2019年11月11日

神在月の出雲大社〜からさで祭

一昨年ぶりの神在月。

臨時駐車場も数カ所増えますが、やはり午前中には到着しないと停められないかも?
また、大渋滞覚悟です。朝、早ければ早いほどいいに越したことはありません。ご近所さんも大変だと思います…。

道の駅【大社ご縁広場】から出雲大社までは約1km。

出雲大社(神在月2019-01)

二の鳥居・勢溜の大鳥居。

出雲大社(神在月2019-02)

大歳社。スサノオの子・大歳神様を祀っています。

出雲大社(神在月2019-03)

神議が行われる上宮(仮の宮)。

出雲大社(神在月2019-04)

天照大神を祀る下宮。

出雲大社(神在月2019-05)

稲佐の浜は、すごい風で白波が立っていました。砂粒が巻き上げられて痛い痛い!!
海岸の駐車場に停めたクルマは無事なんだろうか?

砂浜の砂を掬ってから、出雲大社へ向かいます。

大国主大神と武甕槌神(タケミカヅチ)が国譲りの交渉をしたという屏風岩、今年もすっかり忘れて見れず…。

出雲大社(神在月2019-06)

出雲大社の大鳥居をくぐって、まずは「祓社」で身に付いた穢れを祓っていただきます。

出雲大社(神在月2019-07)

ツワブキが満開♪

出雲大社(神在月2019-08)

神職さん達も大忙しですね。

出雲大社(神在月2019-09)

拝殿はもちろん、摂社・末社、御朱印をいただく列が至る所に。

出雲大社(神在月2019-10)

全国から集まった神様は、こちらの十九社にいらっしゃいます。

出雲大社(神在月2019-11)

稲佐の浜の砂はこちらに奉納し、新たな砂を持ち帰ります。

出雲大社(神在月2019-12)

時間がない方のために、このような簡易的な場所が設けられています。

出雲大社(神在月2019-13)

拝殿は昭和28年(1953)に火事で焼失してしまったのち、昭和34年(1959)に再興したものです。

出雲大社(神在月2019-14)

出雲大社のシンボルといえば巨大注連縄を連想される方が多いと思いますが、よくメディアに登場するのは拝殿ではなく、ここ神楽殿の方なのです。その長さ13.5m、重さ4.5t!

出雲大社(神在月2019-15)

清楚な白い山茶花。

2019/11/12の満月

明けて翌日の11/12は満月でした。

出雲大社(神等去出祭2019-01)

11/13日、神等去出(からさで)祭。今日は表参道から向かいます。
大正4年(1915)に建立された、宇迦橋の大鳥居。額面の大きさは6畳間と同じ!

出雲大社(神等去出祭2019-02)

珍しい、黒いポスト。

出雲大社(神等去出祭2019-03)

出雲大社駅。
足湯がなくなっちゃったけど、今年、道の駅に足湯ができました。

出雲大社(神等去出祭2019-04)

可愛いレンタカー♪

出雲大社(神等去出祭2019-05)

参道には多くのお店が建ち並び、参拝者や観光客の往来も賑やかです。クルマの走行にはお気をつけて〜

出雲大社(神等去出祭2019-06)

二の鳥居から見た一の鳥居。
(電線はフォトショップで消しました!)

出雲大社(神等去出祭2019-07)

崇敬者が拝殿前で正面を空けた形で両側に列をなしています。
事前に「どこで何が行われるか」を調べるも、なかなか詳細が分からず…。最終的には、ここから全国の神々が出立されるようです。

出雲大社(神等去出祭2019-08)

まずは神々の宿舎である十九社の前で待つことに。
(十九社は、拝殿および本殿を中心に左右にあります)

出雲大社(神等去出祭2019-09)

神職さんが祝詞をあげて…

出雲大社(神等去出祭2019-10)

白い幕で依り代(よりしろ)である榊を隠し、神様が見えないようにします。

出雲大社(神等去出祭2019-11)

にわかに風が吹きはじめ… チラっと見えてしまっていますけども………
昔なら皆、ずーっと頭(こうべ)を垂れてお見送りしたのだろうと思います。すみません、最初だけで…。

多くの方々がカメラやスマホで写真や動画を撮る様を見て「時代が変わったものよのぅ」とか思ってらっしゃるのかしら。

出雲大社(神等去出祭2019-12)

拝殿に到着され、ここで儀式が執り行われるのですが一般参拝者は伺い知る事ができません。
じっと外で待っています。
不謹慎なようですが、何だかタレントの出待ちをしているような気がしてしまった(^▽^;

出雲大社(神等去出祭2019-13)

神職さんが一斉に出てこられました。
神様は目に見えないので分からないのですが、お発ちになったようです。

出雲大社(神等去出祭2019-14)

全部の神様が一斉にお帰りになるかというとそうでもなく、万九千(まんくせん)神社で直会(なおらい/酒宴)をされてから帰られる神様もいるのだとか。
その神社の都合によるところが大きくて、忙しい神社や人手(神手?)が足りなかったりすると「神様ー 早く帰って来てー!」ってなるらしい(笑)





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年04月27日【松江城〜揖夜神社〜黄泉比良坂
・2017年12月05日【神在月の出雲大社へ
・2017年12月07日【玉造温泉郷そぞろ歩き


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:神社 お祭
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 島根

2019年11月09日

後醍醐天皇ゆかりの船上山に登る

船上山は山岳霊場として、和銅年間に赤衣上人か智積上人によって、智積寺として開基されたと伝えられる。南北朝時代の初めには、隠岐を脱出した後醍醐天皇を伯耆の豪族、名和長年が迎え、船上山に行宮を築いた。後醍醐天皇方の名和長年と鎌倉幕府方の佐々木清高との間で激しい戦い(船上山の戦い)が繰り広げられた古戦場である。山頂付近の蒲ヶ原には行宮碑がある。1932年(昭和7年)に国の史跡に指定された。
船上山 - Wikipediaより)

船上山 |【公式】琴浦町観光協会
鳥取−船上山 - 日本山岳会

船上山(01)

こちらは【少年自然の家】駐車場。

お食事処【さくらの里】は予約制だけど、開いていることはほとんどないらしい。
トイレも古いタイプ。

船上山(地図1)

トレッキングコース案内図。
どれくらい時間がかかるのか分からないので少年自然の家で訊ねたら、「滝登りコース」〜山頂、東坂を下りるルートだと5〜6時間くらいらしい。

船上山(案内板)

野鳥さん、見れるかなぁ〜

船上山(02)

9:30、登山開始!

船上山(03)

船上山ダム。ウチのカーナビ@2004年版には載ってなかった。

船上山(04)

しばらくは舗装されてます。

船上山(05)

おぉぉ〜〜〜 カッコイイ!
(相変わらず下調べしていないので、まさかあそこまで登るんだとはつゆ知らず…)

船上山(案内図)

この看板は帰り(別ルート)で撮りました。

船上山(06)

トイレ、意外と綺麗だった!

船上山(07)

パノラマ

船上山(08)

千丈滝展望駐車場に到着。
駐車場というか…路側帯みたいな感じ。

船上山(09)

10:00、雄滝橋の方へ。
手元の地図では、橋は渡らないようなので… ここから登るのかな?

船上山(10)

どうやら間違いなさそう。

船上山(11)

と思ったのも束の間。ホントにこれで合ってるの〜!?
ここまで誰にも会っていないので、ちょー不安。

船上山(12)

登山道の両脇の樹々にビニールが被せられてたのは何故だろう?
何か理由があるんだろうけど、根本が腐ってきていて痛々しいんだけど…(;つД`)

船上山(13)

ピンクテープを見つけると勇気が湧く。

船上山(14)

このようなフンが、ず−−−っと点々とあった。

船上山(15)

この辺りで、ようやく親子(子どもと言っても高校生くらい)と出会った。

船上山(16)

11:10、滝が見えて来たー!ヾ(*´▽`*)ノ

船上山(17)

直瀑の「雄滝」。

船上山(18)

もう少し経つと、紅葉をまとって彩りも豊かになるだろうな。

船上山(19)

「雌滝」は岩肌を撫でるような、ゆったりとした穏やかな流れ。

船上山(20)

したたり落ちる様がまた風情ある。

船上山(21)

11:35、じっくり眺めていたいけど、なんだか雲行きが怪しいので、ゆっくりもしていられません。

船上山(22)

眼下に船上山ダムが垣間見えます。

船上山(23)

振り返れば、先ほどの雄滝・雌滝。

船上山(24)

11:55、山頂までのショートカットコースを登ってみたものの…

船上山(25)

ホントにこれで合ってるの? パート2。
ピンクテープも見当たらないし、ここって雨が降ったら沢になるんじゃない?

船上山(26)

あっ! ロープがあるって事は間違ってなかったのね!
ていうか、かなり険しい! これトレーニングする人が行くコースだよね!?

手持ちの地図には書いてなかったけど、他の地図に「健脚コース」って書いてあった。
たぶん、時間的には廻って登った方が早かったかも…。

船上山(27)

12:25、ようやく登り切って平坦な道に出たら、すぐ開けた。
やったーゴールだ!?

船上山(28)

船上山之碑。

船上山(29)

立派な休憩所が建っていました。

船上山(30)

トイレも綺麗!

船上山(31)

2階は土足禁止です。

船上山(32)

2階からの眺めは、こんな感じ。
ここでランチ休憩しました♪

船上山(33)

13:00。さぁ、もうひと踏ん張り。

船上山(34)

地図に何ヶ所か「水」って書いてあったけど、これは書かなくていいんじゃないか?
結局、飲めるような水場は見当たらなかった。

船上山(35)

徒歩5分。いよいよ、それらしい雰囲気になってきました!
石積みがかつての姿の一片を覗かせています。

船上山(36)

「お堂跡」など横道(?)が何ヶ所かありますが、笹薮なのでスルー。

船上山(37)

時おり陽が差して、紅葉がキラキラ☆

船上山(38)

13:20、ついに船上神社に到着!

船上山(39)

説明板。

船上山(40)

船上神社 拝殿。

船上山(41)

琴浦町指定天然記念物の大杉は、推定樹齢1000年!

船上山(42)

奥宮まで200mと書いてあったので向かってみたのですが、笹薮に入ってすぐ獣臭が。
他に誰もいないし、今日たったの4人しか会ってないので野生動物が現れてもおかしくない。
時間も夕暮れに差し掛かってきたことだし、早々に退散。
たかが200m、されど200m…。

船上山(43)

13:50。先ほどの休憩所を通り過ぎようとして、気がついた。
「吸い殻入れ」って、こんなところに!?

船上山(44)

東坂(猿坂)登山道コースへ。

船上山(45)

登山道中では、これほどの巨木はそうそう見られなかった。

船上山(46)

粘菌?
キノコもいっぱい生えてました。
山歩きって、いろんな発見があるよね♪

船上山(47)

こちらのコースの方が、だんぜん歩きやすい。
標識を立て替えてくれたら、もっと安心なんだけどな。

船上山(48)

おっ、また船上山ダムが見えてきた。もう道路も見える。

船上山(49)

あそこを歩いたんだなぁ〜

船上山(50)

14:25、東坂登山口に到着です。ここの駐車場も、ほぼ路駐って感じだったのね。やっぱり少年自然の家に停めてよかったわ。

船上山(51)

さてと、ここからの登山道は〜?って、そこですか!
看板も何もない。

船上山(52)

ここからは「遊歩道」ですね。歩きやすいけど、ずっと下り坂なので膝にくる(´Д`;)

船上山(53)

またトイレがありました。ここも綺麗!
結局「さくらの里」隣のトイレよりも登山道(遊歩道)のトイレの方が断然キレイでした(笑)

15時前、無事【少年自然の家】駐車場に帰還。
のんびり写真を撮りながら5時間半の道程。トイレの場所や設備も分かったので、次回はもっと時間に余裕をもって奥の宮や「勝田ヶ山の大ブナ」にも会いに行きたいな♪


中山温泉

日帰り入浴には【中山温泉ゆーゆー倶楽部】で、疲れを癒す(´ω`*)

入浴料 大人440円、アルカリ性単純温泉。
地域自主組織が運営するコミュニティ食堂やリラクゼーションルームもあります。






人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年05月24日【美保関 石畳の小径
・2014年04月26日【境港〜ベタ踏み坂〜大根島を満喫♪
・2014年04月28日【塩釜の冷泉
・2014年04月29日【大神山神社(奥社)と大山寺
・2017年05月21日【萩〜安来〜岩美、ご当地グルメ
・2019年11月08日【山陰の道の駅と神社めぐり


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 鳥取

2019年11月08日

山陰の道の駅と神社めぐり

急ぎ足の帰り道、一気に山陰で〜す!\(^o^)/

山陰海岸(1)

雨の日はもちろん、晴天でも白波が荒々しいイメージが強い山陰海岸。

山陰海岸(2)

山陰海岸ジオパークは、平成20年12月、日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」として認定を受け、平成22年10月4日(現地時間10月3日)、ギリシャ・レスヴォス島で開催された会議で、「世界ジオパークネットワーク」に加盟が認定されました。
山陰海岸ジオパーク推進協議会より)

山陰海岸(3)

山陰海岸ジオパーク館】にも行ってみたいと思いながら、いっつも急いで通過してしまってるんだよなぁ。
かぶと山登山コースとか立岩周辺散策コースとか、歩いてみたい。

浜坂の郷(外観)

2017年9月にオープンした道の駅【山陰海岸ジオパーク浜坂の郷】。
観光案内が親切丁寧で、パンフレットも充実してます。

浜坂の郷(休憩所)

休憩所が綺麗だし、フリーWi-Fiも利用可能♪
物産館とお食事処【たじま屋食堂】【春来そば てっぺん】、そしてお肉屋さん【肉のたじま屋】では但馬牛を取り揃えています。
ちょっとぉ〜お高いんですけど〜〜… 余裕ができたら食べてみたい…。

浜坂温泉ゆーらく館

浜坂温泉郷にある【七釜温泉ゆーらく館】で日帰り入浴。道の駅から約1kmと、歩いて行けなくもない距離です。
駐車場は第1(普通車24台)第2(普通車15台)ありますが、大型キャンピングカーだと週末などは停められない可能性があります。

浜坂温泉は「七釜温泉」「二日市温泉」「浜坂温泉」の三つの温泉地の総称で、七釜温泉は新温泉町(旧:浜坂町)で最初に発見された温泉なんだそう。
ナトリウム・カルシウム - 硫酸塩高温泉で、100%源泉かけ流し!
入浴料も500円とお手頃価格で助かります〜(´ω`*)

白兎神社

さらに西へ、毎年恒例となりつつある白兎神社へ参拝♪
道の駅【神話の里 白うさぎ】に隣接しています。

白兎神社 - 鳥取県観光案内 とっとり旅の生情報

周辺の様子など、一昨年のブログ記事に詳しく掲載しています♪
・2017年11月25日【道の駅 神話の里白うさぎ〜白兎神社、白兎海岸を散策

うさぎ焼き

「うさぎ焼き」土日祝日の10〜15時しか営業していないので、まだ一度も食べた事がない…。

道の駅で、他にない珍しいお土産はないかな〜と探して、「砂コーヒー(粉)」と「二十世紀梨紅茶(葉)」を購入しました♪
喜んでもらえたら嬉しいな〜(´ω`*)

北条公園

道の駅【北条公園】に立ち寄ったら、「ねばりっこソフトクリーム」という文字が目に飛び込んで来た!
でもソフトクリームの販売時間、終わってた…(ToT) 食べたかった!
※ねばりっ娘(こ)=北栄町特産の砂丘ながいも

ポート赤碕(2012)

国道9号下伊勢バイパス(自動車専用道路)をいったん下りて、道の駅【ポート赤碕】(過去の写真です)へ。
お目当ては新鮮魚貝類(*´m`*)

ポート赤碕(お刺身)

ありました、ありました〜! 鮭とツブ貝!
お刺身で販売してないので、せっせと自力で切りました!(大した事じゃないのに威張る)
半分ずつ、2日に分けていたましく(北海道弁)≠「ただきました♪

神崎神社(01)

道の駅の観光案内コーナーを見ていたら、近くの【神崎(神嵜)神社】の彫刻が見事だと書いてあったので向かってみました!
途中、給油がてらガソリンスタンドの店員さんに「このクルマで行けますか?」と訊ねたら「行けますよ」って言われたけど、国道から曲がったあたりから、どう見ても道が狭い。
ちょうど駐車スペースがあったのでクルマを停めて歩いて行ってみたところ、道幅が狭くて対向車が来たらすれ違えなかっただろうし、神社の駐車場にもキャンピングカーを停められるような余裕がなかったので、歩いて来て正解だった。
(この写真の正面が神社。左側の駐車場は月極っぽかった。)

神崎神社(ツワブキ)

境内の斜面にはツワブキが群生していて、黄色い花がたくさん咲き誇っています。

神崎神社(02)

通称「荒神さん」。創建は定かではありませんが、現存する最も古い棟札は元禄15年(1702)のものだそう。(それら棟札7枚が県指定保護文化財に指定されています)

神崎神社(03)

御祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)。

本殿は嘉永6年(1853)、鳥取藩のお抱え宮大工・小倉園三郎によって建立。拝殿は小倉園三郎の孫・平次郎が明治12年(1879)に建築完成しました。
本殿建物は鳥取県保護文化財第一号、本殿および拝殿の扉・向拝の彫刻は第二号に指定されています。

神崎神社(04)

素晴らしい彫刻が至る所に施されており、見るものを惹き付けてやみません。
「県民の建物100選」にも選ばれているそうです。

神崎神社(05)

拝殿向かって左側の扉。神功皇后の子(後の応神天皇)を抱く武内宿禰の彫刻。
ちなみに右側の扉は神功皇后。

神崎神社(06)

そして、拝殿向拝天井には巨大な龍が!

神崎神社(07)

龍珠(龍が持つ玉)の真下に立つとご利益があると言われており、親切にも足元に「龍珠」とマーキングしてあります。
その位置から撮った写真です。これ以上、見上げる事ができません!(背筋が弱い!)

神崎神社(08)

(上)鳳凰 (中央)龍 (下)獏

神崎神社(09)

ズームで失礼して、本殿の彫刻も拝見。
その精密さ、躍動感がありながら繊細な彫りに溜め息…。ずーっと見ていたい。

龍と獅子の目が金箔だったことが判明し、本殿屋根葺替工事を行った際(平成26年7月〜平成27年8月)に復元されたそうです。
かつて建立当時は極彩色だったのかも知れませんが、今の姿の方が荘厳で威厳があるんじゃないかと想像します。
年月が醸し出す重厚さ。華美な装飾は不要です。


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*関連する過去ブログ記事*
・2011年05月24日【因幡の白兎伝説
・2012年05月26日【写真で綴る『倭文(しとり)神社』】(伯耆國一之宮)
・2016年05月11日【きなんせ岩美・岩井温泉と御湯神社
・2017年05月21日【萩〜安来〜岩美、ご当地グルメ
・2017年05月22日【牧谷のカキツバタ群落】(岩美町)
・2017年11月26日【燕趙園】(道の駅ブログ)
・2018年04月15日【久々比神社とコウノトリ


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 鳥取