2017年09月07日

鮭釣り2017ひとまず終了

北海道での鮭釣り2017、後半です。
今年は全国ニュースになったくらい鮭が不漁で、釣り人たちも釣れる場所を探して右往左往しています。

鮭釣り(2017/09/04) 鮭釣り(2017/09/04)

9月04日(月)台風一過、豊頃町の海。すっかり砂浜の地形が変わってしまいました。
大きな流木がいくつも打ち上げられて、腰掛けるのにちょうどいいです(笑)

写真:右=可愛いマークがついたビンも流れ着いていました。栓がついてたけど中身は1/5くらいに減ってた。
持って帰ろうと思ってたのに忘れちゃって、翌朝にはなくなってた。
またどこかの海岸へと旅立ったのでしょう。

釣果の方は・・・アタリもなし。
周りを見渡しても、釣れて1人1本。釣れてない人の方が多いくらい。

月暈(2017/09/05) 月(2017/09/05)

9月05日(火)明日は満月。満月=産卵という安直なイメージがあって期待していたのだけれど、これまで周辺を含めて釣果はふるわず。
Sさんの友人から「●●(地名)は7〜8本釣れてるぞ」との電話があり、移動するか悩むSさん。
浜の長老からは「今日よくても明日いいとは限らない。場所を変えるものじゃない。」と教わっていたこともあって、二の足を踏んでいる様子。

わたしはとにかく、ただボ〜っと待つというのが苦手で、「何かできることはないか?」「他にやることはないか?」とじれったく思ってしまう。
ここにいても釣れるかどうかは判らない。現に、もう何日も釣れてない。魚影すら見てない。
(鮭がいれば水面を跳ねたり波間を泳いでいる姿が見える)

「わたしは移動したい」
その後押しでSさんも決断。教えてもらった場所はSさんの自宅方面だったこともあって、Sママさんも仕事終わりに駆けつけてくれました。

新しい場所で竿を出して場所とりをして、明日こそは釣るぞ! と士気をあらたにしました。
夜空には、お月様に暈が綺麗にまぁるく縁どられて期待もふくらむ(´ω`*)

鮭釣り(2017/09/06) 鮭釣り(2017/09/06)

9月06日(水)意外と釣り人でひしめき合うこともなく、平和な朝。
7〜8匹釣れたという場所は、左の写真でいうと奥の岬っぽく見える方で、そちらはビッシリらしい。

海岸の様子は、昨日までいた場所とはまったくうって変わって波も穏やか!
糸が流されることもないし、投げやす〜い♪

写真:右=砂浜には、カモメやキツネの足跡がいっぱいです。

鮭釣れた(2017/09/06) 鮭釣れた(2017/09/06)

朝8時、突如「竿、竿! 来てるぞ! 早く上げれ!」とSさん。見れば竿がグーンと曲がってる!
必死でリールを巻こうとするけど力が足りなくて、「絶対に竿を下げるな、糸を緩めるな」という指示のもと、とにかく竿を立てたまま後ろに下がる(笑)
一昨年は2匹も逃がしてしまったわたし。どんな無様でもいいのよ、バラさなければ!
(※バラす=魚が逃げる)

波間に鮭が見えたところで、Sさんが糸を直接ぐいっと引っ張って揚げてくれました。
念願の1本!!(≧∇≦)
偶然にも、自分でエサをつけて自分で投げた竿にヒットしてくれました。銀ギラ銀のメスでした!
やったよ〜、おとーさーん!!!(笑)

取材うけた 鮭釣り夕暮れ(2017/09/06)

Sさんがエラを取ってくれて、流木で作った「干し場」? に鮭を下げていたら、見知らぬ男性が声をかけて来ました。
釣り人は情報収集をしにあちこちに行くのでこういう場面は珍しくないのですが、格好が釣り人っぽくない。
メモをとっていたので「取材ですか?」と聞いたら、その通りでした。
来週木曜日発売の「週間つりしん」か「道新スポーツ」か「北海道新聞 夕刊」どれかに載るそうです(笑)

鮭釣り夕暮れ(2017/09/06) 鮭釣り夕暮れ(2017/09/06)

夕暮れ時、釣れることを期待していたけどアタリもなし。
満月は16時過ぎころでした。鮭は遡上していったでしょうか。

海岸にはモヤがかかって幻想的な風景。
釣り人は昼前にはみんな帰ってしまい、夕方狙いの人も数人しかいません。そこも豊頃町とは違います。
代わりに? カップルがデートを楽しんでいました。

鮭釣り夕暮れ(2017/09/06) カモメのこども

刻一刻と彩りが変化する海岸を眺めながら、また今日も終わりを迎える・・・。
かろうじで1本は釣れたものの、7〜8本にはほど遠く、やっぱり状況は日々変わるものですね。
まぁ周りも釣れてないのだから諦めもつきます。

この場所を教えてくれたSさんの友人Mさんも駆けつけてくれて、新しい仕掛けを作ってくれたり、釣り針も新調してくれたり、「がんばって釣りなよ!」って応援してくれました!
なんていい人なんだ(´ω`*)

9月07日(木)も早朝から頑張ったのですが・・・、さっぱり。
と〜っても穏やかな海。水平線の近くでは、引網・刺網(さしあみ)漁がはじまっています。
網が入ると釣れない、という人もいれば、逆に釣れるという人もいます。
その場所場所の状況にもよるのでしょうね。

例年は3ケタに達する勢いのプロ≠ニ呼ばれる方々でも今年は1ケタしか釣れてないと聞きました。
海水温がまだ高いのかも知れません。

夕方まで続ける予定でいたのですが、Sさんは明日からお仕事なので疲れを癒すためにも午前中で切り上げました。
Sさんのご自宅にお邪魔させてもらって、潮にまみれた互いのクルマを洗車したり、お洗濯したり、温泉にもゆっくり浸かって、足掛け2週間の労をねぎらい合いました。

10月初旬までは鮭釣りシーズンが続くと思われますが、わたしとしては紅葉シーズンが始まるので鮭釣りはとりあえず終了ということになります。
期待してくれた皆さまには申し訳ありませんm(_ _)m

鮭釣り2017お土産

釣り上げた鮭はSママさんが綺麗にさばいてくれて、イクラも「もう食べるだけ!」って状態にしてくれましたヾ(*´▽`*)ノ
白子もつけてくれて、お土産までいただいて、おとーさんにクール便で送りました。

Sさんご夫妻には何から何までお世話になり、ありがとうございました!!!


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2015年08月21日【鮭釣りシーズン到来!
・2015年08月31日【長かった、鮭釣りの日々。
・2017年08月24日【浦幌町を散策〜浦幌神社・浦幌町立博物館ほか
・2017年09月03日【鮭釣りは長丁場

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:44 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180928898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック