2011年03月09日

田之神様をお迎えしました

田之神様

明日が『くまもと春の植木市』最終日なので、駆け込んできました(^_^ゞ
それというのも、木製の田の神様を骨董店で見かけて、欲しいな〜って思っておりまして、「最後まで残ってたら縁があると思って買おう」と決めていたのです。
ところが、その木製の田の神様は見つからず…(どこのお店にあったのかも分からなかったのですが・爆) 代わりに?石の田の神様がいらしたのです。
で、お値段を聞いたら、いちまんえんって言われたのです。

い、いちまんえんかぁ…(´▽`lll)
これは縁がなかったと思って諦めようとしたのですが、「明日で終わりだから、安くするよ」と。
そ、そんな神様を値切るだなんてぇ〜 と言いつつ、木製の田の神様は、ろくせんえんだったのです。
お店のおばぁちゃんの「田の神さんは外に置くものたぃ? 木は腐ってしまうばい」という言葉に妙に納得し、決意。ななせんえんにしていただきました(笑)

ホクホクで、さっそく山小屋に直行!
道々、どこに置こうかなぁ〜と思いを巡らせていたのですが、着いてみたら「山桜の下がいいな!」と直感したので、そこに鎮座していただくことに。
う〜ん、まるでずっとそこにいらしたかのようだ!(自己満足・笑)


ところで田の神様って、単純に田んぼの神様としか認識がなかったので、ネットで調べてみよ〜と検索していたら↓を見つけました。

サクラは奈良時代から栽植されたが、当時は田の神が来臨する花として、「信仰」「占い」のために植えられることが多かった。
そのため、「さ」は耕作を意味する古語「さ」、もしくは「神霊」を意味する「さ」を表し、「くら」は「座」を表すといった説もある
桜の語源・由来

しかも、当時で言う桜=山桜とのこと!
まさにココが田の神様のベストポジション!(≧∇≦)b。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
こいつぁ春から縁起がいいや♪

撮影:Nikon D60

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:59 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43771517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック