2018年04月11日

英彦山大権現と銅の鳥居

先日の続きです。子どもの頃以来の訪問となる英彦山(ひこさん)、今回は下見です。

英彦山大権現マップ

英彦山大権現】周辺マップ。とっても広い!
おとーさんも久しぶりすぎて記憶が定かではなく、英彦山神宮に来るはずが間違ってしまいました(^_^;

英彦山大権現 鬼杉(1) 英彦山大権現 鬼杉(2)

英彦山大権現の近くに【鬼杉】という看板があったので山道を登ってみたのですが、水害の影響なのか通行止めになっていました。無念。

英彦山大権現(1) 英彦山大権現(2)

写真:左=明治元年に神仏分離令が発布され、英彦山大権現はいったん消滅してしまいましたが、昭和54年に再興されたそうです。妙に新しいなと思ったら、そういう訳だったのですね。

写真:右=江戸時代の山伏のお墓も残されていました。

英彦山大権現(3) 英彦山大権現(4)

写真:左=【信仰と庭園】をテーマに造られているらしく、境内は日本庭園風に綺麗に整備されていました。鐘楼や慈母観音、白寿観音像なども建立されています。

写真:右=巨岩を背に建つ御社。白い点は雪なんです。風も強くて、寒かった〜!
本当は、もっとゆっくり見て廻りたかったのですが断念…。
湯の谷別院の不動明王や龍神さま、英彦山神宮にはまた次回きっと…!!

英彦山大権現 銅の鳥居(1) 英彦山大権現 銅の鳥居(2)

写真:左=銅(かね)の鳥居。説明板によると、寛永14年(1637)佐賀藩主 鍋島勝茂の寄進により建てられたもので、高さ7m、柱の周囲は3m余りもある胴の太い青銅製の鳥居です。
「英彦山」の額は享保19年(1734)に霊元法皇の勅命を受けてかけられたもので、この頃から「英彦山」と称されるようになったといわれています。

写真:右=霊泉寺。

英彦山大権現 銅の鳥居(3) 英彦山大権現 銅の鳥居(4)

写真:左=重厚で立派な額束
写真:右=鳥居の裏側は日輪

英彦山大権現 銅の鳥居(5) 英彦山大権現 銅の鳥居(6)

約400年も経っているとは思えないほど、文字もはっきり読み取れます。

次回は【英彦山温泉しゃくなげ荘】か【ひこさんホテル 和-なごみ-】で日帰り入浴もして、【英彦山スロープカー】にも乗って、トレッキングしよう!
道の駅【歓遊舎ひこさん】から約12kmくらいです。

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年04月06日【秋月の町並み
・2015年01月15日【樹齢約200〜600年の巨木群・行者杉
・2015年04月18日【筑前岩屋駅前の釈迦岳湧水】※現在は水害により立ち入り不可
・2015年04月19日【彦山山岳修行の第3窟・岩屋神社
・2016年04月06日【久留米つつじまつり〜朝倉市秋月の町並み散策
・2017年04月13日【山岳信仰の岩屋神社・岩屋まつり(前編)
・2017年04月14日【山岳信仰の岩屋神社・岩屋まつり(後編)

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:神社
posted by しう@SOTO at 23:27 | TrackBack(0) | 福岡
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182947033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック