2018年01月11日

大津山阿蘇神社(大津山生目八幡宮)

南関町に鎮座する【大津山阿蘇神社(大津山生目八幡宮)】。
特産品センター【いきいき村】の斜向い、国道443号線沿いに大きな鳥居があるので解りやすいと思います。
※実際に訪れたのは2017/12/31です。

大津山阿蘇神社(1) 南天に蝉の抜け殻

写真:左=大津山阿蘇神社の門松、竹が長〜〜〜い!
写真:右=門松に植えられている南天に、蝉の抜け殻がついてました! 何だか縁起がいい♪

大津山阿蘇神社(2) 大津山阿蘇神社(3)

写真:左=立派な楼門は、築400年以上!
写真:右=楼門の中には、かなり古そうな狛犬が安置されていました。あちこち欠けてます。

大津山阿蘇神社は正治元年(1199)、阿蘇神社より勧請したのが始まりで、もちろん御祭神は健磐龍命(たけいわたつのみこと)と阿蘇津姫命(あそつひめのみこと)。
創建当初は現在の南関第一小学校の椋の木のあたり(その地を「下つ宮」といいます)に鎮座していましたが、その後(南北朝時代)大津山氏が領主となり入国し、応永2年(1395)に三代城主 大津山経稜(つねかど)公が、関町葉山(現在の温泉施設「うから館」の地)に改築し、朝夕参拝したそうです。
さらに、五代城主 大津山資秋(すけあき)公が、朝夕参拝に不便なため現在地である大津山(別名 つららが岳)に社殿を移したと伝えられています。

大津山阿蘇神社(4) 大津山阿蘇神社(5)

写真:左=藟(つづら)石。
南北朝時代、大津山山頂の藟嶽(つづらがだけ)に大津山一族が大津山城を築き、約200年間、本拠地としていました。その大津山城の基礎になった石を戦後すぐに下ろしてきたものです。南関≠フ地名にかけて、「難関突破」の願掛けに訪れる受験生が多いのだとか。

写真:右=腰が曲がったような大杉。

大杉のすぐそば(写真でいうと左側)に、目の神様・大津山生目八幡宮が鎮座しています。
御祭神は平景清(たいらのかげきよ)。

2016年02月23日【大津山阿蘇神社】に詳しく記載していますので、よかったらご一読ください。
5月3日には大津山生目八幡宮大祭が執り行われます。

大津山阿蘇神社(6) 大津山阿蘇神社(7)

写真:左=石段は楼門から数えて108段。提灯がズラ〜〜〜っと並んでます!
拝殿まで行くのが難しい人のために遥拝所があり、神社の優しさが垣間見えます。

写真:右=拝殿・本殿。お正月準備の真っ最中でした。拝殿内にお守り授与所ができてた!

ところで阿蘇神社は「互い鷹の羽」なのに「並び鷹の羽」になっているのは何故なんでしょうか。
大津山一族の家紋なのかな? ちなみに菊池一族も「並び鷹の羽」です。

大津山阿蘇神社(正法禅寺跡/1) 大津山阿蘇神社(正法禅寺跡/2)

写真:左=豊臣秀吉が島津征伐の折に宿泊したという正法禅寺跡。矢印が示す方向は竹林なのですが。
写真:右=今は木が生い茂っていますが、南側は町が一望できます。

大津山阿蘇神社(正法禅寺跡/3) 大津山阿蘇神社(正法禅寺跡/4)

不動明王像とか石柱などが無造作に置かれていました。
丸いのは井戸の跡なんだろうか?

大津山阿蘇神社(正法禅寺跡/5) 大津山阿蘇神社(正法禅寺跡/6)

振り返った場所には祠が建っていますが、詳細は不明です。龍の瓦が二対、安置されていました。

境内には桜が約500本、ツツジが約2000本も植えられており、見頃を迎える3月下旬〜4月下旬にはお花見客でも賑わいそうです。

2月11日は紀元祭、11月29日は大津山阿蘇神社大祭(献幣祭)が開催されます。

秀吉にお茶を献じたといわれる「太閤水(湧水)」や、琵琶法師が語ったことで有名な【平家物語】の一説にも出てくる【大津山の関】(ただし、関の正確な場所は実は不明で「たぶんこのへん」という感じで復元されているものです)なども一昨年に見てきたのですが、ブログにアップしてなかったので今更ながら追記します。

大津山(観音堂) 大津山(太閤水)

写真:左=神社周辺および大津山一帯は大津山自然公園として整備されています。こちらは大津山観音堂。
写真:右=太閤水の看板。

大津山(太閤水の池) 大津山(太閤水 湧水)

写真:左=太閤水…かなり放ったらかし? 水量が少ないせいか、藻が生えてます。
写真:右=源泉(湧水場所)は綺麗でした。お水を汲む氣満々で行ったのですが、さすがにこれでは無理ですね。
大津山生目八幡宮の手水舎のお水が、かなり美味しかったです。

大津山(麻扱場橋 案内板) 大津山(麻扱場橋)

江戸末期、種山石工の流れをくむ地元石工架橋と伝えられている麻扱場(おこんば)橋。平成5年、甫場整備にともなう河川改修で解体され、ここに移転・復元されました。
昔々、内田川で麻のさらしが行われていて、橋の付近を「麻扱き場」と呼んだことに由来するそうです。

大津山公園 大津山公園(鳥獣供養文碑)

写真:左=公園内は遊歩道が整備されています。
写真:右=鳥獣供養文碑。

大津山頂駐車場からの眺め 大津山登山道

写真:左=大津山(標高256m)の頂上を目指してクルマ@軽自動車で行けるまで行ってみました。道幅が狭いので、普通車同士の離合も大変です。
写真は、終点の駐車場からの眺め(北側)。

写真:右=ここから登山道が続いていました。おそらく30分くらいで頂上に到着するのではないかと思われましたが、この日は時間がなく諦めて引き返しました。
天気の好い日にリベンジしたい。山頂は眺めがいいかなぁ?

ところで【大津山の関】の写真を撮ってなかった…すみませんm(_ _;)m
大津山公園の入り口、【いきいき村】からでも見えるくらいの位置にあり、けっこう大きいのですぐに判ると思います。
今度また行った時に撮っておきます!

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2016年02月23日【大津山阿蘇神社

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:神社 湧水
posted by しう@SOTO at 22:50 | TrackBack(0) | 熊本

2018年01月10日

山鹿をそぞろ歩き

お正月休みを利用して九州旅行に訪れた千葉のKさんに、山鹿・豊前街道を案内しました。
※実際に訪れたのは2017/12/30です。

山鹿(金剛乗寺) 山鹿(金剛乗寺)

「何度も来てるからいいか」と思ってたけど、ここから写真を撮り始めました(´▽`;ゞ

護国山 金剛乗寺(ごこくざん こんごうじょうじ)は、空海によって天長年間(824〜834)に開かれました。
かつては建物が大きく「西の高野山」と称されていたそうですが、一時は途絶えてしまい、後鳥羽天皇の勅頼で再建。報徳年間(1449〜1452)に宥明法印住職によって復興されました。

山鹿(金剛乗寺 温泉?) 山鹿(電柱)

写真:左=金剛乗寺の脇からゴボゴボ温泉らしきお湯が沸き出しているのですが、詳細不明。
写真:右=電柱に竹を巻いてある!…と思いきや、竹柄のシートだった。

山鹿(町並み) 山鹿(町並み)

山鹿・豊前街道と言えば、代表的なのは国指定重要文化財【八千代座】です。

山鹿(八千代座) 山鹿(虚空蔵菩薩)

写真:左=明治43年(1910)、山鹿の実業家たちによって建てられた芝居小屋。江戸時代の伝統的な様式を今に伝える貴重な文化財で、しかも現役です。
残念ながらお正月休みで内部見学はできませんでした。

写真:右=八千代座の正面向かって右側には、虚空蔵菩薩が鎮座していました。

【天聽の蔵】も、お正月休みで閉まっていました。
・2016年01月15日【染色人たちが奏でる「印染-しるしぞめ-」の世界 in 天聽の蔵
・2016年01月17日【印染(しるしぞめ)の世界 in 天聽の蔵・その2
・2017年04月02日【天聽(てんちょう)マルシェ

山鹿(道標) 山鹿(屋根瓦)

写真:左=豊前街道を示す道標。
写真:右=とある店舗の屋根瓦(軒巴)、1個だけ菊花だった。

山鹿(山鹿灯籠民芸館) 山鹿(足湯)


写真:左=【山鹿灯籠民芸館】もお休みでした。
この建物は大正14年(1925)に安田銀行山鹿支店として建てられたもので、昭和48年(1973)までは肥後銀行山鹿支店として使用されていました。国指定登録有形文化財。

写真:右=国道325号線に面し、屋根もある立派な足湯。トイレもあります。さくら湯の正面です。

山鹿(さくら湯) 山鹿(さくら湯)

写真:左=【さくら湯】。唐破風のある南北の玄関や十字にクロスした独特の屋根の形など、江戸期の建築様式を可能な限り再現しています。
※公式サイトよりも【山鹿探訪なび】の方が解りやすいです(´▽`;)

写真:右=「ちょんまげ」みたいな瓦(鳥伏間?)は何を意味するのだろう? あまり見かけないというか、初めて見たような?

山鹿(さくら湯 資料展示室) 山鹿(さくら湯 資料展示室)

写真:左=さくら湯の休憩室の2階に、資料が展示されていました。古い写真などもあります。
写真:右=「ちょんまげ」、昔からあったのね。九翟紋は細川家の家紋。

山鹿(さくら湯 龍の湯) 山鹿(さくら湯 龍の湯)

写真:左=貴賓客が使用した「龍の湯」も再現されていますが、ここは見るだけで入湯できません。お湯もかけ流しなのに、もったいない。

写真:右=天井には「双龍の絵」が。本物(復元前のもの)は【山鹿灯籠民芸館】に展示されています。


山鹿の冬の風物詩【山鹿灯籠浪漫・百華百彩】、今年は2月2日(金)のオープニングセレモニーを皮切りに、毎週金・土(2月3日、9日、10日、16日、17日、23日、24日/19時〜22時)に開催します。
(詳しくは百華百彩特設サイト|山鹿温泉観光協会へ)


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*山鹿近隣に関連する過去ブログ記事*
・2010年02月19日【山鹿灯籠浪漫・百華百彩
・2011年01月13日【一ツ目神社と一ツ目水源
・2011年01月14日【日輪寺と赤穂浪士の遺髪塔
・2013年01月12日【鞠智(きくち)城
・2014年01月15日【あんずの丘 押花館
・2014年01月23日【山鹿市・生目神社
・2014年01月29日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(前編)
・2014年02月02日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(後編)
・2014年04月08日【岳間(たけま)渓谷・湯の水公園
・2015年01月08日【山鹿へおでかけ
・2016年01月19日【山鹿温泉 元湯さくら湯
・2016年02月29日【岳間の冷や水
・2016年03月30日【桜の季節になりました・相良観音
・2016年08月09日【涼を求めて岳間渓谷
・2016年11月07日【国指定史跡・隈部氏館跡
・2017年03月09日【菊池川流域の史跡・古墳めぐり
・2017年04月03日【菊鹿町・切通しの石仏群
・2017年04月08日【熊本県内装飾古墳 春の一斉公開
・2017年04月10日【忘れられた信仰の遺跡・涅槃岩
・2017年05月10日【菊池〜山鹿のキリシタン墓と山鹿城跡


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 12:59 | TrackBack(0) | 熊本

2018年01月07日

年末の食いだおれ集

みんなの詩(1) みんなの詩(2)

12月29日、展示会の撤収を手伝ってくれた千葉のキャンカー仲間Kさんを連れて、お気に入りの居酒屋【みんなの詩】(リンク先は公式facebookです)へ。
お気に入り、って言っても2回目なんですが(笑)純米酒が充実しているのでお気に入りです!(≧∇≦)

まずはお刺身の盛り合わせ。そして「菊池ならではのものを味わってもらいたい」と思い、菊池ポークの串カツを。実はわたしも初めて食べたんですが(笑)すっごく柔らかくてジューシーでビックリしました!
ほか馬ハツ刺、馬スジ煮込み、卵焼きなどなど食べたのですが写真を撮ってないという…。

外観は過去記事:2017年05月20日【新しい旅がはじまりました】に載ってます。
菊池観光ホテルの目の前ですよー。
春までには、もう1回くらい行きたいな!

龍園(1) 龍園(2)

撤収が終わって温泉に入って、【みんなの詩】で飲み始めたのが確か19時半くらい。ケータイの写真データを見ると0時過ぎまで飲んでいたようだ(´▽`;)←たぶん閉店時間を過ぎてたんじゃないだろうか…

そして久々に、締めのラーメン!
開いてるのを初めて見たかもしれない?【龍園】。おそらく呑んだ後の客を狙っているに違いない。なんせ午前様…。けっこう出歩いてる人がいたし、お客さんも3〜4人いました。

呑んだ後のラーメンって美味しいよね。豚骨スープが肥後っ子にはたまらんね。
このトシで、よく完食したよ。
もう1度、シラフの時に食べたいな。

和座和座(1) 和座和座(2)

明けて30日。おとーさんと、行きつけの飲み屋のママさんと、Kさんという異色の組み合わせで【和座和座】(リンク先は【食べログ】です)にて忘年会。
ここは小上がりで仕切られているし、魚貝類が豊富なのでよく利用します。

写真:左=カキフライ、右=ウニ〜(*´▽`*)
お刺身の盛り合わせ、串焼き、手羽餃子などなど景気よくオーダーしまくりました(笑)
写真を撮るのも忘れて食べまくりました(≧∇≦)

残念ながら純米酒の取り扱いが少なくて…この日も2種類くらいしかなかったのですが。
マスで出てきたことにテンションが上がり、4人で呑む呑む。過去最高額に到達しました…。
たいへん美味しゅうございました♪

常次郎庵(1) 常次郎庵(2)

31日、買い出しで玉名郡南関町の【いきいき村】に行った帰りに、年越し蕎麦を食べようと【旬彩SOBA 常次郎庵 -JOJIRO-AN】へ。かねてから気になっていたものの、高そうだな〜って二の足を踏んでいたのです。

古民家というか蔵を改装したような店構えで、店内は和洋折衷という感じ。器も凝っているのかこだわっているのか、ちょっとちぐはぐな感じでした。

変わり種メニューもたくさんあって目移りしますが、まずは初めてなので『食べ比べセット』(1,200円だったかな?)にしてみました。

常次郎庵(3) 常次郎庵(4)

(左)二八蕎麦 (右)十割蕎麦

写真では伝わりづらいですね(´▽`;)
蕎麦は風味がよくて美味しかったのですが、ツユが甘い!
いつもツユはちょびっとしか浸けないようにしてるけど、それでも甘さに驚き。
そば湯がすぐに来たので、そば湯を足していただきました。わたしには、それくらいでちょうどいい(笑)
海塩で食べても美味しそうだな〜♪


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 23:21 | TrackBack(0) | たべもの