2014年03月21日

第39回八女しゃくなげまつり

今年も行って参りました【第39回八女しゃくなげまつり】、初日から張り切って!(笑)
熊本・菊池は昨夜ずっと雨が降ったり止んだりでしたが、朝は晴れ間が見えて「今日は天気がよくなるぞ!」という空模様だったのに・・・山鹿〜県道13号〜鹿牟田峠を越えたあたりから、どんより曇天に。風もでてきて空気が冷たい!(>_<;)

矢部村直売所 天神水(鶴天神様)

会場までは、あとほんの2km程度なのですが、日向神ダム中腹にある矢部村直売所『出逢(であい)』でトイレ休憩。これもいつものパターン。
今日こそは名物の【よもぎまんじゅう】を買うぞ!・・・と意気込んだものの、おとーさんが既にオヤツ=よもぎ餅買ってた。菊池で(爆)他にも何故か大福と牡丹餅まで。え、お彼岸だから?(^x^;
写真:右=裏手にある湧水【天神水(鶴天神様)】。ペットボトル持って来なかった・・・。

しゃくなげまつり(1) しゃくなげまつり(2)

会場に着いたら、ポツポツ雨が・・・と思ったら雨粒がどんどん大きくなり・・・これって【あられ】じゃん!Σ( ̄ロ ̄lll) 時折、風も横殴りに吹くのでテント内に避難。
15分くらいかな? しばらくして雨が止んで、今度は陽が射して来た。なんだったんだ〜(´д`;

そんなに広い会場じゃないので、隅から隅まで見て廻って(笑)、どれにしようかな〜って何度も見比べて、屋久島しゃくなげを購入☆
それから抱き合わせでセッコクも。去年もセッコク買ってもらったんだけど(´▽`ゞ 花が咲くのは初夏(5月下旬〜6月)なので、わたしはあまりお目にかかれない・・・。

セッコク - Wikipedia】を読んでみたら、薬用にされることから記紀神話の医療神である少彦名命(すくなひこなのみこと)にちなみ、少彦薬根(すくなひこなのくすね)の古名も持つ んだそうです。知らなかった〜!

我が家は和しゃく(石楠花)ばっかりで、洋しゃくは1本だけです。これは何かの間違いで植わってるらしい(笑)
わたし自身は品種とかあまり知らないのですが、屋久島シャクナゲは何年か前の植木市で花が咲いているのを見て欲しかったので、今日はちょっと奮発してしまいました。おとーさんが(オイ)

けっこう大きいのですが花芽は5〜6コ程度。でも、そのくらいがいいのです。あんまりたくさん花芽があると、移植した後に花を咲かせるのに精一杯で枯れてしまったり、翌年は咲かなかったりするらしいです。来年を楽しみにします♪

ちなみに去年はちょうど見頃だった日向神ダムの千本桜、今年はまだまだでした。こんな天気じゃ、当分は咲かないか?(^x^;

竹原峠 googlemap

帰りは竹原峠を越えて鯛生金山まわりで。またミゾレが降って、峠の辺りは雪景色でしたよ!
でも菊池は晴れ。アスファルトもまったく濡れてなかった(笑;)

* 参 照 *
矢部村観光協会ホームページ
Google Mapはこちら

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*関連する過去記事*
・2013年03月23日【第38回八女しゃくなげまつり
・2012年04月13日【八女津媛(やめつひめ)神社


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:59 | TrackBack(0) | 福岡
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91120201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック