2016年01月19日

山鹿温泉 元湯さくら湯

菊池と山鹿は近いこともあって、わざわざ温泉に入りに行くという機会がなかったのですが、今回のバイトをきっかけにようやく山鹿温泉 元湯【さくら湯】に入浴してきました〜(*´▽`*)

さくら湯(1) さくら湯(2)

山鹿温泉は、平安時代の文献「和名抄(和名類聚抄)」に登場するほどの歴史がある温泉郷。
肥後初代藩主・細川忠利公が山鹿温泉を気に入って、寛永17年(1640)に【御茶屋】を新築したのが【さくら湯】の始まりといわれています。

詳しくは→【山鹿温泉の新名所 大浴場「さくら湯」|くまの素

明治初期に大改修された【さくら湯】ですが、都市再開発事業によって昭和48年に惜しまれつつも取り壊されてしまいました。
しかし平成16年「さくら湯再生プロジェクト」がスタート、残された絵図に基づいて再建し、平成24年10月ついにオープンしたのです。

外観に違わず内装も純和風のレトロな造りで、浴場には昭和っぽく宣伝ポスターなどが張ってありました! 山鹿もロケ地となった映画【るろうに剣心 - 京都大火編 - 】の、くまモンバージョンもあった(笑)

石けんなどの備品類はなし、洗い場は27ヶ所もあり、飲用泉もあります。
脱衣所はちょっと狭く、鍵ロッカーは10円です。
42度ほどの、ぬるめの源泉は掛け流し! アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)で、しっとり柔らかい温泉ですよ。

さくら湯(3) さくら湯(4)

【さくら湯】正面向かって左手に、飲泉塔。右手に、薬師堂があります。

千年以上の歴史がある山鹿温泉ですが、文明5年(1478)3月、突じょ温泉が枯れるという事態に見舞われました。
当時の湯主・左近郷近宗は、菊池氏の祈祷寺だった湯町九日町の金剛乗寺・第八世宥明法印に、温泉復活の祈祷を依頼。法印は薬師堂を建立し、毎日丑の下刻に起床し身を浄め祈祷をはじめました。
そして満願になった同年の12月20日、ついに以前にも勝る湯がこんこんと湧き出したと伝えられています。
本堂にはご本尊の薬師如来座像が鎮座し、現在も毎年12月20日には「山鹿温泉復活感謝祭」が行われています。
(現在の薬師堂は明治5年に建てられたものです)

詳しくは→【薬師堂:観光ガイド-ゆこゆこネット-

山鹿プラザ

【さくら湯】の駐車場は狭くて(9台)いつも満車なので、最初からお隣の【温泉プラザ山鹿】に停めた方が無難です。番台で駐車券を出すと、2時間無料券がもらえます。
(2時間を超えた場合は1時間につき100円)

ちなみに、プラザ屋上駐車場の一角が【RVパークやまが】として登録されていますよ〜。


お肉屋さん

*おまけ*
豊前街道、天聴の蔵の1〜2軒となりにあるお肉屋さん「松井屋」。馬ロッケが美味しいと評判です。馬刺もあります♪

小さなお店 さんま塩焼き定食

見落としそうな、小さな喫茶&定食屋さん。店名が分からず・・・(^_^;
とても気のいいご夫妻と、ついつい長話してしまいました。

The豊前街道|山鹿温泉観光協会

*山鹿市に関連する過去ブログ記事*
・2009年06月15日【山鹿の犬子ひょうたん祭
・2010年02月19日【山鹿灯籠浪漫・百華百彩
・2011年01月13日【一ツ目神社と一ツ目水源
・2011年01月14日【日輪寺と赤穂浪士の遺髪塔
・2013年01月12日【鞠智(きくち)城
・2014年01月23日【山鹿市・生目神社
・2014年01月29日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(前編)
・2014年02月02日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(後編)
・2014年04月08日【岳間(たけま)渓谷・湯の水公園
・2015年01月08日【山鹿へおでかけ

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:温泉
posted by しう@SOTO at 12:47 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172036328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック