2019年11月14日

阿武町・奈古湾の眺望と夕陽

公開の順番を間違えてました(;つД`)
仙崎より阿武町の方が先だった…すみません;;
(※これを書いているのは1/14…)

道の駅 阿武町(1)

毎年のように訪れている道の駅【阿武町】。「道の駅発祥の地」のひとつです。
(発祥の地≠称している道の駅は他にもあります)

駐車場の一角はRVパークになっていて、コイン式の外部電源も設置されています。

RVパーク道の駅阿武町|くるま旅

道の駅 阿武町(鹿島の湯)

日本海温泉 鹿島の湯】には、リラクゼーションサロン(リンパマッサージ)も併設。
浴室から日本海が一望できます! サウナもあり。

大人 550円、子ども 300円、4才未満 無料。
営業時間|10:00〜21:00(受付は20:30まで)。毎週水曜日および年末年始は休業。

道の駅 阿武町(温水プール)

温水プール
利用料は、町外 大人660円/小中学生 550円/小学生未満 330円。
阿武町の海でシュノーケリングができるそうで、温水プールでレッスンも行っています。3,700円+阿武町の海寄付金300円。2名以上なら3,200円+300円。

営業時間|秋冬春季(9月〜6月)[平日]13:00〜20:00[土日祝]11:00〜19:00/夏季(7月・8月)[平日]10:00〜20:00[土日祝]10:00〜19:00。
毎週水曜日定休日(ただし7〜8月は無休)。

道の駅 阿武町(モニュメント)

道の駅は奈古沖に面しており、屈指の夕陽スポットでもあります。
さらに【幸せの鐘(幸せのモニュメント)】は恋愛のパワースポットだそうで…。

道の駅 阿武町(男鹿島と女鹿島)

男鹿島(おがしま/右)と女鹿島(めがしま/左)が仲良く並んでいることから「夫婦島」と呼ばれているのが、その由縁。

道の駅 阿武町(メニュー1)

まぁ色気より食い気なわたしは【ダイニングカフェ846】へ☆
営業時間|10:00〜21:00。
休業日|毎週水曜(祝日は営業)、年末年始。

無角和牛が気になるけど! 食べたいけど!! 高級すぎて手が出ない!!!

道の駅 阿武町(メニュー2)

メニューとにらめっこ。無角和牛丼が品切れになっているのが残念でならない。
無角和牛入りハンバーグ定食にするか…? でも「入り」って書き方が引っかかる。100%ではないということか。

道の駅 阿武町(キーマカレー)

迷いに迷って、見蘭牛とむつみ豚のキーマカレーにしました。カレー好きだな、ほんとに(笑)
ほどよくスパイシーで美味しかったのですが、なぜ「見蘭牛」と「むつみ豚」を合わせたのだろう。わたしの舌では違いを感じられないではないか(八つ当たり)。

道の駅 阿武町(ダイニングカフェ)

何はともあれ、カフェからの眺めは最高だし、ゆったり寛げました(´ω`*)

道の駅 阿武町(遠岳山)

遠岳山は標高416mだけど奈古では一番高く、【山口県百名山】にも選定されています。
「林道遠岳線」の終点らしいけど、キャンピングカーでは行けない気がする…。

道の駅 阿武町(モニュメントと夕日)

今日は天気にも恵まれたので阿武町ご自慢の夕陽が堪能できましたよ(´ω`*)

道の駅 阿武町(夕日)

ちょっと雲が多くなってきたけど、これはこれで表情があって幻想的。





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2019年11月15日【道の駅センザキッチン〜周辺をお散歩


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 山口

2019年11月13日

玉造温泉〜大社ご縁広場〜出雲文化伝承館〜出雲蕎麦

※これを書いているのは1/10…2019年までに出雲編が終わらなかった(T_T)

玉造温泉(1)

出雲と言えば、今年も【玉造温泉】へ立ち寄りました。
詳しくは過去ブログ記事を御覧ください♪

・2017年12月07日【玉造温泉郷そぞろ歩き
・2018年04月13日【玉造温たまソフト

玉造温泉(2)

今回は初めて【ゆ〜ゆ】に入浴。
日帰り入浴できる旅館やホテルは多々ありますが入浴可能な時間が短いのと、やっぱりお高いのがネック。
しかし、すっごい形の建物だ!

玉造温泉(3)

こちらは10〜22時までで、大人500円とリーズナブルなのです。
ただ「大衆浴場」という感じなので、温泉らしさというか風情はイマイチ(^_^; 露天風呂に打たせ湯、サウナがありました。
5階にあるから循環なんだろうなぁ、と思って調べたら、加温もしてました。ほかの階には卓球場、休憩室、ホールなどもあり、スーパー銭湯に近い雰囲気ですね。


道の駅 大社ご縁広場(外観)

道の駅【大社ご縁広場】は、リニューアルしてました!
物産館がグレードアップし、お食事処も併設。

道の駅 大社ご縁広場(足湯)

足湯もできました〜(*´▽`*)
駅前の足湯がなくなったから、これは嬉しい♪

道の駅 大社ご縁広場(神迎セット)

お食事処で、さっそく【神迎(かみむかえ)セット】(1,000円)をいただきま〜す!
これは神在月だけの限定メニューなのです。
宍道湖特産のしじみと蕎麦が意外と合う。サザエご飯は少しかたい部分もあったけど、とってもいいお味でした(´ω`*)

道の駅 大社ご縁広場(とろろ蕎麦)

続きまして【とろろ蕎麦】(確か1,000円)。とろろ蕎麦、好きなんです。
オーダーする際は、いつも「とろろは別にしてください」って頼みます。だって、おつゆに溶けてしまうんだもの。おつゆを飲み干すことはほとんどないので…。
蕎麦だけでなく、ツユの味も甘かったり塩っぱかったり、いろいろだから配分を自分で調整したいタイプなのです。面倒くさくてすみません!

でも、こちらはツユも別盛りだった♪ やったー
蕎麦も蕎麦湯もとっても美味しかったです(*´▽`*)


出雲文化伝承館(案内図)

出雲文化伝承館】へも足を運びました。

出雲文化伝承館(水汲み場)

水汲み場が目的なんですけどね。
浜山湧水は、「平成の名水百選」にも選定されています。

出雲観光ガイドによると、江戸時代中期まで辺り一帯は砂浜でしたが、地元の井上恵助翁が私財を投じ90万本ものクロマツを植林したところ、松が繁茂したため水持ちが良くなり、大干ばつでも水に困ることはなくなったと伝えられているそうです。

「平成の名水百選」浜山湧水群|出雲観光ガイド

出雲文化伝承館(1)

せっかくなので、【出雲文化伝承館】も見学〜。

出雲文化伝承館(2)

出雲屋敷(旧江角邸)、茶室【松籟亭(しょうらいてい)】、千利休の茶室【独楽庵(どくらくあん)】(復元)、企画展示室などがあります。

出雲文化伝承館(3)

「出雲屋敷」は、出雲地方の大地主であった江角家の母屋と長屋門を移築したものです。もとは明治29年(1896)建築。
お庭=出雲流庭園は出雲市指定文化財!

出雲文化伝承館(4)

稲藁でできた宝船。あまりにも立派だったので思わず撮影しちゃった。

出雲文化伝承館(献上そば 羽根屋)

敷地内に【献上そば 羽根屋】があると知り、開店まではまだ30分もあったけどブラブラ散策しながら待ちました。

献上そば 羽根屋(1)

江戸時代末期に創業。大正天皇をはじめ、数々の御皇室の方の御食膳に供する光栄に浴し、地元は勿論、遠来の御客様にも大変好評を得ております。
代々受け継いだ伝統を重んじ貫くことを基本に、新しいものも取り入れ、美味しいそば作りのため日々努力しています。
地元の素材を生かした地産地消のそば作りをしています。
(公式サイトより)

出雲文化伝承館(5)

待っている間に、お庭を撮影♪
この篝火が焚かれるところを見てみたいな〜。

出雲文化伝承館(6)

野鳥がたくさん憩っていました。こちらはカワラヒワかな?

献上そば 羽根屋(2)

いよいよ待ちに待ったお蕎麦♪
釜あげうどんならぬ、釜あげ蕎麦です。蕎麦の味がよくわかるので、蕎麦に自信がなければできないことですね。
シコシコとした歯触りもあり、すぐに伸びるということもありませんでした。

わたし自身のこだわりというか、「こうやって食べたい」という欲求があり、ツユをそのまま入れるのではなくて、蕎麦湯(蕎麦猪口に入ってる)を半分以上飲んでからツユを足して、そこに鰹節をつけてからいただきました。
(ちなみに海苔も先にツユに浸しちゃいます。変な客ですみません…。)

いやでも自分の中では最高の食べ方なハズ(笑)
次回はもりそばに、お気に入りのお塩をかけて食べてみたいなー(^▽^;ゞ





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年05月24日【美保関 石畳の小径
・2011年05月19日【温泉津と書いて「ゆのつ」と読みます
・2014年04月27日【松江城〜揖夜神社〜黄泉比良坂
・2017年12月05日【神在月の出雲大社へ
・2017年12月07日【玉造温泉郷そぞろ歩き
・2019年11月11日【神在月の出雲大社〜からさで祭
・2019年11月12日【古代出雲歴史博物館


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 島根

2019年11月12日

古代出雲歴史博物館

出雲大社には何度も訪れていますが、【古代出雲歴史博物館】へは初となります。ワクワクです!

古代出雲歴史博物館(01)

出雲大社から徒歩約5分。

古代出雲歴史博物館(02)

開放的で明るい館内。入館は無料で、展示室のみ有料。

古代出雲歴史博物館(03)

カフェレストランもあります。今日は、こちらもお目当てのひとつ。いつも出雲蕎麦ばっかりなので、たまには目新しいものを♪
…って、予めネットで調べておいたメニューが休止中ではないかー!!!

古代出雲歴史博物館(04)

奮発せざるを得ず、島根牛カレー\(^o^)/
食後のドリンクとセットで1,400円。
レシートを見たら別々に書いてあったので、もしかして単品もあったのかも?

大きめの島根牛がゴロっと入っていて、それがお箸で切れる柔らかさ。
コクのあるカレーは辛すぎないけど濃い味で旨味が出てます。
雑穀米なのも嬉しい♪

レストランはガラス張りなのでロケーションも抜群でした。

古代出雲歴史博物館(05)

記念撮影用コーナーもあります(笑)

古代出雲歴史博物館(06)

展示室に入ると眼前にドーン!と旧お社の柱が!

平安時代中ごろ、大建造物の順位をあらわす「雲太(出雲大社)、和二(東大寺大仏殿)、京三(京都御所大極殿)」という歌謡がありました。
平安時代の大仏殿が15丈(45.45m)といわれるから、出雲大社は16丈(48.48m)はあったであろうと推測されます。
※1丈は約3.0303m

にわかには信じ難いことでしたが、この柱が出土したことによって一気に現実味をおびたのです。

古代出雲歴史博物館(07)

往事を再現した模型。
復元できないものだろうか…。生きてるうちに見てみたい!

古代出雲歴史博物館(08)

慶長期の境内復元模型。
出雲大社本殿の高さは、太古は32丈、中古は16丈、近古は8丈という言い伝えがあるそうです。
慶長年間(1596〜1615)にはもう高さはなくなってたんですね。

古代出雲歴史博物館(09)

上の模型は、この図を元に復元されたのかな。
写真がない時代。こういう古地図とか鳥瞰図とか大好き。

古代出雲歴史博物館(10)

出雲大社の屋根にあった千木(ちぎ)・勝男木(かつおぎ)。

千木=長さ 830cm、幅 62cm、厚さ 24cm。重さ約500kg!
勝男木=長さ 545cm、最大径 67cm。重さ約700kg!!
残念ながら、レプリカ。

古代出雲歴史博物館(13)

明治14年(1881)遷宮の御用材で、昭和28年(1953)遷宮の際に撤下されたそうです。

古代出雲歴史博物館(11)

「かねのなる木 かねのおちこぼれる木」の図。
ここでいう「かね」とは「本当の幸せ」のことだそう。家族を大切にし、人を愛する正直な気持ちの者が幸福になり、欲深く不誠実な暮らしは不孝をもたらすと説いています。

古代出雲歴史博物館(12)

解説ビデオも神話から神事、歴史に関することなどたくさんあります。
それぞれ5〜15分くらいなので、お時間があれば制覇してみては。わたしは、もちろん全部!見ました。覚えてるかどうかは置いといて…(笑)

古代出雲歴史博物館(14)

【出雲国風土記】時代の朝酌促戸(あさくみのせと)

古代出雲歴史博物館(15)

古墳時代〜平安時代の出土品。農業や漁業に関わる道具類で、現代のものとあまり形が変わっていないものが多い。

古代出雲歴史博物館(16)

【青銅器と金色の太刀】コーナー

古代出雲歴史博物館(17)

「弥生人の至宝」23号銅鐸(国宝)。
鹿や四足獣、四頭渦文(しとうかもん)などの文様が描かれています。
(説明文より)

古代出雲歴史博物館(18)

太刀、出土し過ぎでしょ!

古代出雲歴史博物館(19)

銅鐸も、めっちゃ出土してるし!

古代出雲歴史博物館(20)

銅鐸に関するビデオ。文様がアニメになって動くのが面白いし、分かりやすい。

実際に銅鐸を鳴らせるコーナーがあります。甲高く乾いたような、きれいな音色でした。
力を加減しないとけっこう大きな音がするので、あんまりカンカン鳴らさないように気をつけてください(笑)

古代出雲歴史博物館(21)

東アジア、中国大陸や朝鮮半島の青銅器。

古代出雲歴史博物館(22)

帯飾り。なんと紀元前11〜5世紀!! この細かい装飾で、紀元前11世紀!?
紀元前3世紀のものも展示されています。目を疑いますよ…。

古代出雲歴史博物館(23)

松江市八日山1号墳から出土した、古墳時代(3〜4世紀)の三角縁神獣鏡。
他にも雲南市神原神社古墳から出土した三角縁神獣鏡(同じく古墳時代/復元)も展示されていますが、細かさが全然ちがう。羅針盤みたい。

古代出雲歴史博物館(24)

上塩冶築山古墳(かみえんやつきやまこふん)の出土品から、6世紀後半の大豪族の装いを想定し復元したもの。
冠や太刀、馬具などは大和朝廷への奉仕に対して与えられたもので、この大首長が出雲西部で最高位の豪族であることを大和朝廷が認めた証でもあると考えられています。

古代出雲歴史博物館(25)

安来市 かわらけ谷横谷穴墓群から出土した、古墳時代(6〜7世紀)の大刀。発見時、鞘から刀身が引き抜けたと記録されていて、かなり好い状態で出土したようです。

古代出雲歴史博物館(26)

「なんじゃこりゃー」って思わず言いたくなる独創性あるこのツボは、古墳時代(6世紀)のものとされる須恵器子持壷(すえきこもちつぼ)。

古代出雲歴史博物館(27)

出雲東部では古墳時代後期になると、石棺式石室と出雲型子持壷による独特な古墳祭祀がはじまります。(略)このような古墳祭祀は、出雲以外では知られていません。

古代出雲歴史博物館(28)

顔の周りだけ剥がれてないというのは、何とも数奇なものを感じる。

古代出雲歴史博物館(29)

弥生時代(紀元前5〜3世紀)とされる人面付土器。縄文時代の土偶と異なり、顔が面長に表現されているのが特徴。頭頂部の鶏冠(とさか)状のトンガリは鳥装のシャーマンを現しているのかも知れないと解説には書かれていますが、いかに?

古代出雲歴史博物館(30)

天平(てんぴょう)年間というと729年〜749年。1300年も前のものとは思えないわ。

古代出雲歴史博物館(31)

石見銀山柵内と大森・銀山町並み保存地区。
正式には「大田市大森銀山伝統的建造物群保存地区(鉱山町)」というらしい。

・2014年04月25日【石見銀山の町並みを散策

古代出雲歴史博物館(32)

「幻の染色」出雲藍板締めの版木。とても細かい文様が刻まれています。
10枚以上は展示されていました。彫刻好きにはたまりません!

…と、だいぶ端折りましたが写真選びにかなり迷いました!
ぜ〜んぶ紹介したかったけど、是非それは現地で実感していただきたいです。


2019年11月18日〜2020年4月23日
 島根県立古代出雲歴史博物館の休館について
2020年1月15日〜3月8日の間、東京国立博物館において、日本の国の成り立ちや古代世界に迫る特別展「出雲と大和」を奈良県と共同開催します。
この特別展に、銅鐸・銅剣など多くの重要展示品を搬出することから、この期間を捉え、施設・設備の不具合の解消に併せて、館の魅力向上を図る改修工事を行う予定としました。
このため、下記の期間は休館とし、館内への入館はできなくなります。
ただし、2020年正月期間は、館内〔無料ゾーン〕の一部を開放する予定です。






人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年05月24日【美保関 石畳の小径
・2011年05月19日【温泉津と書いて「ゆのつ」と読みます
・2014年04月27日【松江城〜揖夜神社〜黄泉比良坂
・2017年12月05日【神在月の出雲大社へ
・2017年12月07日【玉造温泉郷そぞろ歩き
・2019年11月11日【神在月の出雲大社〜からさで祭


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 島根