2018年07月19日

札弦から清里・来運神社と湧水

入浴施設や足湯、パークゴルフ場、ドッグランがある道の駅【パパスランドさっつる】はキャンパーにも人気。夏休みシーズンともなればキャンピングカーがたくさん停まっています。

北海道の日帰り入浴で気をつけなければならないのは、脱衣所にクーラーがついていない施設が多いことです。短い夏、クーラーを必要とするのは1ヶ月程度なので経営者としては設置をためらうのも無理はありませんが、外が涼しくなった夕方でも脱衣所はサウナ状態ということがよくあるのです。
ここも、そうでした。もー暑くて暑くて、ぜんぜん湯上がりサッパリしない(;つД`)
窓は壊れてて(電動)開かないし…参りました。

札弦から見た斜里岳

札弦から見た斜里岳。稜線に雲がのびのび〜っと横たわっています。

清里の畑

札弦のお隣、清里の風景。畑が波打つようなラインがきれい。

清里から見た斜里岳

清里から見た斜里岳。手前はジャガイモ畑(と、ヒメジョオン?)、花がたくさん咲いています。

来運神社(1)

斜里町来運にある【来運神社(いずみの森 来運公園)】。
『来運(らいうん)』という地名の由来は、アイヌ語の「ライクンナイ」=「死者の沢」から。アイヌ民族特有の思想で、死者は「恵みの神の後継者」「生者に知恵や恵みを授ける存在」なのだそうです。

来運神社(2)

来運地区が開墾されたのは明治32年。それ以来ずっと大切にされてきたこの湧水は斜里岳の伏流水で、水温は年間を通して6℃と一定しており夏は冷たく冬でも凍りません。湧出量は毎分5t!

来運神社(3)

存在感がある木製の鳥居をくぐり、神社へ参拝にちょっとだけ丘へ登ります。ひんやりとした森の中はいつも空気がしっとりとしていて、足元も滑りやすいのでお気をつけて。

来運神社(蛍)

あっ! ホタルだ〜(*´▽`*)

北海道にはヘイケボタル、オバボタル、スジグロボタル、カタモンミナミボタルの4種類が生息していて、成虫でも発光するのは(北海道では)ヘイケボタルだけなんだそうです。

西区ホタルの会 - NPO法人 琴似発寒川市民フォーラム より

来運神社(4)

神社創建の由来も御祭神も不明なのですが、いにしえよりこの地を守っている神様がいらっしゃるのでしょうね。大自然そのものが神であり、いたるところに神様がいるのですから(´ω`*)

社務所もなく無人の神社ですが、道の駅【しゃり】にて絵馬やお守を販売しています。古札なども道の駅へ持って行くと、お焚き上げしていただけるそうです。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年07月30日【オシンコシンの滝
・2012年08月16日【斜里町『来運神社』の湧水
・2014年09月13日【摩周湖〜神の子池〜来運公園〜知床ウトロの夕陽
・2015年08月04日【阿寒湖を拠点に観光案内(1日目)
・2017年06月26日【小清水原生花園2017
・2017年08月08日【斜里町を満喫・前編(斜里神社・知床博物館など)
・2017年08月09日【斜里町を満喫・後編(来運神社と越川橋梁)
・2017年08月13日【清里町を満喫(宇宙展望台〜さくらの滝〜男鹿の滝)
・2017年08月14日【斜里町を満喫・追加コース(越川温泉と越川橋梁)

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:神社 湧水
posted by しう@SOTO at 21:06 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183963908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック