2012年08月23日

襟裳岬

襟裳岬(1) 襟裳岬(風の館)

何度か来てるし久しぶりな気がしないのですが、実は5年ぶりだった日高山脈襟裳国定公園の中心地、襟裳岬です♪(2007年08月22日のブログはこちら
地名の由来は、アイヌ語の「エンルム」(突き出た頭)または「エリモン」(うずくまったネズミ)など諸説あるそうです。エリモン可愛いな(笑) そのままゆるキャラができそう(笑)

襟裳岬 - Wikipediaの解説

襟裳岬(2) 襟裳岬(3)

襟裳岬灯台は1889年に初点灯。霧笛が備えられているそうです。

襟裳岬(風の館 回廊) 襟裳岬(風の館 展望室)

カルマン渦をモチーフにしたデザインが特徴的な『風の館』。お土産屋さんで割引券をいただいたので、入館料¥300→¥240になりました♪(ちなみに5年前は¥500でした)

襟裳岬は風が強いことでも知られていて、1981〜2010年の年平均風速は8.2m/s、風速10m以上の風が吹く日は年間290日以上!
“強風”というと宗谷岬を思い浮かべがちですが、実はデータ上は襟裳岬がトップなんだそうです。

館内には岬を一望できる広々とした展望室があり、無料の望遠鏡が4つと有料のモニターが2つ備わっています。

襟裳岬(望遠鏡から)

望遠鏡にカメラをくっつけて撮ってみました(笑) なかなか難しい。はっきり写らないし。

襟裳岬(4) 襟裳岬(ゼニガタアザラシ説明板)

入館時、パンフレットに日付入りのスタンプが押され、それを見せれば再入館は自由とのことなので、岬の先端まで歩いて行くことに。今日も日差しが強くて、岬へ続く階段を見るとめげそうになりますが…。

襟裳岬(花1) 襟裳岬(花2)

歩道沿いに、色んな草花を見ることができます。
(左)ツリガネニンジンかな? (右)フウロの仲間

襟裳岬(花3) 襟裳岬(キアゲハ?)

(左)ナデシコの仲間 (右)キアゲハ? 色んなチョウチョが飛んでいましたよ〜。

襟裳岬(5) 襟裳岬(6)

岬の先端にある展望所からの眺め。この岩礁は、沖合約7kmほども連なっているそうです。
ゼニガタアザラシの観察員?っぽい方が望遠鏡を覗かせてくれました(*^_^*) ガスがかかっててボンヤリしてましたが、何となく「アレかな?」というのが見れました(笑)

ゼニガタアザラシが見れなかった場合、『風の館』パンフレットに黒いスタンプを押してくれます。1年以内なら、それを見せると無料で入館できるそうです!

襟裳岬(7) 襟裳岬(8)

帰りは森進一『襟裳岬』の歌碑や、昔懐かしい記念撮影ポイントの展望台を通って。

襟裳岬(観光センター) 襟裳岬(海鮮丼)

岬を満喫したところで、お待ちかねのご当地グルメ♪ 『えりも町観光センター』内の食堂で、襟裳の新鮮魚貝類がたっぷり盛りつけられた海鮮丼を! うっかり¥1,990! 奮発しました!(≧∇≦ゞ
甘エビ/サーモン/タコ/イカ/つぶ貝/ホタテ/イクラ…どれも美味しい♪ もうちょっと欲しい(笑) そしてゴハンの上にツマはどうかな。別々に食べたいかな。
海藻入りお味噌汁もついてきます。

襟裳岬(レストハウス) 襟裳岬(えりもラーメン)

翌日、襟裳岬を一望できる撮影ポイントを探しまわったのですが最終的に空振りは癪だったので、昼食だけでもと再び襟裳岬レストハウスにやって参りました(笑)
さすがに2日続けて奮発する勇気はなかったので、ちょっと安価な『えりもラーメン』(800円)に。

海藻の香りが漂い食欲をそそります。つぶ貝もけっこうたくさん入ってるし、出汁も効いてて美味! 最初にスープを飲んだ時は塩っぱいかなと思ったけど、海藻やお野菜が中和してくれるので結果的にちょうどいいです。これはオススメ♪

撮影:Nikon D60
   最後のラーメンだけケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:58 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57769860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック