2019年10月02日

『田村信仰』発祥の地・達谷窟毘沙門堂

坂上田村麻呂が創建したと伝わる【達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂(別當達谷西光寺)】。
平泉の観光パンフレットに載っていて初めて知りました。
坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)は、平安時代の公卿、武官。名は田村麿とも書く。
姓は忌寸のち大忌寸、大宿禰。父は左京大夫・坂上苅田麻呂。官位は大納言正三位兼右近衛大将兵部卿。勲二等。贈従二位。
忠臣として名高く、桓武天皇に重用されて、軍事と造作を支えた一人であり、桓武朝では二度にわたり征夷大将軍を勤める。
蝦夷征討に功績を残し、薬子の変では大納言へ昇進して政変を鎮圧するなど活躍。
死後平安京の東に向かい、立ったまま柩に納めて埋葬され、軍神として信仰の対象となる。
坂上田村麻呂 - Wikipediaより)

達谷窟毘沙門堂(01)

寺務所で拝観料400円を納め、一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居とくぐります。
(ウェブサイトやパンフレットには300円と記載されてますが値上がりしています)

達谷窟毘沙門堂(02)

右側が達谷窟毘沙門堂、正面は弁(辨)天堂です。
弁天堂は蝦蟆ヶ池(がまがいけ)にぐるりと囲まれています。

達谷窟毘沙門堂(03)

延暦20年(801)、征夷大将軍であった坂上田村麻呂が、ここを拠点としていた悪路王を討伐した記念として建てたと伝えられています。
悪路王(あくろおう)は平安時代初期の蝦夷(えみし)の首長。文献によっては盗賊の首領や、鬼とされることもある。
しばしばアテルイと同一視されるが、ほかにも異称は多く存在し、それらのどこまでが同じ人物でどこまでが別人なのかは、史料によって異なる。また、伝承が残るのは主に岩手県や宮城県だが、奥羽山脈を越えた秋田県や北関東の栃木県、さらに蝦夷とは何の関係もない滋賀県にもゆかりの地とされる旧跡が存在する。
どの伝説においても、坂上田村麻呂ないし彼をモデルとした伝承上の人物・坂上田村丸利仁によって討たれるところは共通している。
悪路王 - Wikipediaより)

達谷窟毘沙門堂(04)

眞鏡山(しんきょうざん)の岩壁に収まった懸崖(けんがい)造りの毘沙門堂。岩窟にぴったりとあつらえるのは相当な技術を要するでしょうね!
平成17年(2005)、国の史跡に指定されています。

達谷窟毘沙門堂(05)

お堂からの眺め。

内陣の奥には、慶長20年に伊達家が寄進した厨子があり、左右に毘沙門天像が20躰ほど安置されています。
正直、まったく覚えてない。あまりまじまじと見るのは不敬かなぁと思って、チラ見しただけなんです…(^_^;

ご本尊は慈覚大師の作と伝わる秘仏・毘沙門天、吉祥天、善膩師(ぜんにし)童子。33年に一度、ご開扉(かいちょう)されるのですが…次回は2042年! い、生きてるかな(´▽`;)

※堂内は撮影禁止です

達谷窟毘沙門堂(06)

つぎはぎみたいな、五色の岩。

毘沙門堂は延暦20年(801)の創建以来、3度もの火災に遭っています。
現在のお堂は昭和36年(1961)に再建されたものです。

 ・延徳2年(1490年)、火災により焼失。直後に再建。
 ・天正年間の兵火により焼失。
 ・慶長20年(1615年)、伊達政宗により再建。
 ・昭和21年(1946年)、近隣火災により類焼。
 ・昭和36年(1961年)、再建。現在に至る。
 (達谷窟 - Wikipediaより)

達谷窟毘沙門堂(07)

お堂を出ると右側の巨岩壁に…

達谷窟毘沙門堂(08)

巨大な磨崖仏「岩面大佛」が刻まれています。顔だけで3m! 10mの坐像だったそうですが、体は19世紀末に崩落してしまったらしい。
大日如来あるいは阿弥陀如来といわれており、「北限の磨崖仏」として知られています。

礼堂(らいどう)にてお参りします。
(※一枚上の写真の、朱色の建物)

達谷窟毘沙門堂(09)

不動堂には平安時代造像の丈六不動明王像(県指定文化財)が祀られているそうです。

達谷窟毘沙門堂(10)

ウバユリの実が真っすぐ天に伸びている様が、まるでお不動様の剣のようです。

達谷窟毘沙門堂(11)

木もれ日が、ちょうど真ん丸に銅像を照らしていました。
ほんの5分ほどのことでした。

髑髏の錫杖?を持った、この方はどなたなのでしょうか。

達谷窟毘沙門堂(12)

金堂は平成8年に再建されたもの。桁行(けたゆき)五間、梁間(はりま)六間の大堂で、後世に技を伝えるため昔ながらの工法で建てられたそうです。

達谷窟毘沙門堂(13)

樹齢500年の大オッコウ(イチイ)。

達谷窟毘沙門堂(14)

鐘楼堂へは立ち入り禁止で近づくことすらできません。

達谷窟毘沙門堂(15)

石祠も、あちらこちらに。

達谷窟毘沙門堂(16)

白山池のわきの、小さな池に鮮やかな朱色の金魚?が一匹だけ、悠然と浮かんでいました。
弁天様のお使いかしらん。

達谷窟毘沙門堂(17)

池の周りは清浄な空気に包まれていました。


姫待瀧(ひめまちのたき)、姫待不動堂(県指定文化財)をスルーしてしまったので(駐車場が見当たらなかった)、次回は歩いて行ってみたい。





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2017年06月02日【陸中一宮 駒形神社
・2019年09月30日【平泉〜中尊寺を歩く
・2019年10月01日【平泉・毛越寺


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 岩手

2019年10月01日

平泉・毛越寺

昨日に引き続いて平泉、【天台宗 別格本山 毛越寺(もうつうじ)】へ。

毛越寺(01)

駐車場の料金表。キャンピングカーは、こういう時グレーな存在…。
この日は平日で空いていたこともあり、遠くの端っこに停めるということで普通車料金にしてくれました。

毛越寺(02)

こちらが入り口。拝観料は500円、有料ガイド(確か1,000円くらい)もあります。

毛越寺(03)

お茶屋さん。あとで行きま〜す♪

毛越寺(04)

お線香を供えようと思ったら、常香炉(じょうこうろ)の火(炭)が灰に埋もれて消えてた(´・ω・`)
どなたか分からないけど白い作務衣?を着た方に伝えたら、すぐ取り出してくれました。よかったー。
周りにいた参拝者も、続々とお線香をあげに集まってきました。みんな、見てたのね。

毛越寺(05)

浄土庭園の中央に位置する大泉が池は、東西約180m、南北約90mという大きさ。
池の周辺や中島には玉石が敷かれています。

昔は南大門前から中島南まで17間の反橋、金堂側から中島北まで10間の斜橋がかかっていたと伝えられています。

毛越寺(06)

萩の花が満開です。

毛越寺(07)

木のウロに入って写真を撮る輩がいるんだろうな…。

毛越寺(08)

開山堂の常香炉には蓋がしてありました。
開山した円仁(慈覚大師)さんにもお香をあげたかったな。
嘉祥3年(850)慈覚大師が東北巡遊の折、この地にさしかかると一面霧に覆われ、一歩も前に進めなくなりました。
ふと足元を見ると、地面に点々と白鹿の毛が落ちておりました。大師は不思議に思いその毛をたどると、前方に白鹿がうずくまっておりました。
大師が近づくと、白鹿は姿をかき消し、やがてどこからともなく一人の白髪の老人が現われ、この地に堂宇を建立して霊場にせよと告げました。
大師は、この老人こそ薬師如来の化身と感じ、一宇の堂を建立し、嘉祥寺(かしょうじ)と号しました。
これが毛越寺の起こりとされます。

毛越寺(09)

ユーモラスな鬼瓦。

毛越寺(10)

開山堂からの眺め。正面に大泉が池、その間には花菖蒲園。
この花菖蒲園は昭和28年(1953)に平泉町民の発案で植えたのが始まりで、翌年に明治神宮から100種100株を譲り受け、現在では300種3万株にまで数を増やしています。

毎年6月20日〜7月10日に【毛越寺あやめまつり】が開催され、期間中は「延年の舞」、茶会、写生大会などが行われます。

毛越寺(11)

嘉祥寺跡。『吾妻鏡』に記されている「嘉勝寺」に相当するとされています。

毛越寺(12)

毛越寺は藤原氏二代基衡(もとひら)から三代秀衡(ひでひら)の時代に多くの伽藍が造営され、往時には堂塔40、僧坊500を数え、中尊寺をしのぐほどの規模であったといわれています。

毛越寺(13)

金堂円隆寺跡。
毛越寺の中心伽藍で、ご本尊は雲慶作の丈六の薬師如来だったそう。

毛越寺(14)

跡地の片隅で、まるで根っこ同士が手を取り合っているようです。

毛越寺(15)

唯一の平安時代の遺構である、池に水を引き入れるために造られたといわれている遣水(やりみず)。
この遣水に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む平安時代の遊びを再現した「曲水(ごくすい)の宴」が毎年5月の第4日曜日に開催されています。
毛越寺 曲水の宴

毛越寺(16)

享保17年(1732)、仙台藩主 伊達吉村公の武運長久を願って再建された常行堂。
修法と堂の守護神・摩多羅神(またらじん)が祀られています。
地元では古くから作物の神様として信仰されており、祭礼の正月20日には「延年の舞」が奉納されます。

毛越寺(17)

鐘楼堂。
現在の鐘は人間国宝・香取正彦氏の作で(昭和50年)、天台座主 山田恵諦大僧正の銘が刻まれています。

毛越寺(18)

境内は「毛越寺境内 附 鎮守社跡」(もうつうじけいだい つけたり ちんじゅしゃあと)として国の特別史跡に、庭園は「毛越寺庭園」(もうつうじていえん)として特別名勝に指定されています。
平成23年(2011)6月26日、「平泉 - 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 -」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。
毛越寺 - Wikipediaより)

毛越寺(19)

浄土庭園とは、仏堂と苑池とが一体として配された庭園で、ここ毛越寺では北に塔山と呼ばれる小山を背景とした景観で表されています。

毛越寺(20)

モミジはまだ、色づきはじめ。真っ赤に染まる頃には庭園の美しさもひとしおなのでしょうね。

毛越寺(21)

出島と池中立石(ちちゅうたていし)の周りには、カモたちが寛いでいました。

毛越寺(22)

ひとしきり散策を終えたところで…お茶屋さんへ。
名物という蕎麦に惹かれたものの昼食後だったので、そば茶プリンと悩んで… 白玉ぜんざいにしました。
白玉は好きなんだけど、今日ばかりは「なぜ蕎麦だんごじゃないんだ」と(笑)
しかも「名物」と言う割りに、そば粉は北海道産と山形産のブレンドなんだそうな。

まぁ…お寺の敷地内にあるお茶屋さんなんだから、そんな贅沢は言えないか?
これで500円というのもお布施みたいなものかな。

食後は、隣接する宝物館(無料/撮影禁止)を見学。
平安期の仏像や書物、発掘された遺品の数々や調査資料などが展示されています。



人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2017年06月02日【陸中一宮 駒形神社
・2019年09月30日【平泉〜中尊寺を歩く


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 岩手

2019年09月30日

平泉〜中尊寺を歩く

今回は、いつも以上に写真が大量です!\(^o^)/

道の駅 平泉

道の駅【平泉】観光案内所で周辺案内パンフレットをいただき、中尊寺まで観光トレッキング♪
音声ガイドを500円でレンタルしています。レンタサイクルは、なくなってました。

時間や体力がない方は、平泉町巡回バス『るんるん』を利用するといいですよ。
「1日フリー乗車券」なら1日何回乗っても400円です!

平泉(01)

道の駅に隣接する、藤原清衡・基衡の屋敷跡と伝えられている【柳之御所遺跡】。
発掘調査により、「吾妻鏡」にも記述がある藤原氏三代秀衡代の平泉館(政庁)跡ではないかと想定されているらしい。

柳之御所遺跡 - Wikipedia

平泉(02)

ここだけでも、かなりの広さ。建物は復元されていませんが、礎石などが残っています。
こちらは、発掘された池に盛土をして復元した「園池」。

平泉(03)

汚物廃棄穴群。

柳之御所資料館は現在、閉館中。2021年リニューアルオープン予定です。
それまでは【岩手県立博物館】で柳之御所遺跡出土資料を公開中。

平泉(04)

田んぼや民家が並ぶ細い道を歩きながら「ホントにこれで合ってるのかな?」と不安になったものの、無事に中尊寺通りに出ました。

平泉(05)

公衆トイレもありました。

平泉(06)

酒屋さん? 顔出しパネルならぬ「顔出しのれん」が斬新!

平泉(07)

八百屋さんは菊池一族でした。とっても親切にしていただきました!(*´人`*)

平泉(08)

「伝説義経北行コース」というルートがあるらしい。
ここは【高館(たかだち)義経堂(ぎけいどう)】の前。

平泉(09)

拝観料(200円)を支払い、義経堂へ。

平泉(10)

束稲山と北上川を一望できる、素晴らしい眺め!
この束稲山では、毎年8月16日に【平泉大文字送り火】が行われます。

平泉大文字送り火 イベント ひらいずみナビ - 平泉観光協会

平泉(11)

小さな小さな資料館(無料)もあります。

平泉(12)

こちらが義経堂です。思ったよりも小さくて質素。
義経終焉の地… 感慨深いものがあります。

岩手県平泉町 高館義経堂 - 毛越寺

平泉(13)

次に目指したのは【卯の花清水】。

蛇足ですが、平泉で思い出すもののひとつに「奥の細道」で松尾芭蕉が詠んだ有名な句があります。
夏草や 兵(つはもの)どもが 夢のあと

それに続いて弟子の曽良が詠んだのが
卯の花に 兼房みゆる 白毛かな

恥ずかしながら、わたくし、ここに来るまで知りませんでした。
義経のために討ち死にした老将・兼房(かねふさ)を称えた歌だそうで、ここから「卯の花清水」と呼ばれるようになったのだとか。

平泉(14)

昭和の時代に水道に変わったそうですが、元栓が締められているのか、その水さえ出ていません。
湧水好きとしては、とっても残念。

平泉(15)

中尊寺表参道の入口前に立派な松がそびえ、その根本には五輪塔と石碑が。
武蔵坊弁慶の墓と伝えられています。

平泉(16)

中尊寺入り口。右側に観光案内所、左へ進むと駐車場(大型950円、マイクロバス800円、普通車400円、自動二輪50円)。

平泉(17)

境内案内図。広い!!!
(別の場所で撮ったものなので、「現在地」は無視してください)
中尊寺は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院。(略)寺伝では円仁の開山とされる。実質的な開基は藤原清衡。
奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有する。
境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。
2011年(平成23年)6月26日、「平泉 − 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 −」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。
中尊寺 - Wikipediaより)

平泉(18)

樹齢300〜400年といわれる杉並木参道を登って行きます。

平泉(19)

門というか関所? お茶屋さんやお土産屋さんが建ち並び、観光地っぽい。

平泉(20)

フジカラーで写そ♪って、いつのパネルだー!?

ここから境内を散策して行きますが、全てのお堂を紹介していると写真の数がもの凄くなるので(それでなくても今日は多い…)、失礼ながら抜粋させていただきますm(_ _)m

平泉(21)

弁慶堂。案内板によると、文政9年(1826)再建。
藤原時代、五方鎮守のため火伏の神として本尊 勝軍地蔵菩薩を祀り愛宕宮と称しました。
傍らに義経公と弁慶の木像を安置してあるらしい。

平泉(22)

彫刻が素晴らしい!.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

平泉(23)

地蔵堂。
数あるお堂それぞれに、お札や御朱印の授与所があります。全部いただいたら、すごい数に…。

平泉(24)

木の幹に画鋲を刺して平気な人の店には行く気になれない。

平泉(25)

薬師堂。

平泉(26)

本堂前の通り。

平泉(27)

本堂は明治42年(1909)の建築。

【公式】関山 中尊寺[岩手県平泉 天台宗東北大本山]

平泉(28)

不動堂。

平泉(29)

峯薬師堂。
目にご利益があるそうで、カエルの石造を撫でるといいそうな。

平泉(30)

大日堂にはトカゲ(ニホンカナヘビ?)の親子が住んでいました。写真には収まってないけど、子トカゲが3匹くらいいた♪

平泉(31)

かの有名な金色堂は、この中に保存されています。
拝観料 800円(宝物館 讃衝蔵と共通)。残念ながら撮影禁止です。

金色堂は天治元年(1124)に上棟された、堂の内外を金箔で彩られた「皆金色」の阿弥陀堂。
この建造物が千年以上も維持されていることに感銘を覚えます。

平泉(32)

さすが中尊寺。景観を損なわない配慮が細かい。
でも一瞬、目玉親父かと思った。

平泉(33)

金色堂旧覆堂(重要文化財)
1962年に金色堂の解体修理工事が始まるまでの約500年間、金色堂を風雨から守ってきたお堂。

平泉(34)

この中に金色堂が収まっていたのかと、意外と小さくて驚きます。
建築年代は室町時代中頃と推定されています。

平泉(35)

なぜか、釈迦堂だけ至る所に石積みが。

平泉(36)

天然記念物、モミの巨木。推定樹齢400年!

平泉(37)

白山神社能舞台(重要文化財)
嘉永6年(1853)に仙台藩によって再建されました。近世の能舞台遺構としては東日本唯一のものとされ、日本の芸能史上貴重な遺構となっています。

平泉(38)

アシナガバチ? 土バチ? 砂を唾液で丸めて団子にして持って行った!

平泉(39)

能舞台、西物見でUターン。
先ほどは通らなかった釈迦堂への坂道を見ると、木の根が階段のようになっていて思わず目を奪われた。
この根を踏みながら歩くのは躊躇するなぁ。

平泉(40)

紫陽花の花殻が美しい。

平泉(41)

帰り道、東物見からの眺め。

平泉(42)

駐車場まで戻ってきました。

平泉(43)

お腹が大きなカマキリ発見。どのあたりに卵を産むのかな。
(カマキリのタマゴの位置で、その季節の積雪量がわかるといいます)

平泉文化遺産センター(1)

こちらは翌日に見学したのですが、ガイダンス施設【平泉文化遺産センター】を通過。
残念ながら展示物の撮影禁止。

平泉文化遺産センター(2)

中尊寺ハス
別名「泰衡蓮」。昭和25年(1950)の金色堂発掘調査の際、四代泰衡の首桶から約100粒の蓮の種が見つかりました。
当時、蓮の権威として知られた大賀一郎博士にその種の一部が託され、大賀博士の門弟によって発芽、開花に成功。ハスは「中尊寺ハス」と命名され、中尊寺の池に植えられました。

毎年7月中旬〜8月中旬に開花するそうです。見てみたいな〜。

平泉(44)

この日は汗ばむ陽気だったので、平泉文化遺産センターからすぐの【悠久の湯】で日帰り入浴♪ 500円なのも嬉しい(*´▽`*)

近くの【平泉温泉元湯 ホテル武蔵坊】には無料の足湯もあります。

平泉駅

平泉駅前を通る頃には日が暮れてきました。
道の駅を出発したのがお昼近く。入浴も入れて約6時間の行程。

金鶏山も熊野三社も舞鶴が池も白山妙理堂も見てない。
平泉、広すぎるー!
(毛越寺は明日のブログ記事で♪)

平泉の地ビール

道の駅で見つけた地ビール! デザインも可愛い♪
何となく「赤」が一番好みなんじゃないかと思ったんだけど(琥珀ヱビスとかハーフ&ハーフが好きだから)、違った。香りが好みじゃなかった(´・ω・`)
どちらかというと、自分の期待したものは「黒」に近かった。
でもふつーに、一番「金」が美味しかった。

いわて蔵ビール – クラフトビール | 世嬉の一酒造(せきのいち)

道の駅には「どぶろくアイスクリーム」「和からしソフトクリーム」「ずんだソフトクリーム」などもありますよー。


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2017年06月02日【陸中一宮 駒形神社

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 岩手