2017年06月05日

田沢湖・浮木神社と御座石神社

※6/4に訪れました

久しぶり〜に田沢湖を訪れました。何年ぶりだろ??
しかも、だいたいサラ〜っと通り過ぎる感じで「立ち寄った」と言った方が正しい程度。
今回は浮木(うきき)神社と御座石(ござのいし)神社に参拝してきました!

ようこそ田沢湖へ〜田沢湖観光協会ホームページ〜

田沢湖(たつこ像) 浮木神社(1)

写真:左=有名な「たつこ像」。しかし、たつこさんが何者かは知らない。(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

田沢湖 - Wikipediaに辰子伝説の解説が載っていました。
青森県の十和田湖、秋田県の八郎潟、そして田沢湖の【三湖伝説】もありますので、興味のある方は三湖伝説 - Wikipediaを読まれてみてください。

写真:右=湖畔に浮かぶ【浮木(うきき)神社】。

この写真を撮ってるときに、案内板の上にカラスが止りまして。
カメラが勝手にズームしたり引っ込んだりしてビビりました!!Σ(=ロ=;)
こんなタイミングで不具合やめてーーー!!!

浮木神社(2) 浮木神社(3)

浮木神社、または漢槎宮(かんさぐう)と云うそうです。
流れ着いた大木の浮木(流木)を祀ったので別名を浮木神社という。また、潟尻明神とも呼ばれ、明和6年(1769)秋田藩士で俳人の漢学者・益戸滄洲(ますど そうしゅう)によって漢槎宮と命名された。よって田沢湖を漢槎湖または槎湖と呼ぶようになった。

拝殿正面の扁額は、滄洲が田沢湖を遊覧した折に船頭をした少年・斉藤千太郎に書き与えたもの。
漢槎宮 - Wikipedia

初めて訪れたのは確か20年くらい前になると思うのですが、その当時からすると湖水がとても綺麗になったような気がします。

御座石周辺の案内図 御座石直売所

浮木神社から、田沢湖畔を時計回りに約5kmほどで、御座石に到着。

写真:左=御座石周辺の案内図。この日は雨が降ったり止んだりだったので、「かなえる岩」や「辰子の鏡石」まで歩いて行くことはしませんでした。

写真:右=駐車場には、直売および軽食屋さんがあります。神社は、その向こう側。ここから歩いてすぐです。

御座石神社(1) 御座石神社(2)

写真:左=湖岸に鳥居が立っていました。
写真:右=【御座石神社】は、湖面の鳥居の正面です。湖が御神体というところでしょうか。

御座石神社(3) 御座石神社(4)

写真:左=御座石神社 由緒書。
「御座石」という名称は、慶安3年(1650)、秋田藩主・佐竹義隆公が田沢湖を訪れた際、湖畔にあった石に腰かけて休んだことに由来します。
御祭神は、事代主(ことしろぬし)神、綿津見(わたつみ)神、そして龍子(辰子)姫神。

以下、由緒書より抜粋↓
今よりおよそ600年前、室町時代に熊野権現を信奉する巡錫(じゅんしゃく)の修験者がここを選び湖岸にある畳のごとき平坦な岩頭において修行、湖主竜神に神通せんと水想観の蘊奥(うんおう)を究め一祠を創建して修験の座としたという縁起によると伝えられる。

爾来(それ以来)、霊顕あらたかにして、湖中に金物一切を禁じ、四季七種の樹々生える神秘な雨乞(あまごい)石に手を触るる時、湖は荒び晴天たちまち雷風雨を呼ぶとされ、神威はここに永遠(とこし)えに鎮められたものである。

古来、湖水に斎戒沐浴(さいかいもくよく)して竜神を信仰すれば、美人は益々美を増し、醜女ことごとく美貌になると伝えられる。
千古の湖、神秘境鎮護の一宮として朝野の崇敬厚く、由緒深い神域である。

「湖岸にある畳のごとき平坦な岩頭」というのが、湖岸に建つ鳥居のあたりと思われます。

写真:右=天然記念物「御座の石の杉」。堂々と、どっしりとしています。

御座石神社(5) 御座石神社(6)

写真:左=こちらが拝殿です。社務所もあり、御朱印もいただけました(^人^)

写真:右=たつこ姫像。先ほどの由緒書を思い出してください。
「斎戒沐浴(さいかいもくよく)して竜神を信仰すれば、美人は益々美を増し、醜女ことごとく美貌になる」
大事なことなので、二度言いました!ヾ(*´▽`*)ノ

御座石神社(7)

参拝を終えると同時に、またしとしとと雨が降り出しました。
急いで石段を下りていると、ちょうど鳥居の向こう、湖上に遊覧船が止っています。きっと、向こうも写真を撮ってる(笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用



*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










タグ:神社 巨木
posted by しう@SOTO at 14:23 | TrackBack(0) | 秋田
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179989619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック