2013年09月27日

大雪山・赤岳 銀泉台の紅葉

今年の紅葉は早かった。既に「日本一紅葉が早い」旭岳は見頃を過ぎてしまったとのことで、慌てて?【赤岳 銀泉台】にやってきました。
紅葉の時季はマイカー規制により、大雪湖近くのレイクサイト臨時駐車場(協力金200円)からシャトルバス(片道400円/30分おきに運行)に乗ります。

相変わらず初動が遅く、バスに乗ったのはお昼過ぎ(^_^ゞ
交通規制などでお仕事中の上川町役場や観光協会の方々と再会。「どこにでも出没するな」(笑)

バタバタしてたつもりはないのですが、デジイチを忘れてしまったのでケータイカメラでの撮影です(T▽T)
動画も撮ったのですが、32GBのmicroSDカードが壊れてしまい2GBのお古を使用しているためコピーできず。Bluetoothで転送しようとしたらエライ時間がかかるので、まだやってません(爆)

2013年08月02日の【銀泉台トレッキング】と併せてご覧になっていただけると幸いです(*^_^*)

銀泉台(1) 銀泉台(2)

観光バスなどが多くて離合するため待ち合ったりしながら、約40分で銀泉台駐車場(トイレあり)に到着。そこからは登山道を徒歩になります。
覚悟はしていたものの、ものすごい人・人・人!!!前回のわたしのように「銀泉台」という展望所があると思ってた観光客が多かったようで、どこまで山道を歩くのか?と口々に愚痴る(^_^;
杖をついたご老人もいたりして、事前にちゃんと説明した方がいいのでは?と思った。

銀泉台(4) 銀泉台(3)

徒歩約30分、最初の見どころとなる山の斜面が見渡せる場所では大渋滞(^o^;
ただでさえ狭い山道なのに、カメラを構えた人々でごった返し二進も三進もいかない状態でした。

銀泉台(5) 銀泉台(6)

そこを過ぎると、時間制限のあるツアーなどの観光客はみんな引き返すので、登山ルックの方だけが先へ進み静かな風景に。
昨夜から今季一番の冷え込みとなり、あちこちに霜柱がザクザク!凍ってる箇所もありました。

銀泉台 銀泉台(7)

登りはじめてから約1時間、第一花園に到着。前回(8月2日)はまだ雪が残り、チングルマも咲いていました。今はグルグル綿の種が太陽に光っております。

銀泉台(8) 銀泉台(9)

第二花園の雪渓も、すっかり溶けて全貌があらわになっていました。ここまでで約1時間半、前回はここで引き返したんです。

銀泉台(11) 銀泉台(10)

お花もちょこっと控えめに咲いていました(*^_^*)

銀泉台(12) 銀泉台(13)

今日はまだ時間があるので、更に先へ。ガレ場を過ぎると、奥の平が広がってました。
もうこのあたりは日陰がないので意外と汗をかき、風が心地好かった〜。

銀泉台(14) 銀泉台(15)

今日のゴールはここ、コマクサ平!その名の通り、7月中旬にはコマクサの群生が咲き誇っているハズです。
ここまでで約2時間。赤岳までは、さらに1時間くらいです。来年は踏破したいな〜。

帰りは早かったので4時前に駐車場に到着したのですが、まだ登ってくる観光客がちらほらいました。
位置的に第一花園あたりはもう日陰になるので、おそらく午前中がベストなんでしょうね。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 18:33 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76825949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック