2014年06月22日

れっつ★ロミロミ♪

ロミロミ(1) ロミロミ(2)

またもや十和田のMさんの紹介で、先日お世話になった花穂(かすい)のYさんとMさんに同行させていただくかたちで「ロミロミ」初体験してきました!

ロミロミ(Lomi Lomi)とは、古代ハワイアンが医療として行っていた伝統的な癒しの方法。「ロミ」とはハワイ語で「もむ、押す、圧迫する」や「マッサージする(英訳)」という意味で、もともとは医療行為として発達していたものが、現在ではリラクゼーションマッサージのひとつに数えられています。

体の中の「生きるための循環機能」つまり気の流れや血液とリンパの流れを正常にするといわれ、体全体の健康を維持するには最適な方法だといわれているそうです。
ロミロミ - Wikipediaより)

相変わらず予備知識なしで行ったので、「どんなんだろうなー」ってワクワク。
清潔感あるお部屋の中はハワイアン音楽が流れ、好い香りが漂います♪

し・か・し・・・

全身オイルマッサージということで、基本おぱんつ一丁。ベストは「まっぱ」。
女同士だし、別にいいっちゃ〜いいんですけど、そこはね、温泉とかじゃないからさ、やっぱりちょっと恥ずかしい・・・。
でもそこはちゃんと気を配ってくれて、全身すっぽり隠れる大判のタオルをかけて、マッサージする部分だけめくって施術してくれます。

これがまた気持ち好い〜!(*´▽`*)
ボキボキする整体やカイロプラクティックみたいに痛くない。ただ、わたしの場合は凝りが酷くて、場所によってはちょっとゴリゴリ痛かった(´▽`;
リンパが滞って、むくんでるのが丸わかり。下着の跡もくっきり(´▽`;
力加減も絶妙で、ゆっくり念入りにほぐしてもらいました♪ ジーンズにちょっと余裕ができたよ!(笑)

ちなみに60分コースをお願いしました。凝り過ぎてて60分で治まらなかったのですが(すみません;;)「時間になったからと言って中途半端に止められない」「喜んでもらえることが、自分の喜び」という言葉が嬉しかった♪
とても明るくて朗らかで、でも芯のある力強い印象のある店主さんでした。

施術後は効果を持続させるため、お水をたくさん飲んでデトックスして、4時間は入浴しない方がいいそうです。オイルのお陰で全身しっとりしてるし、これをすぐ洗い流してしまうのも何だか勿体ない。
順番としては、入浴してから施術を受けると効果絶大らしい! 次回はそうしよう〜(´ω`*)


ロミロミ(チラシ)

こちらの【Ola Pono(オラポノ)】さんは本場ハワイで資格を取得しています♪
場所は三沢市です。Facebookで情報公開されてますよ〜。


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:45 | TrackBack(0) | 青森

2014年06月26日

高照神社(宝物殿)と岩木山神社

昨年に引き続き、今年もお参りしてきました(^人^)
2013年04月29日の記事【高照神社と岩木山神社】・・・「取り急ぎ、写真のみで失礼しますm(_ _)m」のままになってたよ、あっはっはヽ( ´ ▽ ` )ノ(笑って誤摩化せ!)

元はと言えば、昨年、おとーさんが無事に熊本に帰りつけますようにとお願いしてお札をいただいていたので、【岩木山神社】にお礼参りに行くだけのつもりが、今お世話になってる【弥生モーター】のOママさんが「高照神社には行った? 確か今、宝物殿がご開張されてるんじゃない?」と教えてくれたので、場所も近いし(昨年も参拝してるし)、これは「素通りする気じゃなかろうな?」って事かも知れないと思って(笑)

高照神社(1) 高照神社(2)

高照(たかてる)神社】(高照神社 - Wikipedia

昨年はGW期間中でまだ雪もたくさん残ってたし、誰〜もいなくて寂しい雰囲気だったのですが、今日は宝物殿目当てなのか平日なのに参拝客がチラホラ。

まずは拝殿にお参りして、宝物殿(入館300円)へ。高照神社宝物殿は、6月中旬〜9月下旬までしか開いていません(さらに火曜日定休)。建物も小さいし、それほど期待していなかったのですが・・・かなりのハイクォリティ!
マンツーマンで説明していただき、ひとつひとつ、感慨しきりでした。

そもそも【高照神社】は、名君と讃えられた弘前藩四代藩主・津軽信政公が祀られており、奥の院ともいうべき廟に今も眠っています。
津軽信政公と一緒に埋葬されていた調度品の数々、津軽地方を開拓した初代藩主・津軽為信公ゆかりの品々、武具、旗印や馬印、嫁いでこられた正室・側室にまつわるものまで多岐多様。

もうね、ここに書ききれないくらいたくさん教えていただきました。

・【高照神社】は墓所なので明治になるまで一般人は立ち入り禁止だった
・【高照】という名、吉川神道について
・津軽信政公の神葬の様子を忠実に描いた絵巻
・歴代藩主が奉納した絵馬(一部/拝殿にも飾られています)
・とある1日の料理の再現(写真)

・なぜか全国のお城の見取り図がある
・なぜか島原の乱の陣形図がある

展示品の中には国宝級の太刀や鎧などの武具、神様への報告書(?)などの書物や第一級史料レベルの手紙などなどがあり、保存状態もとてもいいです。
場所が狭いから展示してないだけで、実際はもっともっと文化財を要しているらしい。新しい宝物殿の建設を予定していて、完成はおよそ5年後になるらしいのですが、その折りには全部見られるんじゃないかな〜(*´▽`*)

宝物殿は撮影禁止なので写真がなくて申し訳ないのですが・・・そこは、是非ご自分の目で確かめていただくということで!(回し者か)


岩木山神社と岩木山 岩木山神社(2)

今日の本来の目的である【岩木山(いわきやま)神社】に着いた頃には16時近くになってました(´▽`;)

津軽国一宮。ご祭神である顕国魂神(うつしくにたまのかみ)、宇賀能売神(うかのめのかみ)が、どのような神様なのかはっきり判っていないそうです。一説には顕国魂神=大国主神(オオクニヌシ)の別称ではないかといわれています。

岩木山神社(1) 岩木山神社(3)

現存する社殿や楼門は江戸時代初期から元禄時代にかけて代々の弘前藩主が造営・寄進したもので、本殿・拝殿・奥門・楼門等が重要文化財に指定されています。
岩木山神社 - Wikipediaより)

来る6月30日は【夏越の祓】、茅の輪くぐりですよ〜ヽ( ´ ▽ ` )ノ

岩木山神社(白雲大龍神2) 岩木山神社(白雲大龍神1)

今日、はじめてお参りしました【白雲大龍神】。拝殿前のお水はここから流れているのかな? 水源は違うのかな?
いつも冷たくて美味しいお水をいただいています♪

岩木山神社(お稲荷さん) 岩木山神社(お稲荷さんと狛犬)

お稲荷さんなのに、狐じゃなくて狛犬が守っているのも珍しい? 前掛けが可愛い! マリリンに作ってあげたい!

祠にかかっている鈴がとってもいい音色なんですよ〜。


撮影:Nikon D60/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:44 | TrackBack(0) | 青森

2014年06月29日

ジェットスキー初体験!

先々週の東北オフ、先週のオートガードロッキーキャンプ会と2週連続でお会いしたTさんから、某温泉施設にいるところをキャッチしたとメッセージが(笑)

しばし世間話しつつ、Tさん「このあとジェットスキーに行くかどうか悩み中。晴れてればお誘いしたいところですが・・・」「ジェットスキー!いいですね(≧∇≦)」

うん、わたしね、社交辞令とか通用しないから。遠慮しないから。
「雨、やみましたね。行きますか?」「わーい!行きま〜す!\(*´▽`*)/」(笑;)

ジェットスキー(1) ジェットスキー(2)

はじめて間近に見るジェットスキー! Kawasakiです!
Tさんのお仲間にはレースで優勝するような方もいて、見ているだけでも楽しいのに、試乗させてもらえることに!
ウェットスーツまで貸していただいて(これがまた着るのが大変!)、いざ初タンデム!

ジェットスキー(3) ジェットスキー(4)

こちらのマシンに乗せていただきました。Tさんの私物ですよ!
スノーモービルしかり、スキーしかり、バイクモトクロスにバギーにカヌー、ヨットなどなど、青森のキャンパーさん達はホントに色んな遊びを満喫してるな〜と感心します。

お子さんもこんな恵まれた環境で羨ましいな〜。
「でも今日は家で勉強してます」
なんと!?Σ(°ロ°;) わたしだったら、テストより断然コッチだよ!(だから成績が・・・)

青森港風景 浅虫 湯ノ島

ちょっと雨がパラついて波もそこそこあるのですが、Tさんは慣れたもの。初心者を後ろに乗せてるから安全運転です♪

写真:左=【青森県観光物産館アスパム】や【青森ベイブリッジ】を海から望む♪
写真:右=浅虫温泉街に面した海岸に浮かぶ湯ノ島。

一時は波をザッパンザッパンかぶって、天に祈ってたくらいですが(´▽`;)浅虫方面に向かった頃は、雨も止んですっかり波も穏やかになり、アイドリング状態でプ〜カプカ♪

浅虫 湯ノ島の鳥居

いつも対岸から眺めてた湯ノ島の鳥居、こんな形だったのね〜! カッコイイ!ヽ( ´ ▽ ` )ノ
けっこう遠浅だったので、満潮時じゃないと上陸は難しそう。あとは思い切って海に飛び込むか(笑)

2時間ほどのクルージング(っていうのか?)でした。楽しかった〜(*´▽`*)
こういう体験は、なかなかできないので本当に感謝です!
今度は十和田湖とか小川原湖とか十三湖とかで、ジェットスキー&カヌーオフとかもいいですよね♪
Tさん、ありがとうございました〜!(^人^)


撮影:Nikon D60/最後の写真のみスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:35 | TrackBack(0) | 青森

2014年06月30日

フェリー乗船

青函フェリー青森港

【青函フェリー】で青森港から約4時間、函館に降り立ちました! ちょー快晴!\(^o^)/
これより約2ヶ月間、北海道を周遊します。宜しくお願いします〜♪

ウニとホタテ お刺身の盛り合わせ

その前に、もひとつ青森での出来事を。一昨日、チーム青森Dさん&Gさん&Sさんファミリーと、今季ラストの飲み会へ♪ Sさんの同級生が営む居酒屋に連れて行っていただきました(^人^)

ウニの時期を逃してしまった〜と密かに残念がっていたわたしを見透かすように、のっけからウニ登場!。・。・°★・。・。☆・°・。・°
しかも【田酒】まであるではないですか! なんというストライクなお店!(≧∇≦)b【楯野川】も美味しかったです♪ 日本酒と海の幸が美味しい〜幸せv(*´▽`*)

白モツ

こちらは珍しい【白モツ】。モツ系は飲み込みどころがわからないので苦手なんですが(^△^; コリコリしてて噛みやすく、タレも美味しい♪
焼き鳥の盛り合わせとか、鶏皮ギョウザとか、写真も撮り忘れてバクバク食べちゃいました(´▽`;)

その後はGさん馴染みのスナックでカラオケ〜♪
最近は二次会以降はソフトドリンクですよ。酔って唄うと廻りも早いからね!(爆)

楽しい晩餐でした!ありがとうございました(*^人^*)

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:50 | TrackBack(0) | 青森

2014年10月11日

十和田で宴会&赤沼・沼袋の名水と養魚場

十和田ミニオフ(1) 十和田ミニオフ(2)

苫小牧からシルバーフェリーで八戸に降り立ったのが、早朝5時前。久しぶりに朝日を拝みました(-人-)
チーム十和田が「お帰りなさい会」を開いてくれて、Dさん宅に集合♪ヾ(*´▽`*)ノ

写真:右=Yさんが準備してくれた超豪華オードブルと、写真の片隅にチラっと写っている馬刺!
(今日は「Kさん」が二人なので、Yさんに変更★)

十和田ミニオフ(4) 十和田ミニオフ(3)

Dさんの地元では、お祝い事や地域の集まりなどでよくご馳走されるというニジマスを用意してくれました!。・。・°★・。・。☆・°・。・°
川魚は苦手という方もいらっしゃるでしょうが、まったく臭みがなくて甘味があって柔らかく、とても美味しかったです♪ 特製酢みそをちょびっとだけ付けていただきます。

写真:右=缶ビールをグラスに注ぐ時には、飲み口の下を少し凹ませておくときめ細かな泡が立つ! とDさん。お試しあれ。

十和田ミニオフ(5) 十和田ミニオフ(6)

Kさんお手製のサンマのなめろうとピザ。この頃には既に日本酒に突入(笑) 日本酒好きが3人集まったのもあり、持ち寄ったアルコールは日本酒ばっかりというパラダイス★
お土産(もちろん日本酒)と、更に升までいただいちゃった!(笑)

ピザは翌朝いただきました(*^人^*) いやぁ〜、食事を作ってもらえるって幸せ!(*´▽`*)
たくさんご馳走さまでした!

沼袋の名水(全景)

翌日、Dさん夫妻と【沼袋名水公園】へ。以前も連れて来てもらって、昨年、記憶を頼りに探したんだけど辿り着けなかったんですよね・・・(´▽`;)
近くまでは行けたんだけど、道が狭くて入り組んでるというかややこしくて、Uターンできそうにないし諦めたんです。今回、行きやすいルートを教えてもらったんだけど・・・果たして来年、辿り着けるか!?

沼袋の名水(大沼神社) 沼袋の名水(湧水)

ここは、平成の名水百選【沼袋の水】が湧いています。
お水を汲める場所は3カ所くらいあるのですが、神社好きとしてはやっぱり大沼神社のすぐ脇から流れているココより他にないでしょう!(*´▽`*)

沼袋の名水(養魚場) クレソン

隣接して【沼袋養魚場】があり、昨夜の宴会でいただいたニジマスやイワナ、鯉などが養殖されています。この綺麗で美味しいお水で育ったお魚ですから、臭みがないんですね。
クレソンもこんなに元気がよくて立派!\(^o^)/
動物も植物も、命を育むのはお水ですね。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)/沼袋=Nikon D5100

*十和田周辺の過去記事*
・2010年10月15日【十和田オフ前夜@乙供(おっとも)
・2010年10月16日【十和田ミニオフ♪
・2010年10月17日【十和田 駒フェスタ
・2011年07月06日【十和田の熱い夜
・2013年06月01日【十和田の名水・沼袋の水
・2013年06月02日【十和田の居酒屋・肴や
・2014年06月11日【十和田ナイト★2014
・2014年06月15日【東北キャンピングカーオフ in 十和田


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:59 | TrackBack(0) | 青森

2014年10月12日

奥入瀬〜十和田湖遊覧船

十和田のDさん夫妻に十和田湖観光に連れて行っていただきました!ヾ(*´▽`*)ノ
紅葉はまだ早かったです。今度の週末くらいが見頃かな?
まずは写真のみ(大量!)で失礼しますm(_ _)m

車内 奥入瀬(1)


奥入瀬(2) 奥入瀬(3)

さすが連休なか日、奥入瀬は停められる場所もなく渋滞でした。

瞰湖台(1) 瞰湖台(2)

瞰湖台から十和田湖を一望!

十和田湖-休屋(1) 十和田湖-休屋(モーターボート案内)

休屋の駐車場に停めて(普通車410円)、散策〜。

十和田湖-休屋(昼食) 十和田湖-休屋(2)

昼食に、親子丼を。東北なのにおみそ汁が薄味でした。親子丼の味付けもとても優しい。お店の名前を忘れてしまった(´・ω・`)

十和田湖-休屋(クルーズ案内) 十和田湖-休屋(3)


十和田湖-休屋(遊覧船) 十和田湖-休屋(遊覧船グリーン室)

十和田湖は遊覧船のほかにもクルーザー、屋形船、またジェットスキー、カヌー、手漕ぎボート、スワンボートなど湖上に繰り出せる手段がたくさんあります!

十和田湖遊覧船(1) 十和田湖遊覧船(2)

しかし、そのお陰で湖面は常に波打っている状態です(´▽`;)

十和田湖遊覧船(3) 十和田湖遊覧船(4)


十和田湖遊覧船(5) 十和田湖遊覧船(6)


十和田湖遊覧船(7) 十和田湖遊覧船(8)


十和田湖遊覧船(9) 十和田湖遊覧船(10)


十和田湖遊覧船(11) 十和田湖遊覧船(12)


十和田湖遊覧船(13) 十和田湖遊覧船(14)


十和田湖遊覧船(15) 十和田湖-休屋(スワンボート)

こんなにたくさんのスワンボート、久しぶりに見たかも(笑)

十和田湖-休屋(開運の道/風の神) 十和田神社(参道)

湖畔の遊歩道【開運の道】で十和田神社へ。

十和田神社(巨木1) 十和田神社(手水舎)


十和田神社(境内) 十和田神社(拝殿)


十和田神社(熊野社と稲荷社) 十和田神社(占場の由来)


十和田神社(巨木2) 十和田神社(参道)


十和田湖-休屋(南部一の宮?) 十和田湖-休屋(りんごソフトクリーム)


十和田湖-子の口(遊覧船乗り場) 十和田湖-子の口(1)

子ノ口からも遊覧船が出航しています。

十和田湖-子の口(遊覧船) 十和田湖-子の口(2)


撮影:Nikon D5100/食事のみスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*参照サイト*
十和田湖国立公園協会
十和田湖遊覧船
十和田神社(十和田湖国立公園協会HP内)
十和田湖の展望台・展望地(MAPPLE観光ガイド)

*十和田周辺の過去記事*
・2010年10月15日【十和田オフ前夜@乙供(おっとも)
・2010年10月16日【十和田ミニオフ♪
・2010年10月17日【十和田 駒フェスタ
・2011年07月06日【十和田の熱い夜
・2013年06月01日【十和田の名水・沼袋の水
・2013年06月02日【十和田の居酒屋・肴や
・2014年06月11日【十和田ナイト★2014
・2014年06月15日【東北キャンピングカーオフ in 十和田
・2014年10月11日【十和田で宴会&赤沼・沼袋の名水と養魚場

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:37 | TrackBack(0) | 青森

2014年10月13日

東八甲田ローズカントリー(バラ園)

ローズカントリー(1) ローズカントリー(2)

またまた十和田のDさん夫妻と【東八甲田ローズカントリー】へ!
今日は「秋バラ鑑賞会」の最終日。ふくろうさんより「時期的にバラの花が盛りを過ぎててすみません」。
台風の影響が懸念されていたので、来場者もまばら。

ローズカントリー(3) ローズカントリー(4)

道向かいは【東八甲田家族旅行村】。スキー場もあります。

ローズカントリー(5) ローズカントリー(6)

名前だけじゃなくて、特徴なども看板に書いておいてほしいなぁ〜。

ローズカントリー(7) ローズカントリー(8)


ローズカントリー(9) ローズカントリー(10)

写真:左=プリンセスミチコは、どれ?
写真:右=コスモス???

ローズカントリー(11) ローズカントリー(12)

バラの摘み取り体験もできます。どれでも1本150円。
切り方などをレクチャーしてもらって、3棟の温室の中から自分の好みで選びます。

ローズカントリー(13) ローズカントリー(14)

つぼみが、ふんわりしているものが切り時なんだとか。固いものは咲ききらずに枯れてしまう可能性もあるそうです。なかなか難しい。
ここも特徴とか書いておいてもらえると役立つのにな。つぼみでも香るもの、香らないものがありました。

ローズカントリー(15) ローズカントリー(16)

切ったバラはお持ち帰り用に包装してもらえます。わたしも1本いただいちゃいました!(*´▽`*)

ローズカントリー(17) ローズカントリー(18)

園内には木彫り(チェーンソーアートかな)がいくつも置いてあります。可愛い♪

ローズカントリー(19) ローズカントリー(20)

〆には直売所でバラソフトクリームを(笑)これもDさんのオゴリ(*´人`*)
花系のソフトクリームは甘味より香りが強くて苦手なイメージですが、これは「香る」程度で美味しかったです♪

撮影:Nikon D5100

*七戸周辺の過去記事*
・2013年05月30日【七戸城址・天王神社・神明宮
・2013年05月31日【七戸・花松神社・NAMIKI
・2014年06月20日【お食事処 花穂(かすい)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:54 | TrackBack(0) | 青森

2014年10月14日

BESS青森・秋のアウトドアリビング体験会

BESS青森(1) BESS青森(2)

昨日、七戸の東八甲田ローズカントリーで薔薇を愛でた後、そのままDさん夫妻に連れられて【BESS青森】へ。
12・13日は「秋のアウトドアリビング体験会」開催。BESSオーナーさん達が「アウトドアクッキング in デッキカフェ」にシェフとして参加しているらしい!
何を隠そう、Dさん夫妻宅もBESSのログハウス! でも今回はわたしが遊びに来てるため、参加を見送ったそうです。す、すみません〜〜〜(-人-;)

BESS青森(3) BESS青森(4)

着いたら、まずはお昼ご飯に石釜ピザ作り♪ Dさん夫妻にお手本を見せていただきます★

BESS青森(5) BESS青森(6)

隣に子どもの熱い視線(「早く終わらないかな・・・」という)を浴びながら、トッピングの配置も適当になりつつも出来上がりは素晴らしい!?

BESS青森(7) BESS青森(8)

空腹が満たされたところで(笑)展示ログハウスを内覧〜♪
BESS青森には、5つのモデルハウスがあります。こちらは【カントリー】。薪ストーブに火が入っていて、とっても暖かかった!

BESS青森(9) BESS青森(10)

写真:左=薪ストーブといえば、薪割りが大変というイメージですが・・・
写真:右=まさかの、薪ストーブ型ファンヒーターもあります!(笑)

BESS青森(11) BESS青森(12)

こちらは落ち着いた雰囲気の【程々の家】。これで「程々」って(笑)

BESS青森(13) BESS青森(14)

和テイストが強めの【あきつ】ログハウス。

BESS青森(15) BESS青森(16)

事務所としても使えそうな、カスタマイズが楽しめる【ワンダーデバイス】。ここに住みたい(笑)リビングにドーンとエレちゃん(キャンピングカーRocky21)を入れるんだー(オイw)

BESS青森(石釜) Lumin Aid

「近所だから」ってことで、他所様のお宅の石釜を見に行ったりもしました(´▽`;) BESS青森にあるのと同じ石釜で、オーナーさん一人で作ったんだそうです!!

写真:右=そのオーナーさんの車内にあった【LuminAID ソーラー 充電式 LEDライト】。
「確か1,000円ちょっとだった」と聞いて、がぜん欲しくなってしまった(笑)んだけど、Amazonで3,500円くらいだった。断念(爆)

BESS青森(17) BESS青森(18)

で、またBESS青森に戻って、炭火でまったり。同年代オーナーさんが4〜5組集まって談笑しつつ・・・
ハッ!と気づいた。わたしリア充夫婦に囲まれてる!Σ(=ロ=;) (爆)

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:青森 BESS
posted by しう@SOTO at 23:21 | TrackBack(0) | 青森

2015年06月30日

思い出の田代平湿原

八甲田山の北東、十和田八幡平国立公園の北端に位置する高層湿原で、青森市の天然記念物に指定されている【田代平湿原】。ここは2006年に東北キャンパーオフ会で訪れた思い出の地です。
(2006年09月09日【田代湿原を散策】)

北八甲田観光案内図 田代平湿原(案内図)

八甲田山の火山活動(約200万年前)によってできたカルデラ湖が湿性遷移の進行によって湿原化したもので、湿原の多い八甲田山系の中でも最大の面積を誇ります。
この湿原は植物が枯死しても冷涼な気候のために完全に分解せず、有機物の状態で堆積する泥炭層となっているのが特徴です。
田代平湿原 - Wikipedia

湿原散策路は全長1,600m、約60分。の〜んびり行きますよ〜。

田代平湿原(鳥居) 田代平湿原(龍神沼)

遊歩道に入ってすぐに、鳥居が埋もれています。傾き方が、さらに酷くなってる・・・。綺麗だった沼も藻が繁殖しすぎてエライことに。

田代平湿原(1) 田代平湿原(2)

林の中を5分ほど進むと、湿原に到着です。さぁ、この風景の中からどれくらいお花を見つけられるかな〜・:*:・°
って、ぜんぜん咲いてない!?Σ(°ロ°;)

田代平湿原(3) 田代平湿原(4)

写真:左=何故か心惹かれる「モウセンゴケ」の大群生!
ところで2006年にはその名を知らなかった事が判明!Σ(°ロ°;) え、いったいいつからモウセンゴケ好きになったんだ!?

写真:右=名称不明。小〜さくて可憐な花です。榊みたい。

田代平湿原(5) 田代平湿原(6)

写真:左=ニンニクとかラッキョとはネギ科の植物かなと思ったけど、ひょっとしてショウジョウバカマの花が終わったところか?

写真:右=キンコウカは今から次々咲きますよ〜。

田代平湿原(7) 田代平湿原(8)

写真:左=ニッコウキスゲはここが最も咲いてました。これがマックス。
写真:右=草むらに隠れるように咲いているトキソウ。

田代平湿原(9) 田代平湿原(10)

写真:左=赤く見えるのはモウセンゴケなんです。
写真:右=アップで〜す。うん、なんで好きなのか分からないですよね。自分でもナゾ。
でもお花は白くて小さくて可愛い〜んですよ!8月くらいが見頃かな?

田代平湿原(11) 田代平湿原(12)

写真:左=お山が雲に隠れていなければ絶好のビューポイントなのになぁ。曇りなのと午後15時過ぎなのとで、スイレンの花は閉じてました。

写真:右=今回のベストショットは、こちらのツルコケモモちゃん!(*´Д`*)

今がちょうどお花シーズンのはずなんですが、全体的に少なかったです。先週(2015年06月25日)の【八幡平国立公園の湿原・大場谷地園】とは比べ物にならない・・・
カメラを携えた初老の男性と少しお話したところ、この十数年でもの凄く「荒れてきている」と感じたそうです。
植生が変わってきているというのもあるでしょうが、木道や案内板も老朽化が進んでるし、龍神沼もあの通りだし、もう少し整備や保護に力を入れてほしいところです。平日なのに観光客がけっこう多かったんですよ。

田代平湿原(おまけ) 八甲田温泉

写真:左=湿原入り口の空き地が一番のお花畑だったという(笑)
写真:右=帰りは【八甲田温泉】に入浴しました。リニューアルされたそうで、すっごく広くて立派な造り!外来入浴は17時までに上がらないといけないので要注意です。


↓ここからは植物に興味のある方だけご覧ください(笑)

田代平湿原(13) 田代平湿原(14)

田代平湿原(15) 田代平湿原(16)


*参照*田代平湿原・龍神沼|青森県観光情報サイト アプティネット

撮影:Nikon D5100


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:16 | TrackBack(0) | 青森

2015年07月02日

十和田キャンパー仲間さんと飲み会♪

北海道に渡るのに、青森港からフェリーに乗るか八戸港から乗るかで迷っていたのですが、青森Dパパさんの「マリリンと乗って帰ってきた八戸航路に一票」という意見を採用させていただきました(´▽`ゞ
平日にも関わらず、十和田メンバーさん達が2日連続で飲み会を開いてくれました! 感謝ヾ(*´▽`*)ノ

肴や(1) 肴や(3)

十和田と言えば、寿司居酒屋【肴や】!(リンク先は【食べログ】です)
久しぶりな気がしないメンツと美味しい料理&日本酒を前にして、写真も撮らずに食べ始めてしまいました(笑)

肴や(2) 肴や(4)

今が旬!岩ガキ、ウド、巨大ホッケ〜(´ω`*)
牡蠣が大好きなのに仕事の関係で食べられない、と嘆いていた十和田Dさん。「黙ってればバレないよ!」という周囲の悪魔の囁きにも負けなかったのに・・・後日、職場から「食べてもよかったのに」という衝撃の事実が明らかにΣ(*ロ*;)
次回はたらふく食べようね(ホロリ)

与作(1) 与作(2)

ここ数年でめっきり飲み方も弱くなったのですが・・・何年ぶりだろうか、「締めのラーメン」。
こちら【与作】(リンク先は【食べログ】です)の看板メニュー・・・それは「カツカレー」ラーメン!

え、食べた後だよ。2次会カラオケでカロリー消費した後じゃないんだよ。それも何故よりによって「カツカレー」ラーメン。がっつり「カツ」乗ってる。2〜3切れとかじゃない、まるっと1枚。重さで沈みかけてるレベル。

・・・とか言って、ペロっと食べられた〜 不思議〜(*´▽`*)。・。・°★・。・。☆・°・。・°
カレースープがあっさりしていて、ツルっと細麺だったのも食べやすかった。
飲んだ後には重いかな?と思ったけど、ぜんぜん大丈夫。むしろ美味しくいただきました!
そしてウコン(ターメリック)パワーなのか二日酔いなし!(笑)

昭和小路(1) 昭和小路(2)

明けて翌日はDさん家ログハウスで宅飲み♪
まずKさんと【昭和小路】(リンク先は【十和田市現代美術館】です)という、昭和中期をイメージした細い路地裏にある飲屋街の入り口にある【金龍食堂】(リンク先は【食べログ】です)へ買い出しに。
こちらは、あのご当地B級グルメ「バラ焼き」と「豚(トン)タン」が美味しいと有名なお店だそうです。店主さんがいわゆる「ガンコ親父」らしいのも昭和っぽい?

トンタン 七郎兵衛 純米吟醸

写真:左=豚タン、すごい厚切り! 仙台牛タンもビックリ。既に味付けされていて、あとは焼くだけの状態で販売してくれます。
コリコリとした歯ごたえがありつつも柔らかくて美味しい。ビールに合います!
特にタン元はサクサクっと噛み切れる。美味しいところをいただいちゃいました(´ω`*)

写真:右=日本酒ナカマ、Kさんが持ってきてくれた「七郎兵衛 純米吟醸」。うまいっ!(≧∇≦)
Kさんの勧める日本酒はハズレがないな〜。お土産にくれた秘蔵酒も楽しみだ〜 うひょ(笑)

いつもながら、とっても美味しかった&楽しかったです〜♪
ありがとうございましたヾ(*´▽`*)ノ


さて渡道は八戸港→苫小牧港へのシルバーフェリー、予定では夜間の最終便に乗るつもりだったので、三沢の【Ola Pono(オラポノ)】さんとこでほぐしてもらいたかったんですが(2014年06月22日【れっつ★ロミロミ♪】)、なんとフェリーが既に予約でいっぱいとのことで、急きょ昼の便に乗ることになりました(;つД`)
秋にまた来れるかなぁ?

ちなみに秋の帰路は青森港に降り立ちますので、青森チームの皆様、宜しくお願いします!(図々しい)


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*十和田に関する過去ブログ記事*
・2010年10月15日【十和田オフ前夜@乙供(おっとも)
・2010年10月16日【十和田ミニオフ♪】(ビアプラザ ピルゼンなど)
・2010年10月17日【十和田 駒フェスタ
・2011年07月06日【十和田の熱い夜】(ビアプラザ ピルゼンにて)
・2013年06月01日【十和田の名水・沼袋の水
・2013年06月02日【十和田の居酒屋・肴や
・2014年06月11日【十和田ナイト★2014】(寿司居酒屋【肴や】にて)
・2014年06月15日【東北キャンピングカーオフ in 十和田
・2014年10月11日【十和田で宴会&赤沼・沼袋の名水と養魚場
・2014年10月12日【奥入瀬〜十和田湖遊覧船
・2014年10月13日【東八甲田ローズカントリー(バラ園)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:34 | TrackBack(0) | 青森