2018年07月05日

音威子府・絶滅危惧グルメと八幡神社

久しぶりに、音威子府(おといねっぷ)に立ち寄りました。
道の駅で休憩することはあったのですが、近年は立ち寄る事なく通り過ぎることも…。それというのも、特に興味を惹くものがなくて。

今年もスルーするつもりが眠くて眠くてたまらず…ここで停泊させていただくことにしたのですが、ついに道の駅が休館していて驚きました(トイレは開いてます)。
※【道の駅おといねっぷ】オリジナルの切符やマグネット、カントリーサインなどは【千見寺商店】(リンク先は【食べログ】です)で販売しています。

音威子府駅(01) 音威子府駅(02)

写真:左=道の駅から徒歩2〜3分で、音威子府駅(JR北海道 宗谷本線)。
写真:右=駅構内には昔懐かしい『立ち食い蕎麦』が。お昼ご飯にあとでいただくことにして、まず『天北線(鉄道)資料室』へ。

天北線 - Wikipedia

音威子府駅は、かつては宗谷本線/天北線の分岐駅として賑わっていましたが、天北線は平成元年(1989)5月1日に廃止されました。

音威子府駅(03) 音威子府駅(04)

かつての様子を再現したジオラマ、自分もミニチュアになって歩いてみたい。

音威子府駅(05) 音威子府駅(06)

写真:左=想い出ノートもありました。
写真:右=SLの写真に胸熱。

音威子府駅(07) 音威子府駅(08)

写真:左=パネルで列車が隠れているじゃないですか! Amazonの箱もどかして!!
写真:右=記念撮影ポイントはここかなぁ。

音威子府駅(09) 音威子府駅(10)

写真:左=あー! この「Ω」みたいな鍵、木古内郷土資料館で見た!
・2018年05月09日【木古内町そぞろ歩き・木古内郷土資料館

写真:右=記念切符もあります。残念ながら『筬島駅(おさしまえき)』入場券は完売。

音威子府駅(11) 音威子府駅(12)

写真:左=『鉄分 撮りすぎ注意』シリーズ。いわゆる撮り鉄≠ウんへのマナー啓発を目的としているそうですが、効果はあるのだろうか?(笑)

写真:右=音威子府村オリジナルグッズ。「宗谷バスさん窓口にて販売」って、駅前にあるのかなと思ったら、切符売り場の隣だった。駅構内にありました。わざわざ分けなくてもいいんじゃない?って思ったけど、そうはいかないのか…?(^_^;

そうこうしているうちに「蕎麦、完売しました〜」の声がΣ(°ロ°;) !!!!!
12時半。嘘でしょ、1日何食なの? ぽつぽつお客さんが来てはいたけど、まさかこんなに早く店じまいされるとは…。ごめんなさいナメてました…。

黒っぽい色をした『音威子府そば』が名物で、10年くらい前に食べたきりでした。その当時は周辺に何軒かお店があったのですが、現在はこちらの【常盤軒】のほかには1軒しかないらしい。
正直に申しまして常盤軒のご夫婦は、かなりご高齢です。耳も遠いですし腰も曲がっています。長時間勤務はつらいのかも知れません。

宗谷本線人気の駅そば〈常盤軒〉生産北限の地でいただくまっ黒なそば!(COLOCAL)

という訳で、もう1軒のお店まで歩いて行く事にしました。音威子府駅から約1.5km。

音威子府村役場 音威子府村

音威子府村は、北海道で一番ちいさな村。なんと、人口770人!(2018年6月末現在)

写真:右=道路の左側に音威子府村100年記念塔と、真正面に音威富士スキー場が見えます。芝を刈って「おといねっぷ」と文字が浮かんでいました。ケータイしか持ってなかったので、分かりづらくてすみません。

音威子府(一路食堂) 音威子府蕎麦(一路食堂)

写真:左=【一路食堂】も、使用している蕎麦は常磐軒と同じ畠山製麺の麺です。発送もしています。周辺にお食事処がないこともあって、13時過ぎなのに満席!
「かなり時間がかかります」とのことなので、漫画を読みながら待つ事なんと40分(´Д`;)

写真:右=もりそば 530円。音威子府そばが黒いのは、蕎麦の実を丸ごと使っているからです。蕎麦の風味というよりも焙煎した蕎麦茶のような感じで、弾力もあり、いつも食べているような蕎麦とは別物と言ってもいいくらいです。
驚いた事に、この特徴的な黒い蕎麦に合うよう「音威子府そば専用のそばつゆ」まで開発したそうです!

ちなみに音威子府村は、蕎麦生産の北限地。旅情をそそるご当地名物、存続してほしいものですね…。

北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 音威子府(寮?)

お腹が満たされたところで、腹ごなしにあてもなくぶらぶら散策。

写真:左=【北海道おといねっぷ美術工芸高等学校】。北海道で唯一の『工芸科』の高校ですって! へー!
国立教育政策研究所教育課程研究指定校として美術教育を研究すると共に、東海大学(締結時は北海道東海大学)との高大連携事業やスウェーデンとの国際交流活動等も推進している。
音威子府村の総人口(約850人)の約15%が高校の生徒・教職員などで、村そのものを支えている側面もある。
公立校であるが道外からの受験も可能であり、生徒の2割程度が道外出身者である。
2010年、元校長の石塚耕一による手記『奇跡の学校 おといねっぷの森から』(光村図書出版)が出版された。
北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 - Wikipedia

写真:右=寮かな? オシャレな外観♪
自分も高校は美術科で、下宿していたので当時を思い出します。ぜんぜん勉強せず絵ばっか描いてた(笑)

音威子府八幡神社(1) 音威子府八幡神社(2)

おっ、神社発見! ご挨拶せねば。
しかし歩いている人がぜ〜んぜんいなくて、空も曇ってるし森にうずもれたような社殿へ登って行くのが何だかコワイな〜と思いながら近づいて行ったら、境内に人がいるのが見えた。ホっとした〜!(´▽`;ゞ

音威子府八幡神社(3) 音威子府八幡神社(4)

写真:左=音威子府八幡神社。7月23日の例大祭に向けて、傾いた社殿を修復中でした。雪の重みで千木が取れかかっていたり、なんと本殿そのものが前に傾いてしまったそうです。柱にロープをかけて後ろに引っぱり、ユンボ(だったかな)で支えていました。

写真:右=失礼して拝殿内を撮影させていただきました(-人-)

7月21・22日は北海道おといねっぷ美術工芸高等学校の【おと高祭(学校祭)】だそうですので、23日の音威子府八幡神社 例大祭とあわせて3日間、ふだんは静かな音威子府村が賑わいそうですね!

次回はお隣の筬島にある【エコミュージアムおさしまセンター】にも行ってみようかな。『北海道命名の地』も、10年くらい前に行ったきりだし。


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪



*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 22:03 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183867974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック