2013年11月17日

伊豆の道の駅めぐり・後半

花の三聖苑伊豆松崎(1) 花の三聖苑伊豆松崎(2)

伊豆の道の駅めぐり後半戦、まずは道の駅【花の三聖苑伊豆松崎】。こちらは併設の【かじかの湯】で日帰り入浴ができ、しかも伊豆としては入浴料500円は安い♪

道の駅の名称にもある「三聖」とは、土屋三余(幕末の漢学者)、依田佐二平(明治期の実業家)、依田勉三(依田佐二平の弟で北海道十勝平野の開拓者)を指し、三人とも松崎出身。【三聖会堂】では、その三人の偉人の業績や松崎の歴史を紹介しています。
【大沢学舎】は依田佐二平が私財を投じて開校した公立小学校を移築&修復したもので、館内には郷土の資料も展示されています。
どちらも無料で自由に見学できるので建造物に興味のある方にはオススメです。

道の駅【天城越え】 とろろ蕎麦

道の駅【天城越え】に移動して、先々週お会いしたTさんLさんご夫妻と合流(^o^)
お昼ご飯に道の駅内のレストランに入り、いろいろご当地メニューがあったにも関わらず、あんまりお腹が空いてなかったのもあって【とろろ蕎麦】をチョイス。うーん、正直、蕎麦はイマイチでした・・・。さすが産地だけあって、ワサビはツンとしなくて美味しかった。とろろも粘りがあって山芋の新鮮な香りがしてよかったです。

天城路踊子歩道マップ 散策路の紅葉

食後の腹ごなしに、道の駅から続く散策路をお散歩。伊豆の紅葉はまだ早く、色づきはここが一番よかった!
この散策路は【伊豆の踊り子歩道ハイキングコース】の途中でもあり、どんどん先まで続いています。

山神様 山神様と七木(説明板)

山神様が祀られていました。ずいぶん寂れていて、今は昔の名残を留めるのみ・・・。
山(自然)を糧として生活している方がまだ近隣にたくさんいるので、年1回くらいは何かしら行事をされるのかな? 鳥居や祠の傷みっぷりが、ちょっと寂しいですね。

滑沢渓谷 滑沢渓谷 説明板

道の駅から約1kmで、滑沢渓谷に到着。ほんのちょっと離れてるだけですが、この辺りの紅葉はまだ早いみたいです。
時間があれば太郎杉まで行きたいところですが、ここから更に片道30分かかるので断念。今度は道の駅を拠点にしてハイキングコースを歩いてみたいな〜。帰りはバスを利用すれば、1泊2日で踏破できるかな?

浄蓮の滝(1)

道の駅【天城越え】から約2〜3kmほど移動して、【浄蓮の滝】へ。日曜日だし、駐車場が満車だったら諦めようと思ってダメ元で行ってみたのですが、ちょうど空いてました!ヾ(´▽`*)ノ

浄蓮の滝(弁天様) 浄蓮の滝(弁財天 説明板)

滝まで降りる狭い路へ行く途中、お土産屋さんの隅に隠れるように弁財天様が祀られていました。どうしてこんな隅っこに?(^_^;
説明板を読むと、昔々このあたりでは天災・地災による山崩れが頻発しており、かつて滝の近くに建っていた【浄蓮寺】(ここから「浄蓮の滝」と呼ばれるようになった)も壊滅の憂き目に遭ってしまった。そこで祀られていた弁財天様が自ら立ち上がり、滝壺に身を沈めてからは不思議と地盤が安定したそうです。

浄蓮の滝には【女郎蜘蛛伝説】もあります。

浄蓮の滝(2) 浄蓮の滝(3)

更に降りて行くと詳細不明の祠(お堂)があるのですが、ものすごい数の千社札が!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
おそらく中身は空っぽなのでしょうが、それにしたって酷い状態。よく神社やお寺に千社札を貼っているのを見かけますが、今や千社札=シールだし、個人的にはあまり好ましくないな〜と思います。

題名を記した札(題名札)が貼られている間は参籠(宿泊参拝)と同じ功徳があると民間信仰では考えられていた為、日帰り参拝者が参籠の代わりに自分の札を貼ったのが始まりであり、神社仏閣の許可をもらいご朱印を頂いた上で千社札を張るのが本来の姿である。神社仏閣に無断で貼ったり、剥しにくいシールを貼ったりするのはマナー違反である。
千社札 - Wikipedia より)

浄蓮の滝(4) 浄蓮の滝(5)

さすが休日、狭い路地なので渋滞しつつ、ようやく【天城国際鱒釣場】(リンク先は【あまご倶楽部】です)入口に到達。日本の滝百選の浄蓮の滝で、釣り!?
何と、ニジマスやヤマメ(アマゴ)を放流、自然の川を利用した釣堀で渓流釣りが楽しめるというのが売り!

浄蓮の滝(7) 浄蓮の滝(6)

浄蓮の滝は、1万7000年前(!)に伊豆東部火山群の鉢窪山スコリア丘が噴火した際に流出した玄武岩の岩肌を垂直に落ちる幅7m/高さ25mの直瀑で、滝の右側には柱状節理が見られます。
浄蓮の滝 - Wikipediaより)

今、Wiki読んでて知ったんだけど日本では伊豆半島と熊本県にのみ自生が確認されている「ハイコモチシダ(ジョウレンシダとも)」の群生地があり、静岡県指定の天然記念物にもなっているらしい!
「ハイコモチシダ」の写真を見てみたけど、特に珍しい感じはしなかった(笑)熊本県のどこに自生してるんだろ。

それから、【浄蓮の滝】といえば何はともあれ石川さゆりさんの【天城越え】でしょう(笑)展望所には、やっぱり歌碑がありました。

浄蓮の滝(8) 浄蓮の滝(わさびアイス)

周辺にはわさび畑が青々とした絨毯のようで、滝のそばにある【丸岩わさびの店】でも生わさびをはじめわさび製品がたくさん販売されています。
道の駅で【わさびソフトクリーム】を食べた後だというのに、【わさびアイスクリーム】を食べてしまった(笑)ご当地ソフトクリーム&アイスクリーム情報は【+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム】にまとめてあります☆

伊豆の道の駅ラスト1カ所ですが、明日に続きます(^_^ゞ

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)/Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:28 | TrackBack(0) | 静岡
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80821232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック