2014年01月17日

宇土名菓・小袖餅

小袖餅(店舗) 小袖餅

またまた先日の話ですが、宇城市・三角西港住吉海岸公園(長浜海岸)の帰りに【小袖餅(こそでもち)本舗】(リンク先は【食べログ】です)に立ち寄りました。3号線沿いの支店です。

宇土名菓【小袖餅】は子どもの頃からの大好物。変わらないパッケージ、10個入りで300円なのは今も同じで嬉しい限り! あっ、車内で食べちゃったんで写真には5個しか写ってませんが(笑)
とっても柔らか〜いお餅の中に、しっとりとしたこし餡が包まれています。一口サイズなのも食べやすくてちょうどいいんです。

今や多くのご当地グルメが「お取り寄せ」できますが、【小袖餅】には保存料などが入っていないため賞味期限は「製造日その日限り」。
全国各地に赴くと、こうした「その土地でしか食べられないもの」に惹かれます。これぞ旅の醍醐味というべきか(^_^)

宇土本店と支店、宇土駅売店のほか、熊本県民いこいのデパート【鶴屋百貨店】B1でも販売してます。

ちなみに【小袖餅】という名称の由来は、なんと【まんが日本昔ばなし】でも取り上げられたんですよ!
(No.0449【孝行娘】)

時は戦国、永正14(1517)年。宇土城主・名和伯耆(なわ ほうき)左衛門尉にまつわるだけあって、
餅は餅でも小袖の餅は、可愛い静江の味がする
という俗謡まで流行したくらい有名な逸話だったようです。

余談ですが、似たような【うと餅】も存在します。って、今ネットで調べてて知ったんですが(^_^ゞ
おそらく【小袖餅】を真似たんでしょうね。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:33 | TrackBack(0) | たべもの
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85346487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック