2013年11月01日

奥日光・竜頭ノ滝

栃木のNさんと待ち合わせ、初対面のTさんLさんご夫妻とご一緒させていただいて、竜頭ノ滝を見に行く事になりました。
日光には何度も訪れているのですが、実は竜頭ノ滝を見るのは初めて。というのも、だいたい日光に下りて来る頃は紅葉シーズンで平日・休日に関係なく混んでいるので駐車場に停める事ができなかったりして景観を楽しむだけで通過していたのです。

竜頭ノ滝は駐車場(滝の上と下に2カ所)無料。この夜型のわたしが頑張って夜明け前行動ですよ!!!お陰さまで悠々と停められました。
昨夜は寒さも心配したほどではなく、満天の星空が広がって、とーっても綺麗でした・*:.。. .。.:*・゜゚・*

竜頭ノ滝(中禅寺湖) 竜頭ノ滝(茶屋からの眺め)

で、早朝5時に起床。1日で一番寒い時間帯です。ダウンを貸してもらってガタガタ震えながら竜頭ノ滝へ。
なんで早朝かというと、地元民のNさん情報によると竜頭ノ滝に朝日が当たると「龍が天に昇るよう」だというのです。しかし、そのNさんも竜頭ノ滝を見に来るのは30年ぶりらしく、記憶が定かではないそうで(笑)周辺の木々がずいぶん育っていることに不安になってきた。
(左の写真は中禅寺湖方面の雲海。右の写真@竜頭ノ滝は、↓の茶屋から撮りました)

竜頭ノ滝(茶屋) 竜頭ノ滝(観音堂)

ネットで調べたら日光の日の出は6時4分。まだ時間があるので【龍頭之茶屋】で甘酒(300円)を。さすが紅葉シーズン、もう茶屋が開いているとは思いませんでした!しかも、お客もどんどん来ます。

茶屋の隣に鎮座する、【竜頭ノ滝】の名の由来でもある【龍頭観音】様にもお参り。龍頭観音は三十三観音のひとつで、雲の中の龍に乗っている姿で現され、天に昇り和合するといわれています。

竜頭ノ滝(紅葉) 竜頭ノ滝(中禅寺湖)

とっくに6時を過ぎたのにまだ陽が昇らないなぁ〜・・・と、店内で寛いでいるうちに、お山に朝日が当たって来た! また展望台へ戻ります。階段がツライ(´д`;

しかし、ここで気づいた。太陽の昇る位置、更にそもそも谷間なので、朝日が滝に当たるのはだいぶ後じゃないのかと。

竜頭ノ滝(展望台) 竜頭ノ滝

7時まで待ってみましたが朝日が当たるにはほど遠く・・・。寒さもあって、ここで断念しました(´д`;
夏なんだろうな、きっと・・・。滝にモヤがかかって幻想的ではあったのですが、この辺りは紅葉も終わっていたのでちょっと不完全燃焼でした。

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:00 | TrackBack(0) | 栃木

2013年11月02日

奥日光・戦場ヶ原

竜頭ノ滝のあと軽く朝食をとり、戦場ヶ原を三本松〜光徳入口〜小田代橋〜泉門池〜青木橋〜湯川〜赤沼までトレッキング。どれくらいの距離があるのか誰も知らないので(笑)、今回は湯ノ湖はパス。自分ひとりだったら行ってたな(´▽`ゞ←いつも無計画
次回は光徳沼&光徳温泉にも行こう♪

まずは写真のみで失礼しますm(_ _)m

戦場ヶ原(早朝) 戦場ヶ原(案内板)


戦場ヶ原(三本松からスタート) 戦場ヶ原(光徳入口)


戦場ヶ原(赤い川) 戦場ヶ原(清流 湯川)

(左)赤い川 (右)湯川
湯川の上流はカワマスの産卵場所でもあるらしい。ちょうど今の時期のはずなんですが、1匹も見かけなかった。

戦場ヶ原(泉門池) 戦場ヶ原(霜柱)

まだ、あちこちに霜柱が立ってました!

戦場ヶ原(昔の山の名残) 戦場ヶ原(パノラマ)


戦場ヶ原(蛇とムカデの闘い) 戦場ヶ原(湯川)

【戦場ヶ原】の名前の由来(日光二荒山神社 中宮祠[男体山大蛇御神像]解説より)

昔々、男体山の神が大蛇に変じ、赤城山の神がムカデに変じて領地争いを行ったといわれています。
赤城山のムカデに攻め寄られた時、弓の名手「猿丸」の加勢を受けて、男体山の大蛇はみごと赤城山の大ムカデを撃退し勝利しました。
戦いが行われた所を「戦場ヶ原」、血が流れた所を「赤沼」、勝負がついた所を「菖蒲ヶ浜」、勝利を祝い歌った所を「歌ヶ浜」、また負傷したムカデが弓矢を地面に刺すと湯が噴き出し、その湯で傷を癒したことから「老神温泉」といわれています。

大蛇を「オロチ」とも言いますが、「オ」は峰、「ロ」は助詞、「チ」は神霊を意味し、古代人は蛇のとぐろを巻いた姿が山に見えることから、オロチを山の神と称えたといわれています。
勝利した男体山の大蛇は「勝利」「金運」の守護神とされています。


撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:00 | TrackBack(0) | 栃木

2013年11月03日

日光二荒山神社 中宮祠

竜頭ノ滝戦場ヶ原と続いて【日光 二荒山神社】へ参拝しました。ブログ上では3日に分けてますが実際はすべて11/2の出来事です(´▽`ゞ
紅葉シーズンの休日とあって観光客も多く、キャンピングカー3台でのキャラバンだし、きっと停められないだろうな〜と半ば諦めていたのですが、バラバラで停める事ができました!ご縁があったんだな〜なんて思ったりしてヾ(´▽`*)ノ

二荒山神社(1) 二荒山神社(2)

中宮祠中門(重要文化財)の背後にそびえる男体山。反対側は中禅寺湖が望めます。
日光二荒山神社ってピンポイントでここのことだと思っていたら、すっごく広かったんですね。ここは【中宮祠】で、本社、別宮(本宮神社)、重要文化財・神橋も境内に含まれるらしい。
ちなみに、男体山の山頂にある奥宮と日光山内にある本社の中間にあるので、中宮祠と呼ばれているそうです。天応2年(782)、勝道上人による男体山登頂の後、延暦3年(784)に建立されました。

さらにややこしいことに、日光二荒山神社(にっこう ふたらさんじんじゃ)と宇都宮二荒山神社(うつのみや ふたあらやまじんじゃ、- ふたらやまじんじゃ)があります。
日光二荒山神社は下野国一宮、なのに宇都宮二荒山神社も下野国一宮。えっ、一宮がふたつ!? 困った時はWiki参照!(笑)
日光二荒山神社 / 宇都宮二荒山神社 - Wikipedia)

ご祭神は、男体山(二荒山)=大己貴命(おおなむちのみこと/大国主命)、女峯山=田心姫命(たごりひめのみこと)、太郎山=味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)。

二荒山神社(4) 二荒山神社(3)

(写真:左)【良縁の松】と、恵比寿様。
(写真:右)左側に本殿と、【幸福の杜】。この辺りの紅葉が最も色鮮やかでした!
本殿をはじめ、透塀(すきべい)、唐門、拝殿、浜鳥居など重要文化財が多く、見応えあります。

二荒山神社(5) 二荒山神社(6)

【幸福の杜】内には、厄落としの【カワラケ割り】や【幸運神社】などがあります。散策路としてはかなり狭いので、あんまりゆっくりできそうにないな〜と思いつつ入ったけど案外すいてました(´▽`ゞ

男体山への登山道は、既に閉山されていました。登拝門でご挨拶だけして、来年には奥宮にも参拝したいな〜という意味も込めて、御朱印も中宮祠と本宮のみにしました。(ここで全種類の御朱印がいただけます)

東京に住んでいた頃も含めて何度も日光に来たことあるけど、あんまりゆっくり観光できてなかったのでNさんに案内していただけてよかったです♪
また2〜3日かけて散策したいヾ(´▽`*)ノ

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 22:18 | TrackBack(0) | 栃木

2014年05月11日

ろまんちっく村でお食事

うつのみや ろまんちっく村】は広い。とても広い。マリリンとのお散歩にも事欠かないし、お風呂もあるし、何といっても森に囲まれているから心地いいヾ(´▽`*)ノ
(ただ、ワンセグは入りづらい・・・)

道の駅ブログ(全国道の駅情報+SOTO+)の方に書ききれないので、お食事のみこちらでご紹介♪

麦の楽園(ポークハンバーグ) 麦の楽園(ビーフハンバーグ)

地ビールレストラン【麦の楽園】。隣がブルワリーで、ガラス越しに製造の様子を伺えます。そのビールの写真がないとは、これいかに・・・(´▽`ゞ

写真:左=とちぎゆめポークハンバーグ、右=栃木牛ハンバーグ。ハンバーグには、やっぱりある程度の脂分があったほうが美味しく感じるかな? ポークハンバーグのタレはさっぱりポン酢系♪
つけあわせ、ジャガイモがあるからサツマイモはいらないと思うの。芋ダブルはおなかいっぱい・・・。

麦の楽園(ウィンナー盛り合わせ)

ビールに合うサイドメニューの定番、ウィンナー盛り合わせ。辛いものがNGのおとーさん、1本しかない辛〜いチョリソーを見事にゲット(>д<;

霧降高原牛のステーキ(写真がなくてすみません・・・)は、ちょっとスジばって噛み切れないというか飲み込めないというか・・・。味はよかったので、そこが残念。

去年と比べると、メニューの数がだいぶ絞られました。地ビールも【麦太郎】【麦次郎】【餃子浪漫】【黒ビール(チョコレート)】しかなかったし。
個人的には【麦太郎】と【餃子浪漫】が好み(´ω`*) 【麦次郎】はスッキリしてるので、ちょっと物足りないかなぁ。
そうそう、「餃子に合うように」と開発された【餃子浪漫】なのに、レストランに餃子はありません(爆)


ゆず庵(ビールと山芋磯辺揚げ) ゆず庵(生ゆば、山かけ鮪、山芋磯辺揚げ)

お次は【ヴィラ・デ・アグリ】(温泉宿泊施設)内のお食事処【ゆず庵】。
こちらにも地ビールがありますが、生ビールは【麦太郎】【麦次郎】のみで、【餃子浪漫】はビンになります。ほんのちょっとの距離だけど、一旦樽詰めするせいなのか【麦の楽園】の方が美味しいような気がします。

写真:右=左上/山芋の磯辺揚げ、右上/生ゆば、下/鮪の山かけ。

ゆず庵(お刺身の盛り合わせ) ゆず庵(白玉餃子)

左=お刺身の盛り合わせ、右=白玉餃子。何故か、フツーの餃子はここにもない(笑)
白玉粉で包んで揚げてあり、モチモチしてます。腹持ちがいいのでツマミとしては、ちょっと重い。

ゆず庵(鶏かぶと揚げ)

鶏かぶと揚げ。「かぶと」揚げ、っていうから「まさか・・・」と思ったけど半身揚げみたいな感じ(´▽`ゞ 外はカリっと衣もサクっと、中はフンワリジューシーでした。

どちらのレストランとも、お会計の際【湯処あぐり】で利用できる20%割引券がもらえます。入浴料510円のところ、400円になります〜(*^_^*)

* お ま け *
日光いろは

「生産が追いつかない」ということで【麦の楽園】でも休止している【日光いろは】、物産館で販売していたので購入しました。確か、1本620円。他の地ビールは520円だったのに、これだけ高い。
琥珀色で、ちょっと苦みが利いてます。すっきりしてるのに飲み応えがある、しっかりした味わいです。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*過去ブログより*
・2012年06月05日【ろまんちっく村
・2012年11月18日【ろまんちっく村の地ビール


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:48 | TrackBack(0) | 栃木

2014年05月18日

多氣山不動尊・大火渡り祭

多氣山(たげさん)不動尊】で行われた【大火渡り祭】の模様を、写真をメインにお送りします☆

多気不動(1) 多気不動(2)

【多氣山 大火渡り祭】は今年で「第7回」とのことで、こちらでの開催が始まったのは最近なんですね。

多気不動(3) 多気不動(4)

正式には【柴燈大護摩供多氣山大火渡り祭】。

柴燈護摩(さいとうごま)とは、修験道に伝わる、野外で行う大規模な護摩祈祷です。当山では、昨年(2013年)高尾山より徒歩にて持って参りました修験の法燈を用いて御護摩を御修行します。
(公式サイトより)

高野山などから修験者(行者)さんたちが大勢集まっていました。
しかし、いわゆる観光客(見物人)はまばら。意外と知られてないのかなぁ〜などと、ちょっと寂しく思っていました。

多気不動(5) 多気不動(6)

ほら貝の奏上とともに修験者さんたちが列をなし、本堂へ。般若心経を唱えたところまでは解ったのですが、ほかはマントラ?お経?・・・錫杖のシャンシャン♪という音は破魔の役割があるのでしょうか、いい音だなぁ〜(*´∀`)

多気不動(7) 多気不動(8)

本堂からまた下りて、ぞろぞろ移動。どこに行くのかな〜と思いながら後を付いて行ったら・・・火渡りをする場所はここでした!
まるでイベント会場のようにテントや屋台も出てるし、見物人もたくさん!みんな、ここで陣取ってたのね〜(^o^;

多気不動(9) 多気不動(10)

しばし挨拶とか儀式的なものがあり、いよいよ着火!灯油かなにか浸してあるのか、もの凄い燃えよう!

多気不動(11) 多気不動(12)

30分ほどして火が落ちついたら、ヒノキで炭を払って火渡りの準備完了。何やらまた儀式があり、満を持して大僧正が気合いとともに熱々の灰の上を走り抜ける!
この場にはふさわしくないのかも知れないけど、思わず歓声と拍手が沸き起こりました。

多気不動(13) 多気不動(14)

続いて、行者さんたちが次々に榊やお札を抱えて火渡り。こうして清められたお札はこの場で授与(販売)されます。
また一般客も除災開運・無病息災の御利益を得ることのできる修行として火渡りすることができ、御守を授与されます。

そんなに火渡りする人いないだろう・・・なんて思ってたら大間違い!老若男女、長蛇の列!この炎天下、ただ観てるだけでもジリジリ焦げるのに、陽炎ゆらめく灰の上をナゼ好き好んで・・・。

って、実は渡る気満々で来ていたのですが(^▽^;、あまりにもアトラクションみたいに渡る人々を見ているうちに萎えてしまいました・・・。

多気不動(15) 多気不動(16)

あんなにたくさんいた人たちが、火渡りが終わったらさっさといなくなったのも寂しかった。そこだけなのね・・・。
とはいえ数々の儀式の内容も理解できてないので、ちょっとした解説とかチラシみたいなのを配ってほしかったかな。

例えば火渡りの最中、ずっと2時間くらい行者さんたちがマントラを唱え続けていたのだけど、その「オンバロダヤソワカ」(と聞こえた)の意味も解らないし。

マントラ(真言 - Wikipedia)=呪文みたいなもので、意味よりも「音」を重要視するようです。

ちなみに不動明王のマントラは「ノウマク・サマンダ・バザラダン・センダマカロシャダ・ソワタヤ・ウンタラタ・カンマン」です。


撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 21:54 | TrackBack(0) | 栃木

2014年05月27日

宇都宮・大谷観音

もう10日も絶ってしまいましたが(爆)、大谷寺(おおやじ)の【大谷磨崖仏】(国の特別史跡および重要文化財)を見に行ってきました。
本日も写真メインで失礼しますm(_ _)m

大谷寺(平和観音) 大谷寺(採石場跡)

この一帯はかつて採石場(大谷石採石場)として栄えていたらしい。宇都宮というと都会のイメージしかなかったので、こんなところがあったとは驚きました。

この平和観音は新しいっぽいな〜とは思ったのですが、機械で掘ったのではなく総手彫り!像高26.93m、胴回り20mですよ!
太平洋戦争の戦死者を悼み、昭和23年(1948)から6年に亘って彫られたそうです。大谷寺とは直接的な関係はないらしい。
大谷平和観音 - Wikipedia

大谷寺(1) 大谷寺(2)

大谷寺は大谷石凝灰岩層の洞穴内に堂宇を配する、日本屈指の洞窟寺院。堂々たる佇まいは圧巻です。
大谷寺 (宇都宮市) - Wikipediaより)

大谷寺(3)

大谷資料館は入場料300円。大谷岩陰遺跡の出土物や、ご本尊でもある【大谷観音】と称されている千手観音を拝めます。
千手観音は凝灰岩の岩壁に彫られており、高さは4m! 弘仁元年(810)に「空海が千手観音を刻んでこの寺を開いた」との伝承が残っているとか。凝灰岩という性質上、だいぶ風化が進んでいます。

内部は撮影禁止なので、ポスターのみで失礼します(^_^;

大谷寺(5) 大谷寺(4)

裏手には日本庭園があり、ほっと一息。池の中心には弁天様が祀られていました。2体の白蛇の像には、弘法大師にまつわるある伝説が。
詳しくは現地の説明板をお読みください(笑)

大谷寺(御止山の案内板)

1日で3カ所、急ぎ足で回ったので次回また機会があれば、ゆっくり御止山(おとめやま)へも登りたいな。


* 参 照 *宇都宮観光コンベンション協会

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 17:07 | TrackBack(0) | 栃木

2014年05月28日

長岡百穴古墳

長岡百穴古墳(1) 長岡百穴古墳(2)

こちらも10日ほど前になりますが、栃木県指定文化財【長岡百穴古墳(ながおかひゃくあなこふん)】を見に行ってきました。
軽石凝灰岩(ぎょうかいがん)の岩肌をくりぬくように52の石室が掘られています。

長岡百穴古墳(3) 長岡百穴古墳(4)

7世紀前半の横穴式古墳と推定されていますが、穴の中の観音像などは、後世に掘られたものらしいです。
横穴の大きさは1m四方くらいで奥行きは2mくらい。昔の人は小さかったとはいえ、この石室で彫刻作業をするのは姿勢が辛かっただろうなぁ。

長岡百穴古墳(5) 長岡百穴古墳(案内板)

新しそうな観音堂も建っていました。
長岡百穴 - とちぎふるさと学習(栃木県教育委員会)】で、長岡百穴古墳にまつわる4つの民話を紹介していて、その中に「百穴には百観音寺という立派な寺院があった」らしいことが書かれていました。それで近代になって建てたのかな?

相変わらず予備知識なしで行ったので、ブログを書くにあたり今ネットで調べたのですが(笑)、それぞれのサイトに掲載されている写真を見ると・・・どうも、ここだけではなかったようです。駐車場も狭かったし。
そーだよねー、Nさんと「百はないよねー」「八百万(やおよろず)みたいに、たくさん、って意味じゃないですか?」な〜んて話してたんです(^▽^ゞ
ぐるっと周辺を廻ってみればよかったな。

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 22:24 | TrackBack(0) | 栃木

2014年05月31日

那須でミニオフ

キャンプ場(1) キャンプ場(2)

いつもお世話になってる栃木のNさんと、初対面となるMさんJさんご夫妻と、3年ぶり?二度目ましてのGさんと【ファミリーパーク那須高原】でミニオフ。わたしとしては珍しいキャンプ場利用。それも過去最高、史上かつてない高規格キャンプ場。【有野実苑】以来だな(´▽`;)
電源&水道付きです!

アクアヴィーナス

那須は道が狭いため、乗用車に便乗させていただいて、あちこち連れて行っていただきましたm(_ _)m
まずは温泉。当初予定していたところが満車だったため、【ホテルサンバレー那須】に変更。
す〜っごく広いのですが時間があまりなかったので2種類のお風呂にしか入れず。3つも源泉があるのに! ん〜、残念。

苔屋(1) 苔屋(2)

翌日、那須にはおしゃれな雑貨屋さんがたくさんある!ということで、その中から何軒かおすすめを案内していただきました。
こちらは【苔屋】。わたしが苔好きだって覚えてますかー?(笑)いろんな種類の苔がパックで販売されていて、寄せ植え用の各パーツ(流木とか器とか植物類とか)も揃っています。苔玉やミニ盆栽つくり体験もできるんです。
いいな〜、将来はこういう暮らしもしたいな〜(*´▽`*)

カシュカシュの森 ふじもじMilkyBox

【カシュカシュの森】という、小さな雑貨屋さんが立ち並ぶエリア。雰囲気が、富良野っぽい。
写真:右は【雑貨feふじもじ屋】のパン【Milky Box】。「郡山のソウルフード」と書いてあったので気になって購入(笑)
とっても柔らかい!そっとつまんだのに「ふにゅっ」て!
上に乗ってるクリームも、なめらか〜でとろ〜っとしてます。今日はプレーンのみでしたが、季節の果物や野菜などのフレーバーもあるそうです。

まだ2〜3軒しか見てなかったけど「お昼を食べにいくから帰ってこ〜い」とGさんから呼び出し。

麺亭コバ 麺亭コバ 味噌ラーメン

これまたオシャレな【麺亭コバ】(リンク先は【食べログ】です)。ラーメン屋さんとは思えない。
さっきのパンを食べた後だから、「半分」にしてもらえばよかったー(´▽`;)Jさんが「半分」でオーダーしてたのですが、それでも器は普通サイズに見えた。

味噌ラーメンは野菜たっぷり、スープはちょっぴりピリ辛でした。うまみラーメンが気になったんだけど、口の中を火傷しそうな気がしたのでやめました(´▽`;ゞ

利き酒会(那の香) 利き酒会(メニュー)

そして夜。今回お誘いいただいたメインの目的は、ペンション【那の香】での利き酒会!(笑)
【与一会】といって、「31日」の恒例イベントなんだそうです。

利き酒会(お料理) 利き酒会(天鷹)

天鷹酒造】の社長みずから各テーブルにお酌して回って、説明もしてくれました!
有機栽培のお米を使用したオーガニック清酒がイチオシ。10種類も用意してくれていたので、全制覇するのが大変!(笑)おちょこに1杯ずつでも10杯となるとけっこうな量。案の定、後半はだいぶご陽気に・・・ (´ω`*)

純米吟醸【下野和醸(しもつけわじょう)】が好みの味だったような気がします。ラベルの写真を撮ってたから(笑)
普段は鞄の中にノートとペンを入れてるのに、こういう時に限って持ってきてないというね・・・。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:27 | TrackBack(0) | 栃木

2014年06月01日

楽園ファーム

動物好き、自然(ロハス)な暮らし大好きなNさんが前々から「いいとこなんだよ!」とオススメしていた【楽園ファーム】、ついに訪問することができました(*´▽`*)

楽園ファーム(ご自宅) 楽園ファーム(牧場?)

「やまざるさん」が自分で建てたログハウス。内観をお見せできないのが残念!とってもオシャレで味があります。にゃんこちゃんも梁とか自由に歩き回ってます。

にゃんこ&わんこ以外にも、広い敷地には、馬/ポニー/羊/ヤギ/うさぎ/豚/鶏などなど・・・!
貢ぎ物を配るのに忙しくて写真を撮る暇がなかったです、すみません(´▽`;ゞ

楽園ファーム(お馬さん) 楽園ファーム(豚さん)

Nさん持参の人参&キャベツ(貢ぎ物)でお近づきに♪ いや、近すぎるわヾ(´▽`;)
豚さんは、とても大人しいです。それにしても【黒い弾丸】とかネーミングがみんな面白い。

楽園ファーム(美ヤギ) 楽園ファーム(ヤギ&ヤギ)

なんですか、この撮られ慣れた感じの美ヤギ(メーちゃんかな?)。
キャベツをまんべんなく食べてもらうのが難しいのです。わたし、ノーコンだから(爆)

楽園ファーム(うさぎ) 楽園ファーム(うさぎの赤ちゃん)

うさぎはさすがに警戒心が強くて寄って来てはくれません。うさぎの赤ちゃん、初めて見ました!!
ちょっとしたふれあい牧場より楽しかったです (´ω`*)

動物たちの生き生きとした様子は、やまざるさん&スーさんのブログ【山奥で家族と動物の楽園創ってます】で毎日見れますよ〜(っと、プレッシャーをかけてみる)

苗をいただきました

*オマケ*
トマトとバジルの苗をいただいちゃいました!ヽ(* ´ ▽ `* )ノ
無事に収穫に漕ぎ着けられればいいのですが・・・。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 18:17 | TrackBack(0) | 栃木

2014年11月01日

わんこ連れ女性キャンパーろまんちっく村ミニミニオフ

ろまんちっく村 ろまんちっく村

道の駅【うつのみや ろまんちっく村】にて、毎度お馴染み(笑)栃木のNさん&茨城のTさんとで、わんこ連れ女性キャンパーミニミニオフ会です♪
ろまんちっく村は何でも揃ってるからよく利用させてもらってます(´ω`*)
(注:右の写真は一昨年のものです・・・)

まずは茨城のTさん&愛犬イルフリートくんと【里のエリア】ドッグラン周辺をお散歩♪(マリリンは車内で寝てた・・・)

麦の楽園(1) 麦の楽園(2)

【湯処あぐり】で入浴後、お仕事帰りのNさんが19時合流、地ビールレストラン【麦の楽園】で晩餐会♪
ここはお肉がメインなので、ベジタリアンのNさんが唯一頼りにしていた湯葉丼がメニュー改変でなくなっててショック!(;つД`)
付け合わせの野菜やサイドメニューで凌いでもらいました・・・。

今回のメニュー改変で、「餃子に合う」地ビール【餃子浪漫】がありながら餃子がなかったのが、ついに登場しました! モチモチの白玉餃子♪(しかし何でオーソドックスな餃子を出さないのか・・・レストランのコンセプトに合わないのか?)

ちなみにNさんとTさんは今日が初対面です。わんこ連れ、それもキャンピングカーを運転する女性同士ということで、話題はもっぱら犬とキャンピングカー(≧∇≦)
閉店時間までお喋りして、更に我が家で二次会! あやうく午前様になるところでした(´▽`;)

3キャンパー イルくんとマリリン

翌朝は小雨が降ったり止んだりで不安定。3キャンパー並べて記念撮影(笑)
Nさんちのスエさん&アルちゃんは車内から「出たいよ〜〜〜」とばかりにこっちを見てた(*´▽`*) 元気よすぎるから、なかなか出してもらえない(笑)

イルくんは、実は元捨て犬で虐待された過去もあったりして、臆病で過敏。でもTさんの愛情をいっぱいうけて1年半、ここまでコミュニケーションがとれるようになりました(*´Д`*)
目が見えない犬と会うのは初めてだから、「遊ぼう!」ってポーズにも無反応、駆け寄っても我が道をゆくマリリンに戸惑ったんじゃないかな(´▽`;) ゴメンネ。

お仕事の都合でNさんはここでお別れ(ToT)ノシ

そば処くにもと

お昼ご飯は、【そば処くにもと】で。ここは初めて。実はそれほど期待してなかったんだけど、三たて蕎麦で味がしっかりしてて美味しかった! ただ、麺の切り方が雑で太かったりくっついてたりしてたのが惜しい。

久しぶりの女子会(いくつまで女子って言うつもりだ)!? 楽しかったです〜ヾ(*´▽`*)ノ
是非また集まりましょう♪

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:52 | TrackBack(0) | 栃木