2018年07月06日

上川町の酒蔵と釣り堀

ひょんなご縁で、毎年のように訪れるようになった上川町。なんと昨年、新しく酒蔵が誕生しまして、特別に(と・く・べ・つ・に!)酒蔵見学をさせていただけることになりました!\(^o^)/

上川大雪酒造(01) 上川大雪酒造(02)

写真:左=こちらが、その【上川大雪酒造 緑丘蔵(りょっきゅうぐら)】。
ただいまショップなどを建設中で、今冬には完成予定だそうです。

写真:右=「ラボ」といった雰囲気。ここで研究に研究を重ねているのですね。

上川大雪酒造(03) 上川大雪酒造(04)

なにぶん敷地面積が狭いので、処狭しと色々な道具類が置いてあるのも面白いです。みんなピッカピカで清潔。
そして扉を開けた瞬間から、い〜い匂いがするんですよ。

写真:右=麹室に窓があるのは珍しいですね。緑に囲まれた環境が、麹にもいい影響を与えるかも知れません。

上川大雪酒造(05) 上川大雪酒造(06)

写真:左=その日その日の気温や湿度などなど、様々なデータを基に製造・管理されています。
写真:右=「砂川産 彗星」「愛別産 吟風」など近隣の契約農家さんのお米を使用。
タンクが小さくて可愛い。今まで酒蔵見学した中で、もっとも小さい。手に入りづらいかも知れないけど、それも「ご当地」感があっていい。

上川大雪酒造(07) 上川大雪酒造(08)

写真:左=もう出荷できそうな生酒、写真:右=ぶくぶくと発酵中。
そりゃもう、い〜い香りが鼻孔をくすぐり、写真のピントもブレちゃってます。落ち着けわたし(笑)

その年のできたて旬の味を堪能できるのは格別ですね。なるべく早く開封して、こだわりさんは徐々に味の変化を楽しむというのもアリです。
実のところ、わたしは生酒よりも火入れ=i加熱処理)の方が好みなのですが、その火入れの仕方も瓶詰めしてからだと聞いて、美味しさを閉じ込めてるようでますます好印象(´ω`*)

上川大雪酒造(09) 上川大雪酒造(10)

写真:左=温度管理の機器は、杜氏さんの手づくり! 小さな酒蔵ですが、それゆえにアイデアがいっぱい詰まった「秘密基地」のような感じで見ていてワクワクします。

一般的な酒蔵見学とは、ちょっと違った感覚です。個人的に、つい情緒的に見てしまうというか「酒蔵=木造で歴史が詰まっている」「麹も酵母も生きている、そこに古くから住みついている」というノスタルジーにも似た感傷を持ってしまうのですが、こちらは真新しいせいか次世代の明るい未来を感じさせます。
まぁ、かと言って某酒造のようにフルオートメーションは情緒がなさすぎるかなぁとも思いますが(笑)伝統と新進気鋭が折り重なって、技術が奥深く発展していくのでしょうね。

写真:右=ラベルも秀逸です!
上川町は大雪山系の麓にあり、大雪山の伏流水もゆたか。その「山と川」を現しているのです。純米/純米吟醸/純米大吟醸、と…こういう並びでいいのかは分かりませんが!(笑)

清酒『神川』は、上川町のセブンイレブンでも取り扱っています。ほかでも入手できるでしょうが、セブンイレブンが手っ取り早いと思います(^▽^;
オススメは、やっぱり純米吟醸かな♪

飲む側は「美味しければ何でもいい」と言ってしまいますが、では「おいしさ」とは何か? その要素ひとつひとつを丁寧に掘り下げて行くのが酒造りなのかも知れませんね。
杜氏さん自身も好みが分かれるでしょうし、わたしも難しい事を考えながら飲んでる訳じゃないけど(笑)
普段飲みできる価格帯で美味しいお酒がいただけるのは幸せなことです(´ω`*)


大雪つりぼり(1) 大雪つりぼり(2)

上川大雪酒造から約4km、自動車専用道路を越えたあたりにある【大雪つりぼり】に見学に連れて行っていただきました!

大雪漁業生産組合によって水温・水質・えさの管理を365日かかさず行っているそうです。

大雪つりぼり(3) 大雪つりぼり(4)

釣った魚は、その場で料理していただくこともできます♪(調理代別途)
銀河サーモン(ニジマス)もあります! た、食べたい!!! その前に釣り上げる事ができるのだろうか?「これじゃない〜」って思っても、リリースは禁止です!(^o^;

大雪つりぼり(5) 大雪つりぼり(6)

写真:左=先月からの豪雨により、水が濁ってしまっています。ふだんは、底が見えるくらい透き通っているのだそうです。

写真:右=こちらはルアーフィッシング専用いけす。リリース限定、ルアー釣りを研究するためのもので、針も「返し」がないものを使用します。

営業期間は4月下旬〜10月末、無休です。
8:30〜17:00(調理、釣り受付終了16:00/釣り終了16:30。平日、10月は短縮)

7月28日(土)10時より、魚つかみどり大会が開催されますよ〜\(^o^)/
参加はお子様のみ、小学生500円、幼児(3〜6歳)200円です。
(小学生の部と幼児の部に分かれます)


撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*上川町に関連する過去ブログ記事*
・2013年07月29日【上川町あれこれ滞在記(町内編)
・2013年08月01日【上川町あれこれ滞在記(ご当地グルメ編)
・2013年08月03日【上川町あれこれ滞在記(旭ヶ丘)
・2017年07月28日【層雲峡で、ひと休み(前編)
・2017年07月29日【層雲峡で、ひと休み(後編)
・2017年07月31日【大雪高原 旭ヶ丘・森のガーデン
・2017年08月01日【層雲峡 渓谷火まつり
・2017年08月03日【上川町で、ひと休み(大上川神社とご当地グルメ)
・2017年09月13日【しとしと雨のなか、上川神社へ参拝
・2017年09月15日【上川神社・秋の講社大祭〜神楽舞奉納
・2017年09月21日【上川ラーメン2軒追加!

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 22:00 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183867969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック