2014年04月25日

石見銀山の町並みを散策

2007年に世界遺産に登録された【石見(いわみ)銀山】。その町並みを散策してきましたので、写真をメインにお楽しみください♪
石見銀山 - Wikipedia

石見銀山資料館(1) 石見銀山資料館(2)

相変わらず、何の下調べもしていないので【石見銀山 世界遺産センター】で情報収集。ここの駐車場が一番広いので安心。
バスの発着所でもあります。大森〜新町〜代官所跡〜上佐摩〜と、およそ15分間隔で運行。

石見銀山 町並みマップ 観光案内所

世界遺産センターでおとーさんの軽バンに同乗して石見銀山の町並み地区へ。町並み地区内には車の乗り入れができませんし、ベロタクシーや自転車も一方通行です。

写真:右=石見銀山エリアのほぼ中心にあたる、石見銀山公園前の観光案内所。ここにベロタクシーやガイドさんがいます。
マイカーの方はこちらの駐車場(無料)に停められます。

石見銀山(自動販売機) 石見銀山(町並み)

写真:左=自動販売機(笑)

石見銀山(町並み) 石見銀山(屋根瓦)

ゆる〜い坂道なので、レンタサイクルは電動アシスト付きを選んだ方が無難(´▽`ゞ

石見銀山(町並み) 石見銀山(河島家)

写真:右=旧河島家(200円)
ほか勝源寺、熊谷家、龍源寺間歩、石見銀山資料館、五百羅漢は有料です。共通チケットもあります。

石見銀山(旧大森区裁判所) 石見銀山(川沿い)

写真:左=町並み交流センター(旧大森区裁判所)

石見銀山(観世音寺) 石見銀山(観世音寺)

小高い岩山の頂きに鎮座する【観世音寺】

石見銀山(観世音寺) 石見銀山(観世音寺からのパノラマ)

町並みを一望できる絶好のスポット!

石見銀山(案内板) 石見銀山(町並み)

写真:左=道路上に、このような案内板が点々と埋め込まれています。
土日祝日しか営業していない店舗が多かったのが残念。

石見銀山(町並み) 石見銀山(町並み)

写真:左=壁板が焦げているのはわざとで、焼く事によって強度が増し長持ちするんだそうです。

石見銀山(大森代官所跡) 石見銀山(城上神社)

写真:左=石見銀山資料館(大森代官所跡)
写真:右=城上神社

石見銀山(城上神社) 石見銀山(城上神社の天井画)

どっしりとした注連縄や、拝殿の天井画「鳴き龍」が迫力!

石見銀山(五百羅漢) 石見銀山(五百羅漢)

【五百羅漢】拝観料 500円
道路上から眺めるだけなら無料(笑)ちなみに、ここだけじゃなく道の反対側にもあります。


・・・と、急ぎ足で廻ったものの1時間かかって町並み地区を歩いただけ。これはほんの一部に過ぎず、メインの銀山地区、石銀地区と1日かけても廻れるかどうか・・・というくらい広いです。
山吹城跡、釜屋間歩、大久保間歩など徒歩でしか行けないところはちょっとしたトレッキングなみ。ゆっくりじっくり散策するなら1泊2日はほしいところ。

トレッキングの後は【温泉津(ゆのつ)】で入浴して疲れを癒す、と♪

さつまいもソフトクリーム 古代米(赤米)入りおにぎり

* お ま け *
世界遺産センター隣の物産館で、さつまいもソフトクリーム(300円)と古代米入りおにぎり(100円)をオヤツに購入。
さつまいもは濃厚でもったりしてて、お腹いっぱいに! 古代米(赤米)は固いのかなと覚悟してたけど、柔らかいしモチモチしてて美味しかったです(´ω`*)

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)/Nikon D60

* 参 照 *
島根県太田市 公式 観光情報総合案内処 - 銀の旅路
 石見銀山交通規制(パークアンドライドについて)
石見銀山資料館 公式サイト
しまねバーチャルミュージアム - 石見銀山
石見銀山ガイドの会

*過去ブログ*
・2011年05月19日【温泉津と書いて「ゆのつ」と読みます


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:24 | TrackBack(0) | 島根
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94052595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック