2012年08月21日

忠類〜大樹町・晩成

道の駅『忠類』 ホテルアルコ236

昨日は鶴居村から再び温根内を通って釧路へ南下。道の駅『しらぬか恋問』でしばらくネットしてから浦幌方面に移動したのですが、道の駅『うらほろ』近くにある公衆浴場が月曜定休だと気づく。そうなると、あとは道の駅『忠類』しか思いつかなかった(^_^ゞ

北海道らしからぬ蒸し暑さで寝苦しいのを覚悟していたのですが、夜になると涼しい風が吹いてきたので助かりました。『ホテルアルコ236』の脱衣所もクーラーが効いてたし♪

鼓動(5) 鼓動(10)

mixiで忠類に停泊していることをつぶやいたら、栃木のnさんから「友だちが近くにいるから遊びに行ってみて!」と連絡が。突然のお宅訪問にも関わらず、快く迎えていただきましたm(_ _*)m

鼓動(9) 鼓動(11)

様々な理由で処分されそうになった動物たちが第2の人生を謳歌しています。ここは動物たちの楽園です♪

鼓動(6) 鼓動(12)

旦那さん(お馬さんの装蹄師)、チョーカッコいい! 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

鼓動(1) 鼓動(2)

ちょっとのつもりが長居してしまって、お昼ご飯にパンをご馳走になってしまいました(^x^;
道の駅の手作りパンです。これも地域貢献☆

鼓動(3) 鼓動(4)

お馬さんはじめ、ポニーや山羊、ヒツジなどなどのんびり草を食んでいます。犬や猫もたくさんいます。

鼓動(7) 鼓動(8)

むかし祖父の家に預けられていた頃を思い出しました。鶏が20羽くらいいて、たまに庭に放したりしてました。子どもの頃は、平気でミミズとか掘って鶏に食べさせたりしてたなぁ(笑)

そうそう、実家の山小屋にもとうとう烏骨鶏がやってきたそうですよ!(≧∇≦)b

滞在時間は3〜4時間ほど。とっても中身の濃いお話をたくさん聞かせていただきました。
田舎暮らしについて、肉食について、現代社会のひずみやマスコミの方向性、あんなこと、そんなこと。
奥様のマシンガントーク(笑)は実にまっとうでまっすぐです。今度は前もって連絡して、ゆっくりじっくりお話ししたいと思いました。

ブログを書いているとだけ聞いていたので今になって検索してみたら、以前に読んだことがありビックリしました! 繋がるべくして繋がったのかなぁとご縁を感じます(*^_^*)

アトリエ鼓動in十勝』というブログです。写真も素晴らしいです♪ 活き活きとした様子が伝わってきます。

忠類(4) 忠類(3)

北海道滞在中に一度は訪れる忠類ですが、この丘は初めて登りました。ここまで乗馬で来るんですって!
ずーっと前に那須で乗馬体験したことあるんですが(引き馬)、座骨神経痛を患ってた時期で(爆) 姿勢を保つのに腰が痛かったのと、意外と高くて怖かった思い出しかなかったんですが、こんなに景色のいいところだったら気持ちいいだろうなぁ〜。

忠類(2) 忠類(1)

丘の上には『シーニックカフェ』があるのですが、土日のみの営業でゲートも閉まっていました。この先が一番眺めがいいのに!営業してなくていいからゲートは開けておいてほしいなぁ。
ちなみにカフェといってもインスタントだそうです(笑) トイレもないらしい。

晩成温泉 晩成ふれあいの森 看板

太平洋側に出て、『晩成温泉』で入浴。湿原にも行きたかったんですけど夕暮れ時にさしかかり霧が濃くなってしまったので断念(T_T)

ここは忠類から直線距離で10kmくらいしか離れていないのですが、『ホテルアルコ236』のナウマン温泉が無色透明のアルカリ性単純温泉なのに対して、こちらは茶色いヨード泉! より温泉気分を味わえます♪


撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:08 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57717342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック