2018年11月18日

引っ越しのサカイCMロケ地・木澤小学校

昨日のブログ記事で保留にしていた、旧木澤小学校。
平成3年に廃校となった、木造の趣ある佇まいです。

木澤小学校(01)

校門。この写真はKさん撮影m(_ _)m

木澤小学校(02)

正面玄関

木澤小学校(03)

にゃんこ校長は留守でした(´・ω・`)

木澤小学校(04)

「松下先生ありがとう」の文字、CMではカラフルに描かれていたけど雑になってた(笑)

木澤小学校(05)

こぢんまりとした体育館。卓球台があったので、KさんとNさん夫妻が盛り上がりました。わたしは運動オンチなので傍観(笑)

木澤小学校(06)

ノスタルジーに誘う写真

木澤小学校(07)

こんな風景を見たかったな

木澤小学校(08)

懐かしい、見た事あるような気がするけど、自分が通っていた学校にこういうのはなかったような?

木澤小学校(09)

用務員さんが寝泊まりする部屋らしい。

木澤小学校(10)

オルガンって、こんなに小さかったっけ?

木澤小学校(11)

教室も机も椅子も、まるでミニチュアみたい。

木澤小学校(12)

教壇がない!?(笑)
ダルマストーブもあんな小さくては教室が温まらなさそう。

木澤小学校(13)

校舎の窓から見下ろす校庭、村下孝蔵さんの『初恋』がよぎる。
桜の古木は、春には見違えるんだろうな。

木澤小学校(14)

遠山森林鉄道 本谷線のジオラマ
遠山森林鉄道 - Wikipedia

木澤小学校(15)

林業に関する様々な道具の数々

木澤小学校(16)

前面の刻印『SKW』で検索したら、酒井工作所製の機関車ということでした。

木澤小学校(17)

国重要無形文化財 遠山郷の霜月祭り】見てみたい!って、もうすぐじゃないか!!

木澤小学校(20)

縄を縒る機械、動きました!

木澤小学校(18)

美術室

木澤小学校(19)

音楽室

木澤小学校(21)

写真撮影のため、正面玄関前には駐車しないでください…って書いてあるのに、軽トラとかバスとか地元のクルマが停めてるし(笑)

しかし、さすがKさん&Nさん「すごい、このバス古くない?」「このクルマがもうレトロだよね!」と興味津々で魅入ってました(笑)

清流苑(1)

戻りまして【信州まつかわ温泉 清流苑】で日帰り入浴♪

清流苑(2)

飯田弁で綴られた『お風呂の心得』。なんとな〜く、雰囲気は分かる(´▽`;)
『お便所の心得』もあります(笑)

清流苑(3)

レストランでディナー。メニューを見て迷うことなく…

清流苑(4)

「アルプスサーモン」丼(980円)!(≧∇≦)
長野県飯田市の棚田養魚場が伊那谷ブランドとして開発したニジマスです。まったくクセがなくてちょっとあっさりし過ぎかな?
脂も乗ってるんだけど、上品すぎるな〜という印象でした。

蚕の蛹と馬のおたぐり

*おまけ*
そ、そしてスーパーで仕入れた…蚕の蛹と、馬のおたぐり。
虫系は食べたことがほとんどなくて、ずいぶん前に『ざざむし』の缶詰を食べて以来トラウマになってる代物。

蚕の蛹は美味しいよ、と聞いたけど…やっぱり、臭かった(T_T)
ごま油で炒め直したら何とかいけたけど、少量で充分なレベル。しかもフライパンに臭いが移っちゃうほどだった。

「おたぐりはもっと臭い」と聞いていたので、そちらは食べる勇気がわかず冷凍庫に仕舞ってしまいました(;つД`)
そもそも、『おたぐり』って何だ? と調べてみたところ、馬のもつ(腸)の煮込みらしい。
Kさん曰く、網焼きにすると美味しくなるらしい。キャンカーの中では試せないので、山小屋に帰るまでとっておくか…。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)
   +Kさん提供写真


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年07月21日【信濃國一之宮 諏訪大社
・2015年11月22日【洋めし&BAR アーバックルで友人と再会
・2015年11月23日【伊那市の鳥の宮湧水
・2017年11月15日【旧友との再会・伊那まち酒場 はしば


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:史跡
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 長野
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185086495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック