2019年09月21日

秘湯の野天風呂・安比(あっぴ)温泉

さあ本日もKさんと山歩き。いざ、去年から行きたいと思っていた秘湯・安比温泉へ!

安比温泉(01)

安比温泉は、安比岳登山道の途中にあります。
まずは登山口まで砂利道を気をつけながら登ります。軽自動車で!
もー、ヒヤヒヤものです。

安比温泉(02)

登山口と言いますが、乗用車10台も停まれなそうなちょっとした空き地。クルマが1台停まってました。

安比温泉(03)

これは砂防ダムの案内板。

安比温泉(04)

10:30、登山開始です!
安比温泉へのルートは、白い矢印の方です。

安比温泉(05)

かなり古くて文字が消えかかっているものもありますが、案内板の存在は心強い。

安比温泉(06)

さっそく砂防ダムを越えます。

安比温泉(07)

3つあるうちの何番目の堤だったか忘れてしまったKさん(≧∇≦)
真ん中でした。帰りもちょっと迷った(笑)

安比温泉(08)

はー、よかった合ってた♪

安比温泉(09)

最初は、とっても歩きやすい遊歩道のような登山道。

安比温泉(10)

水場もありました。湧水マニアとしては飲みたかったけど、早々に冷えてお腹具合が不安だったので我慢(´・ε・`)

安比温泉(11)

11:10、茶臼岳と安比岳への分岐点。

安比温泉(12)

ここまでと、目的地までの距離が分かるのも有り難い!

安比温泉(13)

大岩を根っこで掴むようにそびえる樹があちこちに見られます。

安比温泉(14)

2つめの水場。安比温泉までの道中では、この2ヶ所だけでした。

安比温泉(15)

難所出現、もはやただの斜面!
滑り落ちないよう一歩一歩、踏みしめながらゆっくり。

安比温泉(16)

川は雪解け水などで増水した後に流木が散乱したり岩が流されたりするので、道を見失いそうになります。

安比温泉(17)

崖のようになっているところにはロープが架けられていました。
「さぁ、グローブをはめるか」ってリュックから出した瞬間に、落としてしまったあァァァ!!!Σ(≧Д≦;)
Kさんが取りに行ってくれました…。すみません………(;つД`)

安比温泉(18)

登山口から1.5km地点。

安比温泉(19)

倒木も何ヶ所かあり、乗り越えたりくぐったり。

安比温泉(20)

何度、川を越えたんだろう?
支流がたくさんあり、同じような雰囲気なのでもう分からない。

安比温泉(21)

対岸のどこに登山道が繋がっているのか、ピンクテープが頼り。

安比温泉(22)

山の保水力が豊富なのか、水芭蕉があちこちで見られました。
でっかいアキタフキも。

安比温泉(23)

雨が降った後だったら、水かさが増して登山靴では越えるのが難しかっただろうな。

安比温泉(24)

何ヶ所か、えぐられたように段差があったり滑りそうになりながら歩くこと約2時間…

安比温泉(25)

12:20、ついに安比温泉に到着!ヾ(*´▽`*)ノ
道標がクマに齧られてて毛もついてた! まさに秘湯!(?)

硫黄泉で、入浴する前は成分が沈殿しているので澄んでいますが足を踏み入れると湯の華がフワっと散って白濁します。
お〜、泥パックできそう(笑)

常連さんが洗面器や、清掃用のバケツやブラシなどを置いててくれているので、それを使わせていただきました。
すぐ近くの川から水を汲んでおいて、あとで「上がり湯」にするため浴槽の外側に置いて温めておきます。
Kさんは昨年も来ているので、そういう準備は万端です!

ランチもここで温かい蕎麦をいただきました〜♪

安比温泉(26)

最初は足湯だけにするつもりだったのですが、なんと前夜にKさんが夜なべをして「ムームー」みたいなのを作ってきてくれてました! マジでビックリ!(笑)
「せっかくここまで来て、入らないなんてもったいない!」と、着替え用テントや蚊取り線香まで…。
お陰様で、こ〜んな素敵な超野天風呂を堪能することができました♪
心配していた登山者も誰も来なかったし、いやー気持ちよかったです(*´▽`*)

安比温泉(27)

のんびり寛ぎまくって、確か15時くらいに下山開始。
帰りは山ルート(ほんの一部で、すぐ沢ルートに合流)を歩いてみました。

安比温泉(29)

この道標はボキっと折れてて、木のウロに立てかけられていました。その幹も齧られた跡だらけ…。
噂では、クマは防腐剤のニオイが好き? らしい?

安比温泉(30)

木もれ日に浮き出た自分の影で「ブロッケン現象!」(バカ)。

安比温泉(31)

山ルートの方が早いんじゃないか、って思ったけど予想が外れた。けっこう険しかった。

安比温泉(32)

沢ルートに合流しました。

安比温泉(33)

「難所」と呼ぶべきところはいくつかありましたが、やっぱり最大の難所はここですね!

安比温泉(34)

16:30、無事に下山。
行きは2時間、帰りは1時間半でした。

誰ともすれ違わなかったのに、朝に停まってたクルマはいなくなっていました。
別のルートを通られたようです。

安比温泉(35)

また、このデコボコ道を軽自動車で帰るのが大変!
ライトを下に向けて凹凸を確認し、少しでも車体を軽くするためわたしは降りる(笑)

去年よりもデコボコが激しくなっているそうで、来年はもうオフロード車でなければ通行は難しいだろうな。
来年はブナの駅から歩きますか!(≧∇≦)





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年10月15日【八幡平アスピーテライン】(御在所〜大沼)
・2013年10月18日【八幡平アスピーテラインふたたび】(焼走り溶岩流)
・2013年10月19日【蒸けの湯・後生掛・大沼・玉川温泉 自然研究路
・2015年06月25日【八幡平国立公園の湿原・大場谷地園
・2017年06月04日【巌手山神社と岩手山神社
・2017年06月05日【田沢湖・浮木神社と御座石神社
・2017年06月06日【八幡平神社と八幡平山トレッキング
・2017年06月07日【八幡平・大場谷地
・2017年06月08日【八幡平・御在所湿原
・2017年06月10日【八幡平・大沼トレッキング
・2018年09月25日【三ツ石山に初登山
・2018年09月26日【あっぴ高原 遊々の森を散策


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:自然 温泉 登山
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 岩手
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186611048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック