2018年04月18日

白馬・五竜かたくり苑

写真のみで失礼します!
※実際に訪れたのは4/19です

五竜スキー場(1) 五竜スキー場(2)

白馬五竜スキー場。
【白馬五竜高山植物園】は、6/16オープンでした。

五竜かたくり苑(1) 五竜かたくり苑(2)

かたくり苑は、林道っぽい道を登ります。キャンピングカーでは来れなかった。

五竜かたくり苑(4) 五竜かたくり苑(3)

カタクリはまだ早かったです。この丘一面に咲く姿を見たかった!

五竜かたくり苑(5) 五竜かたくり苑(6)

【甘露水】がありました♪
知ってたらペットボトル持ってきたのに〜

五竜かたくり苑(7) 五竜かたくり苑(8)

*おまけ*
沿道の用水路わきに、水芭蕉や座禅草が生えていてビックリしました!

撮影:Nikon COOLPIX P900


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪





*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ: 湧水
posted by しう@SOTO at 23:46 | TrackBack(0) | 長野

2018年04月19日

白馬・落倉自然園水芭蕉

写真メインで失礼しますm(_ _)m

落倉自然園水芭蕉(02) 落倉自然園水芭蕉(01)

落倉自然園水芭蕉、入り口が分からなくて素通りしてしまった(^_^;

落倉自然園水芭蕉(04) 落倉自然園水芭蕉(03)

地域の方々が、無料でお茶とお漬け物のサービスをしていました!

落倉自然園水芭蕉(05) 落倉自然園水芭蕉(06)

ここに自生する水芭蕉のホウ(白い花びらのようなもの)は2枚から3枚出ているのが特徴。一般的には1枚なんです。

落倉自然園水芭蕉(08) 落倉自然園水芭蕉(07)

写真:左=地元ケーブルテレビが撮影に来ていました
写真:右=リュウキンカ

落倉自然園水芭蕉(10) 落倉自然園水芭蕉(09)

写真:左=ショウジョウバカマも咲いてました♪

落倉自然園水芭蕉(11) 落倉自然園水芭蕉(12)

写真:左=水神様
写真:右=大山祇(おおやまづみ)の神様も祀られています

落倉自然園水芭蕉(13) 落倉自然園水芭蕉(14)

2枚のものも少なかったけど、3枚のものは見つけられず。強いて言えば、最初に載せたものが左下に小さいホウが落ちてたような気もする…。

落倉自然園水芭蕉(15) 落倉自然園水芭蕉(16)

写真:左=ホウに光があたってランプのよう(´ω`*)


撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2016年05月30日【姫川源流と貞鱗寺
・2018年04月17日【白馬・伝行山の徹然桜
・2018年04月18日【白馬・五竜かたくり苑


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 12:12 | TrackBack(0) | 長野

2018年04月20日

貞鱗寺の枝垂桜とカタクリ

またまた写真のみで失礼しますm(_ _;)m
※実際に訪れたのは4/19です

貞鱗寺(1) 貞鱗寺(2)


貞鱗寺(3) 貞鱗寺(枝垂桜/魚眼)


貞鱗寺(枝垂桜/1) 貞鱗寺(枝垂桜/2)


貞鱗寺(カタクリ/1) 貞鱗寺(カタクリ/2)


貞鱗寺(カタクリ/3) 貞鱗寺(カタクリ/5)


貞鱗寺(カタクリ/6) 貞鱗寺(カタクリ/4)



撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2016年05月30日【姫川源流と貞鱗寺
・2018年04月17日【白馬・伝行山の徹然桜
・2018年04月18日【白馬・五竜かたくり苑
・2018年04月19日【白馬・落倉自然園水芭蕉

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 07:24 | TrackBack(0) | 長野

2018年04月21日

長野・白馬〜道の駅めぐり

長野県シリーズは、これでラスト。どんどん続く「写真のみ」で失礼しますm(_ _;)m
※実際に訪れたのは4/20です、

みみずくの湯(1) みみずくの湯(2)

【みみずくの湯】お向かいには屋台が! なんという罠…(笑)
白馬には日帰り入浴できる温泉がたくさんあります♪

魚処 竜(1) 魚処 竜(2)

白馬駅前にある【魚処 竜】。海なし県の長野で、こんなに新鮮で美味しいお魚が食べられるなんて感動!
道の駅【白馬】から約4kmです。

道の駅 中条からの眺め(1) 道の駅 中条からの眺め(2)

道の駅【中条】から見た風景。

雷電くるみの里からの眺め 雷電くるみの里(浅間山)

道の駅【雷電くるみの里】から見た風景。写真:右=浅間山です。

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2016年05月30日【姫川源流と貞鱗寺
・2018年04月17日【白馬・伝行山の徹然桜
・2018年04月18日【白馬・五竜かたくり苑
・2018年04月19日【白馬・落倉自然園水芭蕉
・2018年04月20日【貞鱗寺の枝垂桜とカタクリ

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 07:52 | TrackBack(0) | 長野

2018年11月17日

長野・伊那〜喬木ドライブ

※ケータイのパケットが超過してしまったので、通信速度がす−−−っごく遅くなってしまいました。Wi-Fiも飛んでない場所にいるので(パソコン持って道の駅に行けばいいんですが…)ゆるりと写真メインでお送りします。

長野・松川

Kさんに同行させてもらって、【ドリームアイランド長野】(リンク先は公式Facebook)を紹介していただきました。
周辺は林檎畑に囲まれ、美しい山々が見渡せる風光明媚で素晴らしい立地!

ドリームアイランド長野(2)

Kさんに「修理もしてもらえるキャンピングカーディーラーさんで、信頼できるところない?」と尋ねたら、ここが一番だと教えてもらったのです。アメ車に詳しいのも頼もしい!

ドリームアイランド長野(1)

写真の時間軸がバラバラですみません(´▽`;)
幻日が出てた!.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

ドリームアイランド長野(3)

過去にご成約されたお客様の名前とクルマの数々。事務所@トレーラーハウスの壁にずらりと貼ってあります。ほぼ全て覚えているそうです!
コーヒーなどいただきつつ、談笑させていただきました♪

万が一の事が起った際のシェルター(と勝手に思ってる)が増えて嬉しいヾ(*´▽`*)ノ

はしば(1)

Kさんのお友だち、ご近所のNさんと一緒に【伊那まち酒場 はしば】(リンク先は公式Facebookです)へ♪
ハンドルキーパーになっていただき、本当にありがとうございます(-人-;)

はしば(2)

昨年、伊那の友だち(今回は都合が合わず…)に連れて来てもらって、絶対また行きたい!って思ってたんです。
何と言っても日本酒の品揃えが素晴らしい★

はしば(3)

まずは「たま子」とお刺身でいっただっきま〜〜〜す♪
長野@海なし県なのに、お魚も新鮮です♪

はしば(4)

左上:アボカドと鯖の揚げだし/右上:ワカサギの春巻き
左下:ホタルイカあぶり/右下:馬刺と、酒盗クリームチーズ

お料理も、どれもみんな美味しい!!!

はしば(5)

な、なんと十四代、それも純米吟醸「中取り」があったー!

はしば(6)

いやー、呑んだ(笑)
これ2人で呑んだとは思えない量だわ…。お支払いも過去最高額だった。

Nさんとは初対面なのに、こんな呑んだくれに付き合ってくださって、本当にありがとうございました。


ループ橋(1)

翌日、Nさんご夫妻とKさんとドライブへ♪
三遠南信道 矢筈トンネル(無料です)手前、建設途中の喬木(たかぎ)インターチェンジを見学。
ループ橋の下に、駐車場とトイレがあります。

喬木インターチェンジ - Wikipedia

ループ橋(2)

パノラマで撮ってみた。

ループ橋(3)

魚眼レンズで撮ってみた。

ループ橋(4)

走行中に(後部座席から)写真を撮ってみた。ちょっと見えづらいですが、道路が途切れているのが分るでしょうか?
こんなに立派な橋なのに、いつ開通するかまったくもって未定なんですって。
他にも橋脚だけ完成してるところがあるらしい…。

このあと『引っ越しのサカイ』CMロケ地である木澤小学校を見に行ったのですが、それは後日レポします。
写真が多いので(笑)

中央構造線(1)

中央構造線が見られるという【程野露頭】へ。

中央構造線(2)

『活断層としての中央構造線 程野露頭』説明板。

中央構造線(3)

一体どこ???(´Д`;)

中央構造線(4)

Kさんが枯れ葉を枝でせっせと払って「ここ!」と教えてくれました。
こうやって見ると、黄色いポールが目印になって分りやすい。
ここが地面の境目なのね!

通行止め

続いて、しらびそ峠を抜けて大鹿村に抜ける予定が…
『しらびそ高原方面は通行止め』とは書いてあったけど、まさかの大鹿村方面まで通行止め!
つまり行き止まり!!!

パノラマ風景

この風景が見られたということで…残念だけど引き返します。
ふたたび八筈トンネルをくぐって逆戻り。

南信州とよおかマルシェ

新しい道の駅【南信州とよおかマルシェ】に立ち寄り、【ブラックシリカソフトクリーム】を食べました♪

越百の水(1)

ラストは与田切公園内にある信州の名水【越百の水】。越百=コスモと読みます!

中央アルプス越百山(標高2,614m)をはじめとする周辺の山岳地帯に降り注いだ雪や雨が地中深く浸透し、長い歳月をかけて流れてきた水を汲み上げています。

与田切公園 越百の水|飯島町観光協会 より

越百の水(2)

まろやかで優しい飲み心地でした(´ω`*)

Nさんご夫妻、Kさん、あちこち案内していただいて、ありがとうございました!


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用
   +Kさん提供写真


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年07月21日【信濃國一之宮 諏訪大社
・2015年11月22日【洋めし&BAR アーバックルで友人と再会
・2015年11月23日【伊那市の鳥の宮湧水
・2017年11月15日【旧友との再会・伊那まち酒場 はしば


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:居酒屋
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 長野

2018年11月18日

引っ越しのサカイCMロケ地・木澤小学校

昨日のブログ記事で保留にしていた、旧木澤小学校。
平成3年に廃校となった、木造の趣ある佇まいです。

木澤小学校(01)

校門。この写真はKさん撮影m(_ _)m

木澤小学校(02)

正面玄関

木澤小学校(03)

にゃんこ校長は留守でした(´・ω・`)

木澤小学校(04)

「松下先生ありがとう」の文字、CMではカラフルに描かれていたけど雑になってた(笑)

木澤小学校(05)

こぢんまりとした体育館。卓球台があったので、KさんとNさん夫妻が盛り上がりました。わたしは運動オンチなので傍観(笑)

木澤小学校(06)

ノスタルジーに誘う写真

木澤小学校(07)

こんな風景を見たかったな

木澤小学校(08)

懐かしい、見た事あるような気がするけど、自分が通っていた学校にこういうのはなかったような?

木澤小学校(09)

用務員さんが寝泊まりする部屋らしい。

木澤小学校(10)

オルガンって、こんなに小さかったっけ?

木澤小学校(11)

教室も机も椅子も、まるでミニチュアみたい。

木澤小学校(12)

教壇がない!?(笑)
ダルマストーブもあんな小さくては教室が温まらなさそう。

木澤小学校(13)

校舎の窓から見下ろす校庭、村下孝蔵さんの『初恋』がよぎる。
桜の古木は、春には見違えるんだろうな。

木澤小学校(14)

遠山森林鉄道 本谷線のジオラマ
遠山森林鉄道 - Wikipedia

木澤小学校(15)

林業に関する様々な道具の数々

木澤小学校(16)

前面の刻印『SKW』で検索したら、酒井工作所製の機関車ということでした。

木澤小学校(17)

国重要無形文化財 遠山郷の霜月祭り】見てみたい!って、もうすぐじゃないか!!

木澤小学校(20)

縄を縒る機械、動きました!

木澤小学校(18)

美術室

木澤小学校(19)

音楽室

木澤小学校(21)

写真撮影のため、正面玄関前には駐車しないでください…って書いてあるのに、軽トラとかバスとか地元のクルマが停めてるし(笑)

しかし、さすがKさん&Nさん「すごい、このバス古くない?」「このクルマがもうレトロだよね!」と興味津々で魅入ってました(笑)

清流苑(1)

戻りまして【信州まつかわ温泉 清流苑】で日帰り入浴♪

清流苑(2)

飯田弁で綴られた『お風呂の心得』。なんとな〜く、雰囲気は分かる(´▽`;)
『お便所の心得』もあります(笑)

清流苑(3)

レストランでディナー。メニューを見て迷うことなく…

清流苑(4)

「アルプスサーモン」丼(980円)!(≧∇≦)
長野県飯田市の棚田養魚場が伊那谷ブランドとして開発したニジマスです。まったくクセがなくてちょっとあっさりし過ぎかな?
脂も乗ってるんだけど、上品すぎるな〜という印象でした。

蚕の蛹と馬のおたぐり

*おまけ*
そ、そしてスーパーで仕入れた…蚕の蛹と、馬のおたぐり。
虫系は食べたことがほとんどなくて、ずいぶん前に『ざざむし』の缶詰を食べて以来トラウマになってる代物。

蚕の蛹は美味しいよ、と聞いたけど…やっぱり、臭かった(T_T)
ごま油で炒め直したら何とかいけたけど、少量で充分なレベル。しかもフライパンに臭いが移っちゃうほどだった。

「おたぐりはもっと臭い」と聞いていたので、そちらは食べる勇気がわかず冷凍庫に仕舞ってしまいました(;つД`)
そもそも、『おたぐり』って何だ? と調べてみたところ、馬のもつ(腸)の煮込みらしい。
Kさん曰く、網焼きにすると美味しくなるらしい。キャンカーの中では試せないので、山小屋に帰るまでとっておくか…。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)
   +Kさん提供写真


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年07月21日【信濃國一之宮 諏訪大社
・2015年11月22日【洋めし&BAR アーバックルで友人と再会
・2015年11月23日【伊那市の鳥の宮湧水
・2017年11月15日【旧友との再会・伊那まち酒場 はしば


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:史跡
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 長野