2019年11月11日

神在月の出雲大社〜からさで祭

一昨年ぶりの神在月。

臨時駐車場も数カ所増えますが、やはり午前中には到着しないと停められないかも?
また、大渋滞覚悟です。朝、早ければ早いほどいいに越したことはありません。ご近所さんも大変だと思います…。

道の駅【大社ご縁広場】から出雲大社までは約1km。

出雲大社(神在月2019-01)

二の鳥居・勢溜の大鳥居。

出雲大社(神在月2019-02)

大歳社。スサノオの子・大歳神様を祀っています。

出雲大社(神在月2019-03)

神議が行われる上宮(仮の宮)。

出雲大社(神在月2019-04)

天照大神を祀る下宮。

出雲大社(神在月2019-05)

稲佐の浜は、すごい風で白波が立っていました。砂粒が巻き上げられて痛い痛い!!
海岸の駐車場に停めたクルマは無事なんだろうか?

砂浜の砂を掬ってから、出雲大社へ向かいます。

大国主大神と武甕槌神(タケミカヅチ)が国譲りの交渉をしたという屏風岩、今年もすっかり忘れて見れず…。

出雲大社(神在月2019-06)

出雲大社の大鳥居をくぐって、まずは「祓社」で身に付いた穢れを祓っていただきます。

出雲大社(神在月2019-07)

ツワブキが満開♪

出雲大社(神在月2019-08)

神職さん達も大忙しですね。

出雲大社(神在月2019-09)

拝殿はもちろん、摂社・末社、御朱印をいただく列が至る所に。

出雲大社(神在月2019-10)

全国から集まった神様は、こちらの十九社にいらっしゃいます。

出雲大社(神在月2019-11)

稲佐の浜の砂はこちらに奉納し、新たな砂を持ち帰ります。

出雲大社(神在月2019-12)

時間がない方のために、このような簡易的な場所が設けられています。

出雲大社(神在月2019-13)

拝殿は昭和28年(1953)に火事で焼失してしまったのち、昭和34年(1959)に再興したものです。

出雲大社(神在月2019-14)

出雲大社のシンボルといえば巨大注連縄を連想される方が多いと思いますが、よくメディアに登場するのは拝殿ではなく、ここ神楽殿の方なのです。その長さ13.5m、重さ4.5t!

出雲大社(神在月2019-15)

清楚な白い山茶花。

2019/11/12の満月

明けて翌日の11/12は満月でした。

出雲大社(神等去出祭2019-01)

11/13日、神等去出(からさで)祭。今日は表参道から向かいます。
大正4年(1915)に建立された、宇迦橋の大鳥居。額面の大きさは6畳間と同じ!

出雲大社(神等去出祭2019-02)

珍しい、黒いポスト。

出雲大社(神等去出祭2019-03)

出雲大社駅。
足湯がなくなっちゃったけど、今年、道の駅に足湯ができました。

出雲大社(神等去出祭2019-04)

可愛いレンタカー♪

出雲大社(神等去出祭2019-05)

参道には多くのお店が建ち並び、参拝者や観光客の往来も賑やかです。クルマの走行にはお気をつけて〜

出雲大社(神等去出祭2019-06)

二の鳥居から見た一の鳥居。
(電線はフォトショップで消しました!)

出雲大社(神等去出祭2019-07)

崇敬者が拝殿前で正面を空けた形で両側に列をなしています。
事前に「どこで何が行われるか」を調べるも、なかなか詳細が分からず…。最終的には、ここから全国の神々が出立されるようです。

出雲大社(神等去出祭2019-08)

まずは神々の宿舎である十九社の前で待つことに。
(十九社は、拝殿および本殿を中心に左右にあります)

出雲大社(神等去出祭2019-09)

神職さんが祝詞をあげて…

出雲大社(神等去出祭2019-10)

白い幕で依り代(よりしろ)である榊を隠し、神様が見えないようにします。

出雲大社(神等去出祭2019-11)

にわかに風が吹きはじめ… チラっと見えてしまっていますけども………
昔なら皆、ずーっと頭(こうべ)を垂れてお見送りしたのだろうと思います。すみません、最初だけで…。

多くの方々がカメラやスマホで写真や動画を撮る様を見て「時代が変わったものよのぅ」とか思ってらっしゃるのかしら。

出雲大社(神等去出祭2019-12)

拝殿に到着され、ここで儀式が執り行われるのですが一般参拝者は伺い知る事ができません。
じっと外で待っています。
不謹慎なようですが、何だかタレントの出待ちをしているような気がしてしまった(^▽^;

出雲大社(神等去出祭2019-13)

神職さんが一斉に出てこられました。
神様は目に見えないので分からないのですが、お発ちになったようです。

出雲大社(神等去出祭2019-14)

全部の神様が一斉にお帰りになるかというとそうでもなく、万九千(まんくせん)神社で直会(なおらい/酒宴)をされてから帰られる神様もいるのだとか。
その神社の都合によるところが大きくて、忙しい神社や人手(神手?)が足りなかったりすると「神様ー 早く帰って来てー!」ってなるらしい(笑)





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年04月27日【松江城〜揖夜神社〜黄泉比良坂
・2017年12月05日【神在月の出雲大社へ
・2017年12月07日【玉造温泉郷そぞろ歩き


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:神社 お祭
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 島根
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186819096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック