2016年06月06日

白山比め神社と弘法池

※今回の記事も、4月下旬の出来事です。

白山比め神社(1) 白山比め神社(2)

神社好きで山岳信仰好きなわたし。いつも心にあるものの、なかなか行く機会がなかった加賀国一ノ宮【白山比刀iひめ)神社】へ9年越しに参拝して来ました!ヾ(*´▽`*)ノ
道の駅【しらやまさん】の近くです。川向かいに位置するのですが、ぐるっと迂回するので2kmくらいになるかな?

白山比め神社(看板)

逆光で反射しちゃってるので載せようか迷ったんですが(^_^;案内板です。
石川、福井、岐阜、富山にまたがる霊峰 白山は、古くから霊山信仰の聖地として崇められてきました。
「白山」と言っても、阿蘇と同じで単体の山を指すのではなく、御前峰(ごぜんがみね・2702m)を中心に、大汝峰(おおなんじみね・2684m)、剣ヶ峰(けんがみね・2677m)、別山(べつざん・2399m)からなる山々の総称です。

白山比め神社(3) 白山比め神社(4)

主祭神は、白山比淘蜷_(菊理媛神/くくりひめのかみ と同一神とされる)、伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)。

社伝由緒によれば、崇神天皇の時代に白山を遥拝する「まつりのにわ」が創建され、元正天皇の霊亀2(716)年に安久濤の森に遷座して社殿堂塔が造立されたと伝わっています。
養老2(718)年、越前の修験僧・泰澄大師によって白山開山、主峰・御前峰に奥宮が創建され、白山妙理大権現が奉祀された、と謂われています。
白山比め神社 - Wikipediaより)

白山比め神社(5) 白山比め神社(6)

白山比盗_社は、来年の平成29年に開山1300年を迎えます!
来年には奥宮にも参拝したいな〜ヾ(*´▽`*)ノ

弘法池(1) 弘法池(2)

道の駅【一向一揆の里】へ移動していたら、道の駅の手前500mくらい?の分かれ道に「弘法池」の看板を発見。手持ちの地図にも「水」マークが載っていたので、どうやら湧水が汲めるようです。
が、道が狭くて駐車場もあるのかないのか判らなかったので、キャンピングカーを道の駅に停めさせてもらって、おとーさんの軽バンで行ってみました。

予感は的中、駐車場はあったもののすごく狭かったです。普通車3〜4台くらい。軽自動車なら湧水池まで狭い坂道を降りて行けます。

別名:釜清水(かましょうず)、釜池。
白山の火山活動による流紋岩質岩盤が手取川の浸食により形成された、直径75p/深さ2mの甌穴から湧き出している全国的にも珍しい甌穴の湧水で、年間を通して1日の湧水量は30㎥。市指定天然記念物、名水百選にも選定されています。
弘法池 - Wikipediaより)

弘法池(案内板)

「弘法」=弘法大師のことであろうとは容易に推察できますが、調べてみると、どうやらはっきりと弘法大師ゆかりの伝説とは言えないようです。
(由来については弘法池 - Wikipediaにも載っています)

お水は、キッチンのシンクのようなものが設置されていて、ポンプで汲み上げて水道の蛇口から出るようになっていました。ありがたい(^人^)


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*関連する過去ブログ記事*
・2007年04月22日【石川『和田屋』さん
・2007年04月23日【まったりのんびり】(白山比盗_社)

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:04 | TrackBack(0) | 石川
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175589756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック