2011年09月04日

山小屋は秋の気配

まだまだ日中は暑いのですが、朝晩はすっかり涼しくなりました。
お陰さまで台風の影響も少なく、時おり強い風が吹くもののシトシト雨で済みましたが、皆様の地域は大丈夫でしたか?

くず U字溝

山小屋の周辺は雑草が生い茂り、草刈りもイタチごっこの様相を呈しております(^_^ゞ
この葛(くず)がまた頑固に蔓延っているんです。そろそろ花が咲く季節ですが、あっちこっち巻き付くのが厄介なので我が家では嫌われ者です。

葛といえば吉野の葛に代表される『葛湯』『葛きり』、また漢方の『葛根湯』ですね。
葛根湯は風邪の初期症状に効くというのでワタシも飲んだことあるのですが、葛の花も干して煎じると二日酔いの予防・治療になるんですってね!
ただ刈って枯らすだけでは何だか勿体ない気がするけど、花ならまだしも根を集めて砕いて澱粉質を取り出すなんて…かなりの重労働だよなぁ(´_`lll)
何年か前に『ザ!鉄腕!DASH!!』でワラビの根を掘って『わらび餅』作ってるのを見たけど、すんごい大変な作業だった。そんな手間ひまかけてもできる量はほんのちょびっと。
きっと、あれと似たような感じだよね?

葛粉の製造業者が葛の根から澱粉を抽出したあとの残渣は、従来だと産業廃棄物として処分されてきたそうですが↓のサイトによると、この残渣から得た繊維を綿繊維や絹繊維と混紡し紡績した糸から繊維製品を商品化することを試みているそうです!

植物の根由来の繊維の精製処理方法及びこの方法により得られた繊維|詳細 - astamuse(アスタミューゼ)
かいつまんで読んでみたけど、専門用語だらけでイマイチ理解できなかった(爆) でもこういう試みは素晴らしい!
少ない資源は、智恵でどんどん活かさないとね。
ワタシにはそんな智恵ないけど…(爆)

栗 ゲンノショウコ

山小屋の栗は毎年たくさんの実をつけてくれるので栗拾いが楽しみなのですが、8月は雨続きだったので青いままボトボト落ちています。
まぁ間引きになっていいという解釈もありますが… 今年の収穫量やいかに?

栗には200g中1.2gの亜鉛が含まれているそうです。
日本人の1日の亜鉛摂取基準量は、成人男性:11〜12mg、成人女性:9〜10mg。
栗だけで接種するのは無理がありますが(笑;)、亜鉛が多く含まれている食材って牡蠣とレバーくらいしか思いつかないので意外でした。
更に嬉しいことに、6〜7個程度で1日のビタミン類の所要量を満たせるし食物繊維が豊富だから便秘の解消にもなるんだそうですよー!
栗ご飯などにして秋の味覚を堪能するだけで一石二鳥♪

写真(右)のゲンノショウコも聞いたことあると思いますが、よく生薬として漢方なんかに配合されています。
フウロに似てるなぁ〜と思っていたら、フウロソウ科でした。フウロソウ科なんてあったんだ(笑)
花の色は関東以北では白色、西日本では紅紫色が多いんだそうです。(薬効に差はなし)
夏に採集して陰干ししたあと炒って、煎じて飲むと整腸作用があり便秘や下痢を解消、また高血圧予防、冷え性にも効くんだそうです。
ワタシは胃腸が弱いから、これは作らねばなるまい…(=_=;;;

ラン科? こおろぎ

写真(左)の名前は判りません。ラン科ですよね? よく湿地に生えている気がします。
(山小屋でも水場に咲いています)

写真(右)コオロギが現れはじめました。山小屋の中にまで入ってくるのはやめていただきたい。
捕まえちゃうぞ♪

芙蓉 ショウガ?

写真(左)は、先月はじめに買ってきて植えた芙蓉。花が2〜3輪ずつとっかえひっかえ咲いています。
写真(右)は周辺地域の木陰にわんさか生えているんですが、ショウガの仲間でしょうか?

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:活用法 野草
posted by しう@SOTO at 23:21 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47733331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック