2018年08月15日

二風谷でアイヌ文化をたどるビデオ鑑賞の日々

二風谷に滞在中、【平取町立二風谷アイヌ文化博物館】と【萱野茂 ニ風谷アイヌ資料館】に足しげく通って、所蔵ビデオを観まくりました。

二風谷アイヌ文化博物館では写真を1枚も撮ってないくらいビデオ鑑賞に集中(笑;)
しつこく通ったお陰で貴重なビデオも見せていただくことができ、大変ありがとうございました。

何時間ぶんも観たので、どれがどのビデオだったか分からなくなってしまったのですが、どのビデオも途中でやめられなくなるほど興味深いものばかりでした。

萱野茂アイヌ資料館(1)

【萱野茂 ニ風谷アイヌ資料館】

英国人考古学・人類学者でもあるマンロー博士が残したフィルムが二風谷アイヌ文化博物館でも観られますが、量としては網走の【北海道立北方民族博物館】が多かった。でもおそらく、元は【萱野茂 ニ風谷アイヌ資料館】から提供されているんじゃないかな。映像の質は、ニ風谷アイヌ資料館のものが最もきれいだった。

・2015年09月16日【モヨロ貝塚と北方民族博物館

萱野茂アイヌ資料館(復元チセなど)

ニ風谷アイヌ資料館の周辺にも復元チセ群がありますが、傷みが顕著です。

萱野茂アイヌ資料館(3)

北海道内各地のアイヌ民族衣装が一同に見られます。日高、静内、旭川、白老など、それぞれの地域性が文様に現れていて、詳しい方なら文様を見ればどこのものか分かるそうです。

萱野茂アイヌ資料館(2)

1本につき1時間くらいなので、数日に分けて観ました。一気に観てたら頭がボーっとしてしまって(^x^;
それでも全部を観ることはできませんでした。

どのビデオもオススメですが、お時間があれば『ETV特集〜あるアイヌ(人間)からの問いかけ〜萱野茂のメッセージ』を是非ご覧いただきたい。二風谷でのアイヌの人々の歴史が、ひしひしと伝わります。

萱野茂アイヌ資料館(ビデオ1)

マンロー博士のウェポタラ(悪霊祓い)は、二風谷アイヌの人々の協力のもと、撮影用のチセを製作することからはじまりました。(ビデオには収録されていませんが)

当時のビデオカメラでは屋内での撮影は明るさが足りないため、南側の壁は骨組みのままとなっています。また、女性の口元の入れ墨も映りやすいようにメイクで濃くしているそうです。音声はありません。

萱野茂アイヌ資料館(ビデオ2)

ニール・ゴードン・マンロー - Wikipediaより
インド航路の船医として29歳で日本にやってきた。(略)日本人女性と結婚し、明治38年(1905)に日本に帰化した。昭和7年(1932)北海道沙流郡平取町二風谷に住所を移し、医療活動に従事する傍らアイヌの人類研究、民族資料収集を行った。

※館長さんの了解を得てビデオ画面を撮らせていただきました。


施設について詳しくは、2015年09月04日のブログ記事【平取・二風谷のアイヌ博物館&資料館】をどうぞ♪

二風谷アイヌ文化博物館に隣接の【沙流川歴史館】は今回は見送り。沙流川歴史館にもビデオがあるんだけど、もう精一杯(;つД`)


アイヌ文化に興味を持ち始めたのはいつからなのか思い出せないけど、北海道に来るようになってからなのは間違いない。もともとは縄文時代に惹かれていて、その流れをアイヌ文化が引き継いでいると思うようになったのが大きい。

そもそも何故、縄文時代に惹かれるのかというと、何とな〜く精神文化が豊かだったのではないかなと感じているからです。
そりゃあ、現代の暮らしと比べればモノは原始的で不便だろうし衛生面も心配なんだけど、教科書に載っていたような暮らしとは、違っていたんじゃないかな。ココロはずっとずっと豊かだったんじゃないかな。

何を求めてアイヌ文化を追いかけているのかなと考えたとき、この世界に蔓延する支配構造から精神(こころ)を解放するヒントが見つかるんじゃないか…という期待もあるのかも知れない。
ちとでかすぎるかな。


※追記※
先日、二風谷で溝口尚美監督と出会い、ご厚意で映画【Ainu -ひと-】を見せていただきました。とても優しくあたたかく、胸にすっと入ってくる、まさに「あなたの心にそっと触れさせてください」(アイヌ語の挨拶「イランカラプテ」の意味)と語りかけてくるような映画です。
神戸・大阪で劇場公開されますので、お近くの方は是非!

9/15〜21 ドキュメンタリー映画Ainu|ひと=i監督:溝口尚美)神戸・大阪で劇場公開!


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2015年08月22日【舟下ろしの儀式・チプサンケ(前夜祭)
・2015年08月23日【舟下ろしの儀式・チプサンケ(本祭)
・2015年09月04日【平取・二風谷のアイヌ博物館&資料館
・2015年09月16日【モヨロ貝塚と北方民族博物館
・2018年08月11日【アイヌモシリ一万年祭
・2018年08月14日【二風谷の日々・ダイジェスト(※書き直しました)


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 17:06 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184243700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック