2014年01月20日

霊水・揺ヶ池

揺ヶ池神社 揺ヶ池神社の中

もう何度目かの紹介になります、揺ヶ池(ゆるぎがいけ)神社および揺ヶ池/通称「お池さん」です。ご祭神は龍神のご霊体:揺ヶ池大神であり、揺ヶ池がご神体のようなもの。阿蘇山の伏流水のひとつで、【くまもと名水百選】にも選ばれています。

揺ヶ池(弁財天) 揺ヶ池(柄杓と漏斗)

弁財天(弁才天 - Wikipedia)さまも主神として祀られています。元来インドの河神であることから、日本でもよく水辺/島/池/泉など水に関係のある場所に祀られ、また蛇神(龍神)と弁天さまが一緒に祀られていることも多いですよね。
ここから数十メートルほどの山中に【弁財天の大岩】があるそうなので、次回はそちらも探してお参りしよう!

長〜い柄杓で直接池から水を汲んで、漏斗を使ってポリタンクやペットボトルに詰めます。
直径5mほどの小さな池で、近年湧出量が減ってしまい枯渇する恐れがあるとのことで、汲むのはひとり20リットルまでに制限されています。

揺ヶ池(2) 揺ヶ池(1)

お池さんは、今日も太陽の光を浴びてキラキラ反射していますヾ(´▽`*)ノ
池から翡翠(ひすい)の大珠(縄文中期:4000〜5000年前)が出土しただけあって、まさに見事なエメラルドグリーン!
よく見ると、小魚も泳いでいます。

「え〜? この水を飲むの?」と戸惑われるかも知れませんが、生き物が住めない水でないのは保証されているようなものです(笑)
普段はこのようにとても綺麗で透明なのですが、阿蘇山の噴火活動が活発になると濁ってくるそうです。

揺ヶ池(説明板) Google_map.jpg

阿蘇俵山の中腹、【萌の里】の道(県道28号線)向かい、白い鳥居をくぐって坂を降りたた右側にあります。(GoogleMapはこちら
看板の写真は、以前のブログの方が綺麗に写ってます(´▽`ゞ

そういえば、揺ヶ池公園(【萌の里】の真向かいにあたる売店の隣)には俵山から運ばれたペトログラフが刻まれた岩が配置されていたそうですが、なんと盗まれたそうです! ペトログラフが本物かどうか真偽のほどは謎ですが、盗まれたことによって「もしかしてホンモノ?」と思ってしまいます。

ペトログラフ(ペトログリフ)というと、2014年01月07日の記事で紹介した【阿蘇のストーンサークル? 押戸ノ石 石群】のほか、金峰山(一の岳)にも【拝ヶ石巨石群】というのがあるらしい。
子どもの頃は学校行事などで金峰山一帯をよく訪れたものです。久しぶりに行ってみようかな。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

揺ヶ池(ゆるぎがいけ) 西原村 - 熊本県庁

*過去ブログより*
・2007年03月31日【阿蘇周遊〜
・2013年02月28日【揺ヶ池(ゆるぎがいけ)


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 16:03 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85665020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック