2016年02月17日

日奈久温泉郷そぞろ歩き

また(菊池を拠点とした)日帰りドライブに行ってきました!
本日はちょっと贅沢に九州自動車道に乗って、まずは【日奈久温泉郷】へ。軽く25年以上ぶりの来訪です!(^o^;

日奈久温泉(地図) 日奈久温泉(本湯通り)

以下、【日奈久温泉旅館組合】公式ウェブサイトより、日奈久温泉の歴史↓

足利尊氏が政権を執った南北朝時代。
肥後守に命ぜられた甲斐重村(尊氏方)と菊池武重(南朝方)が戦い、重村が敗北。部下の浜田右近は傷を負いながら日奈久の近くへ辿りつきました。右近はそのまま日奈久に移り住み、やがて村の娘と結婚し、子・六郎左衛門に恵まれます。六郎は永い間、父の刀傷の平癒を安芸の厳島明神に祈り続け、満願の日、神のお告げがありました。

「汝(なんじ)、この干潟の中に平石あり。
 それより百歩、ひとつの奇石あり。
 その下こそまさしく温泉あり・・・」

お告げに従って海の浅瀬を掘ると温泉が湧き出しました。時に応永16年(1409)のことです。

つまり、日奈久温泉は開湯600年! 熊本県最古の温泉地といわれています。

日奈久温泉(からくり灯籠) 日奈久温泉(からくり灯籠説明)

「からくり灯籠」は、午前8時から午後7時まで、1時間ごとに作動します。上部、三方が開いて中の人形がかけ声と三味線の音色に合わせて動くらしい。

日奈久温泉(金波楼) 日奈久温泉(金波楼 案内板)

日奈久温泉郷を代表する、創業100年越えの老舗旅館【金波楼(きんぱろう)】。木造三階建てで、八代海に沈む夕陽に映えた金色の波が展望できることから名づけられたそうです。

日奈久温泉(ばんぺい湯) 日奈久温泉(ばんぺい湯 足湯)

日奈久温泉センターばんぺい湯】の始まりは、なんと約350年前の江戸時代! 肥後細川藩の藩営温泉「御前湯」が最初とされ、明治から「日奈久温泉本湯」、昭和42年から「温泉センター」、そして2009年7月21日に「ばんぺい湯」としてリニューアルオープンしたものです。
日奈久温泉郷の中には足湯が点在していますが、ここの足湯が一番きれいかも(笑)

日奈久温泉(温泉神社 鳥居) 日奈久温泉(温泉神社 参道)

「ばんぺい湯」右側の小径をゆくと、鳥居が見えてきました。温泉神社への参道です。

日奈久温泉(温泉神社 駐車場) 日奈久温泉(とるぱ案内板)

坂道を登っていくと、普通車3台分ほどの駐車場があり、「とるぱ」の看板が建っていました。確かに眺めがいい!
(参道は歩行者のみ。車道は、ぐるっと迂回しています。)

日奈久温泉(温泉神社 桟敷) 日奈久温泉(温泉神社 桟敷)

神社の真下には、土俵と桟敷席がありました。拝殿までの石段をうまく利用して、観客席が作られています。ここで奉納相撲が開催されていたようです。
安政3〜4年(1856〜7)の頃に創設されたといわれています。

日奈久温泉(温泉神社 拝殿) 日奈久温泉(温泉神社 欅)

写真:左=温泉神社のご祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。六郎は厳島神社に祈っていたことから、夢枕に立った神は市杵島姫命であるとされています。

応永26年(1419)に弁天社として建立。初めは、現在の「ばんぺい湯」の所にありましたが、天明・文化の大火で町の大半が焼失したため、文政5年(1822)に温泉街を見下ろせる現在地に移されました。

写真:右=欅(けやき)の巨木。
樹高 13.5m、幹周り 2.9m。文政5年(1822)に新しく社殿を建立された時に植えられたもので、樹齢およそ170年。今ではご神木として祀られています。

更に山を登るように赤い鳥居がズラ〜っと建ち並び、稲荷神社へと続いていました。

日奈久温泉(温泉神社 お告げの石) 日奈久温泉(古い写真)

写真:左=伝説に過ぎないと思っていたら、「お告げの石」が祀られていました!
写真:右=いつの時代のものか分からないのですが、古い写真が拝殿に何枚か貼られていました。奉納相撲の写真も見られます。

日奈久温泉(六郎の湯碑) 日奈久温泉(岩崎水産)

写真:左=「ばんぺい湯」前にある「六郎の湯碑」。源泉かな? 昔々はこの辺りまで干潟だったそうです。
写真:右=湯碑の隣にある、日奈久竹輪の老舗【岩崎水産加工】。建物の年季が入りすぎてて躊躇してしまいそうですが、「日奈久竹輪を買うならここ!」という名店です。揚げたて熱々の「ちぎり天」も美味しいですよ〜♪

25年前すでに両親が「寂れたなぁ」としみじみ呟いていましたが、その寂れっぷりは更に磨きがかかっていました(´▽`;) でもすれ違う人みんな温かく、「こんにちは」と声をかけてくれました。
日帰りドライブ、しかも目的地を更に先に設定していたので滞在時間が1時間弱と短かったのが悔やまれます。もうちょっと散策したかったな。


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:29 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174118021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック