2017年10月08日

洞爺湖有珠山ジオパーク・西山火口散策路

さて【洞爺湖有珠山ジオパーク】を満喫しよう計画、昭和新山は断念し、道を間違って【金比羅山火口展望台(洞爺湖展望台)】に行ったりしましたが…。
よーやく【西山山麓火口散策路】を歩きました。
※実際に訪れたのは10/7です

西山火口散策路(案内板) 西山火口散策路(入り口)

写真:左=西山火口散策路案内板。「ふたつの火口散策路」パンフレットより分かりやすい。

写真:右=駐車場の道向かい、売店が2〜3軒連なるこの先に西山火口散策路があります。

西山火口散策路(01) 西山火口散策路(02)

写真:左=寸断された旧国道230号。この先は陥没し、水が溜まっています。

写真:右=乗り捨てられたクルマ。「れ」ナンバー、つまりレンタカーでした。
電柱からコードが繋がってるように見えるんだけど、バッテリー通電してるとかじゃないよね? 何のためなんだろう。

西山火口散策路(入場口) 西山火口散策路(03)

写真:左=西山火口散策路入り口にコンテナハウスみたいなのがあってドキッとした! また昨日みたいになるのかと(´Д`;) 無料でしたが、清掃・整備の協力金を募っています。

写真:右=入り口あたりから、さっきの旧道の続きを眺めたところ。電柱もそのままです。
水たまりに野鳥が憩っていたのが何とも印象的でした。

西山火口散策路(売店?) 西山火口散策路(04)

写真:左=入り口からすぐのところに売店? があったんですけど、ちょっと近寄り難い雰囲気だったので通り過ぎて遠くから撮影。
もしかしてご自宅なんだろうか。どうなってるんだ【洞爺湖有珠山ジオパーク】。

写真:右=道路が小刻みに寸断され階段状になった、正断層の落ち込みで生じた地溝(グラーベン)。

西山火口散策路(05) 西山火口散策路(06)

町道「泉公園線」を横断し、数個の火口が次々と開いたといいます。
気温が暖かいのかと思ってましたが、西山火口散策路一帯は今も地熱が高く、そのせいで歩いていると汗が噴き出してきます。
よく見れば、まだ蒸気を上げているところもあり、注意書きにも「遊歩道から外れて歩くと火傷をする恐れがある」と明記してあります。

西山火口散策路(07) 西山火口散策路(08)

西山火口第2展望台。現在はどの火口も草に覆われて、くぼみがなければそれとは気づきづらいほどで、年月を感じます。

西山火口散策路(09) 西山火口散策路(10)

ふつうに人々が暮らしていた場所で、これだけの火口が噴気を上げたなんて想像を絶します。
しかも過去の記録を見ると、1944-1945年噴火、1977-1978年噴火、2000年噴火と近代になるにつれ頻繁に噴火しています。

西山火口散策路(11) 西山火口散策路(12)

写真:左=「わかさいも」工場も、もう少しで見えなくなりそうです。
写真:右=今や原野の様相を見せる周辺一帯は、噴火前まではお菓子の原料となる豆畑だったそうです。

西山火口散策路は周回コースではないので、ここで折り返しました。
ここから下りて行くと被災した幼稚園があり、その先は南口です。南口にも駐車場があります。
(今回、入ったのは北口)

西山火口散策路(13) 西山火口散策路(14)

写真:左=遊歩道は枕木を敷き詰めてできています。このプレートも鉄道関係のものじゃないのかな。

写真:右=2000年新山の割れ目火口列西線あたり。
遠くて分かりづらいですが、ちょうど正面あたりにゴミ焼却センターの煙突が建っています。

西山火口散策路(15) 西山火口散策路(16)

写真:左=行きには気づかなかった、道路標識や電柱。
写真:右=木道の左側は、もと道路。アスファルトがすっかり埋もれています。やがて草木が生い茂って、森に還るのでしょう。

散策路の全長は約1.6Km、往復約40分くらいです。
けっこうアップダウンがあるので歩きやすい靴で行った方がいいでしょう。

西山火口散策路(資料館1) 西山火口散策路(資料館2)

写真:左=駐車場と公衆トイレのある道路の向かい側に、元消防署があります。
ここも被災したのですが、1階の一室が資料館となっています。入館無料です。
約4%傾いているらしく、確かに内部に足を踏み入れると妙な感じがします。

写真:右=消防署らしく古めかしい消防車が展示されていました。明治〜大正時代のものでしょうか。

西山火口散策路(資料館3) 西山火口散策路(資料館からの眺め)

写真:左=映像資料やパネル写真、地層断面模型などが展示されていました。
写真:右=室内からみた旧国道。もはや池です。

西山火口散策路(ポスター) 西山火口散策路(資料館4)

写真:左=パネル写真の1枚。町なかから噴火するという非現実的な現実。当時、ニュースを見て唖然としたのを思い出します。

写真:右=岩石なども展示されていました。こんな大きな石が降ってきたんですね。もし当たればひとたまりもありません。
2000年の噴火では住民の避難が完了していたため、死傷者がゼロだったのは不幸中の幸いです。

洞爺湖温泉が湧出するようになったのは、明治43年(1910)の噴火活動から。
洞爺湖周辺に住む方々は、火山とともに暮らしているといってもいいのかも知れません。
そう言えば昨年、阿蘇山が噴火したときも地元の方々は「火山の恩恵をうけて暮らしているのだから、たまの噴火は我慢するしかない」と言っていました。

この大地とともに生きる、そんな思いを垣間見たような気がします。

※散策路は7時〜18時まで、12月〜3月までは冬期閉鎖されます。

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2006年08月30日【洞爺湖畔でキャンプ
・2007年07月07日【写真で綴る洞爺湖。
・2008年09月04日【洞爺湖を満喫
・2010年10月02日【洞爺湖『とうや水の駅』
・2012年08月30日【洞爺湖のロングラン花火
・2017年10月06日【ぐるっと洞爺湖を一周、紅葉はもうちょっと。
・2017年10月07日【金比羅山火口や洞爺湖が一望できる洞爺湖展望台

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:09 | TrackBack(0) | 北海道

2017年10月07日

金比羅山火口や洞爺湖が一望できる洞爺湖展望台

洞爺湖および有珠山を中心として伊達市・豊浦町・壮瞥町・洞爺湖町を含む【洞爺湖有珠山ジオパーク】は、日本で最初の世界ジオパーク。
ジオサイト好きとしては見たいところ目白押しなんですが、実は洞爺湖周辺の火口散策路すら歩いたことがありません。

そこで今日(※実際に訪れたのは10/6です)は張り切って【西山山麓火口散策路】へ行ってみます!

洞爺湖ビジターセンター(1) 洞爺湖ビジターセンター(2)

まずは【洞爺湖ビジターセンター】で「ふたつの火口散策路」パンフレットをいただく。
方向音痴だし事前に下調べというのをしないので、これは大事。

洞爺・西山散策路(駐車場) 洞爺・西山散策路(駐車場)

ビジターセンターの職員さんに「西山散策路に行きたいんですが、駐車場は有料ですか?」って確認したら「無料です」って答えだったのに、有料じゃないか!Σ(°ロ°;)

洞爺・西山散策路(駐車場) 洞爺・西山散策路(駐車場)

そろ〜り様子を見ながら侵入したら「←無料駐車場」の看板が。
今日は平日だしガラガラ。よかったー。

しかしここで大きなミスをしたことに気づきませんでした。
大事なことなので散策路を紹介する前に、ここの最重要注意事項を書きます。

【西山山麓火口散策路】と【金比羅火口災害遺構散策路】という2つの散策コースがあるのですが、ビジターセンターでもらったパンフレットはイラストマップで位置関係が非常に分かりづらい。
さらに、実はこの2つの散策路の間に【金比羅山火口展望台(洞爺湖展望台)】というのがあるのですが、パンフレットには載っていないのです。
【La.TOYA】という小冊子の観光パンフレットと【フットパスマップ】も持っているのですが、それにも載っていません。

初めて来たので【西山山麓火口散策路】がどんなところか、頼りはパンフレットのみなのにですよ。

洞爺湖展望台(案内板) 洞爺湖展望台(入口)

「←金比羅山火口」って大きな看板があるから、散策路はこっちなんだなと思ったわけですよ。
金比羅山火口展望台(洞爺湖展望台)というのは散策路に含まれているんだと思ったわけですよ。

で、看板の細かい文字をよく読まずに「火口の駐車場は有料なんだな」と思ったわけですよ。
無料駐車場に停めて、砂利道を1km歩いて登ったわけですよ。

入り口にスーパーハウスがあって、管理人さん「入場料1,000円です」。
はっ!?Σ(°ロ°;)

「え、ここ西山散策路ですよね?」
「違うよ、ここは展望台。看板に書いてあったでしょ。」

…よく読んでなかった。
というか、駐車料金の部分しか読んでなかった。
クルマで来ようが歩いて来ようが、1,000円だったのである!
(クルマ1台5名まで1,000円。複数人で来れば安いんだけど…。)

パンフレットに載っていない理由も管理人さんの話で理解しました。ここは私有地≠ネんです。管理人さんの土地なんです。
正直「やっちまったぁ−−−!!!」と思いました…。が、ここまで汗だくで登って来たんだもん、そのまま帰るのは悔しい…。

管理人さんは(当然だけと)「西山散策路より、断然こっちの方が眺めがいいよ!」と力説するし、しぶしぶ(笑)料金を支払って入場。

洞爺湖展望台(1) 洞爺湖展望台(パノラマ)

写真:左=ここ、クルマでそのまま展望台まで行けます。利便性がいいため、観光バスも来るそうです。

写真:右=展望台からのパノラマ、これは凄い!
洞爺湖が一望できます! 金比羅山火口もバッチリ!!

洞爺湖展望台(珍小島) 洞爺湖展望台(桜ヶ丘団地)

写真:左=発見してしまった。その名も「珍小島」というらしい…。

写真:右=2000年の噴火で埋もれた桜ヶ丘団地。ちなみに、この団地の周囲を廻るのが【金比羅火口災害遺構散策路】。ビジターセンターから歩いて行きます。

洞爺湖展望台(金比羅山火口) 洞爺湖展望台(金比羅山火口)

金比羅山火口に溜まった水は綺麗なエメラルドグリーン。
火口近くまで行けるフットパスコース【金比羅山コース】もありました。全長約2km。次回は歩くぞ〜!

洞爺湖有珠山ジオパーク/散策路・フットパスコース一覧

洞爺湖展望台(洞爺湖) 洞爺湖展望台(洞爺湖に浮かぶ三重塔)

写真:左=写真中央手前が桜ヶ丘団地。ほんとうに洞爺湖温泉街のすぐそばまで火砕流が流れ込んできたことが分かります。

写真:右=またまた見つけてしまった。中島の手前、湖面に建つ三重塔。

洞爺湖展望台(西山火口群) 洞爺湖展望台(西山火口)

写真:左=西山火口群は、ここからだと草木に覆われてよく分かりません。
写真の真ん中あたりを平行に家屋などが見えますが、あのあたりが西山火口散策路の入り口っぽい。

写真:右=ちょっと凹んでいるのは火口かなぁ? 廃屋も見えます。

一通り眺めたあと、管理人さんと色々とお喋りしました。
2000年の噴火で一帯を火砕流が覆い、その廃土は13万リューベにのぼったそうです。「リューベ」って単位がピンとこないんですが…。
そしてここ、管理人さんの土地だけで8万リューベも出たそうです。全体の半分以上!
※1リューベ=1㎥(立方メートル)

ブログには書けないようなトラブルや苦労もたくさんあったようですが、「それでもここで暮らしてるんだから、逞しいだろ?」と笑って言います。
管理人さんが、どうしてこの展望台を作ろうと思ったかというと、散策路は足腰が丈夫な人じゃないと火口も遺構も見ることができないから。
息子さんも身障者だし、お年寄りなども歩くのはしんどいから散策路の入り口で待っていたりするのを見ていて「だったら、自分の土地に展望台を作ろう!」と奮起したそうです。

確かにここならクルマから降りてすぐ、歩かずに景観を堪能できます。
来年にはキャンプ場も完成させたいと整備している真っ最中。管理人さんたった一人で全部をこなしています。凄いエネルギーです。

現在はまだ何もないけど、ただ停泊するだけならいいよと管理人さん。
やったー!っと思ったら2,000円だって!(笑)
キャンプ場が完成したら1泊1台3,000円にする予定だそうです。
湖畔周辺のキャンプ場に比べたら高いけど、それだけこの土地に愛着と自信があるんでしょうね。

洞爺湖展望台(洞爺湖) 洞爺湖展望台(洞爺湖温泉街の夜景)

これだけの眺めですもの.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`
この日は薄曇りで満月だったので星空は見えなかったんですが、ここには街灯もついてないし、きっと素晴らしい満天の夜空が見られるはずです。

洞爺湖展望台(洞爺湖遊覧船) 洞爺湖展望台(洞爺湖の花火)

洞爺湖では毎年4〜10月もの間【洞爺湖ロングラン花火大会】が毎晩(20:45〜21:05)開催されています。

写真:左=洞爺湖遊覧船エスポアール。花火を上げる小舟と並走します。
写真:右=ホテル・旅館の室内からでも見られるように温泉街の近くで打ち上げられます。

湖畔の無料駐車場からでも見られるので、夜になるとどこからともなくクルマが集まって来るんですよ。
ここ洞爺湖展望台からだと、花火はちょっと遠いかな。

でも道を間違ったお陰で、いい場所を見つけました。
欲を言えば、もうちょっと安くしてもらえると助かるんだけど(笑)

【金比羅山火口展望台(洞爺湖展望台)】
 渋谷観光 090-1646-5111(管理人さんの許可を得て掲載してます)

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2006年08月30日【洞爺湖畔でキャンプ
・2007年07月07日【写真で綴る洞爺湖。
・2008年09月04日【洞爺湖を満喫
・2010年10月02日【洞爺湖『とうや水の駅』
・2012年08月30日【洞爺湖のロングラン花火
・2017年10月06日【ぐるっと洞爺湖を一周、紅葉はもうちょっと。

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:14 | TrackBack(0) | 北海道

2017年10月06日

ぐるっと洞爺湖を一周、紅葉はもうちょっと。

ここ数年、まともに洞爺湖を訪れていませんでした。
というのも、湖畔の駐車場での車中泊が全面禁止になったからです。それは仕方ない、湖畔にはキャンプ場が複数あるんですもの。
駐車場泊 500円なんで何度か利用したんですけど、お一人様だからキャンプ行為をしないし、もったいないな〜と思っちゃって。

壮瞥から洞爺湖へ

道の駅【そうべつ情報館i】から国道453号線で洞爺湖を目指します。
正面に見える山、左側は昭和新山、右側は有珠山。

洞爺湖一周(羊蹄山) 洞爺湖一周(ホテルサンパレス)

道道2号線で湖畔に出ました。湖畔に出た丁字路から右折すると道道132号線、左折はそのまま道道2号線。
左折して5〜6kmで、洞爺湖温泉街です。

写真:左=真正面には羊蹄山。山頂はうっすら雪化粧!
写真:右=ホテル【サンパレス】の庭が綺麗に紅葉してました。まるでパンフレットのような写真(笑)

ここでハッ!と「左ハンドルなんだから反時計回りの方が眺めがいいじゃん!」
Uターンしました(笑)

洞爺湖一周(01) 洞爺湖一周(昭和新山)

写真:左=丁字路まで戻って、振り返ったところ。昭和新山と有珠山がチラっと。

写真:右=ちなみに昭和新山にも行く氣満々だったんですが、駐車場がキャンピングカーだと大型車料金なので諦めました…。キャブコンなら普通車料金だったんだろうけど。
ロープウェイも1,500円だから、昭和新山を歩くだけでけっこうお金かかっちゃう。
観光バスがどんどん入ってくるし観光村!って感じで、ちょっとしたテーマパークみたいでした。

洞爺湖一周(02) 2017/10/06日暈

写真:左=小さな島に赤い鳥居が建ってたのを見逃しませんでした!
でもさすがに額束までは見えず。GoogleMapにも載ってないし、詳細不明です。

写真:右=日暈が出てました♪

洞爺湖一周(水辺の森の小径/案内板) 洞爺湖一周(水辺の森の小径/1)

写真:左=仲洞爺温泉キャンプ場を過ぎて7〜8kmで洞爺水辺の里財田キャンプ場、それを過ぎると【夕日の見える渚公園】があり、周囲を【水辺の森の小径】として遊歩道が整備されています。

写真:右=駐車場にはトイレあり。道向かいには洞爺八幡神社が鎮座されております。

洞爺湖一周(洞爺八幡神社/狛犬) 洞爺湖一周(洞爺八幡神社)

写真:左=昭和7年9月15日の例大祭日に奉納された狛犬さん。
鼻穴が強調されててユーモラス♪

写真:右=明治22年創建、御祭神は応神天皇/誉田別命(ほんだわけのみこと)。拝殿の左側に「神人和楽(しんじんわらく)」と刻まれた石碑と小さな祠が建っていました。

ネット検索したら、【洞爺まちづくり観光協会】のブログ記事を見つけました。
洞爺八幡神社例大祭終了!(2009/9/15)

「神人和楽」とは、神と人とが祭礼を通じて同一となることで、神の力を得る神事のことだそうです。

洞爺湖一周(洞爺八幡神社/灯籠?) イチイ

写真:左=元の形がどうだったのか、かなり風化しています。これ1つしかなかったけど、灯籠かな?

洞爺八幡神社を創建したのは、香川県から入植した開拓民たち。
鳥居横に立っていた由緒書きを読むと、当時の苦労は並大抵のものではなく、神社を創建することで村民の団結をはかり、心の拠り所としたそうです。

写真:右=イチイの実が真っ赤に色づいてます。なんだかクリスマスツリーみたい(*´▽`*)

洞爺湖一周(水辺の森の小径/2) 洞爺湖一周(水辺の森の小径/3)

公園に戻って、湖畔をちょっとお散歩。ジェットスキーを楽しんでる方がいました。ここってクルマ乗り入れられるのね!
「テント禁止」の看板があちこちにありますが、たぶん「テント泊禁止」のことだと思います。

洞爺湖一周(とうや水の駅) 洞爺湖一周(とうや水の駅/ポプラ)

写真:左=夕日の見える渚公園から1〜2kmで、【とうや水の駅】。
物産館とお食事処があります。シソソフトクリームもありますが、ここのところ冷たいものを食べ過ぎたせいか胃が痛くて断念(涙)

写真:右=「いのちの樹」ポプラ。
樹齢約120年あまり、現存するポプラでは道内最高齢と推定されています。

自動車がなかった時代、洞爺湖周辺の交通手段は主に船でした。
かつて定期船が通っていた頃、この樹が湖畔周辺でもっとも背が高く目立つので、船長にとって灯台のような役割を果たしていたそうです。

洞爺湖一周(とうや水の駅/中央公園) 洞爺湖一周(中央公園/トイレ)

写真:左=水の駅の正面に洞爺湖を望む中央公園があります。
写真:右=中央公園のトイレ。実はここが初・洞爺湖での車中泊場所でした。もう20年くらい前、あの時はレンタカーだったかな。水の駅もなくて、普通の公園でした。

洞爺湖一周(浮見堂/1) 洞爺湖一周(浮見堂/2)

水の駅から1kmちょっと、湖畔に迫り出すような砂州に二重の塔【浮見堂】が建っています。

案内板「浮見堂・聖徳太子像の沿革」より↓

大正のはじめ、北国行脚の旅の僧が聖徳太子像を背にして洞爺村を訪れ、市街の松橋邸にしばらく逗留したのち、旅僧いわく「この太子像を大切に祀れば産業は栄え豊かな村になるであろう」と言い残し、太子像を託して村を去った。
その後、松橋家は転出し、太子像は法昭寺に祀られるようになったが、住民の発願によって昭和12年に二重塔『浮見堂』を建立し安置、毎年7月下旬に聖徳太子祭が催されるようになった。

その浮見堂は平成15年10月18日夕刻、落雷の直撃を受け太子像もろとも焼失してしまいました。
太子像が住民の身代わりになられたものと住民有志が立ち上がり浮見堂再建期成会を設立、村内外の多くの方々から心温まるご協賛をいただき、平成17年7月、太子像と浮見堂が見事に再建されました。

洞爺湖一周(浮見堂/3) スズメ

写真:左=洞爺湖畔の公園あちらこちらに彫刻が設置されています。洞爺湖町内、壮瞥町内あわせて58基。

写真:右=ススキの穂に可愛らしいスズメちゃん(´ω`*)

洞爺湖一周(ウィンドサーフィン) 洞爺湖一周(ラジコンボート)

写真:左=ウィンドサーフィンしてる人がいた!
写真:右=こっちはラジコンボート! 洞爺湖ってなんでもできるのね。

そう言えば人生初カヌー体験も洞爺湖じゃなかったかな?

洞爺湖一周(03) 洞爺湖一周(04)

浮見堂から先はだんだん道幅が狭くなります。
国道230号線に合流するまで約7〜8km、曲がりくねっているし対向車と離合するのにも気を遣うので安全運転で。

洞爺湖一周は約34kmほどなので、サイクリストやジョギングしてる人もいます。
国道230号線に入ったら3kmほどで洞爺湖温泉街です。

一部、紅葉がきれいなところもありますが、全体的にはまだまだかな〜。
それにしても改めてネットで調べてたら、何度も来てるのにまだ見てないとこあったわ…。

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2006年08月30日【洞爺湖畔でキャンプ
・2007年07月07日【写真で綴る洞爺湖。
・2008年09月04日【洞爺湖を満喫
・2010年10月02日【洞爺湖『とうや水の駅』
・2012年08月30日【洞爺湖のロングラン花火

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:09 | TrackBack(0) | 北海道