2013年02月09日

本棚を見れば

借りた本

また図書館から本を借りてきました。写真に写ってないものもありますが、今回はコチラ↓
樹皮を編む
草を編む
やさしい消しゴム印入門
はじめてつくる 消しゴムすたんぷ
室町人物伝 後醍醐天皇(コミック版 日本の歴史)

「本棚を見れば、その人となりが解る」なんて言いますよね。
とてもじゃないけど、人様に見せられるような本棚ではありません。漫画が大半です(それも前面に『北斗の拳』/笑)あとは解説書とか。

なるべく史実に基づいた書籍を読みたいので、漫画も学校図書館に置かれるようなものばっかり。正直、漫画としての面白みはあまり期待できません(笑)

そういえば、関係ないけど『花の慶次(原作:隆慶一郎/画:原哲夫)』(漫画)も読みました。
戦国モノは好きなんですが、うーん、正直ちょっと前田慶次が強すぎる/カッコよく描かれすぎるのと前田利家がヘタレすぎるのとで魅力を感じませんでした(笑)
一方を貶めて引き立たせてる、って印象が拭えなくて、読後感が後味悪かった…(^_^;

南北朝前後しか読んでませんが、『マンガ日本の歴史(石ノ森章太郎)』も、魅力のあるキャラクターが一人もいないし全体的になげやりというか、作品に愛情を感じられないので読むのが苦痛だった。

私本太平記』(原作:吉川英治/画:岡村 賢二)は、いかにも少年漫画風で割と面白かったのですが、いかんせん主役が足利尊氏なんで立ち回りの言い訳に終始してる感もなきにしもあらず。
それに、残念ながら尻切れとんぼで連載終了したっぽいです。最後まで描いてくれないかなぁ〜。

南北朝だったり他の歴史モノだったり、手芸・工芸だったり、漫画だったり… 色々と脱線しまくるので、どれも中途半端で終わりが見えない状況です(ΘoΘ;)
(ひとつに絞れよ…。読み終わってから借り・買えよ…。)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:25 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62244854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック