2014年04月24日

山陰の小京都・津和野の町並み

長門峡 こいのぼり

津和野の前に立ち寄った、道の駅【長門峡(ちょうもんきょう)】。裏手には清らかな清流と渓谷があり、夏などは格好の避暑地。川沿いには遊歩道もあるので散策にもちょうどいいです。
ここは【SLやまぐち】が運行していることでも有名。田んぼにも水が張られ、民家の軒先には大きな鯉のぼりが泳ぎ、長閑な風景が広がっています。

鷲原八幡宮(1) 鷲原八幡宮(流鏑馬馬場)

【鷲原八幡宮】(鷲原八幡宮 - Wikipedia
道の駅【津和野温泉なごみの里】から1kmくらいかな?

写真:右は、流鏑馬の馬場。全長約270m、鶴岡八幡宮の馬場を模して作られたものだそうです。日本において唯一原形を留めている馬場であるとして、昭和41年(1966)に史跡に指定されました。
地元の方がゲートボール? グランドゴルフ? してました(笑)

鷲原八幡宮(2) 鷲原八幡宮(3)

本殿、拝殿、楼門が国の重要文化財に指定されています。
駐車場も判りづらいし、あまり観光地化されてないので、訪れる人は少ないようです。ゆったりした空間です。

太鼓谷稲成神社(1) 太鼓谷稲成神社(2)

太鼓谷稲成神社
日本5大稲荷神社のひとつ(他4社は伏見稲荷大社・笠間稲荷神社・竹駒神社・祐徳稲荷神社)。「稲荷」の「荷」を「成」と表記する神社は全国でも唯一!? 「大願成就」の祈りが込められているといわれています。

写真:右=駐車場。津和野の町が一望できます!

太鼓谷稲成神社(3) 太鼓谷稲成神社(4)

安永2年(1773年)、津和野藩7代藩主亀井矩貞が、藩の領民安寧のために京都の伏見稲荷大社から勧請を受け、三本松城(津和野城)の鬼門に当たる太皷谷の峰に社を創建したのがはじまり。
太鼓谷稲成神社 - Wikipedia

津和野の町並み(1) 津和野の町並み(2)

津和野の町並みを散策するのは、2005年以来! その当時のブログたるや、ツイッターやフェイスブックなみの情報量(T▽T) ある意味、最先端を行っていたのか!?(爆)

駐車場はどこもだいたい1日400円。ちなみに、おとーさんの軽バンに便乗しました。

津和野の町並み(3) 津和野の町並み(4)

写真:左=【古橋酒造】 写真:右=津和野カトリック教会。

津和野の町並み(鷺舞)

【鷺舞い】の像。鷺を模した可愛らしい衣装で着飾った、地元小学生による行列【子鷺(こさぎ)踊り】は、平成26年7月20日(日)13:00〜 津和野小学校出発 / 7月27日(日)13:30〜 津和野小学校出発。


* 参 照 *
津和野町観光協会 ゆ〜うにしんさい

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:22 | TrackBack(0) | 島根
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93933933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック