2018年07月03日

海藻押し花体験とウニ穫り体験

いよいよ、利尻島シリーズもラストになりました。お天気に恵まれない日が続きましたが、こんな時こそ「体験」ですよ!

島の駅(01) 島の駅(02)

沓形の町なかにある【利尻・島の駅 海藻の里】。喫茶店 兼、お食事処 兼、お土産屋さん 兼、ギャラリー。元々は海産問屋【兼上渡辺商店】で、築120年以上!
こちらで『海藻押し花クラフト体験』ができます♪

島の駅(03) 島の駅(04)

利尻島で採れた海藻や花を押し花にしたセットを使用します。しおり(2枚)、キーホルダー、葉書の中から作りたいものを選びます。わたしは葉書にしました!

押し花セットは、葉書でも3枚分くらいと思いながら作るといいですよとアドバイスを受けました。あまり何枚も(花などを)重ねると分厚くなって接着が弱くなるので、そのあたりも考慮しながら構図を考えます。

島の駅(05) 島の駅(06)

こんなんできました〜(*´▽`*) ちょっと秋っぽくなったなぁ(笑)
利尻山と雲と手前の流木?は昆布、あとは押し花の花びらをバラしました。昆布には最初から穴が空いてるので、アイデア次第で色んな使い道があると思います。

体験は1ドリンク付き1,100円です(中学生以下は700円)。所要時間は人によりますが、15〜30分くらい。

島の駅(07) 島の駅(08)

母屋の『渡辺商店タイムスリップぎゃらりー』を過ぎて外へ出て、店舗の裏手にある石蔵は『石蔵ぎゃらりー 海…エメラルド』。

島の駅(09) 島の駅(10)

『海…エメラルド』の作者、原子 修 氏の作品。

島の駅(11) 島の駅(12)

写真:左=押し花作家 たけだりょう氏の作品。いくつかポストカードとして販売されています。
写真:右=油絵の作家は…漁師さん!?

島の駅(13) 島の駅(14)

写真:左=版画家 松見八百蔵氏による包装紙の数々。
写真:右=「ネジを巻いて、オルゴールを聴きながらお楽しみください」

利尻島に芸術的なイメージはまったくなかったんだけど、豊かな自然と芸術は切っても切れない「あたりまえ」の現象なのかも知れないなぁ、と感じました。


神居海岸パーク(1) 神居海岸パーク(2)

ところ変わりまして神居海岸パーク。沓形から仙法志方面へ、利尻島を反時計回りに約3kmです。
はじめて訪れた時には駐車場と施設が離れていたから何が何だか分からなくて、スルーしてしまいました。こちらには小さな物産館と軽食、そして『ウニ穫り体験』ができるのです!

神居海岸パーク(3) ウニ穫り体験(1)

写真:左=軽食コーナーでは、ホッケのすり身汁やホタテ貝汁、昆布塩やきそば、たこカツカレー、うにぎり(ウニ入りおにぎり)などなどが味わえます。

写真:右=『ウニ穫り体験』は、こちらの船から。さー、がんばるぞ!

ウニ穫り体験(2) ウニ穫り体験(3)

写真:左=実際にウニ漁師さんが使用しているのと同じ道具を使います。ちなみに、利尻島内のホームセンターなどで買えます(笑)

写真:右=神居海岸パーク内で「いけす」っぽくなっているのですが、ヘタなせいか、なかなか見つけられず…やっと見つけた!!!

ウニ穫り体験(4) ウニ穫り体験(5)

インストラクターさんにカメラを托し、せっせと狙ったウニをタモ網で掬おうとするものの…なかなか穫れない!
ウニには、あのトゲトゲ以外にも触手のようなものがあって、岩にへばりついているのです。それが外れた!と思ったら、今度は網を避けるように逃げて行く〜〜〜(T△T)

一回つっついたらウニが傷ついたり弱ってしまうので、できれば狙った獲物は諦めず穫ってほしいと最初に言われていたのですが、コロコロ逃げちゃうのでインストラクターさんも「いいんですよ、別のに変えても…(^o^;」と優しいお言葉。しかーし!「いいえ! これを穫りますっ!」と粘って、やっと「穫ったど−−−!!!\(^o^)/」

ウニ穫り体験(6) ウニ穫り体験(7)

写真:左=箱眼鏡で見ても大きさがイマイチ分からなかったけど、けっこう立派でした!

写真:右=『ウニ割り器』の使い方を教わりつつ、まだ動いている(当たり前)ウニさんに「クチ」の反対側から一刀入魂(>人<;)
仙法志で漁師さんがウニを小刀で割ってるのを見た後だったので、この『ウニ割り器』の便利さに驚きました。すごい簡単にパカッと割れた!

ウニ穫り体験(8) ウニ穫り体験(9)

写真:左=スプーンで、ウニの丸みに合わせて優しく身を外します。海水に浸して、食べた昆布や内蔵を綺麗に取り除いたら完成です!(水道水でやると身がとけてしまうそうで、ここの水道は海水を引いてあります)

写真:右=オプションで軍艦巻き100円をオーダー! ウニ1個で、軍艦に乗り切れないほど身が詰まっていました(≧∇≦)

ムラサキウニですが、この天然生け簀で育っているためか雑味もなく、フンワリ甘くてトロける美味しさでした(*´Д`*) 利尻昆布醤油も美味しさアップ。
これで1,000円は絶対におトク! 比べちゃいけないけど利尻島の【うに剥き体験センター】はウニを剥いて食べるだけで1個800円ですから。「穫る」体験はした方が面白いし、いい想い出になること間違いないと思います♪

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*利尻島に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報
・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館
・2018年06月19日【利尻島内のキャンプ場情報
・2018年06月20日【姫沼展望台〜姫沼一周
・2018年06月21日【オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原
・2018年06月22日【仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧
・2018年06月23日【厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり
・2018年06月24日【野塚展望台と野鳥のみなさん
・2018年06月25日【富士野園地と夕日ヶ丘展望台
・2018年06月26日【大ポン山・小ポン山トレッキング
・2018年06月27日【沓形港〜沓形岬公園〜見返台園地
・2018年06月28日【雄忠志内川上流(たぶんヤムナイ沢)の万年雪
・2018年06月29日【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
・2018年06月30日【利尻島・地元の方との交流
・2018年07月01日【利尻島のお祭り(後編)まとめて
・2018年07月02日【利尻富士町カルチャーセンター&りっぷ館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:体験 利尻島
posted by しう@SOTO at 16:25 | TrackBack(0) | 北海道

2018年07月02日

利尻富士町カルチャーセンター&りっぷ館

曇天が続いた6月の利尻島、滞在終盤になって【利尻富士町カルチャーセンター(美術館)】と【りっぷ館】へ行ってきました。入館料は共通で300円です。

りっぷ館(01) りっぷ館(02)

ひっそりと佇んでいるうえに入り口が解りづらい! 訪れる観光客は少ないようで、このときはわたし1人しか見学人がいませんでした。

【利尻富士温泉】に隣接していて、道向かいは【キャンプ場ゆ〜に】、周辺は散策路と【高山植物園】に囲まれているので近くまで来ている人は多いはず。

※美術館の方は撮影禁止なので、割愛します。

りっぷ館(03) りっぷ館(04)

写真:左=渡り廊下?で繋がっている【りっぷ館】へ。
写真:右=利尻島のジオラマに、主な観光スポットなどがピン表示されているので、とっても分かりやすい。

りっぷ館(05) りっぷ館(06)

写真:左=ビデオは自分で操作して観られます(笑)利尻&礼文島の紹介、利尻島の紹介、礼文島の紹介と3つのビデオ(各10分程度)があります。これを最初に見ていれば予習はバッチリだったな〜。

写真:右=館内には縄文時代から近世までの史料が処狭しと展示されています。

りっぷ館(07) りっぷ館(08)

古い写真を見るのは興味深いです。さらに、昭和20〜40年代くらいの雑誌の記事もたくさん掲示されていました。

りっぷ館(09) りっぷ館(10)

写真:左=様々な縄文土器。補修の後が遺っているものも。
写真:右=2009年に発掘された旧役場跡地の遺跡(利尻富士町役場遺跡)。縄文時代から現代まで、歴史は連綿と続いているんだなぁと感じさせられます。

お子様向けの発掘体験コーナーなどもあるので、雨天の時間つぶしにはちょうどいいと思います(^x^ゞ

修景池(1) 修景池(2)

*おまけ*
写真:左=りっぷ館や利尻富士温泉から坂を下りること徒歩3分ほど、利尻山神社の手前にある修景池。
写真:右=モネの庭…っぽくはないか(笑)

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*利尻島に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報
・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館
・2018年06月19日【利尻島内のキャンプ場情報
・2018年06月20日【姫沼展望台〜姫沼一周
・2018年06月21日【オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原
・2018年06月22日【仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧
・2018年06月23日【厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり
・2018年06月24日【野塚展望台と野鳥のみなさん
・2018年06月25日【富士野園地と夕日ヶ丘展望台
・2018年06月26日【大ポン山・小ポン山トレッキング
・2018年06月27日【沓形港〜沓形岬公園〜見返台園地
・2018年06月28日【雄忠志内川上流(たぶんヤムナイ沢)の万年雪
・2018年06月29日【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
・2018年06月30日【利尻島・地元の方との交流
・2018年07月01日【利尻島のお祭り(後編)まとめて

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 21:25 | TrackBack(0) | 北海道

2018年07月01日

利尻島のお祭り(後編)まとめて

利尻編が終わらないなか、昨日(これを書いているのは7/9)、利尻島のキャンプ場で知り合ったAさんと然別湖でバッタリ再会!(o’∀’)爻(‘∀’o)
お互いの近況など話し込んで、午前様に…m(_ _;)m
あと3回くらいで終わる予定です。

利尻島お祭りリレー
(1日目は『宵宮』、2日目は『本祭』、3日目は『後祭』で、2日目がメイン)

・仙法志(6月20日〜22日)【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
・沓形(6月24日〜26日)
・鬼脇(6月27日〜29日)
・鴛泊(6月30日〜7月2日)

ちょうど沓形でのお祭り前日、例の座骨神経痛で動けなくなってしまったため諦めていたのですが、病院で注射+お薬処方してもらって、少しなら歩けるまで回復。
実はAさんと2度目の再会をしたのが沓形での本祭り日(6/25)で、わたしの歩調に合わせて一緒に歩いてくれたのです。
ちょこっとしか見れなかったけど、そんな経緯もあって有り難かったです(*´人`*)

沓形のお祭り(1) 沓形のお祭り(2)

写真:左=恵比寿様、豊漁を宜しくお願いします♪
沓形のお祭りも奴さんとかいろいろなお練りがあって、規模が大きかったんだと思います。

写真:右=Aさん「子どもじゃないのにいいの!?」「わたしも仙法志で噛んでもらったんですよ(^^)」ってことで♪ 無病息災(´ω`*)

北見冨士神社 北見冨士神社(御朱印)

沓形の北見冨士神社は、利尻島で唯一、宮司さん在所の神社です。島内の神社の祭祀はすべて掛け持ち。この利尻島お祭りリレーも、その宮司さんがすべて廻られます!
利尻島に来て3日目(6/18)に北見冨士神社へ参拝して、はじめて知りました。

お祭りリレー直前でバタバタしているところ、とってもユニークなイラスト入りの御朱印を書いてくださいました!
ネットで見たのを思い出して「ここだったのか!」って(相変わらずのトリ頭)

ネットで見た時は「こんな客寄せみたいな、おもしろ半分の御朱印やだなぁ」なんて思ったけど、少しでも興味を持って北見冨士神社へ参拝してもらいたいという宮司さんの思いが籠められているのだと思ったら、急に愛おしくなってしまいました(ゲンキン!!!)

しかも縁結びのお守りと飴ちゃんもセットでした(初穂料500円)。一般的に御朱印は300円、お守りは安くても500円ですから破格です!
丁寧に描かれるので時間がかかりますが、利尻富士登山の安全祈願に、縁結び祈願に是非♪

鬼脇のお祭り(1) 鬼脇のお祭り(2)

さて、お次は鬼脇地区(北見神社)のお祭りです。まだ足腰に不安はあったけどカメラ片手に神社前でスタンバイしていたら、神社の方?が「クルマで来てるなら、すぐオタトマリ沼に行くから先に行ってな」と、駐車場所まで指定してくれて、その通りに停めたらベストポジションだった(笑)
エレちゃんも仲間入り〜( ´艸`)

そしてまた町なかに戻って、今度は港へ。ちょっと離れている場所は神輿もクルマ移動するので教えていただいて助かりました。

鬼脇のお祭り(3) 鬼脇のお祭り(4)

写真:左=むか〜し昔、まだ7歳くらいだった頃に藤崎宮(熊本)のお祭りで、獅子舞が怖くておとーさんの背中に隠れたのを思い出します。そのあと「獅子舞に噛まれると縁起がいいのに」と言われ、ずっと後悔したものです。

写真:右=さすがに歩くのが辛くなって、もう帰ろうと思うたびに「振る舞いは誰でももらっていいんだよ」ってお菓子とかいただいたり、遠慮してたらわざわざ持って来てくれたり、帰ろうとするたびに「あそこに行けば○○が食べられるよ」と誘われ(食べ物に釣られる/笑)
もう無理!って思ったら今度は「次はちょっと遠いから、一緒にクルマに乗っていきな」ってトラックに乗せていただいたりして、何だかんだで最後まで同行してしまった…。

子ども神輿の皆さん(野球のユニフォーム)は、接待の都度、ダンスを披露していました! トータル10回くらい踊ったんじゃないだろうか? コーチっぽい男性もノリノリで声援を送りながら踊っていて、元気いっぱいでした!\(^o^)/

鬼脇のお祭り(5) 鬼脇のお祭り(6)

最後、北見神社へ戻るまでに神輿を後ろに引っ張る役目の人がいて、帰ろかな〜帰るのよそうかな〜攻防が(笑)
休憩の後に「最後の攻防!」と思いきや、引き止めるはずの紐がなくなっててスンナリ鳥居の中へ…。担ぎ手さんが怒ってました(^o^;

最後に餅撒きがあって、わたしも紅白あわせて5つゲットしました〜ヾ(*´▽`*)ノ

利尻山神社 鴛泊のお祭り

さぁ、ラストは鴛泊、利尻山神社のお祭りです。
利尻山神社へは真っ先に参拝したのですが、その時にはノボリなどがなかったので見違えました(*´Д`*)

あいにくの小雨+強風だったので寒いし担ぎ手さんたちも大変だったと思います。意を決して見に行ったけど、そりゃもうガクブルでした…(;つД`)1時間くらいでリタイヤ。すみません…。

稚内から礼文島に渡って、利尻島に渡って、フェリーの往復割引が2週間以内しか適応されないからそれまでには稚内に戻る算段だったのですが、この祭りリレーを知ってしまって(笑)結局は最後まで見る事になりました。
ちょっとだけ島民気分を味わえたような気がして、嬉し楽しいお祭り期間でした(´ω`*)

撮影:Nikon COOLPIX P900


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*利尻島に関連する過去ブログ記事*
・2018年06月16日【ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
・2018年06月17日【利尻島内の日帰り入浴情報
・2018年06月18日【利尻町立博物館と利尻島郷土資料館
・2018年06月19日【利尻島内のキャンプ場情報
・2018年06月20日【姫沼展望台〜姫沼一周
・2018年06月21日【オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原
・2018年06月22日【仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧
・2018年06月23日【厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり
・2018年06月24日【野塚展望台と野鳥のみなさん
・2018年06月25日【富士野園地と夕日ヶ丘展望台
・2018年06月26日【大ポン山・小ポン山トレッキング
・2018年06月27日【沓形港〜沓形岬公園〜見返台園地
・2018年06月28日【雄忠志内川上流(たぶんヤムナイ沢)の万年雪
・2018年06月29日【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
・2018年06月30日【利尻島・地元の方との交流

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 北海道