2018年09月27日

遠野の山中に鎮座する巨岩・続石

※9/26に訪れました

道の駅 遠野風の丘

道の駅【遠野風の丘】、写真を撮り忘れたので過去のもので失礼します(^_^;

遠野 続石(駐車場)

道の駅でもらった周辺の観光案内マップを見ていたら、まだ見たことがないスポット【続石(つづきいし)】を発見! さっそく地図を頼りに行ってみました。
案内板を見落として通り過ぎちゃって、戻ってきました(^o^;
駐車場は普通車10台ぶんくらいかな? トイレもあります。

ちなみに【千葉家曲り家】の近くなんですが、そちらは修復中で見学できませんでした。

遠野 続石(地図)

遊歩道マップ。実は、さらっと写真を撮っておいて見もしなかったという…。ちゃんと最初によく見ておけば…。

遠野 続石(鳥居)

この鳥居をくぐって行きます。
『クマ出没注意』の看板が!Σ(°ロ°;)

遠野 続石(案内)

この案内も読まずに行きました(^_^;
小高い杉林の中に、古代巨石文化が遺したものといわれている大きな石があります。
二つ並んだ石の一方の上に、幅7m/奥行き5m/厚さ2mほどの巨石が笠石として乗っています。
弁慶が、そばの石に笠石を乗せたら「位(くらい)の高い石なのに大石の下となるのは残念」と嘆いたので、現在の石の上に置き換えたという話を、『遠野物語拾遺|第11話』が伝えています。

遠野 続石(山道1)

360mっていうから大した事ないと思ってたら、けっこう山道だった…。しまった、サンダルで来るんじゃなかった(;つД`)

遠野 続石(山道2)

あと150m。ほんの5分ほどでも登りがきつくて足元が滑りやすいから疲れる〜。

遠野 続石(山道3)

杉林に突入。

遠野 続石(山道4)

右へ行くと不動岩への分岐。地図を見ていなかったので「何ィ?! 不動岩だと?!Σ(°ロ°;) 」と驚く。バカだね〜。

遠野 続石(お水)

お山の水そのままの手水。しまった、ペットボトルを持って来ればよかった。
今日はもう時間も遅いから(15時過ぎ)不動岩も含めて明日、改めて来ようと決意。

遠野 続石(弁慶の昼寝場)

開けた場所は、『弁慶の昼寝場』と名づけられています。マルで囲んだところに、続石が見えました! で、でかい!!

遠野 続石(泣石)

そっちに目を奪われてたけど、左側にも巨石『泣石』が!(地図を見てないから知らなかった)

遠野 続石(1)

続石の方へ登って行くと、小さなお社が建っていることに気づきました。しまった、お賽銭も持ってきてない…。

遠野 続石(2)

綾織村山口の続石は、この頃学者のいうドルメンというものによく似ている。
二つ並んだ六尺ばかりの台石の上に、幅が一間半、長さ五間もある大石が横に乗せられ、その下を鳥居の様に人が通り抜けて行くことが出来る。武蔵坊弁慶の作ったものであるという。

昔弁慶がこの仕事をする為に、一旦この笠石を持って来て、今の泣石という別の大岩の上に乗せた。そうするとその泣石が、おれは位の高い石であるのに、一生永代他の大石の下になるのは残念だといって、一夜中泣き明かした。

弁慶はそんなら他の石を台にしようと、再びその石に足を掛けて持ち運んで、今の台石の上に置いた。それ故に続石の笠石には、弁慶の足形の窪みがある。泣石という名もその時から附いた。今でも涙のように雫を垂らして、続石の脇に立っている。
『遠野物語拾遺|第11話』より

霊感などはないけど、ここはビリビリとパワーを感じました。氣おされるほどの存在感!
おそらく笠石の下をくぐった方もいるだろうと思うけど、恐れ多くてそんなことできない雰囲気。

遠野 続石(3)

岩の隙間に小銭を捩じ込むのはやめてほしい。こういうの、誰がやりはじめるんだろう? ちゃんとお賽銭箱があるのに。
あ〜、綺麗さっぱり取り除きたいけど時間が…。

森の中は陽が差しづらいので、あっという間に暗くなってしまいます。急ぎ足で、でも滑らないよう気をつけながら下りました。

たかむろ水光園(地図)

日帰り入浴は、こちらの一角にある…

たかむろ水光園(入浴)

【たかむろ水光園】。2度目の訪問なのですが、道が狭くて狭くて「こんなところだったっけ?」と不安に…。建物を見たら、思い出した。

ここは前回も来たから、もう1ヶ所の温泉【踊鹿温泉 天の湯】に入ろうと思って向かったんだけど、駐車場が狭すぎて断念。あそこはキャブコンでも難しいと思う。

たかむろ水光園(釣り堀)

春から秋まで、釣り堀もやってるようです。

ちなみに翌日は雨、それも本降り。続石までは片道10分ほどなのですが、さすがに雨の中あの山道を登るのはなぁ…と、再訪は取りやめました。
また改めて!


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年06月08日【SL銀河と宮守川橋梁
・2014年06月09日【遠野探訪・倭文神社〜常堅寺とカッパ淵〜伝承園
・2017年06月03日【早池峰山と瀬織津姫を祀る早池峰神社


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:遺跡 巨岩
posted by しう@SOTO at 22:07 | TrackBack(0) | 岩手
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184584820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック