2012年07月23日

敏音知岳(ピンネシリ岳)に登ってきました

敏音知岳(鳥居) 敏音知岳(案内板)

昨日はサロベツ(幌延)〜国道40号でいつか来た道を逆戻り、中川〜音威子府〜国道275号で道の駅『ピンネシリ』に停泊。
翌朝(すでにお昼に近い)いつものように周辺をマリリンとノンビリお散歩していたところ、鳥居を発見。ンー、前にも見たような覚えがあるけど、すっかり忘れてた。
道の駅『ピンネシリ』に来たのもずいぶん久しぶりで、お向かいにある『ピンネシリ温泉 ホテル望岳荘』がすっかり綺麗にリニューアルされててビックリしたくらい(^_^ゞ

で、その案内板を見てみたら、山頂に神社があるらしい。敏音知岳(ピンネシリ岳)山頂まで往復約4時間とある。行けなくはないなぁ。
いつものワタシだったら、こんな昼から思いつきで登ったりしないんですが。『ピンネシリ温泉 ホテル望岳荘』だって今日は定休日だし。登山の装備なんてないに等しいし。

登らない理由はいっぱいあるのに、何ででしょうね、気持ちが「登るんだよね?」って方に傾いてるんですよね(笑) これは呼ばれているとしか思えない。きっとそうだ。
幸い、靴はOK。片担ぎのリュックにスポーツドリンクとカロリーメイトとタオルと軍手を入れて、いざ出発。もう12時半(爆)

敏音知岳登山(1) 敏音知岳登山(2)

敏音知岳は標高704m、さほど高くはないです。最初はなだらかな散策路みたいな感じで快調♪
(左)トド松の林 (右)カッコー橋(振り返って撮影)

敏音知岳登山(千本シナ) 敏音知岳登山(千本シナ案内板)

『森の巨人たち百選』に選ばれている、千本シナ。

敏音知岳登山(3) 敏音知岳登山(白樺の泉)

(左)猿の腰掛けに蝉の抜け殻が…と思ってたけど、今、写真見てたら違うような? ちなみに未だ北海道で蝉の声をまったく聞いてない(^_^ゞ
(右)白樺の泉という名前がついている、小川?

敏音知岳登山(鳥の羽根) 敏音知岳登山(滝?)

(左)珍しい模様の鳥の羽根が落ちてました!
(右)『紅葉の滝』って書いてあるけど、水音すら聞こえず。

敏音知岳登山(山アジサイ) 敏音知岳登山(タマゴ?)

(左)山紫陽花は、花弁(ガク)が4枚だったり5枚だったり、丸いの、ギザギザなの、色んな種類が咲いていました。
(右)アワフキムシの巣?

敏音知岳登山(リス1) 敏音知岳登山(リス2)

ガサガサっと音がして見上げたら…なんとリスちゃんではありませんか!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

敏音知岳登山(リス3) 敏音知岳登山(リス4)

エゾリスにしては耳のフサフサがないように見えるし、シマリスにしては大きかった。
あまりの可愛さに疲れが吹っ飛んだ(笑)

敏音知岳登山(大量の毛と骨) 敏音知岳登山(4)

しかしその後、散乱した大量の毛と骨が。鹿かなぁ。

この辺りから、ちょっと道が険しくなってきた。
『石畳の坂』とか洒落た名前だけど、石がゴロゴロ安定してないから歩きづらい。

敏音知岳登山(エゾニュウ?) 敏音知岳登山(5)

(左)エゾニュウは海でも山でもどこででも見れます(笑) とんでもなくデカイ、ちょっと気持ち悪い(^_^ゞ
このあたりは7合目くらいかな?

敏音知岳登山(エンレイソウ) 敏音知岳登山(ヤマハハコ?)

(左)エンレイソウ (右)ヤマハハコ?

敏音知岳登山(軍艦岩) 敏音知岳登山(6)

にょきっと現れた軍艦岩。ハシゴが架かってるけど、とても登る気にはなれない。なでなで。
ここを過ぎると木々が減って開けてきます。山頂はもうすぐか!?

敏音知岳登山(花) 敏音知岳登山(花)

どちらも名前が判りません。

敏音知岳登山(7) 敏音知岳登山(8)

ここが最大の難所か!? (右)振り返ったらこ〜んな風景。きゃー。

敏音知岳登山(10) 敏音知岳登山(11)

ふと右側にも道が…と思ったら、【頂上】の文字が! やったー!

敏音知岳登山(頂上1) 敏音知岳登山(頂上2)

遠くには雲がかかっていたけど、360度パノラマは素晴らしい眺望です。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

敏音知岳登山(三吉神社) 敏音知岳登山(蝶1)

ちょっと離れたところに小さなお社がありました。三吉神社です。
想像以上にコンパクトですが、冬の間は雪に埋もれてしまうし風が強い日もあるでしょうから、あんまり大きくても維持するのが大変なんでしょうね。

山頂は遮るものがないのでかなり暑く、またハエも多かったんですが(^_^; チョウチョもたくさん飛んでいました!
黒いアゲハっぽいのなんか、なかなか写真を撮らせてくれなくて…(笑)

敏音知岳登山(花3) 敏音知岳登山(蝶2)

名残惜しいですが、あんまりゆっくりしてもいられず下山。
何しろこの時点で15時近かったので(爆)

敏音知岳登山(12) 敏音知岳登山(野鳥)

急峻な坂が多かったので、帰りもスタスタとはいかないだろうし(膝もお疲れ…)曇ってきちゃったしで時間が気になっていたんですが、意外や16時ちょい過ぎに道の駅に帰還!
いや〜よかった。満喫しました!

そういえばケータイで時間を確認してたんですが、どうやらずっと圏内でした。ホっとした(笑)

撮影:Nikon D60
   最初の2枚だけケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:23 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57201977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック