2012年07月13日

写真で綴る、雨のサロベツ原野。

サロベツ湿原センター サロベツ湿原センター案内板

サロベツ湿原センター館内 サロベツ湿原センター標本

サロベツ湿原センター説明板 サロベツ湿原センター花案内

アイヌ語のサル・オ・ペツ(葦原を流れる川)が語源だといわれている、サロベツ原野を散策してきました。
と言っても、新しくできた(2011年4月28日オープン)『サロベツ湿原センター』の散策路(木道)を歩いただけなんですけど(^_^ゞ
何しろサロベツ原野は200平方kmにも及ぶのです。
(旧サロベツ原生花園自然教室は、2010年10月末に閉鎖、今は跡形もありません。)

2005年11月8日、ラムサール条約に登録されました。

サロベツ原野 - Wikipedia

浚渫船 木道からセンターを振り返る

写真:左=泥炭の浚渫船(しゅんせつせん)
写真:右=木道をしばらく歩いて、センターを振り返ったところ。

泥炭採掘の歴史

泥炭採掘の歴史。この川のように見えるのは穴です。湿地帯なので、穴を掘ると水が溜まるのです。
黒く見えますが澄んでいるという不思議な印象。黒曜石みたいな感じ?

ツルコケモモ(2) ツルコケモモ(1)

ツルコケモモ。可愛い。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

ツルコケモモ(花) トキソウ

写真:左=ツルコケモモの花。1輪だけ見っけ♪
写真:右=トキソウ。これよりも濃い紫色のサワランも見つけましたが、綺麗に開いている状態の花を撮ることができませんでした。

やしゃぶしに似てる

これはヤシャブシに似てるけど、名前が判りません。
風に乗ってどこからか甘い香りがするのはこの実じゃないかな? ヤシャブシの実もそういう匂いがします。

モウセンゴケ(1) モウセンゴケ(2)

苔好きのワタシのお目当て、モウセンゴケちゃん♪
食虫植物だからって毛嫌いしないでっ。

モウセンゴケ(4) モウセンゴケ(3)

どこかに1輪くらい咲いてないかと思ったけど、見事に蕾ばっかし(T▽T)

木道の脇 説明板

木道の脇をくまなく観察して歩いたんですけどね〜…
フカフカ水苔も瑞々しく、苔好きにはたまらんエリアです(*^m^*)

展望台 展望台2

カキツバタ(1) カキツバタ(2)

展望台付近はノハナショウブ、カキツバタが見頃かな。ドクゼリも。
残念ながら、エゾカンゾウもワタスゲも、すっかり散ってしまっていました。やっぱり湿原は6月だなぁ〜。
あ、ギボウシがこれからです。


水たまり1 水たまり2

*オマケ*
水たまりに浮かぶ、謎の物体。ぷにぷにしてクラゲみたい。藻の一種だろうか?

あげいもセット

*オマケその2*
隣接の『レストハウスサロベツ』にて、あげいも&いももち&豊富牛乳セット¥300♪
その場で揚げてくれるのでホカホカ♪
衣がホットケーキみたいなホクホクあげいもウマー、いももちモチモチー。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
牛乳って久しぶりに飲んだけどコクがあって美味しい〜。
ただ、今日は寒かったからホットミルクにしてほしかった(笑) できないかなぁ。聞いてみればよかった。

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:25 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57035491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック