2019年06月25日

鳥海山麓その3〜奈曽の白滝、元滝伏流水、獅子ヶ鼻湿原あがりこ大王

鳥海山麓シリーズ、秋田県側に来ました!

奈曽の白滝(案内図)

観光パンフレットには載ってなかったけど、道路上の案内板を頼りに【奈曽の白滝】へ。
「奈曽の白瀑谷」として国の名勝に指定、また『新日本観光地百選』のひとつにも選ばれています。

奈曽の白滝 | あきた元気ムラ!秋田県のがんばる農山漁村集落応援サイト
奈曽の白滝 - Wikipedia

奈曽の白滝(案内板)

『チョウクライロ舞』見てみたい!
1200年の歴史を持つ民俗芸能。
金峰神社の例祭日(5月最終土曜日)、社頭にある土舞台の上で舞われる(雨天時は伝承館)。
「延年チョウクライロ舞」として国の無形民俗文化財の指定を受けていたが、平成16年1月に「小滝のチョウクライロ舞」として国の重要無形民俗文化財に指定された。
小滝のチョウクライロ舞 | 観光情報 | あきたファンドッとコム - 秋田県観光連盟

奈曽の白滝(白滝の蛙)

白滝の蛙。こちらも大国主命と関係する伝説が…!

奈曽の白滝(宝物殿)

平安時代からの文化財を数多く収蔵する宝物殿は無料開放されています。

奈曽の白滝(金峰神社)

金峰神社へご挨拶。彫刻が凄い!
そして、支えているのはナニ!? こういうのは珍しい気がする。

さて、奈曽の白滝は、鳥海山に源を発する奈曽川にあります。
境内から川の方へと石段を降りていくと…

奈曽の白滝

どうどうと轟音を轟かせた雄大な姿がそこにありました。
落差26m、滝幅11mの直瀑。ダイナミック!!

ちなみに、吊り橋「ねがい橋」からだと、ちょっと見づらいです。
石段は50段くらいだったと思うので、面倒がらず川へ降りた方がいいですよ!


元滝伏流水(1)

続いて【元滝伏流水】(平成の名水百選)へ。こちらも駐車場から歩いて向かいます。
駐車場には綺麗なトイレもありました。

元滝伏流水 | 観光情報 | あきたファンドッとコム - 秋田県観光連盟

元滝伏流水(2)

森林浴しながら歩くこと約10分、滝が見えてきました!

元滝伏流水(3)

幅約30mの岩肌一帯から、一日5万トンもの水が湧き出しているといいます。

元滝伏流水(4)

眺めも空気も素晴らしい〜〜〜.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`
ずっと見ていたくなります(´ω`*)

元滝伏流水(5)

川の中に立ち入ることは禁止されていますので、撮影の際は足元にご注意を。
また、この奥(右側)も立ち入り禁止。ここが行き止まりになります。

元滝伏流水(6)

一本道だと思ってたら、違うルートがあった。
帰りはそちらを歩いてみたら、水汲み場があった!
ペットボトル持ってきておいてよかった\(^o^)/

ほどなくして車道に出て、もしやすんごい遠回りなんじゃないかとハラハラしたけど、それほど変わらないくらいで駐車場に戻れました。


獅子ヶ鼻湿原(案内板)

本日のラストにしてメインイベント、鳥海自然休養林【獅子ヶ鼻湿原】(中島台レクリエーションの森)。

獅子ヶ鼻湿原 - にかほ市観光協会

往復約2時間半くらい。
スタート時点で既に14:45…、急げー!

獅子ヶ鼻湿原(1)

森の中はほとんどアップダウンもなく、木道の遊歩道が整備されているのでとても歩きやすいです。

獅子ヶ鼻湿原(燭台)

ブナ奇形樹がそこかしこに点在しています。
こちらは「燭台」と名づけられたブナ。

獅子ヶ鼻湿原(炭焼き窯跡)

炭焼き窯跡。ブナの森を利用した炭焼きは江戸時代末期から行われていたそうで、一帯には26個もの炭焼き窯跡が見つかっています。

一説によると、ブナの奇形の原因はこの炭焼きにあると言われています。
一度伐採したブナが萌芽し成長すると再び伐採しており(およそ90年サイクル)、伐採の際に萌芽しやすいよう何本か枝を残して伐っていたのが奇形につながったと推察されています。
そう聞いてしまうと… 炭焼きを怖れて恐怖にねじ曲がった姿にも見えてしまいます。

獅子ヶ鼻湿原(あがりこ大王)

やっと会えました「あがりこ大王」!
幹周り7.62m、樹高 25m、樹齢(推定)300年以上!

数々の巨木を見てきたので、正直「あれっ」という印象は否めませんが、巨木の魅力は大きさだけじゃありません。
まるで火焔土器のような躍動感のある姿、地面から天へとみなぎるパワーを感じます。

東北森林管理局/あがりこ大王(ブナ)- 林野庁

獅子ヶ鼻湿原(あがりこ大王パノラマ)

名前の由来は、「幹が上がったところで子に分かれているから」だそう。
秋の紅葉も素晴らしいらしい(*´Д`*)

獅子ヶ鼻湿原(2)

湧水「出つぼ」付近はロープが張られていて、枝葉に覆われているので写真に収めるのが難しかったです。
(この写真は、もうちょっと上流)
見えるんですけど、写真に撮ったら「何だかな?」っていう(笑)
こんこんと、ゆうゆうと流れてゆく様は一見にしかずです。

獅子ヶ鼻湿原(3)

この辺りからは木道がなくなって、岩場が多く道幅もぐっと狭く険しくなるので、足元に気をつけて。
山歩きが苦手な方は、「出つぼ」でUターンした方が無難です。
見どころといえば苔群落くらい。まぁ、わたしは苔好きだし山歩きも好きだから一周しましたけど♪

獅子ヶ鼻湿原(鳥海マリモ)

これは鳥海マリモ。一見コケに見えるのですが…

獅子ヶ鼻湿原(あがりこ女王)

こちらは2017年に新スポットとして名づけられたブナ「あがりこ女王」。
一本の木から十数本の幹があがり、まるで子だくさんの女性のようだということですが、どうでしょうか?
両手指を天高く掲げているようにも見えます。

獅子ヶ鼻湿原(ギンリョウソウ)

この日はもうギンリョウソウ祭りでした!
探すまでもない、あっちにもこっちにも真っ白な森の妖精がにょきにょき。

漢字で書くと「銀竜草」とカッコイイ反面、「ユウレイタケ」という別名も(笑)
とっても不思議な植物なのです。

ギンリョウソウ - Wikipedia

「ムーミン」に登場するニョロニョロはギンリョウソウがモデルだとか!?


トレッキング情報は、こちらのウェブサイトが詳しいです↓

あがりこ大王の棲む森

※ちなみに元滝伏流水・獅子ヶ鼻湿原は、冬期間はガイド同行のみ入山可です。





人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年06月28日【道の駅『鳥海』〜十六羅漢〜大物忌神社
・2019年06月20日【鳥海山麓その1〜一ノ滝・二ノ滝、胴腹滝、丸池様、牛渡川など
・2019年06月21日【鳥海山麓その2〜永泉寺、剣龍神社、杉沢熊野神社、大物忌神社など

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 秋田
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186189343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック