2012年09月12日

青森に降り立った早々ドック入り。

きっと、「北海道を離れたはずなのに、いつまでもブログが函館だなぁ〜」と思われていますよね。
それはね、エレちゃん(キャンピングカーRocky21)がエライことになっているからなのです。

同じくアメリカンなキャンピングカーに乗っている方が言いました。
「アメ車は雨車(≧∇≦)b」

そーです。二夜にわたる函館での大雨で、またしても雨漏り。それも大規模に雨漏り。派手に雨漏り(しつこい)。
青森港に降り立ち、すぐさま弘前の『弥生モーター商会』さんに直行! たすけてOさ〜ん!!(T□T)

↓以下、ラストの方に衝撃的な写真がありますのでご注意ください。

Rocky21屋根(1) Rocky21屋根(2)

今回の最大の原因は、この屋根のラバーに空いたキズ(穴)。
たぶん、北海道@豊似湖(08月24日)あたりのダートを走行中に、枝で引っ掻いたようです。まさか破けるとは思ってなかった…(ToT)

このラバーは屋根にぴったり接着されていたはずなんですが、年数なりなのか剥がれてフワフワしてる箇所もあるようです。
ちなみに現在流通しているキャンピングカーはラバーではなくFRPルーフコーティングが主流だそうです。我が家も余裕があれば張り替えたいのですが… ウン十万かかるので… すぐには無理…(T_T)

バンク(外観) Rocky21バンク

今までは小雨程度だったから、目に見える「雨漏り」はなくシトシト染み込んでいたようです。
「雨漏り」というと、いわゆる家屋などでポテポテ雨垂れが落ちる様を想像しますが、キャンピングカーの雨漏りは「染み込む」という感じなので気づきにくいのです。

写真:左はバンクの外観。水滴の跡が茶色いので、内部はかなり浸食されていることが分かります。
写真:右、バンクのマットを外してみたら… そこには世にも恐ろしい光景が)))m*o*m(((

雨漏り(バンク) 雨漏り(バンク)

キャ─────────!!!Σ(*◆*lll)

…これは雨漏りだけでなく結露とかも積もり積もった結果。15年間、マットを外したこともなかった。そもそもバンクは物置になっていたので…。
このマット、ソファ(ベッド)も同じ造りなのですが底面が合皮なんで湿気が逃げづらいんです。高温多湿の日本@九州には合ってない(-_-;

このマットはもう廃棄だ。バンクもすのこだな。(ベッドの床はすのこにしました/2011年09月13日

なんか、今後のこととか真面目にいろいろと考えてしまう今日この頃です(TxT)


撮影:Nikon D60



SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:12 | TrackBack(0) | キャンピングカー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58219953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック