2019年10月19日

念願の、なまず料理フルコースを堪能♪

2年越しの念願! なまずのお刺身を堪能すべく、埼玉のキャンピングカー仲間さんに【糀屋】さんを案内していただきました!

糀屋(01)

なんと創業は江戸開幕時、およそ400年前!
外観からして凄く敷居が高い!
ここまで下車せずに入れるとは思えない!

糀屋(02)

店内には雅な絵画の数々が。

糀屋(03)

美術品も。魯山人とか、なんでも鑑定団とかチープな連想しかできない。
完全に雰囲気に飲まれるパターン。

糀屋(04)

谷文晁の掛け軸。
ほか東山魁夷、葛飾北斎、安藤広重など誰もが知っているビッグネームの、しかも肉筆画までありました。

糀屋(05)

あの勝海舟も愛用した草履脱ぎ石。

糀屋(06)

こんな格調高いお部屋で食べる機会なんて、一生に何度あるものか…。
いったい何の祝い事かなと。

糀屋(07)

給仕さんがつくという事態に緊張しながら(笑)ビールで乾杯〜♪

糀屋(08)

さっそく来ました、鯰のお刺身!!!
わたし的には、いきなりメイン料理(笑)
臭みがなく、それでいて噛むごとに旨味が増します。しっかりした歯ごたえです。
これには日本酒でしょ〜♪

糀屋(09)

鯰の卵。こってりした味付けで、ご飯にも合いそう♪
「鯉の卵にも似てる」という感想も。

糀屋(10)

鯰の天婦羅は、サクサクふんわり。まさに白身魚。
ししとうと秋ナスも絶妙な揚げ加減(´ω`*)

糀屋(11)

待ってました〜!ヾ(*´▽`*)ノ 純米酒【なまず御膳】。
「なまず料理にあうお酒」をコンセプトに、地元で穫れた酒米「五百万石」を使って、富山県南砺市の【若駒酒造場】が醸造しました(仕込み水も富山の伏流水)。

日本酒度+4の辛口ですが、甘味というか旨味があります。
なるほど淡白な鯰に合いますね♪

糀屋(12)

なまずの照り焼き。味付けは甘口ですが、身が柔らかくて上品で、味の濃さを感じません。

糀屋(13)

見た目は唐揚げ、鯰の「たたき揚げ」。
身・頭・骨をミンチにして味付けし、揚げてあります。
Kさん夫妻は今までよそで食べた経験から「生臭いから好きじゃない」と言って敬遠していたのですが…。

食べてみたら、美味しいじゃないですか。
「あれっ、ぜんぜん生臭くない!」
骨も入っているので、コリコリした食感も相まって満足感があります。
これはビールに合う♪

糀屋(14)

鯰のマリネ。白焼きがサッパリしつつ、フンワリしっとり。

糀屋(15)

最後に、ご飯とお味噌汁♪
もちろんお味噌汁の中にも鯰のつみれが入ってます。まさに「なまずづくし」!
濃いめの出汁で、呑んだ後に効きます。
もう満腹・満足です!!!

素晴らしいお店に連れて行っていただいて感謝、感謝です!
ありがとうございました(*´人`*)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月07日【道の駅 川口・あんぎょう で待ち合わせ
・2015年11月09日【埼玉のキャンパー仲間さんと再会・あちこちお出かけ
・2017年11月04日【うなぎ創作 鰻樹で初・鰻のお刺身!
・2017年11月06日【キャンパー仲間さんとの3日間ダイジェスト
・2018年11月05日【埼玉のキャンパー仲間さんとプチオフ


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 埼玉
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186766006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック