2013年05月30日

七戸城址・天王神社・神明宮

田舎館で目覚めた時は雨で肌寒いくらいでした。
こんな日に八甲田越えか〜…とビビりつつも、いざ出発。

残雪と新緑 酸ヶ湯/地獄沼

まだまだ根雪が残る国道394号線で、酸ヶ湯温泉を経由。
湧水を汲もうかな〜と思ったけど、入浴もしないでお水だけってのも気が退けるのでスルー。寒いし(←本音)。
【地獄沼】の写真は忘れずに☆

城ヶ倉大橋 八甲田の風景

城ヶ倉大橋を渡った頃にはだんだん晴れてきた。

わんだむらんど山桜の里(2) わんだむらんど山桜の里(4)

わんだむらんど山桜の里】(和田ダム親水公園)に着いた頃にはご覧の通り。蒸し暑いくらい!

わんだむらんど山桜の里(1) わんだむらんど山桜の里(3)

残念ながら、お休みでした。食堂も、トイレも開いてない。
公園内はペット禁止でした。

天王神社(遠景) 天王神社(拝殿)

本日のお目当ては、七戸町。【天王つつじ祭り】はギリギリ開催中ですが、もうツツジの盛りは過ぎていました。
まずは【天王神社】にお参り。

七戸城東門(説明板) 七戸城東門(復元)

東門(復元)から国指定史跡・七戸城跡(柏葉公園)に入ります。
青岩寺に移築された城門(七戸町指定有形文化財)を撮り忘れた…!!!

七戸城跡 看板 七戸城ガイド地図

七戸城は中世〜近世の平山城で、別称・柏葉城。
築城年は不詳ですが八戸根城南部師行の弟である南部政長が南北朝時代に築いたのが始まりと伝えられています。
なんと、南朝側の軍事的拠点として機能していたらしい!
し、知らんかった…

*参照*青森県観光・旅行見所ナビ七戸城 - Wikipedia

七戸城(姫塚) 七戸城(姫塚 説明板)

哀しい伝説が残る【姫塚】。
盛り上がってる塚のように見えますが、とっても大きな根があるんです。
倒れる前は、かなりの巨木だったと思われます。

七戸城展望台から見た天王神社 七戸城址 展望台からの眺め

展望台からの眺め(左の写真は天王神社)

二の丸(代官所跡)の巨木 七戸城

(写真:左)二の丸(代官所跡)にある巨木。焼けた跡が炭になっているにも関わらず、青々とした葉を茂らせ力強く立っています。
(写真:右)何となく、城下っぽい雰囲気を残す道。

七戸城(堀跡) 新緑

新緑が美しい!

タンポポの綿毛 春の野原

しばし目の保養(笑)

七戸神明宮(1) 七戸神明宮(2)

七戸神明宮】にもお参り。
応永3年(1396)新町に創立、寛文4年(1664)南町に移転、そして明治14年(1881)現在地に遷宮。
ご祭神は【大日孁貴命(おおひるめむちのみこと/天照大神の別名)】。

七戸神明宮(3) 神明宮

ちょうど宮司さん(女性でした!)がお掃除していらしたので、御朱印をいただくことができました。
「どちらからいらしたんですか?」「く、熊本です…」「まぁ〜!九州から!」
決して嘘ではないんだけど、どことなく心苦しくなる瞬間です(^_^;
記念にと、神宮暦と手ぬぐいを貰ってしまいました!m(_ _;)m

9月の第1金曜日〜日曜日は、【しちのへ秋まつり】で賑わうそうです♪

撮影:Nikon D60/パノラマのみスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:神社 城址
posted by しう@SOTO at 23:56 | TrackBack(0) | 青森
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68626602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック