2014年05月28日

長岡百穴古墳

長岡百穴古墳(1) 長岡百穴古墳(2)

こちらも10日ほど前になりますが、栃木県指定文化財【長岡百穴古墳(ながおかひゃくあなこふん)】を見に行ってきました。
軽石凝灰岩(ぎょうかいがん)の岩肌をくりぬくように52の石室が掘られています。

長岡百穴古墳(3) 長岡百穴古墳(4)

7世紀前半の横穴式古墳と推定されていますが、穴の中の観音像などは、後世に掘られたものらしいです。
横穴の大きさは1m四方くらいで奥行きは2mくらい。昔の人は小さかったとはいえ、この石室で彫刻作業をするのは姿勢が辛かっただろうなぁ。

長岡百穴古墳(5) 長岡百穴古墳(案内板)

新しそうな観音堂も建っていました。
長岡百穴 - とちぎふるさと学習(栃木県教育委員会)】で、長岡百穴古墳にまつわる4つの民話を紹介していて、その中に「百穴には百観音寺という立派な寺院があった」らしいことが書かれていました。それで近代になって建てたのかな?

相変わらず予備知識なしで行ったので、ブログを書くにあたり今ネットで調べたのですが(笑)、それぞれのサイトに掲載されている写真を見ると・・・どうも、ここだけではなかったようです。駐車場も狭かったし。
そーだよねー、Nさんと「百はないよねー」「八百万(やおよろず)みたいに、たくさん、って意味じゃないですか?」な〜んて話してたんです(^▽^ゞ
ぐるっと周辺を廻ってみればよかったな。

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 22:24 | TrackBack(0) | 栃木
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98226529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック