2013年11月12日

田町・中国面点研究所 紫禁城

中華料理 紫禁城(外観) 中華料理 紫禁城(生ビール大小)

打ち合わせという名目で?本日も【三栄書房】の編集長Kさんと【中国面点研究所 紫禁城】(リンク先は【食べログ】です)へ。
現地集合だったのですが、田町で降りるのも10年以上ぶり! 住所だけを頼りに今日もスマホのナビにお世話になりました(´▽`ゞ

田町駅より徒歩約10分、桜田通りからちょっと狭い脇道に入る、分かりづらい場所にあります。「よく知ってますね!」と思いきやKさんも知人のfacebookで見て初めて来たそうです。
【紫禁城】の名称からイメージしていたものとは一線を画した外観、店内・・・。二人して顔を見合わせてしまいました(´▽`ゞ

とりあえず、生ビールを。何かパースが変?(笑)大と小です。もやし炒めがピリ辛シャキシャキで美味♪

中華料理 紫禁城(玉子とトマト) 中華料理 紫禁城(鶏肉とカシューナッツ)

(左)玉子とトマト炒め/780円
(右)鶏肉とカシューナッツ炒め/780円

あんまり辛すぎるのは苦手なので、メニューを見て優しそうなものを。鶏肉とカシューナッツ炒めはわたしの中では定番メニュー♪
玉子とトマト炒めはトロみがあって玉子ふんわり、トマトの酸味が締まってます。黒っぽいのはキクラゲです。キクラゲの、あの特有の弾力ある歯ごたえが好き♪

写真を撮り忘れてしまったのですが、酸辣湯(サンラータン/600円)もちょっと辛さ控えめにしていただきました。それでも咽に刺激がくる独特の酸っぱ辛さ。辛いだけじゃなく旨味があります。

皮蛋豆腐(ピータンと豆腐のサラダ仕立て/580円)もオーダー。
「ピータンと紹興酒を口中で合わせると美味い」と聞いて試してみたところ、最初は「ん?」と違和感があったものの、何ともクセになる味わいで後口がいい。面白い組み合わせでした。お試しあれ!

ここはランチが安くてボリュームがあり人気のようですよ。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebook

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 22:04 | TrackBack(0) | 東京
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80575489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック