2015年09月23日

高原温泉沼めぐり・初めて一周しました!

大雪山系の紅葉をめぐる登山も今季ラスト、大本命の高原温泉沼です!
マイカー規制中なので、大雪湖レイクサイト臨時駐車場(協力金200円)からシャトルバス(片道500円/30分おきに運行)に8時乗車。

レイクサイトからダート道で、終点の【大雪高原山荘】(日帰り入浴700円/10月10日から冬期閉館)前に8:20頃到着。トイレを済ませ、【ヒグマ情報センター】でレクチャーを受けて、8:50頃ようやく入山!
ここまでの写真はないので、過去ブログ記事をご覧ください(笑)

高原温泉沼(地図)

入山は7時から13時まで、下山は15時まで。13時までに大学沼に着かないと1周できずに折り返さないといけません。

高原温泉沼(ヤンベ温泉) 高原温泉沼(ヤンベタップ川)

本日快晴! 雲ひとつない、スクリーンのような青空です\(^o^)/
9:10 硫黄の匂いただようヤンベタップ川を渡ります。

連休中、時おり雨が降ったりしたので足下はぐちゃぐちゃです。高原温泉沼めぐりには長靴がベスト! 登山靴でも撥水加工されたものじゃないと後が大変です。大雪高原山荘にて、長靴600円/ストック100円でレンタルできます。今日やっとストックを忘れずに持ってきました!(笑)

高原温泉沼(土俵沼) 高原温泉沼(土俵沼)

歩き始めて約1時間、沼が現れ始めました。
9:40 土俵沼に到着。ここはエゾマツが目立ちます。正面は平ヶ岳〜高根ヶ原。残雪も見えます。

高原温泉沼(バショウ沼) 高原温泉沼(滝見沼)

9:50 バショウ沼のわきを通り…
9:53 滝は見えなくても滝見沼。鮮やかな紅葉が水面に映り、美しさも倍増(´ω`*)

高原温泉沼(緑沼) 高原温泉沼(緑沼)

10:00 そして、大勢の観光客が撮影の列をなす、緑沼。高原温泉沼めぐりコース内では食事できる場所が限られており、ここ緑沼/大学沼/高原沼の3カ所のみ許されています。ここでオニギリを1個ほおばる。なんて贅沢な朝ご飯♪

高原温泉沼(緑沼を振り返る) 高原温泉沼(森林)

10:15 緑沼を出発。少し歩いて、緑沼を振り返る。
10:25 川沿いを歩く。色彩の宝庫!

高原温泉沼(川を渡る) 高原温泉沼(湯の沼)

10:30 この川を渡る、小さな橋のわきから温泉が出ています。その名も、湯の沼。水面の波紋で、沼底から湧水が沸き出しているのが確認できます。

高原温泉沼(紅葉) 高原温泉沼(紅葉)

道中は、どこもかしこも絶景につぐ絶景で、なかなか足が進みません。

高原温泉沼(鴨沼)

10:50 鴨沼。

高原温泉沼(紅葉) 高原温泉沼(えぞ沼)

11:00 見上げてばかりだと、つまずいちゃいそう。
11:10 個人的に一番好きな、えぞ沼!

高原温泉沼(えぞ沼)

えぞ沼パノラマ

高原温泉沼(平ヶ岳〜高根ヶ原) 高原温泉沼(式部沼)

11:20 平ヶ岳〜高根ヶ原は、紅葉キャニオン。・。・°★・。・。☆・°・。・°
11:23 式部沼。撮影者がひっきりなしだけど、待ってた甲斐がありました!

高原温泉沼(式部沼) 高原温泉沼(式部沼)

11:30 式部沼の脇を抜けていきます。ひょっこり見えるのは白雲岳かしら?
11:33 式部沼を振り返る。

高原温泉沼(大学沼) 高原温泉沼(大学沼付近)

11:45 大学沼で休憩。お食事OKポイントなので、またオニギリ1個。
大学沼の周囲も、ぐるぅり紅葉です♪

高原温泉沼(大学沼を出発) 高原温泉沼(高原沼)

12:00 名残惜しく大学沼をあとにして…
12:02 見えてきたのは高原沼!

高原温泉沼(高原沼) 高原温泉沼(高原沼パノラマ)

12:10 ここが最後の食事OK場。沼めぐりコースのちょうど中間地点です。

高原温泉沼(紅葉) 高原温泉沼(紅葉)

12:15 まだまだ続く、紅葉の道。

高原温泉沼(紅葉) 高原温泉沼(三笠新道分岐)

12:20 写真で紹介した以外に、名前のついていない沼もたくさんあります。
12:30 三笠新道(通行止め)への分岐点。背後のキャニオンはヒグマの目撃多発地帯。

高原温泉沼(空沼) 高原温泉沼(空沼)

12:35 空沼が見えてきました! ここまで来たのは初めて! やっと…ここまで来れたよー!

高原温泉沼(空沼) 高原温泉沼(リンドウ)

12:40 しばし見とれる。今は水がない「空(から)沼」だけど、雪解けの時季には違う景色を見せてくれるんだろうな。
このあたりから、リンドウを多く見かけるようになりました。

高原温泉沼(空沼)

空沼パノラマ。真ん中の△山は、立岩。

高原温泉沼(空沼) 高原温泉沼(空沼)

空沼を横目に見つつ、回り込むように歩いて行きます。空沼は、高原温泉沼エリアの中では最大規模です。
右の写真は、振り返って撮影。

高原温泉沼(雪壁温泉) 高原温泉沼(雪壁温泉)

12:55 雪壁温泉のあたり。よく見ると噴気が上がっています。

高原温泉沼(沢沿い) 高原温泉沼(森林)

空沼から先は、もう沼を見ることない森林浴コースです。と言っても足場はかなり悪く、ヤンペタップ沢と着かず離れず、登ったり降りたり、岩場だったり泥だらけのぬかるみだったり。けっこう険しい箇所も。

高原温泉沼(紅葉の森林) 高原温泉沼(登山道)

13:00 紅葉も楽しみながら♪ とはいえ、足下はご覧の通り…。

高原温泉沼(登山道) 高原温泉沼(登山道)

13:10 空沼から600m/高原温泉まで2km地点。え、まだ2kmもあるの!?
岩場が多く、足下が大変滑りやすくなっております。

高原温泉沼(沢沿い) 高原温泉沼(紅葉の森林)

13:20 足腰は疲れ切ってるけど、うつくしい川のせせらぎに癒される。もちろん、錦織な樹々たちにも。

高原温泉沼(紅葉のトンネル) 高原温泉沼(巨木と)

13:40 空沼から1.2km/高原温泉まで1.4kmの表示を見て愕然とする。
13:50 200m進んだところで、岩を抱き悠然と立つ巨木と出会う。ツーショット写真を撮らせていただきました♪

高原温泉沼(ヤンべ温泉展望所) 高原温泉沼(ヤンべ温泉)

13:55 巨木から5分ほど歩くと、森が拓けた場所に出ました。ヤンベ温泉です。この時は気づかなかったけど、歩き始めた頃に見た噴気(写真1〜2枚目)の場所です。

高原温泉沼(飛んでいきたい♪) 高原温泉沼(最後のビューポイント)

写真:左=ここで、お決まりの…「I can Fl~~~~~~~~~y!」(笑)
写真:右=写真を撮ってくれたご夫婦が、しばらく同行してくれました。「ここが最後のビューポイントだよ」あぁ…もうゴールは近い。

高原温泉沼(分岐)

14:15 ヤンベ温泉(展望所)から10分ほどで、1周コースの分岐点に合流しました。(ここは一方通行なので、反時計回りに行くことはできません。)
疲れ切っていたけど名残惜しく、「もう一周したいなぁ」という思いにもかられます。

しかし、そんな体力があるはずもなくひたすら下山。
出口近くの小川で長靴を洗い、14:40頃に【ヒグマ情報センター】到着。約6時間の、夢のひとときでした(*´Д`*)


撮影:Nikon D5100/パノラマのみスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*大雪山系に関する過去ブログ記事*
・2007年07月16日【トムラウシ温泉
・2007年07月24日【温根湯〜層雲峡〜旭川】(石北峠も)
・2013年07月24日【写真で綴るカムイミンタラ・旭岳編
・2013年07月26日【写真で綴るカムイミンタラ・黒岳編
・2013年07月30日【雲井ヶ原湿原と愛山渓温泉
・2013年07月31日【ニセイカウシュッペ山
・2013年08月02日【銀泉台トレッキング
・2013年08月04日【高原温泉沼めぐり(不完全燃焼)
・2013年09月27日【大雪山・赤岳 銀泉台の紅葉
・2013年09月28日【大雪山 高原温泉沼の紅葉
・2013年09月29日【大雪山 愛山渓〜沼の平・六の沼の紅葉
・2013年09月30日【雲井ヶ原湿原ふたたび
・2013年10月03日【天人峡・羽衣の滝 滝見台と森の神様
・2014年07月30日【大雪山・黒岳〜石室〜御鉢平
・2014年08月03日【大雪山・旭岳 神々が遊ぶ庭
・2014年08月04日【旭岳ロープウェイ周辺情報
・2014年09月12日【天気待ちの3日間、雨の銀泉台へ。
・2014年09月20日【黒岳で奇跡が起きた
・2014年09月21日【高原温泉沼の紅葉は今年も見事でした
・2014年09月22日【雨に降られて〜愛山渓・沼の平の紅葉
・2014年09月24日【紅葉の大雪山旭岳・姿見の池コース
・2014年09月25日【紅葉の大雪山系・天人峡
・2015年09月17日【大雪山系・銀泉台の紅葉2015
・2015年09月18日【愛山渓〜沼の平の紅葉、今年も天候に恵まれず。
・2015年09月21日【大雪山・初の縦走!銀泉台〜黒岳

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:48 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164269372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック