2017年03月17日

菊池の桜、もうすぐです。

菊池公園〜菊池神社〜城山公園をお散歩していたら、早咲きのオオカンザクラやヒカンザクラが満開でした(*´▽`*).。・:*:・°`☆、。・:*:・°`
しかし全体からすれば1%にも満たないので、もし今来られても「え、どこに?」って探しまわらなければなりません(´▽`;ゞ
以下↓ピンポイントで撮影しております(笑)

菊池の桜はまだかいな 菊池の桜(2017/03-1)

写真:左=ソメイヨシノの開花は連休明けくらいでしょうか?
写真:右=オオカンザクラ

菊池の桜(2017/03-2) 菊池の桜(2017/03-3)

写真:左は判らないのですが、右はカンヒザクラ。QRコードネームタグがついてました。
ホント数えるほどしかないので、中途半端というか・・・。早咲きももっと植えたらいいのになぁ。

菊池公園周辺には、市民広場(きくち観光物産館、夢美術館、足湯があります)や、総合体育館など駐車場もたくさんあります。
バーベキュー可能な場所もありますよ〜ヾ(*´▽`*)ノ

菊池さくらまつり(2017年2月10日〜3月26日)
 3月26日(日)は【第62回熊日菊池桜マラソン大会】で交通規制があります。
・菊池一族まつり「菊池一族と延寿鍛治展」(2017年4月1日〜5月7日)
菊池一族と延寿鍛冶展「日帰りツアー」選べる3コース

・3月26日(日)は山鹿市でも【全国高等学校選抜自転車競技大会ロード競技】で交通規制があります。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)



*関連する過去ブログ記事*
・2013年03月21日【三日見ぬ間の桜かな
・2014年03月27日【菊池の桜が見頃を迎えました**
・2014年03月28日【菊池の夜桜ライトアップ
・2016年04月04日【菊池の桜、今年は天候に恵まれず・・・

・2013年05月09日【写真で綴る弘前公園・桜】青森県
・2014年04月10日【高森峠*千本桜は六千本】熊本県
・2016年04月06日【久留米つつじまつり〜朝倉市秋月の町並み散策】福岡県
・2016年06月05日【写真で綴る荘川桜】岐阜県※訪れたのは4月下旬

SOTO Home Page
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


【キャンピングカー放浪旅生活】と銘打っていながら、2016年度は地元・熊本で活動しておりますm(_ _)m








タグ:
posted by しう@SOTO at 11:30 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2017年03月13日

不思議だね 不思議も不思議 人生は

大正7年(1918)生まれ、あとひと月足らずで99歳を迎えようとしていた祖母が他界しました。
90歳を過ぎても矍鑠(かくしゃく)としていて、自分の足で歩いていたし、100歳くらい余裕余裕!って思っていたので・・・何だか今でも実感が湧きません。

俳句

こちらは《卒寿》のお祝いのときに祖母からいただいた俳句。達筆すぎて読めない文字が・・・(´Д`;)

[堰いくつ 超しくるながれ ○澄めり]?

大事な部分が判らないから、意味も解らないという・・・。
誰か教えて(´・ω・`)

俳句集を出版したこともあり、老人養護施設に入所してからも、そこで俳句を教えていました。
昨年10月末に生死の境を彷徨うほどの窮地に陥りながら持ちこたえ、以来ずっと寝たきりになってしまったのですが、驚いたことに意識が回復し主治医に俳句を教えていたというのです。
わたしが見舞いに行ったときは会話はできなかったのですが、叔父が言うにはたまに会話ができたそうで、そこで表題の「不思議だね 不思議も不思議 人生は」を口にしたそうです。
季語も入っていないし俳句とは言えないのですが、これが辞世の句みたいなものかなぁ、と喪主挨拶で語っていました。

お花

大正7年というと、第一次世界大戦終戦の年。第二次世界大戦中の話も、たまに聞かせてもらいました。
お話の数々を歴史書風にまとめたかったのに、いつだって後悔先に立たず。

山鹿市菊鹿に住んでいた時期もあり、なんと歩いて熊本市内まで買い物に行っていたというから脅威です。30kmくらいあるんじゃないかな!? 現代では考えられませんよ。
(GoogleMapでルート検索したら5時間47分だと・・・(´Д`|||)
当時に培われた足腰の丈夫さが、晩年まで元気でいられた基なのでしょうね。背中も曲がってなかったし。

わたしたちからすれば元気だと思っていても、「長生きするのもきつかとよ」と、よく口にしていました。
99年もがんばってくれた肉体を離れ、今ごろは軽い足取りで祖父や親友たちと再会を楽しんでいるかも知れません。


※俳句に関してfacebookやメールで教えていただきました。
[堰いくつ 超しくるながれ 水澄めり]
 水澄む=秋の季語。秋は大気が爽やかに澄み渡り、水の流れも清涼感が増す。
 人生を振り返り、困難をいくつも超えて澄んだ水のようである心境を詠んだのかも知れません。


SOTO Home Page
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


【キャンピングカー放浪旅生活】と銘打っていながら、2016年度は地元・熊本で活動しておりますm(_ _)m








posted by しう@SOTO at 13:14 | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

菊池川流域の史跡・古墳めぐり

だい〜ぶ日にちが経ってしまいましたが、2/21、Kさん案内の史跡&古墳めぐり続きです。
写真メインにて失礼します!m(_ _)m

江田船山古墳(1) 江田船山古墳(2)

玉名郡和水町【江田船山古墳】。肥後民家村が隣接しています。道の駅【きくすい】から徒歩圏内。

清原(せいばる)古墳群の中で最古・最大の古墳で、日本最古の本格的記録文書である75文字の銀象嵌(ぎんぞうがん)銘をもつ大刀が出土したことで著名な前方後円墳。国指定史跡。
江田船山古墳 - Wikipedia

江田船山古墳(3) 江田船山古墳(4)

なんと! 古墳内部に入れるとは知りませんでした! 重厚な鉄の扉が空くなんて思ってもみなかった。
内部は前日の雨のせいか結露がすごかった。窓が曇って中がよく見えなかったんだけど、回転ノブが壊れてて開けることはできませんでした。

江田船山古墳は5世紀末から6世紀初頭に築造されたと推測され、墳丘長62m、盾形の周濠をあわせもっています。
古墳は明治6年(1873)以降に発掘され、豊富な副葬品が出土。これらの大部分は東京国立博物館に所蔵され、国宝に指定されています。

虚空蔵古墳(1) 虚空蔵古墳(2)

江田船山古墳の西側に位置する【虚空蔵古墳】。こちらも前方後円墳ということですが、詳細は判っていません。
巨木の根元に虚空蔵さん(石像)があったというのですが、見当たりませんでした。

岩原横穴古墳(1) 岩原横穴古墳(2)

ところ変わって【岩原横穴古墳】。
ここから【二子塚古墳】【県立装飾古墳館】まで遊歩道で繋がっていたようですが、現在ではまったく整備されておらず行けるかどうか怪しい雰囲気でした。

岩原横穴古墳(3) 岩原横穴古墳(4)

案内板によると、
岩原横穴群は、米野(めの)山の北麓に広がる岩原大地の北側から南西側にかけて、6群131基の横穴からなる。このうち8基に装飾が認められる。

とありますが、崖のように高い位置にあるため内部を確認することはできませんでした。

山鹿市立博物館(2) 山鹿市立博物館(1)

【山鹿市立博物館】
ランチのついでにぷらっと立ち寄っただけで入館はしてません。
これほど広大な敷地があるというのに、誰〜〜〜もいないとは! 江田船山古墳(肥後民家村)には、お散歩やウォーキングしている人がけっこういたのに・・・。
もっと早く知っていたら、マリリンと散歩に来たのになぁ。

古代米カレー 古墳めぐりプラン

鹿央物産館】併設の【やすらぎ館】レストランでランチ♪
ここは、やはり場所的に古代米カレーにしました(笑)
以前にも某所で古代米を食べたことがあって、それが固くて固くてイマイチなイメージしかなかったのですが・・・柔らかくてモチモチしてました(´ω`*)
カレーは、ごく一般的で家庭的なカレーでした♪

タクシーで古墳めぐりプランの申し込みがここでできるそうです。1時間前までに、ということなので予約してから食事をすれば、ちょうどいいと思います。

オブサン古墳(1) オブサン古墳(2)

熊本県指定史跡【オブサン古墳】
古墳公園には、あちこちから集められた石棺が無造作に展示(というか放置?)されています。
6世紀後半の築造と見られ、直径約22m、高さ約4mの突堤付き円墳で、主体部は巨石で造られた横穴式石室があります。

Kさんが車内で流していたCD、その名も【古墳deコーフン!】(笑)の、歌詞「スフィンクスみたいな古墳さ〜♪」が脳内エンドレス(笑)

チブサン古墳(1) チブサン古墳(2)

写真:左=オブサン古墳から、よその農地じゃないかってくらいの路地を歩いて、国指定史跡【チブサン古墳】へ。

写真:右=この縁石?は、別に当時の再現ではないようです。芝刈りの時に邪魔だろうに、なんでこんな風に造ったんだろう?

チブサン古墳(3) チブサン古墳(4)

古墳時代後期(6世紀)に造られた墳丘長約44mの前方後円墳で、鮮やかな幾何学模様の壁画が遺されています。1500年前の古代人の文化や風土を伝える、貴重な装飾古墳です。
山鹿市立博物館(開館日)に事前に申し込みをすれば、石室内部の見学が可能です。

原部石棺 貯蔵穴

写真:左=【西福寺第2号方形周溝墓】
築造年代は古墳時代前期と推定されています。

写真:右=【近・現代の貯蔵穴】
甘藷(かんしょ)用の貯蔵穴。なんと縄文時代の貯蔵穴が隣接しています。こんなの、知らずに見たらどっちもただの穴としか思えん。

津袋古墳 頂塚古墳

クルマでちょっと移動しまして・・・
写真:左=【津袋古墳】。道の向こうには一本松公園があり、そこも古墳です。
写真:右=【頂塚古墳】。ホントにクルマでちょっと走れば古墳だらけ!

方保田東原遺跡(1) 方保田東原遺跡(2)

更にクルマで移動しまして・・・
国指定史跡【方保田(かとうだ)東原(ひがしばる)遺跡】
菊池川とその支流の方保田川に挟まれた標高35mの台地上に広がる、弥生時代後期〜古墳時代前期の大集落遺跡。約11haが史跡指定地で、遺跡の推定範囲は約35haの規模を誇る熊本県最大級の集落遺跡。
方保田東原遺跡 - Wikipedia

方保田東原遺跡(3) 方保田東原遺跡(4)

山鹿市出土文化財管理センターに収蔵、展示されている出土品の数々!(許可を得て撮影させていただきました)
コンテナ何百箱と積み上げられており、「展示」という感じではないのですが丁寧に説明していただけます。「この時代にこんなのあったの!?」と驚くような土器の数々。ビアマグ!?なんかもありますよ!
圧巻の収蔵品、興味のある方は是非訪れてみてください!

相良寺の看板 相良寺の猫

次回!【相良寺】ウガヤ陵の謎を追・・・えればいいな(´・ω・`)

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*関連する過去ブログ記事*
・2011年01月20日【菊池の史跡巡り『袈裟尾高塚古墳』
・2011年01月21日【菊池の史跡巡り『瀬戸口横穴群・瀬戸口横穴墓群』
・2016年02月01日【巨木を訪ねて〜高野天満宮の楠
・2017年02月22日【巨木・史跡めぐり*巨木と湧水と神社編
・2017年02月23日【菊池の古墳・史跡めぐり

SOTO Home Page
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


【キャンピングカー放浪旅生活】と銘打っていながら、2016年度は地元・熊本で活動しておりますm(_ _)m









posted by しう@SOTO at 23:15 | TrackBack(0) | 熊本