2014年11月06日

茂木の居酒屋・田舎っぺ

田舎っぺ(外観)

ただいま【リトルハウス】さんにメンテナンスしてもらっています。
で、だいたいパターン化しているのが居酒屋【田舎っぺ】での飲み会★
道の駅【もてぎ】から、およそ2〜3kmくらいかな?

実は先月末にも飲みに行ったのですが、そのとき店主さんが「ヒラメを釣って来る」と約束された宣言通り、特大ヒラメを6枚も釣り上げたと連絡が!ヾ(*´▽`*)ノ
昆布締めすると聞いて、さっそく羅臼昆布を贈り(笑)、本日いそいそ食べに行って参りました♪
写真は先月末に食べたものも混じっています。

田舎っぺ(ヒラメの尾ヒレ) 田舎っぺ(ヒラメの昆布締め)

今回最大の大物は90cmだったそうです! 写真(左)はその尾ひれ。大きさが伝わるでしょうか?
切り身も大きい! 弾力ある独特の食感、噛み締めるたび昆布の旨味がじんわり。お酒に合う〜(笑)

田舎っぺ(つぶ貝と大あさり) 田舎っぺ(イカゴロ)

写真:左=ツブ貝のお刺身と、大あさり。
写真:右=まさかここでイカゴロが食べられるとは!(≧∇≦) 函館以来ですよ〜♪

田舎っぺ(鮭の味噌漬け) 田舎っぺ(いくら丼)

写真:左=鮭の味噌漬け。驚くほどフンワリしていて、味噌の風味もとてもいい塩梅。お酒にも合うし、ご飯のお供にも最高★
写真:右=そしてイクラ丼も自家製! お値段、驚愕の500円!ヾ(*´▽`*)ノ 白米もまた美味しいんですよ〜♪

店主さんは定休日の毎週水曜日に釣りに出かけています。いろんなお魚の美味しい食べ方、食べごろの日にちを知り尽くしているんです(´ω`*)

他にも手羽餃子やレバー串(これまた柔らかくて美味しい!)、定番の牛筋煮込みなどなど、お腹いっぱい♪
Oさん、ご馳走さまでした(*^人^*)

*関連する過去記事*
・2007年06月18日【茂木にて
・2007年06月19日【今日もリトルハウスで
・2008年06月13日【田舎っぺ
・2011年10月31日【茂木の居酒屋『田舎っぺ』

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:55 | TrackBack(0) | 栃木

2015年10月29日

湯西川の紅葉

道の駅【湯西川】から、デジイチだけ持って赤夕(あかゆう)大橋まで写真撮影に歩いて行ってきました。
あとでケータイも持って来ればよかった!と後悔したけど、ほんの5分程度の道のりなのに取りに帰るのが面倒で(´▽`;ゞ←モノグサ

道の駅 湯西川 湯西川(鉄橋)

写真:左=道の駅でもある、野岩鉄道会津鬼怒川線 湯西川温泉駅。
写真:右=撮り鉄であれば、ちゃんと列車の時刻表を調べておくところですが・・・。

湯西川(鉄橋) 湯西川(赤夕大橋)

写真:左=紅葉の見頃はもう少し先かな。列車からの眺めもいいだろうなぁ〜
写真:右=赤夕大橋

湯西川(鉄橋と赤夕大橋) 湯西川ダム

写真:左=鉄橋と赤夕大橋は平行しています。
写真:右=水害の名残りか、木材がたくさん浮いていました。沿道にも土砂が寄せられていたりしますが、通行に支障はありません。

水陸両用バスで川治ダムを遊覧する【湯西川ダックツアー】にも参加したい!って、ここに来る度に思うのにタイミングが合わない(´・ω・`)

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:紅葉 湯西川
posted by しう@SOTO at 20:44 | TrackBack(0) | 栃木

2015年11月02日

キャンパー仲間さんに助けられ

鬼怒川

実はこの数日、体調を崩してしまい休んでいました。キャンパー仲間さんと鬼怒川でオフ会だったのですが、参加できず・・・。

写真は先日、湯西川から宇都宮に向かう途中に信号待ちの橋の上から撮った鬼怒川。
水害の爪痕は、もうだいぶ癒えていました。

キャンカー

そのオフ会の翌日、キャンパー仲間さんが会いにきてくれて、お薬も差し入れしてくれました!
本当にありがとうございますm(_ _)m
※あと3台写真に入りきれず

長畑庵

日光の田園風景に馴染む【三たてそば長畑庵】で、「挽きたて・打ちたて・ゆでたて」の三たて蕎麦を♪
ここに来るのはもう何度目か・・・新蕎麦、美味しかった!
そして今回も蕎麦湯をお持ち帰り(*´▽`*)

晩餐会

いつもなら、具合が悪くても一人で適当に食事をするところですが、晩ご飯もご一緒させていただきましたヾ(*´▽`*)ノ
それも二晩も;; ありがとうございました(-人-*)

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:蕎麦
posted by しう@SOTO at 22:23 | TrackBack(0) | 栃木

2015年11月03日

大谷石採石場跡・大谷資料館

栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材「大谷石(おおやいし)」は軽石凝灰岩の一種で、柔らかく加工がしやすいことから外壁や土蔵などの建材として古くから使用されてきました。
その大谷石地下採掘場跡でもある【大谷資料館】を見学してきました。

大谷資料館(1) 大谷資料館(2)

入館料:大人 700円、小・中学生 350円、未就学のお子様 無料。
9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)

地下空間は年間を通して10度ほどと寒いので、上着を持参してください。ブランケットの無料貸出もありますが数に限りがあります。
一脚・三脚や自撮り棒などを使用しての撮影禁止、飲食禁止です。

大谷資料館(3) 大谷資料館(4)

採石場跡は巨大地下空間となっていました!

大谷資料館(5) 大谷資料館(6)

芸術作品の展示も。

大谷資料館(7) 大谷資料館(8)

当時をしのばせる裸電球や手掘りの跡もそのままに。

大谷資料館(9) 大谷資料館(10)

天井に反射する掘削の跡が星空みたいで綺麗☆

大谷資料館(11) 大谷資料館(12)

写真:右=チャペルもあります。

大谷資料館(13) 大谷資料館(14)

写真:左=水がたまっているのが判るでしょうか?
写真:右=暗闇に、外界から一筋の光。

大谷資料館(15) 大谷資料館(16)

ここで撮影されたドラマや映画、プロモーションビデオなどのパネルがズラ〜っと展示されていたのが、飲食店などに張られている芸能人のサイン色紙を連想させ、個人的には興ざめ。
それよりも採石場の歴史や古い写真などを展示してほしい。

大谷資料館(17) 大谷資料館(18)

入り口に戻り、小さな資料展示室へ。

大谷資料館(19) 大谷資料館(20)

こういうのをもっと大事に展示してほしいな。

大谷資料館(駐車場) 大谷石採石場跡

駐車場から、歩いて近くの採石場跡地などを散策。

大谷石は、日本列島の大半がまだ海中にあった新生代第三紀の前半、火山が噴火して噴出した火山灰や砂礫が海水中に沈殿して、それが凝固してできたものとされています。
大谷町付近の大谷石の分布は東西8km/南北37kmにわたり、地下200〜300mの深さまであることが確認されており、埋蔵量は10億トンと推定されているそうです!
大谷石 - Wikipediaより)

大谷石採石場跡(御止山) 大谷石採石場跡(御止山)

御止山(おとめやま)。

大谷石採石場跡(神社) 大谷石採石場跡(神社)

大山祇(おおやまづみ)命を祀る、大山阿夫利(おおやまあふり)神社。すべて大谷石で造られています。

大谷石採石場跡(姿川) 大谷石採石場跡(大谷元観音)

写真:左=姿川の川底も凝灰岩
写真:右=大谷元観音堂

大谷寺の本尊(大谷観音/千手観音)は、弘法大師みずから大谷石を彫ったと言われています。
大谷寺 - Wikipedia

大谷石採石場跡(廃屋) 大谷石採石場跡(奇岩)

写真:左=大谷グランドセンター(廃屋)


*関連する過去ブログ記事*
・2014年05月27日【宇都宮・大谷観音
・2014年05月28日【長岡百穴古墳

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 21:44 | TrackBack(0) | 栃木

2017年10月27日

湯西川を満喫した1日・前編

これを書いているのは11/2です。明日から三連休ですね。
ブログ更新が遅れがちで、すみません!
1つの記事に2〜3時間かかっているので、仕事とか遊びとか(笑)重なって、なかなか書けず…。

三連休はまた遊ぶ予定なので(´▽`;)
今年は避けていた禁断の「写真のみ掲載」で失礼します!
それも三連打!m(_ _;)m

水の郷(1) 水の郷(2)

日光市湯西川温泉の観光センター【湯西川水の郷

水の郷(3) 水の郷(4)

写真:左=足湯もあります♪
写真:右=案内図。

水の郷(5) 水の郷(6)

吊り橋が架かってます。紅葉も見頃♪

このあと水陸両用バスでゆく【ダックツアー】に参加したのですが、それは後編でお送りします(^o^)

湯西川(釜八幡神社/1) 湯西川(釜八幡神社/2)

水の郷のすぐそばにある釜八幡神社。

湯西川(釜八幡神社/3) 湯西川(釜八幡神社/4)

写真:左=赤い鳥居の先には小さな祠が。
写真:右=ネズコの大木。

湯西川(釜八幡神社/5) 湯西川(釜八幡神社/6)

巨木の中は空洞になっていて、向こう側が見えてた!
もしかして朽ち木? と思って頭上を見上げたけどモミジが「見ちゃダメ〜〜〜」(笑)

1枚目の遠景、真ん中の木です。しっかり葉を茂らせていました(*´▽`*)

湯西川(梨の木) 湯西川(お天気石)

写真:左=ダム建設のため移植された梨の木。実は確認できず。
写真:右=こちらも移設された『お天気石』。

→後半へ続く!

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)



人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月01日【奥日光・竜頭ノ滝
・2013年11月02日【奥日光・戦場ヶ原
・2013年11月03日【日光二荒山神社 中宮祠
・2014年05月18日【多氣山不動尊・大火渡り祭
・2014年05月27日【宇都宮・大谷観音
・2014年05月28日【長岡百穴古墳
・2015年10月29日【湯西川の紅葉
・2015年11月03日【大谷石採石場跡・大谷資料館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 20:30 | TrackBack(0) | 栃木

2017年10月28日

湯西川を満喫した1日・後編ダックツアー

日光市湯西川温泉の観光センター【湯西川水の郷】から発着の、水陸両用バスでゆく【ダックツアー】に参加してきました!
写真のみで失礼しますm(_ _)m

水の郷 吊り橋 ダックツアー(01)

撮影:Nさん

ダックツアー(02) ダックツアー(03)

まず湯西川ダム見学をして〜

ダックツアー(04) ダックツアー(05)

水陸両用バスに乗り換え!
(1便は水陸両用バスで行って、帰りはバス。2便は逆なんです。交互になってるみたい。)

ダックツアー(06) ダックツアー(07)


ダックツアー(08) ダックツアー(09)


ダックツアー(10) ダックツアー(11)

ダム湖に入水するときは水しぶきがすごい!

ダックツアー(12) ダックツアー(13)


ダックツアー(14) ダックツアー(15)

写真:右=さっきまでいたダム管理棟

ダックツアー(16) ダックツアー(17)

写真:右=こうやって見ると、細いな〜〜〜。

ダックツアー(18) ダックツアー(19)

水から上がる時はスムーズでした。前輪駆動なのか、四駆なのか?

ダックツアー(20) ダックツアー(21)

写真:左=国道121号線に出るまで先導してくれます。アヒルとカッパが融合したキャラクター「ダッパちゃん」可愛い♪

写真:右=ダムに出入りする場所の崖の上にガードレールがあった!

ダックツアー(22) ダックツアー(23)


→湯西川シリーズ、最後にオマケあります!

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月01日【奥日光・竜頭ノ滝
・2013年11月02日【奥日光・戦場ヶ原
・2013年11月03日【日光二荒山神社 中宮祠
・2014年05月18日【多氣山不動尊・大火渡り祭
・2014年05月27日【宇都宮・大谷観音
・2014年05月28日【長岡百穴古墳
・2015年10月29日【湯西川の紅葉
・2015年11月03日【大谷石採石場跡・大谷資料館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 21:08 | TrackBack(0) | 栃木

2017年10月29日

湯西川を満喫した1日・おまけ〜平家 狩人村

湯西川シリーズ最後は、湯西川屈指のB級スポット【平家 狩人(マタギ)村】(リンク先は【じゃらんnet】です)をお届けします!
【平家の里】も見てないのに(笑)

できれば、これは「写真のみ公開」は避けたかったんだよなぁ〜。
だって、ほぼ出オチ≠セもん(^o^;

湯西川狩人村(01) 湯西川狩人村(02)

写真:左=入場料500円です。昔の暮らしを再現しているらしい。
写真:右=剥製とマネキンがいっぱい。正視できないほど朽ち果てているものも…。

湯西川狩人村(03) 湯西川狩人村(04)

写真:左=二番館
写真:右=熊を解体しています

湯西川狩人村(05) 湯西川狩人村(06)

写真:左=トイレとお風呂
写真:右=五番館 行屋

湯西川狩人村(07) 湯西川狩人村(08)

お社が建ち並んでます。天照大神、大山祇神、大天狗神社。

湯西川狩人村(09) 湯西川狩人村(10)

写真:左=木挽きの様子。
写真:右=毛皮とか骨とか多い(^^;

湯西川狩人村(11) 湯西川狩人村(12)

左側が往路、右側は復路。

湯西川狩人村(13) 湯西川狩人村(14)

写真:左=入り口側から振り返ったところ。この左の縄文式住居みたいなのの〜
写真:右=内部がこちら。けっこう広い。

湯西川狩人村(15) 湯西川狩人村(16)

写真:左=厩。
写真:右=お蚕小屋。

湯西川狩人村(17) 湯西川狩人村(18)

【集古館】では、古い道具などを展示してあります。値段がついてるものもあった(笑)

湯西川狩人村(19) 湯西川狩人村(20)

だんだん秘宝館みたいになってきた(-_-;

湯西川狩人村(21) 湯西川狩人村(22)

夫婦木観音というらしい。おびただしい数。

たぶん、受付にいたおじいちゃんが一人でコツコツ造ったんじゃないかなぁ。
湯西川温泉郷のはずれにあり、キャンピングカーではかなりキビシイ道幅です。冬期閉鎖されます。
(今回は便乗させていただきました。)

雪の重みで、いつ潰れてもおかしくない。
見に行きたい方はお早めに!

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月01日【奥日光・竜頭ノ滝
・2013年11月02日【奥日光・戦場ヶ原
・2013年11月03日【日光二荒山神社 中宮祠
・2014年05月18日【多氣山不動尊・大火渡り祭
・2014年05月27日【宇都宮・大谷観音
・2014年05月28日【長岡百穴古墳
・2015年10月29日【湯西川の紅葉
・2015年11月03日【大谷石採石場跡・大谷資料館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 21:42 | TrackBack(0) | 栃木

2018年10月21日

ろまんちっく村で新たな発見

道の駅【うつのみや ろまんちっく村】には、少なくとも年2回は訪れているのですが、実は遊歩道に立ち入った事がありませんでした。

ろまんちっく村(遊歩道)

と、いうことで初潜入(?)

ろまんちっく村(遊歩道の竹林)

あら、意外といいところだったのね♪

ろまんちっく村(タンチョウ)

タンチョウがいることも知っていたのですが、見るのは初めて(笑)
なんと、ちょうど「モグモグタイム」に遭遇!\(^o^)/

ちなみに、そういうショーではありません。単に、たまたまお食事の時間だっただけ。15:40くらいでした。

らーめん缶自販機(1)

道の駅とは関係ないのですが、近くの某会社前に『ラーメンの缶詰』を販売している自販機があるとキャンパー仲間さんがSNSに投稿していました。
これは探さなくては! と、歩いてみたものの見つけられず。諦めかけていたところ、翌日になって発見!\(^o^)/

らーめん缶自販機(2)

この会社の方がリクエストしたのでしょうか。だいぶ前から販売しているのか、色がすすけています。
以前、富山で見かけて「おでんが美味しい」と聞いていたのですが、ここは敢えて…

らーめん缶自販機(3)

とんこつラーメンにチャレンジ!(笑)
ちっちゃいフォークがついてました。

らーめん缶自販機(4)

あっつあつで出てきたのですが、購入後に入浴してしまったので冷めてしまいました(´▽`;)
湯煎でもして温めればよかったのに、パッカーンとお椀に開けてみたら… 脂がぁ〜固まりかけてるぅ!(黄色く見えているのが脂!)

コンニャク麺だし、量も少ないし、温かかったとしてもこれで290円は高いなぁ。
もう一つの『黒豚横丁しょうゆラーメン』は、どうなんだろ…。

ろまんちっく村(自販機)

自販機つながりで。クーポンが発券される自販機があるのをご存知でしょうか。かく言うわたしも先日、道の駅【しもつけ】で初めて見たんですけど(笑)

どの商品でも、1つ購入すると自動的にクーポンが発券されます。【しもつけ】では「オリジナルステッカー」だったので、な〜んだと引き換えなかったのですが…

ろまんちっく村(自販機クーポン)

【ろまんちっく村】では、3枚集める必要がありますが「温泉・温水プール20%割引」! 【湯処あぐり】では510円→400円になりました。
発券日から1ヶ月間有効なので、どうせ飲み物を買うならこの自販機で♪
正面入口の右側、インフォメーションのそばにありますよー。

入浴料割引は、他にも【麦の楽園】【ゆず庵】の箸袋持参でも20%OFFになります。

ろまんちっく村(ポスト)

今では珍しい、昔懐かしい丸いポストも現役です(´ω`*)


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪



*関連する過去ブログ記事*
・2012年06月05日【ろまんちっく村
・2012年11月18日【ろまんちっく村の地ビール
・2014年05月11日【ろまんちっく村でお食事
・2014年11月01日【わんこ連れ女性キャンパーろまんちっく村ミニミニオフ

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:道の駅
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 栃木

2018年10月23日

奥日光・赤沼から小田代ヶ原ハイキング

北関東は、紅葉シーズン真っ盛り♪
久しぶりに奥日光へトレッキングに向かいます!

奥日光ハイキング(渋滞)

土日を避けたのに…大渋滞。紅葉シーズンは、平日でも油断大敵ですね。予定時刻を大幅に過ぎてしまいました。

奥日光ハイキング(地図)

戦場ヶ原は踏破済みなので、今回は赤沼〜小田代ヶ原コースを歩きます。

奥日光ハイキング(赤沼駐車場)

赤沼〜小田代ヶ原〜千手ヶ浜を運行する低公害バスが発着している赤沼駐車場(無料)。バスは一律300円。
【赤沼自然情報センター】でバス時刻表と奥日光マップ(100円)、戦場ヶ原・小田代原ガイドマップ(200円)を購入。

奥日光ハイキング(01)

赤沼茶屋の向かいから、ハイキングコースに入ります。今日はあいにくの曇天…。

奥日光ハイキング(戦場ヶ原展望台)

戦場ヶ原展望台、薄日が射してキラキラしてます.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

奥日光ハイキング(02)

たまの晴れ間が嬉しい♪

奥日光ハイキング(03)

ここだけ座標が掲げてありましたが、何のために?

奥日光ハイキング(04)

鹿除けの柵。キィー、キィー、と牡鹿の遠吠えが何度か響いていました。

奥日光ハイキング(05)

小田代ヶ原をぐるっと囲む小田代遊歩道の、東側から見たパノラマ。

奥日光ハイキング(06)

太陽が出てれば、もっと鮮やかだっただろうなぁ。

奥日光ハイキング(カラマツ)

カラマツの黄葉が彩りを添えます。

奥日光ハイキング(07)

真っすぐ行くと、湯滝。左は西ノ湖。まずは湯滝方面へ。

奥日光ハイキング(08)

この時が、もっとも晴れてた!
このまま天気がよくなると期待した(´▽`;)

奥日光ハイキング(09)

倒木、ねじれが美しい。

奥日光ハイキング(10)

倒木は、あちこちに横たわっていました。

奥日光ハイキング(11)

泉門池(いずみやどいけ)に到着。湯滝・湯ノ湖まで行くと時間が足りなそうなので、休憩したら引き返します。

奥日光ハイキング(12)

分岐に戻って、小田代ヶ原を左に眺めながら西ノ湖方面へ。

奥日光ハイキング(13)

土砂というか火山灰?が大規模に流されている箇所が散見されました。

奥日光ハイキング(14)

西ノ湖へ行く前に、小田代ヶ原展望台へ。

奥日光ハイキング(小田代ヶ原)

小田代ヶ原は、1945年頃までは人が立ち入れないほどの湿原だったそうです。

ちなみに赤沼も現在はまったく水がないのですが、50年くらい前までは水遊びできるくらいの沼だったといいます。大型台風によって、1日で埋もれてしまったそうです。

奥日光ハイキング(お弁当)

ここで、朝からせっせと作ったお弁当を広げてお昼休憩。
…が、そんな慣れない事をしたせいか、小雨がポツポツ降り始め…食べ終わる頃にはけっこう降ってきちゃった。

雨具を持ってこなかったし、ちょうどここがバス停留所だったので赤沼駐車場までバスに乗りました。
残念ながら、トレッキングはこれで終了(´・ω・`)

日光湯元ビジターセンター

湯ノ湖の東側、【日光湯元ビジターセンター】に立ち寄って周辺の日帰り入浴一覧をゲット。それを見ていたら、利用時間が早く終わっちゃうところが多くて焦る! しかも入浴料が500円〜1,100円と差が激しい!

おおるり山荘

すっかり冷えてしまったので、急いで近くの【おおるり山荘】へ。17時まで(退館)、500円でした。硫黄のにおいがタオルやらに染み付いて、「あ〜、温泉に入った!」って感じ(´ω`*)

今回たどり着けなかった西ノ湖・千手ヶ浜や、湯ノ湖周辺、光徳沼(光徳温泉)などなど、まだまだ歩いていないところがたくさんあります。
男体山や女峰山などの登山もしたいけど…体力的に、一ヶ所ずつかな。一週間は奥日光に山ごもりしないといけないなぁ(笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月01日【奥日光・竜頭ノ滝
・2013年11月02日【奥日光・戦場ヶ原
・2013年11月03日【日光二荒山神社 中宮祠


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 栃木