2018年02月20日

氷柱につられて黄金の瀧を見逃す(追記あり)

前回の続きです。【久留米植木まつり〜帰り道は浮羽経由(2018年02月18日)】(※タイトルを変更しました)

福岡県【道の駅うきは】から国道210号線で〜大分県・日田、国道212号線で松原ダム、県道647号線で下筌ダム・蜂の巣湖を過ぎて中津江、国道387号線で上津江【道の駅せせらぎ郷かみつえ】〜菊池市へ帰るのが我が家の定番ルート。その帰路に、【黄金の瀧】があります。

氷柱(1) 氷柱(2)

写真:左=もう幾度となく通るルートで気にも留めてなかったのですが、この観光案内板(以前はもっと古びていた)には気づいていました。1度、停車して見てみたものの【滝】という感じではないし、「ふぅん、昔は滝のように雫が垂れていたのかな?」程度にしか思っていませんでした。
数年前に案内板が新しくなっても、よく読みもせず「日田市は意外と観光に予算を費やしているんだな〜」くらいにしか思っていませんでした。
(写真、右奥のクルマは見知らぬ人です。後にちょっとした事実が判明します。)

写真:右=今年の寒波によって崖にたくさんの氷柱ができていたので、写真を撮ろうと停車。駐車場(ただの空き地ですが)も雪に覆われていて、年中ノーマルタイヤの熊本県民はヒヤヒヤです!

氷柱(3) 氷柱(4)

この日は暖かくなった方だったので、これはだいぶ融けた状態だとは思うのですが、それでも氷柱を見ることは普段あまりないのでテンションアップ!
しかし融けているということは、いつ氷柱が落ちてくるか分からないので近づくのは危険です。ひとしきり撮ったら退散。
道向こうに停まっていたクルマも、きっとこれを撮りたいんだろうな。外に出てこちらを見ていたから、わたしがいたら邪魔なんだろうなと思ってそそくさと後にしたのですが…。

【黄金の滝】…道向かいにあった。なんてこったい。あっちが正解だったよ。
ここ通るの何十回目だよ。
次はちゃんと案内板も読んで滝を撮ろう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

後日、滝を見に行ってきました!

黄金の滝(案内板) 氷に覆われた落ち葉

以下、案内板より↓
「なに!黄金の瀧と?」
「そうですよ。この付近は昔、金が採れていたので、誰言うとなく黄金の瀧と・・・」
志功は瀧壷の縁(ふち)に佇(た)ち、周囲の青葉を震わせながら、音をたてて滔々(とうとう)と溢れ落ちる水勢に息を呑んだ。
「うーむ。それはそうと秋ともなれば周囲の紅葉が映えて、この瀧は黄金色に輝くであろう。その美事(みごと)な様が目に浮かぶ。」
瀧の勢いと響きに心を任せていた志功は、やがて画帖を取り出し、力強いタッチで筆を走らせた。鴉が一羽、瀧壷をかすめ去った。
昭和47年(1972)8月のことである。九州各県の景勝を歴訪された日本版画界の巨匠・棟方志功先生は上津江村笹野を訪ねて「黄金の瀧」にいたく心を動かされ、後に版画を彫られ「続西海道棟方版画集」(八月の棚)に収められた。

氷柱はだいぶ融けていましたが、ここは北側の日陰なので足元の落ち葉は氷に閉ざされていました。

黄金の滝(1) 黄金の滝(2)

案内板は、左の写真でいうと国道387号線の左側に立っています。黄金の瀧は、道向かいの旧道(通行止め)を歩いて100mほど先にあるのですが、旧道からではよく見えません。ちょうど瀧の真横にあたるカーブに巨石と電柱があって、そこに登れば見えるかなと思ったけど角度的にイマイチ。
川に下りるには、だいぶ迂回しないといけません。体調もよくないし、夏ならまだしも今の時季はちょっと危険。棟方志功おススメの紅葉の時季に来たいものです。

ちなみに、この写真でいうと瀧の向こう側が西なので、見るなら午前中がいいですよ。

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2011年02月18日【日田市を散策
・2011年03月05日【『おおくぼ台梅園』と『ひびきの郷』
・2012年04月20日【木の花ガルテン
・2014年03月03日【おおくぼ台梅園&ひびきの郷
・2016年02月19日【上津江・白草地区の年の神さま
・2016年08月10日【涼を求めて大分県中津江村へ
・2016年08月11日【鯛生金山 地底博物館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:自然現象
posted by しう@SOTO at 21:29 | TrackBack(0) | 大分
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182441568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック