2019年08月15日

慌ただしく日帰りで礼文島めぐり

夏休みで千葉からお越しのキャンピングカー仲間Kさんに便乗して、日帰りで礼文島を一周しました!
バスツアーとか、これよりもっとハードなんだろうなぁと思うと、小さい島でも一泊はしたくなるものですよね。

鴛泊フェリーターミナル

ハートランドフェリーで鴛泊港を9:20に出航。
民宿のスタッフが大漁旗を振りながら「いってらっしゃ〜〜〜い!」と叫び、お客さんは「行ってきま〜〜〜す!!」と叫ぶ。

洋上からのペシ岬

洋上から見るペシ岬、コブダイみたい。
見ていて思い出したけど、岬のたもとにある神社(?)に参拝してない!

洋上からの眺め

洋上から見た夕日ヶ丘展望台、富士野園地、ポンモシリ島。
写真では波が穏やかに見えますが、台風の影響か、けっこう揺れるので酔いやすいわたしはギブ寸前(;つД`)

稚内牛乳アイス

近くにいたご夫婦が食べているのを見たら、移ってしまった(笑)
船酔い冷ましにもいいよね♪
稚内牛乳を使用したアイスクリーム、宗谷の塩をチョイス。280円。

香深フェリーターミナル

そうこうしているうち、10:05、礼文島・香深フェリーターミナルに到着!
クルマはバックで乗船し、そのまま前進して下船します。

あとい食堂

さぁ〜滞在時間、約6時間で礼文島の見どころを全制覇できるか!?
真っ先に向かったのは金田ノ岬!
まだ11時と早いんだけど、ここでランチをとらないと食べはぐれることは去年の教訓。

あとい食堂(舟盛り)

ただ1軒のお食事処【あとい】にて、贅沢に「舟盛り」をオーダー!ヾ(*´▽`*)ノ
礼文島も時化などでウニ漁ができていないので生ウニは提供できないけど蒸しウニで対応。
蒸しウニも美味しいね〜〜〜♪

金田ノ岬からスコトン岬を眺める

金田ノ岬から遥か水平線の向こうに見えるスコトン岬。
あそこにも行きますよー!

ちなみに金田ノ岬にアザラシは見当たりませんでした。
波が高いからかなぁ〜。

礼文神社(1)

…と、その前に礼文神社へ参拝。(12時)
ガイドブックには見内神社と厳島神社しか載ってない場合が多いですが、せっかくなら礼文島の名を冠した礼文神社を載せてほしい。

礼文神社(2)

参道の石段からは、湾が見渡せます!
昔々は、この港の方が栄えていたのです。

礼文神社(3)

礼文神社の拝殿は残念ながら閉まっています。

礼文空港

休航中の礼文空港も見えました。

久種湖にも立ち寄ったのですが、写真を撮らず(^o^;
そちらは昨年のブログ記事をご参照ください。トレッキングもしてます♪

スコトン岬(トイレと売店)

12:25、スコトン岬に到着!
なぜか「日本最北限のトイレ」にご執心のKさん。こういうのは撮っておかないと!?
(写真に写っているのは他人ですA^_^;)

スコトン岬(パノラマ)

素晴らしいパノラマが広がっています.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

スコトン岬(トド島)

海馿島。この日はまったく見れませんでしたが、本当にトドが棲息しているそうで、近隣の漁業に影響を来すということで毎春に何頭か駆除するそうです。
それを串焼きにして出しているのが、澄海岬のお土産屋さん。

スコトン岬から見た金田ノ岬

スコトン岬から見た金田ノ岬。【あとい】は凄いところに建ってるなと改めて思う。

澄海岬(パノラマ)

13時、澄海岬に到着!
売店が2〜3軒あり「ウニ丼」の張り紙があったので訊ねてみたのですが、既に完売とのこと…。
真っ先にココに食べに来ればよかったか!?
しかし観光バスが先に来ていたら…。先を読むのは難しい。
(6月に来た時は、うどん/そばくらいで海鮮丼などはなかった)

澄海岬(2)

澄海岬は、上の写真にある湾が有名ですが、こんな風景も見られます。
色んな表情を見せる岬です。

見内神社と利尻富士

礼文島は島を一周することができないので、澄海岬から一気に香深方面に戻って、行きにスルーしてきた見内神社を参拝。(13:50)
水平線の向こうには、うっすら利尻富士。

見内神社周囲の砂利は昆布干しのための敷地なので、間違って駐車しないようにお気をつけください。
50mほど香深方面に駐車帯があります。

北のカナリアパーク(1)

14:15、映画【北のカナリア】ロケ地【北のカナリアパーク】に到着。
こちらも素晴らしいロケーションです。

北のカナリアパーク(日暈)

この日はずっと、まんまる日暈が出てました。
おおむね天気が持ってくれたのでよかった。

北のカナリアパーク(2)

観光客ファミリーが草原を歩いて行く様は、まさに映画のワンシーンのよう。
6〜7月頃なら、お花も色とりどり咲いていたでしょうね。

桃岩猫岩展望台(1)

15時、桃岩猫岩展望台。礼文島の南端側はアクセスがイマイチよくないのですが、桃岩トンネルのお陰でだいぶ楽になりました。(って、わたしはトンネルがなかった頃のことを知らないのですが)

桃岩猫岩展望台(2)

猫岩は、背中を丸めて水平線を眺めています。

ちなみに駐車場で一般車両は行き止まり、ユースホステルまでの道は宿泊者以外は立ち入り禁止となっています。

桃岩登山道

そしてまたトンネルを戻って抜けたらすぐ左折、桃岩登山口へ。
(時間的に地蔵岩とメノウ浜はパス)
去年は大型キャンピングカーだったので登って来れなかった桃岩登山口駐車場、普通車同士でもすれ違い困難なすっごい狭い山道だった。

時は15:20、急げ〜〜〜!
大型車駐車場から歩いて来ると20分くらいかかるところを、約5分でビューポイントに到着〜♪
はーよかった。間に合ったぁ〜〜〜。
この景色が見られてよかった(´ω`*)

しかしゆっくりする暇もなく、バタバタとフェリーターミナルへ。
出港は16:35なのに、15:50くらいに到着。物忘れと遅刻を怖れるあまり、早く着き過ぎてしまった…(笑)
これだったら、地蔵岩とメノウ浜も行けたかもなぁ。

二階建てバス

利尻島では見かけなかった、うわさの観光バス@二階建てバス。
こんな狭い島、何も二階建てバスを走らせなくてもよさそうだけど(笑)
去年(6月)は見たことなかったから、ハイシーズンだけ運行してるのかも。

香深フェリーターミナル

16:35、利尻島へ向けて出港。タラップが外れるところ、初めて見た!
Kさんは1泊するので、ここでお別れです〜。
お世話になりました!

洋上から見た利尻富士

洋上から見た利尻富士。

次回は利尻島グルメ編でーす!


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*礼文島に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月08日【初上陸の礼文島、まずは礼文町郷土資料館でお勉強
・2018年06月09日【礼文島の見どころをかいつまんで
・2018年06月10日【礼文島・久種湖畔キャンプ場と遊歩道
・2018年06月11日【礼文島・澄海岬をトレッキング
・2018年06月12日【礼文島・金田ノ岬のアザラシと海鮮丼
・2018年06月13日【礼文島・スコトン岬と高山植物園
・2018年06月14日【礼文島・桃岩展望台コース〜知床口と桃岩登山口
・2018年06月15日【礼文島の神社3社とメノウ浜&地蔵岩と北のカナリアパーク


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 北海道

2019年08月14日

まるっと利尻島滞在記・観光(西海岸)編

鴛泊(おしどまり)港フェリーターミナルから時計回りに始まった「まるっと利尻島滞在記」、今回は仙法志から先の西海岸をお送りします!
(※小さい写真は去年のものです。クリックすると大きい写真が見られます。)

麗峰湧水(2)

【霊峰湧水】
利尻島内には湧水が汲める場所が3〜4ヶ所あります。中でも、最も汲みやすいのがココです。
(姫沼の湧水は、雪解けが終わった夏には湧き出ていないようです)

・2018年06月23日【厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり

弁天宮

『龍神の岩』に鎮座する【北のいつくしま弁天宮(厳島弁財天)】。由緒などは去年のブログ記事をご参照ください。

寝熊の岩

海に向かって伏せて寝ているかっこうの【寝熊の岩】。夕日の時間帯に撮ると面白いかも。

人面岩

【人面岩】の正面はどっちなのか? と推察するに、注連縄のようなものがアイヌ男性の「サパンペ」であるとすると右が正面で左が後頭部ではないでしょうか。横顔っぽく見えませんか。

アイヌの儀式

サパンペ - Wikipedia
※この写真は昨年の二風谷チプサンケ

神居海岸パーク(1)

【神居海岸パーク】
昨年は、まだ「造ってる最中」だったのが、綺麗に整備されてました!

・2018年07月03日【海藻押し花体験とウニ穫り体験

神居海岸パーク(2)

流木で「LOVE」と書いてあるっぽい。

神居海岸パーク(3)

海岸は岩礁でゴツゴツとしていて、噴火の跡がよく判ります。
植物も色々と植えてあるようです。

神居海岸パーク(ウニ穫り体験/1)

ここに来たら、やっぱり「ウニ穫り体験」をしないとね!
とKさんをたきつけて、自分は去年やったので撮影にいそしむ。

ウニを撮るのって意外と難しくて、10分くらいかかったのに… Kさんは「あれっ」という間に穫っちゃったよ!

神居海岸パーク(ウニ穫り体験/2)

今年は「ウニの触手を見せる」という行程が増えてました。うんうん、そういうの大事よね!
「ウニ割りくん」でウニを割って、身を出して、よーくゴミ(正確には海藻とかでゴミではないんだけど)を出して〜

神居海岸パーク(ウニ穫り体験/3)

軍艦巻きに!\(^o^)/
半額出すから、って半分もらった(笑)
ん〜〜〜 んまいっ( ´艸`)

ビックリしたのは料金。去年は1,000円だったのが1,500円にも跳ね上がってた!!
(軍艦巻き+100円は据え置き)

・2018年07月03日【海藻押し花体験とウニ穫り体験

森林公園キャンプ場

大型キャンピングカーでは入っていけなかった【森林公園キャンプ場】を見に行ってきました。
なかなか素敵なバンガローが立ち並び、設備も整ってました。静かで居心地よさそう!

沓形岬公園キャンプ場(3)

拠点にしたのは【沓形岬公園キャンプ場】。駐車場は普通車10台分くらい(2ヶ所)だけど、【利尻ふれあい温泉】まで徒歩2〜3分で便利♪
コインランドリーもあります。

・2018年06月19日【利尻島内のキャンプ場情報

沓形のウニ漁

沓形岬公園キャンプ場の目の前にある湾でウニ漁をしていました。
お盆前後の10日間、ずっと天気がイマイチで時化て漁ができなかったので、ウニが食べられなかった観光客が不満を口にしてました…。こればっかりは、仕方ないよね。日持ちもしないしさ…。

昆布干し作業

今年は昆布の「ウラ年」で、少ないうえに小さくて出来もよくない(茶色い部分が多い)。
でも、そのぶん来年は豊作なはずですよ!

北見富士神社

今年も【北見富士神社】に参拝。
こちらの御朱印が独特で、神職さんが丁寧に心をこめて書いてくれます。

2019/08/11沓形花火

8/11は、沓形港にて花火大会が開催されました。
たまたま前日、居酒屋で花火師さん達と会いました! このスマホ写真、花火を足した合成写真なんです、すみません…(バレバレ?)


今回、沓形のグルメ情報が増えましたよー♪
詳しくは「グルメ編」にて。

【利尻・島の駅 海藻の里】は、今回はスルー。
ひょっとして『海藻押し花クラフト体験』も値上がりしてたかも…?

【見返台園地】もスルー。夕陽が見れるなら登りたかったんだけど…天気に恵まれず。

去年スルーした【ミルピス】は「グルメ編」で♪

そう言えば本泊の【運上屋跡】も見てない。こうやって書き出してみると、2年連続なのに見逃してるところがけっこうあるなぁ。

利尻空港

雨の日のヒマつぶし(笑)【利尻空港】に立ち寄ってみました。とっても綺麗!
売店は就航時間に合わせての営業なので、まだ開いていませんでした。

富士野園地

【富士野園地】パノラマで撮ればよかった…ということで、合成。
左側はポンモシリ島、右側の岬は夕日ヶ丘展望台。

夕日ヶ丘展望台

【夕日ヶ丘展望台】からの眺め。夕日が見れてよかったー!
真ん中の島はポンモシリ島。

夕日ヶ丘展望台からペシ岬を望む

反対側の景色は、鴛泊港方面のペシ岬と利尻富士。
この日は8/13。8/15が満月でした。

ペシ岬(1)

さぁ、いよいよラスト【ペシ岬】です。駐車場がないので、鴛泊港から歩いて行きます。
写真:左=6年目のスマホ(笑)、右=デジカメ

ペシ岬(2)

鴛泊港が一望できます!
海がとっても綺麗!!

ペシ岬(3)

鴛泊灯台。
会津藩士の墓も綺麗に整備されて、花壇に彩られていました。

去年タイミングを逃して登っていなかったので、来れてよかった!

高山植物販売

*おまけ*
鴛泊港フェリーターミナル1階の売店で、利尻&礼文の固有種を含め多種のタネを販売しています。
高山植物への愛を語ると(笑)、幼木や花苗も販売してくれますよ!
(幼木や花苗はお店に常備してないので、帰りのフェリーに乗る日を伝えれば持ってきてくれます)

りっぷ館の写真

*おまけ、その2*
【カルチャーセンター&りっぷ館】に掲示されていた写真。
樺太犬とペンギンの微笑ましいワンシーン(*´▽`*)


次回は利尻島グルメ編の前に、日帰り礼文島編をお送りします★





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪



*利尻島に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報
・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館
・2018年06月19日【利尻島内のキャンプ場情報
・2018年06月20日【姫沼展望台〜姫沼一周
・2018年06月21日【オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原
・2018年06月22日【仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧
・2018年06月23日【厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり
・2018年06月24日【野塚展望台と野鳥のみなさん
・2018年06月25日【富士野園地と夕日ヶ丘展望台
・2018年06月26日【大ポン山・小ポン山トレッキング
・2018年06月27日【沓形港〜沓形岬公園〜見返台園地
・2018年06月28日【雄忠志内川上流(たぶんヤムナイ沢)の万年雪
・2018年06月29日【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
・2018年06月30日【利尻島・地元の方との交流
・2018年07月01日【利尻島のお祭り(後編)まとめて
・2018年07月02日【利尻富士町カルチャーセンター&りっぷ館
・2018年07月03日【海藻押し花体験とウニ穫り体験
・2018年07月04日【ついに利尻島とお別れしました…(T_T)


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 北海道

2019年08月10日

まるっと利尻島滞在記・観光(東海岸)編

約10日間も滞在した利尻島を、「観光編(東海岸/西海岸)」「グルメ編」と、たった3回で済ませようと言う…(^o^;
だって去年と大差ないんだもん。去年の宿題をクリアしたのは「ペシ岬」と「ミルピス」くらいかな?
利尻富士登山は今年も見送りです…(T_T)

※去年の写真を交えてお届けします(小さい写真/クリックすると大きい写真が見られます)。

フェリーから利尻富士を眺める

8/6、稚内港からハートランドフェリーで利尻島へ。フェリー乗船料が去年から比べるとかなり値上がりしてました…。
(稚内〜利尻島、2018年は25,680円、今年は30,280円/7m未満)

利尻島 鷲泊FT

【鴛泊港フェリーターミナル】
売店、レストランがあります。詳しくは「グルメ編」にて。

利尻山十六景スタンプラリー

【利尻山十六景スタンプラリー】は島を反時計回りにナンバリングされていますが、わたしとしては時計回りをおススメします♪
(スタンプは、反時計回りの方が押しやすいです)

後日談になりますが、スタンプラリーの景品は「海藻押し花」絵はがき&しおり(8種類くらいありました)と記念きっぷでした。

利尻富士温泉 利尻富士温泉(甘露泉水)

鴛泊港から約1kmほど、ちょっと高台には【利尻富士温泉】(写真:左)、温泉プール【湯泳館】、【利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に】、足湯や湧水【甘露泉水】(写真:右)、歴史の森散策路(遊歩道)、高山植物展示園、などなどが集まっています。

・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報

もっと山の方、行き止まりとなる登山道入り口には【利尻北麓野営場】があり、そこから利尻山や大ポン山・小ポン山、姫沼への登山道が続いています。
【甘露泉水】は、登山口から徒歩約600m。利尻富士温泉駐車場の【甘露泉水】は、ここから約2kmも引いているのです。

・2018年06月26日【大ポン山・小ポン山トレッキング

キャンプ場情報 - 利尻富士町

姫沼(1)

【姫沼】は、この時季(8月前後)になると曇っている日が多いそうです。
利尻島は真ん中に利尻山がそびえているので、北側が晴れていても南側は雨、みたいなことがよくあります。

姫沼は、なんと人造湖。大正6年(1917)に堤防を作ったことによって当時3つあった小沼がひとつの大きな沼になり、ヒメマスを放流したことから「姫沼」の名がついたそうです。

姫沼(2)

姫沼には野鳥・水鳥もたくさんいるのでバードウォッチングもいいですね♪
周囲約800m、一周約20分くらいです。

・2018年06月20日【姫沼展望台〜姫沼一周

野塚展望台(2)

【野塚展望台】
ここは、嘉永7年(1848)にラナルド・マクドナルドというアメリカ人が上陸した場所。当時、鎖国していたためアメリカの捕鯨船から小船で下船し、漂流者を装って上陸に成功しました。

・2018年06月24日【野塚展望台と野鳥のみなさん

石崎灯台

【石崎灯台】

観音岩がどこにあるのか、今年も判らず…

利尻島郷土資料館

利尻島郷土資料館
入館料:一般 200円、中学生・身障者 100円、小学生 50円
休館日:5月〜6月、9月〜10月の火曜日(祝日の場合は翌日休み)。
時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

旧鬼脇村役場庁舎を再活用したもので、大正2年に建てられた洋風建物はそれだけでも価値あり。天気が好ければバックに利尻山が見えたのですが… って、去年も雨の日だったわ。

・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館

館内に展示されていたシマフクロウの剥製、たぶんシマフクロウじゃなくてエゾフクロウだと思うんだけどなぁ…

郷土資料館がある鬼脇には、日帰り入浴施設【北のしーま】もあります。
あとセイコーマート(笑)

白い恋人の丘

無料の【沼浦キャンプ場】から登ること約600m、名菓『白い恋人』のパッケージになったことで知られる名勝【白い恋人の丘】。
お盆休みだけあって?、見事にカップルだらけ。ちっ(笑)

オタトマリ沼

沼浦キャンプ場からすぐ、【オタトマリ沼】。
昨年、天皇陛下ご夫妻(当時)が来るというのでデッキを一新。睡蓮まで植えてあった。
そのままの姿を見せればいいのに…。

ここは「ザ・観光地!」という雰囲気のお店が2軒あり、観光バスが必ず立ち寄ります。ウニ丼なども、なかなかの金額です。
しかし鬼脇のお食事処(1軒のみ)か、ここで食べないと沓形まで食べはぐれることになります。仙法志にも食事処があればいいのに…。

南浜湿原

【南浜湿原】
駐車場が普通車3台分くらいしかありません。
観光バスなどは、道路を挟んで反対側に路駐しています。

・2018年06月21日【オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原

仙法志御崎公園

【仙法志御崎公園】
ここも観光バスが必ず立ち寄るポイント。お土産屋さんが数軒ありますが、お食事処がないのです。
シーズン中は、パン屋さんのケータリングカーが来ることもあります。

仙法志御崎のアザラシ

今年もノシャップ寒流水族館からアザラシが2頭来ていました♪
が、左の子が体調を崩してドクターストップ。その後、お盆明けの台風により右の子も避難を兼ねてノシャップに帰りました。

仙法志御崎のアザラシとカモメ

右足を怪我したらしいウミネコのヒナを気にしている様子のアザラシ。別に食べようとしている訳ではない(^o^;

仙法志御崎公園については是非、去年の記事をご覧ください♪

・2018年06月22日【仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧

利尻町立博物館

利尻町立博物館
入館料:一般200円、小中学生100円
休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始(7〜8月は毎日開館)
時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

北海道指定文化財、クマやクジラと思われる動物が刻まれているトナカイの角が展示されています。

・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館


次回は、観光(西海岸)編です!





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪



*利尻島に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報
・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館
・2018年06月19日【利尻島内のキャンプ場情報
・2018年06月20日【姫沼展望台〜姫沼一周
・2018年06月21日【オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原
・2018年06月22日【仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧
・2018年06月23日【厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり
・2018年06月24日【野塚展望台と野鳥のみなさん
・2018年06月25日【富士野園地と夕日ヶ丘展望台
・2018年06月26日【大ポン山・小ポン山トレッキング
・2018年06月27日【沓形港〜沓形岬公園〜見返台園地
・2018年06月28日【雄忠志内川上流(たぶんヤムナイ沢)の万年雪
・2018年06月29日【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
・2018年06月30日【利尻島・地元の方との交流
・2018年07月01日【利尻島のお祭り(後編)まとめて
・2018年07月02日【利尻富士町カルチャーセンター&りっぷ館
・2018年07月03日【海藻押し花体験とウニ穫り体験
・2018年07月04日【ついに利尻島とお別れしました…(T_T)


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 北海道