2018年11月05日

埼玉のキャンパー仲間さんとプチオフ

東京に住んでいた頃からの付き合いの友人と道の駅【いちごの里よしみ】で待ち合わせ、久しぶりの談笑に花が咲きました(*´▽`*)

いちごカレーうどん

ランチに道の駅【いちごの里よしみ】の『いちごカレーうどん』(770円)を。友人は「えぇ、それ食べるの?」と引いてたけど(笑)これも使命、お仕事の一環です!(?)

吉見産イチゴを100%使用した『いちごソース』が上にかけられているのですが、溶け込んでしまって見えづらいですね(^_^;。
うどん麺は、道の駅内の工房で作られているので「打ち立て」らしい。地粉うどんは塩水でこねるという変わった手法だそうですが、カレーには合わない気がしました(^_^;
カマボコの苺部分も苺味がするわけではなく、どうやら着色料で染めてるだけ。そしてもちろん『いちごソース』の味もカレーに負けてた。

うなぎ川昌(外観)

夜はキャンパー仲間KさんファミリーとRさんと合流、うなぎ料理専門店【川昌】本店へ。外壁の改修工事中でした。

埼玉県吉川市は江戸川と中川に囲まれているため、約400年の昔から川魚料理の伝統があり「吉川に来て、なまず、うなぎ食わずなかれ」の言葉どおり、今でも割烹・料亭が数多く、伝統の味を伝えています。

なまず料理が食べられるお店 - 吉川市公式ホームページ

うなぎ川昌(神棚)

見上げれば神棚と天狗さん。
古民家を改装した古風な雰囲気ながら、テーブルと椅子というモダンさが大正ロマンっぽい。

うなぎ川昌(うなさし)

うなぎのお刺身!(なんと登録商標)
タレはポン酢、わさび醤油、胡麻油の3種類。わたしはポン酢が好みでした(´ω`*)

皮の湯引きがコリコリしてて美味しい! これだけ注文したい(笑)

うなぎ川昌(うなぎの薫製)

うなぎの燻製生ハム仕立て。ふわっと薫製の香りがして、独特の歯ごたえがあります。
美味しかったので追加注文したら、プチトマトが赤から黄色に変わった! ちょっとしたことだけど、目も楽しめます(´ω`*)
白いのはモッツァレラチーズです。

うなぎ川昌(どぜう唐揚げ)

どぜう(どじょう)の唐揚げ、苦味がまたいい。お酒に合います(笑)

うなぎ川昌(金のうな丼)

話題の『金のうな丼』!\(^o^)/
プリンのようなプルっとした卵の下に、ふわっふわの蒲焼とタレが染み込んだご飯が〜.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

うなぎ川昌(日本酒)

日本酒、メニューに載ってないものがありました♪
『メガネ専用』(笑)、これ長野の【はしば】で初めて見てウケました( ´艸`)

うなぎ川昌(日本酒)

誉國光と、墨廼江もいただきました♪

うなぎ川昌(お料理)

どれもみんな美味しかった♪
ほうじ茶アイスクリームも、ほうじ茶の味が濃くて美味しかったな〜(´ω`*)

こまい

続きましてKさん宅で二次会♪
氷下魚(こまい)をガンガン叩いて、キャンプ用バーナーで炙っていただきました!(≧∇≦)

K家の隠し酒までいただき((≧∇≦))遅い時間まで付き合っていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

吉川温泉ゆあみ(1)

温泉にも連れて行っていただきました。まず【よしかわ天然温泉ゆあみ】。「ようこそ日本一の智光薬湯へ」という看板が!
智光薬湯の原点は株式会社霜鳥研究所が80年前に“糾励根”を湿布薬として開発したことに始まります。
その糾励根の湿布後の布を風呂に入れた事から発想され、入浴専用として研究開発されたのが“智光薬湯”です。

今までにも薬湯に入ったことはありますが、ここの薬湯はすごい効き目ですぐにピリピリ…。長湯は禁物です。ちょっと湯中りしてしまいました A´▽`;)

占いコーナーの中に、オーラを撮影してくれるというのがあった! ちょっと気になる(笑)

吉川温泉ゆあみ(なまずカレー)

食堂に『なまずカレー』があったので、迷わずオーダー!(笑)
なまずは白身で淡白、臭みもまったくなくて、あっさりさっぱりしていました。

しかし大衆演劇が催されているのはいいけど、食堂とカーテン1枚で隔てられてるだけなので、うるさくて会話できなかった。大衆「演劇」というより歌謡ショーというか、音楽もアップテンポのものが多くて、ファンのかけ声など盛り上がってるのは分かりますが… 別棟にするとか、もうちょっと考慮してほしい…。

ゆけむり横丁(外観)

続いて【野天湯元 湯快爽快 ゆけむり横丁(みさと店)】。
地下1300mから湧き出る温泉はナトリウム-塩化物強塩温泉、源泉掛け流し。殺菌浄化装置MIOXを導入しているのがウリです。

ゆけむり横丁(内観)

昭和ムードに包まれた店内には、足湯もあります。お食事もしたのですが写真を撮らずに黙々と食べてしまいました(笑)

Kさんご夫妻には平日まで付き合っていただいて、本当にありがとうございましたm(_ _)m


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月07日【道の駅 川口・あんぎょう で待ち合わせ
・2015年11月09日【埼玉のキャンパー仲間さんと再会・あちこちお出かけ
・2017年11月04日【うなぎ創作 鰻樹で初・鰻のお刺身!
・2017年11月06日【キャンパー仲間さんとの3日間ダイジェスト


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 埼玉

2018年11月02日

宝登山神社 奥宮に参拝

昨年からの宿題、宝登山神社 奥宮へ参拝してきました〜♪

道の駅 大滝温泉からの眺め

前日、停泊した道の駅【大滝温泉】からの眺め。渓流と紅葉って、いいですね(´ω`*)

宝登山(01)

宝登山神社については、昨年のブログ【秩父三社の一社・宝登山神社(2017年11月03日)】をご覧くださいm(_ _)m

ガーデンハウス有隣

まずは【ガーデンハウス有隣】でランチ。団体客が入っていたので一般客は11:30から、とのことでしたが…待てども待てども案内されず。わたしより前から待っていた人は、しびれを切らして諦めました。足が悪い方は表で座って待っていたのですが、従業員の対応がボヤっとしてるな〜という印象。やっと入店して、注文の品が出てきたのは12:45。思わぬタイムロス…。

ガーデンハウス有隣(きのこ蕎麦)

秩父産きのこを使用した、きのこ蕎麦(980円)。つけ汁はひらたけ、しいたけ、舞茸。なんとなくダシとヒラタケが合ってない気がしました。蕎麦は一口目に酸味を感じたんだけど、何だったんだろう?
左上の付け合わせ、お肉のような大豆の煮物は濃い味でご飯のお供によさそう。お漬け物はかなり塩っぱかった。

宝登山(02)

腹ごしらえも済んだところで、ロープウェイ乗り場まで勾配のきつい坂道を登ります。

宝登山(03)

左に行くとロープウェイ乗り場、右は登山道。登山ウェアの方も数名お見かけしました。

宝登山(04)

『長瀞八景』のひとつであり、『日本さくら名所百選』にも選ばれています。

宝登山(05)

上の看板の、周辺地図部分だけを切り取ってみましたが…見えづらい(T_T)

宝登山(06)

『鉄道むすめ』がお出迎え♪ 宝登山ロープウェイ乗り場まで、5〜6分かかりました。駐車場もありますが、とても狭いので停められる確率は低そう。公式サイトには「駐車場150台」って明記してあるけど、どこのことだよと。

宝登山(07)

可愛いけど、けっこう(40人くらい)乗れる。

宝登山(08)

行きはぎゅうぎゅうだったので、この写真は帰りに撮ったものです。
残念ながら、紅葉はまったくといっていいほど。

宝登山(09)

5分程度で山頂駅に到着。駅構内にクラフト工房があり、ハメパチキーホルダー作りやレジンアクセサリー体験ができるようでした。(誰もいなかったけど…)

宝登山(10)

記念撮影ポイント(笑)

宝登山(11)

奥秩父連山の案内板。

宝登山(12)

2枚の写真をパノラマ風に繋げてみた♪
左側の建物はロープウェイ乗り場。

宝登山(13)

四季咲き桜が咲いていました。枝振りが梅みたい。

宝登山(14)

この木なんの木?

宝登山(15)

5分ほど登ると、宝登山神社 奥宮への入り口が見えました。

宝登山(16)

【寶登山は千古乃霊場】それが今や、レジャーランドに…

宝登山(17)

さっきの入り口からだと横から失礼することになるので、いったん大鳥居を出て入り直しました。

宝登山(18)

立派な鳥居です(*´Д`*)

宝登山(19)

売店が2軒、焚き火の匂いと煙があたりに充満し、昭和にタイムスリップしたかのような空間。

宝登山(20)

奥宮の由緒書き。
この地は、今から約1900年の昔、第十二代 景行天皇の皇子・日本武尊(やまとたけるのみこと)が神霊を拝したところと伝えられています。
日本武尊は東国平定の折り、この山の神秘な雰囲気と美しい姿に心惹かれ、身を清め山に分け入りました。しばらく進むと突然の炎に包まれ、危うい事態に陥りました。その時、どこからか大きな山犬たちが現れ、荒れ狂う火を消し止め、尊を山頂に案内すると姿を消してしまいました。
尊は山犬たちが山の神の「神使」=大口真神(おおくちまかみ)と悟られ、山を「火止山(ほどさん)」と名づけ、秩父の山々が幾重にも連なる荘厳な眺めは、神を祀るに相応しいところとされ、神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと=神武天皇)、大山祇神(おおやまつみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)の三柱をお祀りしました。
「火止山」はそのあと霊場として栄え、日本武尊が神霊を拝したこの地に奥宮を、麓に本社を造営しました。弘仁年中(810〜824)に宝珠が山上に飛翔する瑞祥から、神社と山名を「寶登山」と定め、今に至ります。

宝登山(21)

三峯神社と同じく、狛犬ならぬ狛狼さん。

宝登山(22)

質素でありながら荘厳な佇まいの奥宮。
御朱印は売店にあり、神職さんが書いてくれるわけではなかったので、見送りました。
もしかしたら「売店のおばちゃん」は世を忍ぶ仮の姿だったのかも知れませんが!(≧∇≦)

宝登山(23)

目的は達成されたので満足でしたが、奥宮=山頂ではなかったので、どうせならと山頂を目指します。

宝登山(24)

あれっ、あっけなく山頂に到着。標高497m。ぜんぜん山頂っぽくなくて肩すかし…(^_^;
ヒョウモンチョウが出迎えてくれました♪

宝登山(25)

山頂から下りる途中の眺め。

宝登山(26)

秩父の町並みが見渡せます。

宝登山(27)

ロウバイ園のあたりまで下りてきました。遊歩道は足元が整備されているようでそうでもなく、お年寄りには向いていないと思われます。
ここではヤマトシジミ? ルリシジミ? がお目見え。

宝登山(28)

山頂駅に到戻ってきました。何だかインスタ映えを狙ったようなアーチなどがあり、フォトジェニックな雰囲気を演出?

宝登山(29)

先ほどは西側の遊歩道を歩いたので、反対側も行ってみる事に。
レストハウスは営業してなかった! ふもとで食べておいて正解だった〜。

宝登山(30)

ツツジがあちこち狂い咲き。

宝登山(31)

宝登山小動物公園までの道は砂利の坂道で、思った以上に遠い。中に入るつもりはなかったし、建物が見えた時点で引き返しました(^_^;

宝登山(32)

帰りのロープウェイの中で、「サルとシカのために430円は払いたくない」という会話を耳にして、そうだよな〜と…。(いや、他にも動物はいますけど)

ここに来るまでだって、宝登山神社とロープウェイ乗り場の駐車場なら無料だけど停められなかったら周辺はだいたい500円かかるし、ロープウェイも往復820円、さらに入場料となると、ハードル高いよなぁ。しかも、トータルするとけっこう歩くし。

宝登山(33)

世知辛い話題、その2。ロープウェイに乗る前に「立て看板の前に並んでください〜」って勝手に写真を撮られるのですが(わたしは一人だし断りました)、帰りにそれがプリントアウトされて販売されていました。なんと1枚 1,200円!

別に買わなくてもいいのですが、すごい商売だなと。売れるかどうか分からないのに、ずべての写真をプリントアウトしている訳ですよ。インクが勿体なくない? だから1,200円?
今時みんなカメラ持ってるんだから、その看板の前で自分のカメラで撮れば済むのに。そりゃあ、露光とか完璧だろうけどさぁ。老人会グループっぽい方々も「10人映ってるから10枚買わなきゃいけないじゃないか」などと不満そうでした。

撮影:Nikon COOLPIX P900


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年10月22日【写真で綴る『三峯神社』
・2017年10月31日【秩父地方の総鎮守・秩父神社と番場通り
・2017年11月01日【三峯神社の「白」い「氣守」と奥宮参り・前編
・2017年11月02日【三峯神社の「白」い「氣守」と奥宮参り・後編
・2017年11月03日【秩父三社の一社・宝登山神社
・2018年03月05日【秩父のご当地発泡酒


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 埼玉

2018年11月01日

三峯神社へお礼参り

昨年の11/1、三峯神社の「白」い「氣守」≠いただきに参拝しました。

・2017年11月01日【三峯神社の「白」い「氣守」と奥宮参り・前編
・2017年11月02日【三峯神社の「白」い「氣守」と奥宮参り・後編

「白」い「氣守」≠ヘ毎月1日にのみ授与されていたのですが、あまりの人気で周辺道路が大渋滞に見舞われ、近隣住民の生活に支障を来したため、今年の6月から授与を取りやめています。
昨年は前乗りしたのですが、「白」い「氣守」≠フ授与がなくなったし平日なので渋滞もなく、当日の午前中に難なく駐車場(510円)に入れました。

三峯神社(01)

境内周辺は、ちょうど紅葉が見頃を迎えていました。

三峯神社(02)

お土産&お食事処も、「白」い「氣守」℃与日は深夜から営業していましたが通常通り。

三峯神社(03)

三ッ鳥居、右側の紅葉は見事としか言いようがない鮮やかさ。

三峯神社(04)

山門をくぐり、

三峯神社(05)

拝殿へ。一年ぶりです(´ω`*)
一年を共にした「白」い「氣守」≠ノ名前をつけていたので(笑)、離れるのが忍びなく…。
またご神木にお守りをあてて、持ち帰りました。

何年も前に見たテレビ番組で、三峯神社には知る人ぞ知る湧水があり、神職さんに尋ねれば場所を教えていただける…と知ったのですが過去2回とも聞くのを忘れてて(それどころではなかった)、今年こそ! と思いきや『神刀山水』(1リットル500円)として販売されていました。

龍神が住むという「龍洞」という深井戸から湧き出る御神水です。もったいなくて、まだ飲んでません(笑)

三峯神社(06)

しばし紅葉を愛でながら、のんびり境内をお散歩。

三峯神社(07)

朝昼兼用ご飯に、お蕎麦をいただきま〜す。きのこ(ヒラタケ、椎茸、舞茸)のつけ汁、ネギもたっぷり。醤油味がちょっと濃いかな。蕎麦は新蕎麦で香り高く美味しかったです♪

ただ、このザルが直接お盆に乗っているだけなので、お盆が水浸しに…。

三峯神社(08)

古民家の前に案内板があり、『神領三峰村と三峰神社』という記述がたいへん興味深かったです。
神社に所属していた神領三峰村の形成期は明らかではありませんが、おそらく三峰神社創建期に近いと思われます。
神領村の人々は、「切替畑」と称される傾斜地に、麦・粟・大根などを栽培していました。また、林業を副業とし、炭焼き、羽子板木、下駄木などを作り生活していました。しかし、神領村の人々にとって一番重要な仕事は三峰神社の仕事であり、三峰山とは密接な関係にありました。

「切替畑」は神社の南側にあり、江戸時代には三峯神社の神領とされ、住民は神社に年貢を納め神社の賦役に従事していたそうです。この古民家は、昭和54年(1979)に実際に使われていた民家を寄贈され、ここに移築・復元されたものです。民家の屋根に空いている穴は、ムササビの巣穴なんですって。夕方あたり姿を見せるかな?

三峯神社(09)

奥宮(妙法ヶ岳)への登山道入り口付近にあたり、周辺は紅葉が美しく太陽に映えています。石楠花もたくさん植えてあるので、春にも訪れてみたい。

三峯神社(10)

今年も奥宮へ参ります。
ちなみに『三峯』とは、妙法ヶ岳・白岩山・雲取山を指します。

三峯神社(11)

大陽寺〜奥之院(奥宮)の遊歩道は、一部、崩落しているそうです。

三峯神社(12)

杉林のシルエットと紅葉のコントラストが美しい。

三峯神社(13)

休憩所手前、この木には注連縄が張られていましたが、切れてしまっていました。

三峯神社(14)

細い登山道、落ち葉で滑らないように気をつけて。

三峯神社(15)

二つ目の鳥居。

三峯神社(16)

今日は快晴で、ほぼ雲もないキリっとした青空です。

三峯神社(17)

松が折れて倒れていました。おそらく今年のことだと思います。

三峯神社(18)

崖っぷちに、かろうじで根っこの先だけで浮いている状態の木も。

三峯神社(19)

三つ目の鳥居。ここから、いよいよ奥宮という雰囲気が濃くなってきました。

三峯神社(20)

日陰の紅葉は、鮮やかさはないものの侘び寂びを感じさせます。

三峯神社(21)

崖下が透けて見えていた木道が、ステンレス製の足場になっていました!

三峯神社(22)

情緒はなくなりましたが丈夫そうです。でも教えてもらって気づいたのですが、階段から延びている鎖の先は…何とも心もとない、細い木の根でした。何だか可哀想な気も…。

三峯神社(23)

最後の難関、鎖場は変わらず。石段は上の方になるとカドが風化しているので足元に充分ご注意を。

三峯神社(24)

奥宮に到着しましたヾ(*´▽`*)ノ
ちなみに奥宮に登拝すると、御朱印も奥宮バージョンを書いていただけますよ。

三峯神社(25)

頂上からの眺め(*´Д`*)

三峯神社(26)

まさに青い山脈=B
しばし景色に見とれながら、空氣を感じます。

三峯神社(27)

山頂に居合わせた方々と談笑したりしつつ、名残惜しいけど下山開始。
急峻な石段は、登るのもきついけど下りるのも大変です。

三峯神社(28)

幹がトルネード! 帰り道はまた違った視点で登山道を楽しむ事ができます。
奥宮までは往復2時間くらいですよ。

三峯神社(29)

戻ってきたら小腹が空いたので、茶屋で『三峯だんご』(300円)を♪ 味噌タレがうまい(´ω`*)
おみくじつき、って書いてあったけど「どこに?」ってよく見たら…串に小さな刻印が!! これは気づかれないんじゃないかな(笑)

三峯神社(30)

お腹を満たしたところで、またまた境内をお散歩。燃えるような紅葉に目を奪われる。

三峯神社(31)

(左)何の基礎だろう? 2007年まで運行していたという【三峰ロープウェイ】の名残りでしょうか? それにしては小さいかな。

(右)『御仮屋』への石段は通行止め。

三峯神社(32)

石をすっぽりと根っこが覆っています。

三峯神社(33)

こちらの木の幹は、途中に根っこが垂れ下がっているような不思議な形。

三峯神社(34)

これまた歯を食いしばっているような、珍しい幹。

三峯神社(35)

ぐるっと廻って、御仮屋に来ました。

三峯神社(36)

三峯神社の御眷属、大口真神(お使い神、お犬さま)は深い山中に身をひそめられているので、ここを仮のお宮としてお祭りを行う場所=『お仮屋』と呼んでいるそうです。ということで、こちらでも一年の加護を賜った感謝を伝えました。

三峯神社(37)

縁結びの木を通って…

三峯神社(38)

ふたたび拝殿へ。

三峯神社(39)

伊勢神宮〜摂末社〜大山祇(おおやまづみ)神社。

三峯神社(40)

奥宮遥拝殿。

三峯神社(41)

遥拝殿からの眺め。

三峯神社(42)

奥之院はこちらです。上のパノラマ風写真でいうと、右側のポコっと出てるあたり。

三峯神社(43)

駐車場付近から。白岩山と雲取山かな。

三峯神社(44)

真っ赤に染まったドウダンツツジ。

三峯神社(45)

ギンナンもたくさん生ってました♪

道の駅【大滝温泉】の入浴施設は木曜定休なので、三峯神社境内の【興雲閣】(三峯神の湯/600円)で日帰り入浴しました。

ところが! 道の駅も営業してたんですよ! 三峰神社駐車場の領収書を見せれば100円引き(700円→600円)になったのに〜。しかも夜の山道を走ることなかったのに〜(;つД`)
(入浴してるうちに日が暮れた)


撮影:Nikon COOLPIX P900

人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年10月22日【写真で綴る『三峯神社』
・2017年10月31日【秩父地方の総鎮守・秩父神社と番場通り
・2017年11月01日【三峯神社の「白」い「氣守」と奥宮参り・前編
・2017年11月02日【三峯神社の「白」い「氣守」と奥宮参り・後編
・2017年11月03日【秩父三社の一社・宝登山神社
・2018年03月05日【秩父のご当地発泡酒


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 埼玉