2014年02月04日

九州最大の鍾乳洞・球泉洞

球泉洞(1) とろろそば

今日は【球泉洞】にやってきました。熊本県民なのに初訪問です(笑;)
球泉洞 - Wikipedia

写真:右=お食事処の「とろろそば」。お蕎麦は手打ち、キクラゲとネギたっぷり♪ 仕込みすべて鍾乳洞の上流にあたる清流水を使用してます。おツユはちょっと濃いめです。

球磨川(1) 球磨川(2)

災害に遭ったため、【森林館エジソンミュージアム】は休館中。
目の前を流れる日本三大急流の一つ・球磨川は急流下りほかラフティング、球磨川鉄道など観光名所として有名です。

球泉洞(入口) 球泉洞(3)

入場料 大人(高校生以上)1,050円、中学生 735円、小学生 630円、3才〜幼児 525円。
球泉洞は、1973年(昭和48年)に発見された鍾乳洞で、総延長は第一本洞と第二本洞をあわせ4800m! 日本第6位(発見当時は第2位)、九州最大の鍾乳洞であり、およそ3億年前海底にあった石灰岩層が隆起してできたと推測されています。
このうち、観光用に公開されている部分は約800mです。

球泉洞(4) 球泉洞(5)

内部は、ほぼ発見当時のままの姿を残しているそうです。

球泉洞(6) 球泉洞(7)

今も、約2万匹のコウモリが生息しています。

球泉洞(8) 球泉洞(9)

鍾乳洞でも地層のような模様ができるんですね。

球泉洞(10) 球泉洞(11)

冬の間は水が少ないそうですが、数日前の雨が染み込んで雨だれが落ちて来ています。洞窟内部は年間を通して約15度前後を保ち、湿度も高いため汗ばむほどでした。カメラレンズも曇っています。

球泉洞(12) 球泉洞(13)


球泉洞(14) 球泉洞(15)

どうせなら探検コースでしょ!\(^o^)/(+630円)
長靴、ライト付きヘルメットは入口で貸してくれますし、案内もしてもらえます。今日はお客さんも少なかったのでマンツーマンで説明してもらえました!

球泉洞(16) 球泉洞(17)

洞窟内に滝が!ゴウゴウと流れていますが、これでも少ない方だとか。夏は3倍くらいの水量になり、大雨の後などは水かさが増し過ぎて【探検コース】の見学ができなくなることもあるそうです。

球泉洞(18) 球泉洞(19)


球泉洞(20) 球泉洞(21)



撮影:Nikon D60
   お蕎麦のみスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:02 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86629621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック