2017年06月10日

八幡平・大沼トレッキング

八幡平アスピーテラインを行ったり来たり3日間(笑)

八幡平・源太岩展望所 源太カレー

写真:左=源太岩展望所
写真:右=見返峠のレストハウスで食べた源太カレー

八幡平・熊沼(1) 八幡平・熊沼(2)

写真:左=八幡平アスピーテラインから岩手山を望む
写真:右=熊沼

雪が残っているところでスキーをしてる人がいました!!
(スキー板を担いで歩いてた)
そんなに広い範囲じゃないのに、しかもガチガチなのに、大丈夫なんですかー!?

※ここまで↑6/6、ここから↓6/9に訪れました

八幡平ビジターセンター 八幡平大沼茶屋湖

写真:左=八幡平ビジターセンター
写真:右=八幡平大沼茶屋湖、営業してた!

八幡平・大沼(01) 八幡平・大沼(02)

写真:左=さぁ、ご一緒に大沼トレッキングへ参りましょう♪
写真:右=コバイケイソウが、ニョキニョキ森のように茂っています。まだ花芽もない。

八幡平・大沼(03) 八幡平・大沼(04)

湿原にはワタスゲの綿毛がたくさん風に揺れていました。

八幡平・大沼(05) 八幡平・大沼(06)

写真:左=コヨウラクツツジ
写真:右=あなたはだぁれ?

八幡平・大沼(07) 八幡平・大沼(08)

写真:左=針葉樹も今が新芽の時期なのです♪
ゴヨウマツの松ぼっくりはカサにトゲがなくて丸みがあって可愛いのです。

写真:右=早くもトンボが飛んでいました!

八幡平・大沼(09) 八幡平・大沼(10)

写真:左=ミツバオウレンは、盛りを過ぎていました。
写真:右=ショウジョウバカマはだいぶ咲いてはいましたが、まだこれから。

八幡平・大沼(11) 八幡平・大沼(12)

写真:左=レンゲツツジも蕾がた〜っくさん!
写真:右=水芭蕉の葉陰に隠れているのは春リンドウ。阿蘇では草原に咲いているので、湿地で育つとは思わなかった。

八幡平・大沼(13) 八幡平・大沼(14)

写真:左=イワカガミも、ほとんどが蕾でした。
写真:右=小さなクロモジの花は、葉っぱの下に隠れんぼ。

八幡平・大沼(15) 八幡平・大沼(16)

写真:左=いつしか木道は大沼を右手に眺めながら林の中へ。
写真:右=ムシカリも花の時季は過ぎていました。

八幡平・大沼(17) 八幡平・大沼(18)

ミツガシワの群生。

八幡平・大沼(19) 八幡平・大沼(20)

写真:左=ハクサンチドリも、まだまだこれから。
写真:右=ちらりほらりとコバイケイソウが咲いているのを見つけました。こちらは、まだ蕾と言っていいくらい。

大沼も、花のピークは今月下旬かなぁ。

絵手紙

*おまけ*
大沼のほとりで絵手紙を描いている女性がいらして、記念にと1枚いただきました。
なんと熊本・植木に絵手紙友達がいるそうです!
ひょっとしたら、友達経由で繋がってたりしてね〜(笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)



*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪











posted by しう@SOTO at 15:38 | TrackBack(0) | 秋田

2017年06月09日

不動の滝と桜松神社

※6/6に訪れました

国道282号線沿いに大鳥居がドーン!と見えるので、入り口を間違うことはないと思われます。それをくぐって線路をまたぎ東北自動車道を越えて行きます。約4kmくらいです。

桜松公園(案内図) 桜松公園(1)

写真:左=桜松公園案内図。肝心の、滝までの地図(散策路)が載ってない。
写真:右=こちらが遊歩道入口。

毎年5月3日に行われる例大祭「不動の滝まつり」あたりに、ちょうど桜の見頃を迎えるそうです。
レストハウス「滝乃茶屋」は、この日は営業していないようでした。

桜松公園(不動の滝案内板) 桜松公園(鳥居)

不動の滝一帯は、かつて修験道であったと云われています。
鳥居の脇には、お不動様の剣が。

桜松公園(鳥居群) 桜松公園(杉木立)

写真:左=比較的、真新しい狛犬や鳥居が奉納されていて、信仰の深さが偲ばれます。
写真:右=樹齢200年を越える杉や松が生い茂る参道。

桜松公園(夫婦杉+1) 桜松公園(桜松神社)

写真:左=勝手に命名、夫婦杉+子ども杉♪
写真:右=その昔、松の木に桜の花が咲いたのを見て村人が驚き、吉兆として崇めたという言い伝えがある桜松神社。

残念ながら、その松がどれだとか子孫があるとか、そういった名残りは明記されていませんでした。

桜松公園(狛犬) 桜松公園(山門)

写真:左=桜松神社を守る狛犬さま。雄々しい!
写真:右=桜松神社から、さらに滝の方へ。古めかしい山門をくぐります。

ちなみに歩いたのは15:30〜16:10ほど。かなりゆっくりだったので、ささっと歩けばおそらく往復20分足らずの道のりです。
写真では明るく写っていますが、快晴だったにも関わらず陽の光が樹木に遮られ、あたりは薄暗かったです。
散策するなら15時までがおススメです。

桜松公園(参道) 桜松公園(縁結びの木)

写真:左=参道沿いには数々の灯籠や狛犬が。
写真:右=「縁結びの木」。根元でくっついているのはよく見るけど、空中でくっついているとは!!!

桜松公園(不動堂) 桜松公園(磐座)

写真:左=岸壁に埋め込まれるように建立されている不動堂。近寄り難い雰囲気。
写真:右=見上げると、岸壁の凹みに蛇神様が祀られていました。

桜松公園(磐座) 桜松公園(不動の滝)

写真:左=滝に近い方の岸壁の洞にも紙垂(しで)が掛けられていました。
写真:右=日本の滝百選にも選定されている、不動の滝についに到着。

桜松公園(不動の滝) 桜松公園(橋)

写真:左=不動の滝は落差15m。何段もあり表情ゆたかです。
写真:右=橋の方へ降りて行きます。

桜松公園(不動の滝) 桜松公園(不動の滝)

橋から見ると、その表情がいっそう際立ちますね。滝の上部はドー!っと勇壮で、滝壺からは優美な流れが何段にも連なる。厳しさの中に優しさを秘めた不動明王にぴったりです。

不動の滝の中腹には、不動明王が彫られていると云います。
確かめるべくもないですが、ある/なしではない、心の目で視よ、と諭されそうです。

不動明王 - Wikipedia

桜松公園(植物) 桜松公園(植物)

様々な植物も目を楽しませてくれて、森林浴としても最適です。
きっと真夏でも涼しいでしょうから、避暑に訪れてみてください。

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用




*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:51 | TrackBack(0) | 岩手

2017年06月08日

八幡平・御在所湿原

※6/6に訪れました

朝5時くらいには起きているおとーさん。わたしが起きて来るまで、地図やカーナビで行きたい場所を探して、インプットしています。
そこで「花の園地」というのを見つけていたのです。
はて、八幡平にそんなのあったかな?と思いながらアスピーテラインを走っていると・・・

あっ! ここか! 御在所沼遊歩道!

御在所湿原(01) 御在所湿原(02)

【御在所沼・赤沼】への遊歩道は何年か前にも来たことがあったので、今はなきユースホステル側は階段だしぬかるんでいた覚えがあり、おとーさんにはとてもじゃないけど歩けないと判断して、反対側(写真の地図でいう右側)から歩くことに。

実はわたしもこちら側から歩くのは初めてなんですが、前回こっちの方が歩きやすいよと教えてもらっていたのです。

写真:右=鈴がかけてあり、リンリンと可愛らしい音を鳴らします♪

御在所湿原(03) 御在所湿原(04)

駐車場から、はじめだけは坂道を登りましたが、あとは緩やかな木道が続いているので断然歩きやすいです。
レンゲツツジが満開を迎えていました!

御在所湿原(05) 御在所湿原(06)

写真:左=左はエンレイソウ(もう種ができはじめてる)、右は梨かな?
写真:右=木立の中を歩いているうちはいいのですが、開けると日差しが強くて眩しい!

御在所湿原(07) 御在所湿原(08)

写真:左=おぉぉ〜〜〜!姫石楠花ちゃん!(*´Д`*)
写真:右=湿地には大小様々な沼が点在しています。向こうに見えるのは岩手山。

このあたりで、おとーさんギブアップ(;つД`)
ベンチがないし、木道(地べた)に座るのも大変なら起き上がるのも大変なんです。
簡単に折り畳めて軽い素材の椅子があればなぁ。

距離的にはあと少しなので、おとーさんを残して沼まで急ぎます。

御在所湿原(09) 御在所湿原(10)

写真:左=ホントに、あと数十メートル、ってとこで御在所沼に到着。ここまで来れば東屋もあります。
写真:右=マイヅルソウの群落!

御在所湿原(11) 御在所湿原(12)

写真:左=アカモノかな?
写真:右=赤沼からすぐUターン。帰りは岩手山が常に見えています。

御在所湿原(13) 御在所湿原(14)

まっすぐに延びる木道と、ワタスゲの群生。今はどこもワタスゲが見頃ですね。


撮影:Nikon COOLPIX P900



*関連する過去ブログ記事*
・2012年11月22日【東北道のSAめぐり
・2012年11月23日【続・東北道のSAめぐり
・2013年10月15日【八幡平アスピーテライン】(御在所〜大沼)
・2013年10月18日【八幡平アスピーテラインふたたび】(焼走り溶岩流)
・2013年10月19日【蒸けの湯・後生掛・大沼・玉川温泉 自然研究路
・2015年06月25日【八幡平国立公園の湿原・大場谷地園
・2015年06月30日【思い出の田代平湿原
・2017年06月06日【八幡平神社と八幡平山トレッキング
・2017年06月07日【八幡平・大場谷地

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 21:18 | TrackBack(0) | 岩手