2019年09月22日

あっぴ高原ブナの駅周辺を散策

三連休なか日は、あいにくの小雨…。Kさんとびっちり山歩きする予定でしたが、今日は大人しく(?)近場で…

あっぴ高原遊々の森・乗馬体験(1)

Kさんのお知り合いが、【安比高原ブナの駅】にて無料で乗馬体験を開催するというので行ってきました!

あっぴ高原遊々の森・乗馬体験(2)

引き馬で、ちょこっと一周まわるだけですが初心者やお子様にはいい機会です♪
小雨にも関わらず、賑わっていました(´ω`*)

あっぴ高原遊々の森(01)

ブナの駅から【あっぴ高原遊々の森】を散策〜♪

あっぴ高原遊々の森(02)

地面から2〜3mくらいまで白くなっているのは、積雪の跡なんだそうです。

あっぴ高原遊々の森(03)

緑が目に優しい。
小雨で空気が濡れているのが、より森を瑞々しく輝かせているようです。

あっぴ高原遊々の森(04)

きれいなカエルさんもコンニチハ。

あっぴ高原遊々の森(05)

道路を横断し、さらにブナ林は続く。

あっぴ高原遊々の森(06)

ユキザサには真っ赤な実が。しかし、よく観察すると茶色(肌色?)の実もあり、調べたところ熟すと赤くなるそうで、アズキナ(小豆菜)と呼ばれ食用にしている地域もあるらしい!

あっぴ高原遊々の森(マザーツリー)

ブナ二次林のマザーツリー
昭和初期、地元の人達の木炭や漆器等の資材にするため皆伐されました。
その際、当時は手鋸を使っていたため伐採できないような大きな木と、1ヘクタールあたり1本ほどの母樹が残されたといいます。
それらが親木となり、種子が落下し、一斉に発芽し、成育しました。
安比高原と八幡平のもり:東北森林管理局 - 林野庁 - 農林水産省より)

あっぴ高原遊々の森(08)

腰掛けているようなブナ。ここまで折れ曲がっても、こんな立派に成長しました。

あっぴ高原遊々の森(09)

実が羽根突きの羽子(はご)に似てるから名づけられたツクバネソウ(衝羽根草)。

あっぴ高原遊々の森(10)

幹にキズをつけてまで落書きするヤツの気が知れない。

あっぴ高原遊々の森(07)

東北森林管理局/あっぴ高原遊々の森 - 林野庁
安比高原と八幡平のもり:東北森林管理局 - 林野庁 - 農林水産省





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年10月15日【八幡平アスピーテライン】(御在所〜大沼)
・2013年10月18日【八幡平アスピーテラインふたたび】(焼走り溶岩流)
・2013年10月19日【蒸けの湯・後生掛・大沼・玉川温泉 自然研究路
・2015年06月25日【八幡平国立公園の湿原・大場谷地園
・2017年06月04日【巌手山神社と岩手山神社
・2017年06月05日【田沢湖・浮木神社と御座石神社
・2017年06月06日【八幡平神社と八幡平山トレッキング
・2017年06月07日【八幡平・大場谷地
・2017年06月08日【八幡平・御在所湿原
・2017年06月10日【八幡平・大沼トレッキング
・2018年09月25日【三ツ石山に初登山
・2018年09月26日【あっぴ高原 遊々の森を散策
・2019年09月21日【秘湯の野天風呂・安比(あっぴ)温泉


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 岩手
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186611083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック