2018年11月24日

湯西川めぐり・平家の里

栃木のNさんの声かけで、1ヶ月ぶりの方も10年ぶりの方も(笑)キャンピングカー仲間が10台ほど集まり、某スナックで宴会!(≧∇≦)
カラオケ楽しかった(笑)たいへん盛り上がりました♪

湯西川 水の郷

日光市湯西川温泉観光センター【湯西川 水の郷】で日帰り入浴。(※写真は昨年のものです)

「Nさん(地元民)がいたら割引なのに〜」
「JAFカード忘れた!」
「とちぎパスポート忘れた!」
「みんな、いい大人なんだから湯西川にお金落とそうよ(´・ω・`)」(笑)

ダムカレー(道の駅湯西川)

道の駅【湯西川】で念願の(?)ダムカレー♪
湯西川ダムカレーは大盛り900円、川俣ダムカレーは普通盛り700円。道の駅オリジナルのダムカードがついてきます。

湯西川ダムカレーのダム(ごはん)は台形ですが、川俣ダムはご覧の通り、ちょっとアーチになってるところがイイ!
カレーは具沢山で、お子様でも大丈夫な辛さでした。

平家の里(01)

いったん三々五々、解散。わたしはKさんと【復元 平家の里】へ。昨年、観光スポットとしてはB級の【平家 狩人(マタギ)村】は見たのに平家の里は行かなかったのが心残りだったのです。
湯西川温泉街(山島屋)で割引券を購入、510円のところ…460円だったかな?

平家の里(02)

こうして見ると広そうだけど、実はマタギ村と変わらなかった。

平家の里(03)

こちらは受付。
茅葺き屋根、千木の下には【平】の文字。

平家の里(04)

【調度(ちょうど)営みどころ】。
ディスプレイ用とはいえ、薪がこれっぽっちじゃ瞬殺だね(笑)

平家の里(05)

木杓子作り実演、今日はお休みだった〜。

平家の里(06)

小さい子が着たら可愛いだろうな〜(´ω`*)♪

平家の里(07)

平家の里は、かまくら祭(日本夜景遺産認定)メイン会場となってます。
上のような蓑かぶって歩いてみたいな〜(*´▽`*)
寒いのは大嫌いだけど!(笑)

平家の里(08)

「ばったん」しないので手で押してみたら復活した(笑)
絶妙なバランスで保たれていたみたい。

平家の里(09)

足踏み式の唐臼。粟・稗・キビなどの雑穀を搗いていたらしい。
こちらも動かす事ができます。

平家の里(10)

駕籠。昔の人は小さかったんだね。

平家の里(11)

平敦盛。超イケメンなんですけど−−−!

余談ですが『敦盛』と言うと織田信長、幸若舞の演目のひとつを思い出します。
皆様ご存知の、
人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
ですよ!

平家の里(12)

御神輿かな?

平家の里(13)

平清盛。これまた超イケメンなんですけどぉ−−−!!!

平家の里(14)

【種々伝えどころ】。屋根にはうっすら雪が被っています。
こちらの文字は読めなかった…。

平家の里(15)

赤間神社。山口県の壇ノ浦にある赤間神宮から分祠しています。
御朱印は受付にて。御朱印帳も販売していました。

・2011年02月06日【写真で綴る下関】に赤間神宮も掲載しています。

平家の里(16)

手水は山から引いてあるのか、すごい勢いだし冷たい!

平家の里(17)

【よろず購(あがな)いどころ】、餉(かれい)の館。よ、読めん!!
餉(かれい)とは、乾飯(かれいい)が変化したものらしい。つまり、お土産&甘味処です。

お味噌汁の無料サービスをされていました。今日はなめこの味噌汁♪ あったまる〜(´ω`*)

平家の里(18)

メニューを見たら『とちもち』が手づくりと書いてあったのでオーダーしてみました。400円です。
まず、きなこの香りがすごい。砂糖少なめで、大豆の風味が活きてます。
栃餅も甘さ控えめで上品な味わい。柔らかいけど弾力があって、これはイケる♪

付け合わせのタケノコも美味しかったので、お土産に購入しちゃいました。600円くらいだったかな?
『そばがき』や『おしるこ』も美味しそうだったな〜(´ω`*)

平家の里(19)

最後に『平家塚』を通って、正面入口に戻ってきました。
今年は平清盛 生誕900年だったのね!
奇しくも節目の年に拝観できて、よかったです。それにしては特別展示とか何もなかったのが気がかりですが(笑)

このあと湯西川〜川俣まで案内していただいたので、そちらは明日レポします♪

サンショウウオ

*おまけ*
湯西川の隠れた?名物、サンショウオの燻製です。昨年、道の駅 湯西川で見かけて買おうかどうか迷った末にやめてしまったのを後悔していました。
今年は道の駅にはなかったのですが、湯西川温泉街の山島屋さんで発見。5匹800円でした。
梅雨入り頃、産卵のために清流に下ってくるものを捕まえて燻製にしたもので、古来より疲労回復・滋養強壮・美肌などに効果があるとして親しまれています。
サンショウウオは標高1,000m以上の針葉樹林帯に生息し、水陸両方に棲める生命力がとても高い動物です。
お土産:道の駅 湯西川より)

お腹周りは苦味があるけど、先日の『蚕の蛹』に比べれば、まったく臭みはないです。
Hさんは2匹もポリポリっと食べちゃったけど、眠れなくならなかったかな?(笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2015年10月29日【湯西川の紅葉
・2017年10月27日【湯西川を満喫した1日・前編
・2017年10月28日【湯西川を満喫した1日・後編ダックツアー
・2017年10月29日【湯西川を満喫した1日・おまけ〜平家 狩人村


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 栃木
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185086685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック