2014年06月10日

日本三大鍾乳洞・龍泉洞

またしてもMacBook Pro不調で起動せず・・・(T△T) PowerBook G4で頑張ってます。とほほ〜

国指定天然記念物/日本三大鍾乳洞【龍泉洞
写真メインでお送りします!

龍泉洞(入口) 龍泉洞(地図看板)

別名:岩泉湧窟(いわいずみわっくつ)。総延長約1,200m、高低差約249m!
秋芳洞(山口県美祢市)・龍河洞(高知県香美市)と共に「日本三大鍾乳洞」の一つに数えられる。
龍泉洞 - Wikipediaより)

龍泉洞(石)

方角と時刻を表していると言う【五郎兵衛石】は、明治時代に岩泉村の三田地五郎兵衛が建立。五郎兵衛さんは龍泉洞の上にある【五郎兵衛穴】の発見者。

龍泉洞(2) 龍泉洞(1)

「ドラゴンブルー」と称される美しい地底湖は、龍泉洞地底湖の水として【名水百選】のひとつに選定されています。

龍泉洞(3) 龍泉洞(4)

洞内はとってもヒンヤリ。ほどよく湿度があるため、凍てつく寒さではないです。空気が冴えて、気持ちいい。

龍泉洞(6) 龍泉洞(8)

急勾配の細長い階段を下りたり上ったり。足腰が丈夫で、なおかつ高所OKじゃないとツライです(^o^;

龍泉洞(5) 龍泉洞(7)

どうやら【恋人の聖地】を意識しているようですが、写真に撮るとアヤシさ倍増なライトアップ(笑)

龍泉新洞(入口) 龍泉新洞(出口)

道向かいの【龍泉新洞】は「情報の流出を防ぐため」撮影禁止。そのせいではないでしょうが、入場者がほとんどいません。ちょっと怖い(^o^;

熊本の【球泉洞(きゅうせんどう)】に行った時は、研究員の方が「写真も動画もどんどん撮ってください。ネットにもどんどん載せてください(^o^)」って感じで好感度がかなり上がったんですけど(笑)、どうやらこっちは「マジのやつ」っぽい。
(2014年02月04日【九州最大の鍾乳洞・球泉洞】)

規模は小さいし設備もライトアップも必要最小限という感じ。ダイナミックさには欠けるけど、鍾乳洞としての見応えは引けをとらないと思います。フローストーン、カーテン、ストロー、石筍もいっぱいあるし。
ここから土器や石器、動物の骨などが出土しています。
岩手県内では最古のものと言われているらしく、地質学/考古学/洞穴学などから見ても貴重な資料であるため、撮影禁止になっているんですね。
【日本の地質百選】にも選定されています。


龍泉洞(渓谷2) 龍泉洞(渓谷1)

たっぷり2時間近くも満喫し、【Ponte(写真:右の建物)】で【初恋ソフトクリーム】を食べて(笑)、清水川の渓谷沿い遊歩道をマリリンとお散歩♪
天気はいまひとつだったけど、マイナスイオンたっぷり〜で美味しい空気いっぱい浴びました(*´▽`*)

その後は、お隣(1km弱)の【龍泉洞温泉ホテル】で日帰り入浴♪
道の駅【いわいずみ】から約8kmです(^_^)

近年では、同じ岩泉町内にある【安家(あっか)洞】が日本で最長の洞窟だと言われているらしいので、次回はそちらにも行ってみよう。
安家洞 - Wikipediaより)

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:12 | TrackBack(0) | 岩手
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99660318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック