権)が築いた山城です。
663年の「白村江(はくすきのえ)の戦い」で唐・新羅の連合軍に大敗した大和朝廷(政権)が日本列島への侵攻に備え西日本各地に築いた城の一つで、九州を統治していた大宰府やそれを守るための大野城・基肄(きい)城に武器・食糧を補給する支援基地でした。
『続日本紀(しょくにほんぎ)』など、国の歴史書にも記載のある全国有数の重要遺跡として、平成16年(2004)2月27日に国史跡に指定されました。

鞠智城(1)

八方ヶ岳(やほうがたけ)をバックに。

鞠智城(マンホール)

デザインマンホールの図柄。
あ、ここ菊池市じゃなくて山鹿市菊鹿町だった!(´▽`;ゞ

七城コスモス運河(1)

七城コスモブリッジ(歩道橋)とコスモス畑(通称コスモス運河)。
七城温泉ドーム|リバーサイドパーク】のそばです。
後方には鞍岳。

七城コスモス運河(2)


七城コスモス運河(3)

撮影したのは10/30。まだモンシロチョウ?が飛び交っていました。

鞍岳と月

鞍岳と小望月(満月の前日)。
なぜ前日かというと、満月の日は月の出が17:30になり、あたりが真っ暗になって山の稜線が見えなくなってしまうから。

先月とは月が出てくる場所が変わることを見越して撮影場所を変えたんだけど、南へ行き過ぎてしまった。
ここは合志。泗水くらいでよかった。前日にロケハンすりゃいいものを…って思われるでしょうが、バイトで行けませんでした(T_T)

泗水公園・祀聖亭

泗水の孔子公園にある、孔子像を納めた祀聖亭。

祀聖亭と月

写真撮影って難しいね。


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年10月13日【菊池 秋まつり(松囃子能)
・2012年10月15日【菊池 秋まつり(武者行列)
・2012年11月03日【菊人形 菊まつり
・2013年01月08日【菊池神社歴史館
・2013年01月12日【鞠智(きくち)城
・2016年04月05日【美少年の酒蔵見学
・2016年07月31日【新感覚アトラクション!? イデベンチャーを体験
・2016年08月06日【きくち夏まつり2016 - 復光 -
・2016年10月15日【写真で綴る菊池秋祭り2016
・2016年11月03日【菊池の菊祭りと龍門アートフェス
・2017年03月23日【菊池の史跡めぐり〜菊池一族ゆかりの地(前編)
・2017年03月25日【菊池の史跡めぐり〜菊池一族ゆかりの地(後編)
・2017年12月10日【菊池の竹あかりイベント・ほの宵まつり
・2019年01月09日【菊池神社と雲上宮に初詣
・2019年04月04日【菊池の初市と居合奉納演武


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 FacebookInstagramTwitterYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市